アイサンテクノロジー株式会社
アイサンテクノロジー

アイサンテクノロジー株式会社

【東京証券取引所JASDAQ (スタンダード) 上場】
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
ソフトウェア
情報処理/建設コンサルタント
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

◆46年間の技術を新たな分野で活かしていきます◆

国民の財産である土地に係る不動産登記測量の分野など、様々な測量の分野の技術発展とともに46年間、当社は歩んできたとも言えます。いま、その技術は震災復興の現場に限らず、日本独自の衛星測位システムの実用化や研究が進む自動運転技術の実用実現に向けた研究分野でも活かされています。今後も様々な場面で当社技術が多岐に亘り利用されることを当社は目指しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

位置情報技術にて幅広く社会に貢献

当社のコア技術である高精度演算、高精度位置情報解析技術を測地系測量システムの継続的な開発により不動産登記測量、公共測量等の分野へ最新製品を提供し続けると共に、「地理空間情報」「三次元点群」「自動運転・安全運転支援」をキーワードにその技術の新たな分野へのチャレンジも行っています。これまでにも、阪神淡路・東日本大震災、熊本地震等の激甚災害の際には製品の提供や各方面への提言を行うことで復興の一翼を担った自負もあります。2018年準天頂衛星が現在の1機から4機体制となって実用化される時代に向け、更なる研究開発活動を推進し、サービスの構築、製品開発を行い、その分野でのリーディングカンパニーを目指します。

事業・商品の特徴

「測量」の技術の進歩とともに歩んできた46年の歴史

測量の歴史は江戸時代に伊能忠敬が全国の測量を行ったことが有名です。当社は1970年に事務機器販売で創業、プログラム電卓の登場時の測量計算プログラム開発をきっかけに、測量分野に進出。その後は、自動製図機、パソコン、Windows、GPS、測量法改正、モービルマッピングシステム(MMS)、準天頂衛星と時代の変遷とともに様々な測量の道具や技術が生み出され、当社は時代の市場ニーズに応じて技術を研鑽し製品を提供してきました。主力製品のWingシリーズは46年の歴史と最新の技術を毎年反映、進化しています。最新の位置情報計測システムであるMMSは、インフラの老朽化点検、自動運転支援のための高精度三次元地図作成まで幅広く活躍しています。

技術力・開発力

国や大手企業も認める技術

46年間培ってきた高精度演算、高精度位置情報解析技術が現在、様々な分野で注目を浴びています。最新のWingシリーズである「WingneoINFINITY」は不動産登記行政を司る法務省、全国各地の法務局でも高評価を頂き、利用されています。衛星測位信号の解析技術、位置情報を利用する技術、MMS等の計測機を用いての三次元計測及びその解析技術は、国が実施する実証プロジェクト等でも参画を認められるものであるとともに、関係機関、大手民間企業からもその技術提供が求められています。特にMMSを用いて作成する高精度三次元地図は、実用化が目指されている自動運転技術の実現に向けた研究分野でも高い評価を頂いています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆独自製品・サービスを、自ら創り出し、世に送り出す◆
【1】営業職
1)自社製品のユーザーへの提案、営業活動、サポート
2)保有する各種技術を利用した提案型営業
3)直接顧客への営業活動、販売店を通じた営業活動
【2】開発職
1)製品のバージョンアップや新製品開発等を行います
2)GNSSを用いた技術の研究と製品開発
3)三次元点群データを用いた技術の研究と製品開発
●いずれの職種も文理とも歓迎!専攻は不問

会社データ

事業内容 ■専門業務用アプリケーションの企画、開発、販売、サポートをトータルで行っています
不動産登記、測量分野に特化した、専用のアプリケーションを技術の進歩とともに毎年、新たなバージョン製品を企画・開発、リリースし、お客様へバージョンアップの提案を行っています。機器メーカーの系列にも、特定企業の系列にも属さない、独立系企業として、当社は独自の発想で製品開発を行っています。

■お客様のお仕事に必要な機器を総合的にソリューションします
 測量現場でご利用いただく様々な計測機器からコピー機などの事務機器まで、トータルにお客様のお仕事をサポートする体制を構築しています。計測機器は世界的ブランドを有するライカジオシステムズ株式会社とアライアンス関係にあり、高精度な計測機器の提供を可能としております。

