株式会社北海道クボタ
ホッカイドウクボタ

株式会社北海道クボタ

 【クボタグループ】
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
商社(機械)
商社(自動車・輸送機器)/商社(化学製品)/メンテナンス・清掃事業/重電・産業用電気機器
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

クボタグループは人類にとって不可欠な【食料・水・地球環境の保全】をキーワードとして
あらゆる製品・技術・サービスで社会貢献を目指しております。

当社はその中で、北海道農業の発展に貢献するため
主力の農業機械の販売・整備を通じ、地域と密着した企業活動を進めています!

~主な事業内容
◆農業機械、牧草作業機、酪農施設機械、除雪機、その他農業関連商品の販売と修理

当社の魅力はここ!!

企業理念

「原点は圃場にあり。」―農家の皆様と共に―

北海道の地で52年、現在道内全域に5支社と52の営業拠点を持つ当社は、北海道の農業を支える存在であると自負しています。しかし「食糧の供給基地として、日本のみならず世界の重要拠点である北海道」そんな気概を持ち、厳しい自然と日々向き合っているプロの農家の方を相手に働いている以上、私たちも本気でなければなりません。彼らの求めていることを知り、共感でき、そこに最適な解決策を提案できなければ、支持は得られません。農業はとても大変です。そして大変だからこそ、機械が必要とされる。そのことを体感し、自分の仕事の価値を理解する原点として、私たちはまだ真っ白な新入社員の頃から、学ぶことのできる場を沢山用意しています。

待遇・制度

プロの農家の皆様に支持されるプロフェッショナルを育てるために

今年入社した17名の社員たち。そのほとんどが農業経験のない方でした。そんな彼らが1年が経過した今、各配属先でイキイキと頑張っているのには理由があります。当社は昨年<トラクタ作業一貫体系新人育成・販売強化研修会>と題し、全9日程・総スタッフ240名の大規模な研修を行いました。この研修は6月・8月に音威子府の圃場で行われ、実際の農作業の1年を経験することで、五感を通じて作業や機械への理解を深め、お客様への提案力を向上することができました。(ぜひ下記【研修概要】欄もご覧ください)そして研修中・研修後も、マンツーマンの指導担当による日々のアドバイスを受け、彼らは若い稲のようにすくすくと成長を続けています!

社風・風土

地域と共に発展し続けるために。―北海道クボタの社会貢献活動―

クボタグループでは、事業を支えて頂いているステークホルダーの皆様と協力しながら「食料」「水」「環境」の各分野で社会貢献活動を展開しています。当社も<北海道クボタeプロジェクト>と題して、子供たちと農業とのふれあいの場を作る「食育・農育活動」や「環境保全・地域貢献活動」、地域の生産者が心を込めて作った安全安心な食品の紹介など、様々な分野でボランティア活動を続けています。これらの取り組みは支えて頂いている皆様と当社が、長期的に持続的成長を遂げるためにも不可欠なものなのです。これからも北海道の地に根ざして、地域の皆様と共に、魅力的な北海道農業を、様々な面から支えていける存在でありたいと思っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆営業職
クボタ農業機械の販売を中心として、各種農業機械・農業施設の販売、営農情報の提供を行います。

◆サービス職
営業所に持ち込まれた農業機械のメンテナンスや、お客様のお宅への出張修理を行います。

会社データ

事業内容 農業機械及び関連製品の販売・メンテナンス
設立 昭和39年8月19日
資本金 1億円
従業員数 594名
売上高 264.4億円(2016年度)
代表者 渡邉 弥
事業所 (本社)
〒063-0061 北海道札幌市西区西町北16丁目1番1号

(営業・サービス拠点)
道内全域に5支社/52営業・サービス拠点/サービス部門5拠点を配置
取扱製品 <主力製品>
◆トラクタ
◆田植機
◆コンバイン
◆管理機・テーラー・耕うん機

<農業関連商品>
◆催芽・播種・育苗
◆インプルメント・アタッチメント
◆野菜機器
◆草刈機
◆刈払機・チェーンソー・チッパ・ブロワ
◆農業機械の格納庫
◆酪農機器
・・・

などなど、全ての農業機器を扱っています!
★研修概要★ <入社後の一連の流れ>

札幌本社で入社式 ⇒ 本社で3~4日間研修 ⇒ クボタ研修センター(筑波)で
2週間の研修 ⇒ 配属先で業務開始 ⇒ 職種別(営業・サービス・事務)研修 ⇒
音威子府研修(営業・サービス)

-------------------------------------------------

農業は「自然を相手にする、とても厳しく、とても価値のある」産業です。
その大変さややりがい、そして自分の仕事の価値を理解してもらうために、
3年サイクルの研修プログラムを組み、1年目は受講生、2年目は講師、3年目は
メーカー製品の研修受講生として、下記の研修を行いました。

-------------------------------------------------
<2016年 トラクタ作業一貫体系新人育成・販売強化研修会>

◆研修参加者:2016年(6期生)入社社員及び2015(5期生)・2014(4期生)入社社員
          総勢119名(営業・サービス)

◆研修日数:全9日

◆研修先:北海道中川郡音威子府村 指定圃場
 ※北海道で一番小さい自治体。そばや大豆を育てています。

◆運営スタッフ人数:120名
 ※当社の「マイスター」と呼ばれるプロフェッショナルからのマンツーマン指導はもちろん、
   お取引先のメーカーの皆さん、音威子府の皆さんのご協力を頂きました。

◆研修内容:座学に加え、下記の体験を実施
 ・研修一回目(6月13日~17日)
  ~一年の農作業のはじめとなる、「春作業」~
   内容:心土破砕・耕起破土・砕土整地・畝立て・小型トラクタ・管理機・GPS・播種

 ・研修二回目(8月22日~25日 6期生)・(8月3日~5日 4期生)
  ~芽吹きはじめた作物の育成を支える、中間管理作業~
   内容:耕起・破土・除草・追播・追肥・防除・GPS・小型トラクタ・管理機・アタッチ

 -------------------------------------------------

最初は緊張した表情だった新入社員も、
実体験を通じて理解を深め、その間の配属先での経験を生かすことで、
研修終了時には頼もしい顔になっていたのが印象的でした。

そんな研修の様子は、【当社説明会】でもご紹介していきます!

連絡先

株式会社北海道クボタ

北海道札幌市西区西町北16丁目1番1号
011-661-2491
採用担当:國井
掲載開始:2017/03/01

株式会社北海道クボタに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社北海道クボタに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)