社会福祉法人名古屋ライトハウス
ナゴヤライトハウス
  • 正社員
業種
福祉・介護
その他サービス/教育関連/団体・連合会
本社
愛知
残り採用予定数
1名(更新日:2017/10/18)

私たちはこんな事業をしています

平成30年4月採用

■名古屋エリアの障害者福祉に携わるパイオニア的存在■

名古屋ライトハウスは視覚障がい者の自立更生と福祉増進を目指し、
終戦間もない昭和21年に立ち上がった、実績の長い社会福祉法人です。

以降、地域の様々なニーズに応えるため、
全ての種別の障がい者、高齢者へと対象を広げ、施設、事業を拡充し、
現在では7拠点40事業を運営しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

ヘレン・ケラーも訪れた、福祉のパイオニア的社会福祉法人

名古屋ライトハウス(旧名:愛知県盲人福祉協会)のはじまりは、昭和21年。視覚障がい者の自立支援と福祉向上を目指したものでした。当時こういった組織は全国でも珍しく、昭和23年にはヘレン・ケラー女史も来所。その後、障がい者の就労支援を中心に生活のサポートから就労支援、ヘルパーの派遣、視覚障がい者専用の老人ホームやデイサービスの運営、点字・録音図書の製作・貸出、白杖・点字器・音声時計の用具販売なども実施。現在では地域のニーズに応じ、様々な障害を持つ方や高齢者の方などへの幅広いサービスを展開。創立70年を超える名古屋エリアの社会福祉法人のパイオニアとして、「生きる喜び」を引き出すお手伝いを続けています。

仕事内容

障がい者や高齢者、あなたのサポートを必要としている人がいます

私たちは、障がい者支援施設や介護施設などを運営しています。そこで私たちが行っているのは、利用者が少しでも日常の生活に楽しみや潤い、生きがいを感じていただくためのお手伝い。決して、特別なことではありません。最初から特別な経験や知識は不要です。障がいや認知症などがあり、不自由や不便はあっても、当たり前ですがそれぞれの生活、人生経験があり、趣味や生きがい、強みなどをお持ちの人生の先輩方です。施設やサービスを利用いただき、少しでも人生の楽しみが増えた、嬉しいと思える瞬間が増えたら、私たちにとってそんな嬉しいことはありません。

魅力的な人材

経験や知識がない方にこそ、知ってほしい世界があります

◆「介護の仕事をしている家族が、いつも楽しそうに仕事の話をしているのが不思議でした。実際に自分で携わるようになって、利用者からの『ありがとう』がこんなにも嬉しいことを知りました」(入職3年・27歳・高齢者施設相談員)◆「常に施設の定員よりも多くの利用の申し込みがあるなど、自分が世の中の役に立っていることが実感できます」(入職5年・29歳・生活支援員)◆「創立70年の組織ですが、常に新しいことにも挑戦しています。これから入職する方にも気づいたことがあれば、どんどんアイデアを出していただきながら、みんなでよりよい施設、より働きやすい環境をつくっていきましょう!」(入職6年・29歳・障がい者就労施設相談員)

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◎介護職員 ◎生活支援員 ◎相談員 ◎職業指導員 ◎事務職員など、
様々な仕事を通じて、障がい者や高齢者の生活をサポートしてください。

専門的な知識がない方でも、
各種研修制度や資格取得を利用してスキルアップを目指すことが可能。

長期的なキャリアプランを描けるほか、
あなたの「将来こんなことをやってみたい」という想いに寄り添い、
またそれが実現できる様々なフィールドがあります。

会社データ

事業内容 名古屋市内に7つの拠点を置き、
それぞれが特色をもった活動をしています。

【光和寮拠点】 (昭和区)
視覚障がい者サポート、障がい者生活支援、
障がい者職場提供、障がい者就職支援、障がい者相談支援

【明和寮拠点】 (港区)
障がい者生活支援、障がい者職場提供、障がい者就職支援、障がい者相談支援

【港ワークキャンパス拠点】 (港区)
障がい者生活支援、障がい者職場提供、障がい者相談支援

【名古屋盲人情報文化センター】 (港区)
視覚障がい者サポート
(点字・録音図書館、盲人用具販売、視覚障がい者相談支援)

【戸田川グリーンヴィレッジ拠点】 (中川区)
障がい者生活支援、障がい者相談支援

【緑風拠点】 (千種区)
障がい者職場提供、障がい者相談支援

【瀬古マザー園拠点】 (守山区)
視覚障がい者サポート、高齢者生活支援、高齢者相談支援

詳しくは以下のホームページからご確認ください。
http://nagoya-lighthouse.jp/about.html
設立 昭和21年10月17日
※終戦直後の荒廃の中、視覚障がい者の自立のために立ち上がった
 愛知県盲人福祉協会が前身です。
資本金 (社会福祉法人のため資本金はありません)
従業員数 425名
売上高 30億2千万円(平成29年3月期実績)
代表者 理事長 近藤正臣
事業所(本部所在地) 〒466-0855 愛知県名古屋市昭和区川名本町1-2
法人認可 愛知県認可 社団法人 愛知県盲人福祉協会(昭和23年)
厚生省認可 社会福祉法人 愛知県盲人福祉協会(昭和27年)
理念 平成8(1990)年の創立50周年の際に、
これまで大切にしてきた「名古屋ライトハウスのこころ」(後述)を
もっと広くとらえ、根底に流れる原点を大切にしながら、
今後50年の行動理念として、以下の3つの言葉をつくりました。
(平成29年4月1日 一部改定)

【福祉サービスの理想像を求めて常に前進する】
名古屋ライトハウスは、
障がい者や高齢者などの社会的弱者を様々な角度から支援し、
理想的な福祉社会を実現するためにある。

福祉施策を研究し、日々の活動に反映させる、
また将来の展望についても絶えず考え、新しいことに挑戦し、行動する、
福祉のパイオニアであること、これが私たちの存在理由です。

【地域と共に、生きることの喜びを知る環境を創る】
明るく楽しく、笑い声が絶えない環境であること、働くこと、
生活することを通じて喜びを分かち合える仲間が集まるところであること。
地域福祉の推進のため、地域の一員として福祉環境の充実に貢献していくこと。

利用者にこのような環境を提供することを、
私たちの目指す使命だと考えて活動します。

【自分を愛し他人を愛し、自ら行動する】
常に自己啓発に努め、自ら考え、自主的に行動すること。
犠牲的精神ではなく、自分も相手もうまくいくように努力すること。
他人も自分も大事にすることができ、
名古屋ライトハウスで働くことに喜びが持てること。

この精神を常に持ち続け、常に前進し続ける姿勢を大切にします。
名古屋ライトハウスの先達の言葉 名古屋ライトハウスが創立以来、大切にしている先達の言葉です。

「失明者の幸せを願い しあわせのために働こう」
(マザー夫人 - ライトハウス運動の母)

「花のように気高く 獅子のようにたくましく」
(ヘレン・ケラー - 社会福祉活動家)

「光は闇より 希望は絶望より」
(岩橋武夫 - 日本ライトハウス創設者)

「目が見えないということは 不自由であっても不幸ではない
 明るく生きなさい」
(片岡好亀 - 当法人創設者)

「運命を愛し 希望に生きよ」
(近藤正秋 - 当法人創設者)

連絡先

〒466-0855
名古屋市昭和区川名本町1-2
採用担当・多賀
TEL:052-757-3522 (代)

HP:http://nagoya-lighthouse.jp/recruit/
掲載開始:2017/03/01

社会福祉法人名古屋ライトハウス に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人名古屋ライトハウス に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)