■三次元計測データを活用したソリューションを展開します
三菱電機株式会社の開発したモービルマッピングシステム(MMS)を複数台保有し、幅広い業界において三次元空間情報事業の展開を積極的に行っております。
MMSの販売代理店としての営業活動のほか、道路などの社会インフラの点検目的から自動車の自動走行支援の研究分野まで、様々なお客様の目的利用に応じた三次元計測・データ納品を、自社保有MMSを利用して受託しています。

■準天頂衛星システムを利用した高精度位置情報の活用分野を研究推進しています
来る2018年準天頂衛星が4機体制になって実用化される時代に向けて、46年間の測量分野で培ってきた高精度演算技術を利用した更なる研究開発活動を推進し、サービスの構築、製品開発を行っています。
準天頂衛星信号を受信する高感度アンテナを利用した高精度測位の実証実験と測位システムの開発は、経済産業省の「平成27年度 商業・サービス競争力強化連携支援事業」として採択され、2016年度には、より小型化・実用化を目指して更に研究開発を進めています。
主な製品 ■測量CADシステム
測量業務によって得られた位置情報を表す距離と角度のデータを、当社の高精度演算技術を用いて三角法で座標化し、専門的な地図図面に展開するシステムです。
主力製品である「WingneoINFINITY」は、業界のスタンダードともいえるベストセラー製品となっています。

■測量モバイルシステム
測量をしている光景に、みなさんも一度は出会ったことがあるでしょう。現場で作業をする人が使うモバイル端末に内蔵するソフトウェアも、当社が開発しています。
このモバイル端末を使用して、計測機器を遠隔操作できるのが、大きな特長。
通常ならレンズを覗き込んで慎重にメモリを合わせて位置を測る作業が、夏の炎天下や冬の寒い中でも効率的に行える製品は、多くのユーザー様から喜ばれています。

■測地系システム
震災などの災害がない状況でも、地殻変動などの要素により土地は動いています。東日本大震災では5メートル以上も動いているのも事実です。
このようなケースでは基準となる土地の複数のポイントの移動量を計算することにより、図面上の土地の境界と現在の位置とを補正することができる技術を提供しています。

■三次元計測解析システム
走行しながら計測するMMSを利用したデータは、膨大な三次元点群(点の集まり)と画像から成り、この解析・処理には独自のノウハウを活用したシステムです。

■UAV(無人航空機)
一般的にドローンと呼ばれているマルチコプターをUAVと称しますが、当社が販売するのは空中写真測量・レーザー計測に特化した測量モデルです。当社はUAVを通じて業務における生産性向上を図るとともに、次世代測量メーカーとして、製品・サービス・ソリューションを提供しています。
こんなお客様が使います ■測量業務支援アプリケーション
 ・官公庁
 ・建設コンサルタント
 ・測量設計業
 ・土地家屋調査士(不動産登記のスペシャリスト)

■高精度三次元データ、高精度位置情報ソリューション
 ・自動車、ITS業界
 ・地図業界
 ・通信インフラ業界
 ・官公庁
 ・建設コンサルタント
新技術の研究開発 準天頂衛星システムからの高精度の位置情報を利用する。近い将来、その技術が、街を、人の生活を変えるかもしれません。

■MMSによる高精度三次元地図計測
前述の三菱電機(株)が開発したMMS(モービルマッピングシステム)。
GPSアンテナとカメラ、レーザスキャナを搭載した車両で、時速20~80キロで走行しながら計測を行い、地形や道路上の物体の高精度な三次元情報を取得します。
短時間で多数の箇所のデータを取得できることから、レンズを覗いて地形を測る従来の測量の代わりはもちろん、高速道路のトンネルや一般の道路の老朽化調査、三次元地図の作成など、多彩な活用が行われています。
MMSを利用した実際のデータ取得と、データ利用のためのソフトウェア開発を、当社では行っています。
また、ITS業界においても、当社の進めてきたMMSを用いた技術が評価され、認知度も各方面で上がっています。自動運転、安全運転支援技術の向上を図る目的としての計測・地図作成を自動車業界より受託するとともに、自動運転支援システムの実用化に向けた地図の研究も行っています。
この技術は、平成25年10月に日本で9年ぶりに開催された「ITS世界会議 東京2013」への出展は、各方面へのアピール機会となり、当社技術は一気に認知されました。
さらに現在は、多数のメディア取材、報道により様々な業界から当社技術への関心が寄せられている状況です。今後、自動運転技術の実用化に向け、高精度三次元地図の研究開発を推進してまいります。

■準天頂衛星「みちびき」のデータ活用
2010年9月11日に打ち上げられた、日本初の測位衛星「みちびき」。
打ち上げから6年以上が経過し、高精度の測位を実現する「みちびき」からのデータは、カーナビゲーションの精度向上や自動車の自動走行運転・安全運転支援のほか、都市計画など多方面で活用の可能性があり、多くの大学や企業が利用実証に参加してきています。
当社では、それらの大学や企業に対して、利用実証の目的に合わせてカスタマイズを可能としたアプリケーションを提供し、ITS、LBS、防災、農業、施工等様々な分野での準天頂衛星を利用したアプリケーション・サービスの実証試験用システムとして利用いただいています。
また、2018年には実用準天頂衛星が4機体制となることが決定され、日本版GPSの24時間運用が実現する見込みです。さまざまな位置情報ビジネスが創出されることが予想され、当社では、その時を見据えて、今後も幅広く研究開発を進めてまいります。
本技術は、国からも認められ、準天頂衛星システムが自動運転走行支援に役立つのかの調査業務を内閣府より受託しました。

■高精度三次元地図計測用UAV(無人航空機)を開発
産業用UAVが各方面での利活用が期待されている昨今。当社の主たる市場である土木・測量市場においても土木測量現場でのUAVを利用した測量と三次元点群データの利活用が期待されています。当社では、平成27年度 新あいち創造研究開発補助金を活用し、国内有数の開発力を誇る株式会社プロドローンとの3D計測用UAVの開発を行い、平成28年3月に当社製品「Winser(ウインザ)」を発売開始しました。UAV計測により作成された三次元地図データを活用したスマートな測量へと展開してまいります。

■三次元空間データの活用
様々な三次元計測機器の導入に伴い、膨大な三次元データの処理が必要となってきたことを受けて、当社は三次元空間データ生産ツール「3DWING(スリーディーウイング)」を開発しました。100億点もの大規模三次元点群の読み込みに対応し、ワンクリックで点群を自動物体認識するなど、世界トップクラスの点群処理機能を実現し、より効率的で高精度な生産ツールとしてお客様に提案しています。
今後の事業ビジョン ■経営基本戦略
・2018年より日本国内およびアジア太平洋地域を中心とした準天頂衛星とGPSを連携した24時間測位サービス提供開始へ。
・2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、新たなビジネスシーンの創造。
・以上を受け、当社グループが誇る高精度位置情報解析技術を更に追求した新次元のシステム開発・販売により2018年3月期に売上高33億円を目指します。

■中期ビジョン
・コア技術である高精度位置情報解析技術を更に追求した新次元のシステム開発。
・準天頂衛星の利活用、自動走行支援実用化を見据えた先行研究。
・屋内外の高精度三次元計測技術による新市場へ向けた位置情報ビジネスへの挑戦。
設立 1970(昭和45)年8月
資本金 14億8,145万2,562円
従業員数 104名
・連結グループ全体:男82名、女22名
・アルバイト社員含む
・平成28年8月1日現在
上場証券取引所 株式会社東京証券取引所 JASDAQ市場スタンダード(証券コード4667)
売上高 27億9,412万円(2016年3月期実績)
28億2,507万円(2015年3月期実績)
22億2,734万円(2014年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 柳澤 哲二
事業所 【本社】
名古屋市中区錦3-7-14 ATビル

【営業所】
■盛岡
岩手県盛岡市菜園1丁目3-6 農林会館10F
■仙台
宮城県仙台市宮城野区燕沢1-28-24
■関東
埼玉県上尾市原市1240-6
■首都圏
神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1 ハウスクエア横浜301-1
■関西
大阪府東大阪市中新開1丁目4番12号
■広島
広島市中区舟入町2-20 三栄広島ビル9F 906号
■福岡
福岡市博多区博多駅東2-17-5 アークビル 303号
■熊本
熊本市中央区神水2丁目10-23 第2北野ビル401号室
■宮崎
宮崎市橘東1丁目5-8 エストレジャービル 312号
グループ会社 エーティーラボ株式会社(研究開発業務)
株式会社スリード(三次元計測事業)
主要取引先銀行 三菱東京UFJ銀行、名古屋銀行、愛知銀行
主要取引先 三菱電機株式会社、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社、フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社、Google Inc.、
株式会社ゼンリン、豊田中央研究所、株式会社本田技術研究所、株式会社トヨタマップマスター、萩原電気株式会社、株式会社デンソー、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、株式会社プロドローン、
株式会社パスコ、国際航業株式会社、法務省、全国主要法務局、岡谷鋼機株式会社、株式会社アンナカ、株式会社シーティーエス、ライカジオシステムズ株式会社、他多数
主要株主 三菱電機株式会社、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社、
株式会社名古屋銀行、野村證券株式会社
( 平成28年3月31日現在 )
沿革 ■昭和45年(1970)
8月  総合事務機器販売を目的として、名古屋市昭和区長戸町六丁目23番地に株式会社アイサンを設立
■昭和49年(1974)
6月 測量計算プログラム「測量計算書」発売
■昭和58年(1983)
2月 自動製図機オンラインコンピュータシステムに参入。初期簡易CADシステム「FINE-PLOT」発売
■昭和59年(1984)
5月 測量CADシステム「WING」発売
■昭和60年(1985)
8月 システム開発部門を分離し、アイサンソフトウェアー株式会社設立           
■昭和63年(1988)
8月 東海地区の販売部門を独立し、子会社株式会社アイサン東海設立
■平成4年(1992)
1月 測量用ソフト開発主体の会社として、アイサンテクノロジー株式会社設立
8月  「株式会社アイサン東海」および「アイサンテクノロジー株式会社」を吸収合併し、商号を「アイサンテクノロジー株式会社」に変更 。愛知県尾張旭市東本地が原一丁目77番地に本社を移転
■平成7年(1995)
4月 関連会社アイサンソフトウェアー株式会社を吸収合併
■平成8年(1996)
4月 日本証券業協会に株式を店頭登録
■平成11年(1999)
2月 愛知県名古屋市中区錦三丁目7番14号に本社を移転
■平成12年(2000)
7月 測量CADシステム「Wingneo」発売
■平成15年(2003)
10月 三菱電機株式会社他に対し、第三者割当増資による新株式発行(700,000株)を実施
■平成16年(2004)
12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場
■平成20年(2008)
12月 国立大学法人 東京農工大との「診療所向けORCA対応手書き電子カルテ開発」産学連携開始
■平成21年(2009)
4月 「BMB世界座標取得システム」が建設技術審査証明を取得
■平成22年(2010)
4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪 証券取引所JASDAQ(スダンダード))に上場
10月 次世代測量システムの研究開発のため、子会社、エーティーラボ株式会社(現連結子会社)を設立
11月 三次元計測業務のため、子会社、株式会社スリード(現連結子会社)を設立
■平成23年(2011)
3月 測量CADシステム「Wingneo INFINITY」発売
■平成24年(2012)
2月 準天頂衛星みちびき初号機からの補強データを利用する日本初「高精度単独測位」システム「GPS+QZSアンテナ受信機付きQZS Prove Tool EX」を発売
■平成25年(2013)
5月 「道路情報のモデル化による走行支援の研究開発」が、愛知県の平成25 年度「新あいち創造研究開発補助金」に採択
7月 高精度GPS 移動計測装置(三菱MMS)を用いたオルソ画像作成システム
「MMSオルソジェネレータ」発売
東京証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所
JASDAQ(スタンダード)に上場
10月 ITS世界会議 東京2013に出展
■平成26年(2014年)
9月 名古屋大学並びに複数の企業と共同で、市街地での自動運転技術の公道実証実験を実施するワーキングループ 「アーバンドライブWG」を設立
11月 内閣府SIP(戦略的イノベーション創造プログラム・自動走行システム)政策に係る調査業務受託
■平成27年(2015年)
6月 愛知県の平成27年度「新あいち創造研究開発補助金」に採択
8月 経済産業省の平成27年度「商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)に採択
11月 「衛星測位活用検討コンソーシアム」を設立
■平成28年(2016年)
3月 株式会社プロドローンへ出資
3月 精密3次元空間データ生産ツール「3DWING」発売
3月 高精度3次元計測UAV「Winser(ウインザ)」発売

連絡先

名古屋市中区錦3-7-14  ATビル
採用担当/人事法務管理部 中越・安藤・山下
■E-mail at_recruit@at45.aisantec.jp
■TEL   052-950-7500(代)

【URL】http://www.aisantec.co.jp/
掲載開始:2017/03/01

アイサンテクノロジー株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

アイサンテクノロジー株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)