トラスコ中山株式会社
トラスコナカヤマ
  • 会員制ページ
  • 株式公開
  • 正社員
業種
商社(機械)
商社(事務機器・OA関連)/商社(化学製品)/商社(電機・電子・半導体)/その他商社
本社
東京、大阪

私たちはこんな事業をしています

「がんばれ!!日本のモノづくり」トラスコ中山は日本のモノづくり、すなわち製造業を支える業界トップクラスの商社です。現在においても国内GDP全体の約3割を占める日本のモノづくり市場。お客様のニーズを追及し、独自の戦略を展開することで国内の工場や建設現場など様々なモノづくり現場にプロツールを供給しています。プロツールカンパニートラスコ中山は日本のモノづくりを支えることで日本の社会に貢献していきます!

当社の魅力はここ!!

企業理念

人や社会のお役に立ててこそ、事業であり、企業である。

「モノづくりが廃れると国は滅びる」戦後、日本は驚異的な経済復興を遂げ、世界有数の経済大国となりました。資源小国であったため、原材料や燃料などの多くを輸入に頼らざるを得ませんでした。しかし、そんな背景があったからこそ優れた技術力が育ち、「made in Japan」の品質が世界中で認知されるようになったのです。モノづくり市場は、現在においても国内GDP全体の約3割を占めるほど日本にとって重要な産業です。我々は「made in Japan」の価値を更に高めるべく、プロツールの供給を行うインフラ企業として、日本のモノづくりを全力で応援します。日本の製造業のお役に立つことを『志』とし、これからも地道に日本の社会に貢献していきます!

戦略・ビジョン

独創経営で日本のモノづくりを支えるリーディングカンパニー

業界では最後発、1959年の創業以来、日本のモノづくり現場の「必要な時に」「必要なモノを」「必要なだけ」というニーズにお応えするため、業界の常識や古い慣習に一切とらわれることなく、次々と新たな施策を打ち出してきました。取扱アイテムの拡充、プライベート・ブランド商品の開発、プロツール総合カタログ「オレンジブック」の発刊、独自の物流システム構築、全国規模の営業展開、手形取引の全廃など、独創的な発想で常にチャレンジを続けています。「プロツールの供給を通じて日本のモノづくりのお役に立つ」という志のもと、トラスコ中山はいつの時代も、社会から必要とされる企業を目指していきます!

仕事内容

商社として日本のモノづくり現場を支える

トラスコ中山はプロツールをメーカー様から仕入れ、機械工具商や溶材商といった販売店様へ卸売をしています。つまり、直接モノづくり現場に対して営業活動をするのではなく、販売店様(約5300社)を介してモノづくり現場(20万以上)をサポートしています。当社のセールス&ソリューション=SSL(外回り営業)とセールス&サポート=SSP(内勤営業)は、商品の販売だけでなく、モノづくり現場におけるお困りごとの発見と解決、電子ツールや物流などの仕組みの提案など様々な営業活動をしています。いかにモノづくり現場のニーズに応えていくか?時には熱く、時には冷静に、自由な発想のもと自らの判断で物事を進めていく行動力が求められます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■セールス&ソリューション=SSL(外回り営業)
 お客様との商談の中で、お困りごとの発見や解決、商品の提案などを行うルートセールスです。
■セールス&サポート=SSP(内勤営業)
 社内にて電話、ファックス、メールを通じて受発注業務を行います。一般的な事務職とは違い、商品提案や価格交渉なども行います。

会社データ

事業内容 ・機械工具・物流機器・環境安全用品等の卸売業
・プライベート・ブランドTRUSCOの企画・開発
コーポレートメッセージ 「がんばれ!!日本のモノづくり」
トラスコ中山は日本のモノづくり現場を支えるプロツールの専門商社です。

 *モノづくり現場とは
   例えば自動車、食品、薬品、化粧品などを私たちの身の回りにあるものを
   製造している工場や、ビルや道路などをつくっている建設現場、物流倉庫など。
 *プロツールとは
   工場、倉庫、事務所内、建設現場で必要とされる消耗品を中心とした工具、備品など。
創業 1959年5月15日(昭和34年)
設立 1964年3月2日(昭和39年)
代表者 代表取締役社長 中山哲也
株式 東証一部上場(証券コード9830)
資本金 50億2237万円
売上高 1770億5300万円(2016年12月期)
1665億6500万円(2015年12月期)
1144億7300万円(2014年12月期) ※決算月変更の為、9ヵ月決算
従業員数 2,291名(2016年12月末現在)
(社員数1438名、パート853名)
平均年齢 39.3歳(2016年12月末現在)
事業所 本   社 : 東京本社(東京都港区)、大阪本社(大阪府大阪市西区)
営業拠点 : 東京、大阪、名古屋など支店73ヵ所
物流拠点 : 物流センター16ヵ所
トラスコの存在価値 ◇お客様が最も必要としていること・・・「必要な時に」「必要なモノを」「必要なだけ」◇

 モノづくり現場で使われる小さな部品。どんなに小さい物でも、それが足りないだけで製造ラインが止まってしまうことがあります。ラインが止まってしまう数時間の間生産が全く出来ないとすると、時には億単位のとてつもなく大きな損失となります。
「必要な時に」「必要なモノを」「必要なだけ」お届するため、様々な取組みを行ってきました。

 【商品力】
 ・圧倒的な取扱アイテム数(仕入先メーカー約2,200社)
 ・プライベート・ブランド「TRUSCO」の企画開発・販売(アイテム数45,600)
 【情報力】
 ・プロツールの総合カタログ「オレンジブック」の発刊(毎年約25万部) 
 ・情報検索サイト「オレンジブック.Com」の提供
 【物流力】
 ・自社便を使った1日2便の無料配送(国内拠点数91か所、物流センター16か所)
 ・ドライバー1本からでも出荷する「バラ出し」出荷体制
 ・「オレンジブック」掲載商品の92%を在庫(在庫アイテム数298,900)
 【新戦力】
 ・2010年にタイ、2015年にインドネシアに現地法人を設立
 ・より利便性の高い立地場所を求め、また、社員の働きやすい環境づくりのため、
  社屋を次々と新設(新東京本社は2013年3月完成)
 ・電子商取引システムの推進

 *当社と同様なシステムをとっている他社はおらず、
  独自の強みであると共にお客様に必要とされる理由の一つとなっています。
攻めの経営の秘密 ◇トラスコの独自の強みを支えているのは、強固な財務体質◇

 これがあるからこそ他社と差をつけた物流サービスの構築やカタログ製作、発注システムの開発など攻めの経営が出来るのです。

 1.自己資本比率82.7%(2016年12月期)
 2.経常利益率8.2%(〃)  ※ 2014年卸売業平均3.9%
 
 *景気に左右されることなく、必要なタイミングで、思い切った施策を
  自らの力で実現できる基盤があります。
海外展開 2010年9月にタイ、2015年7月にインドネシアに現地法人を設立。
当社のビジネスモデルを活用でき、当社の商材の販売需要が伸びてきているタイ、インドネシアに現地法人を出店!当社の強みである「物流」と「オレンジブック」を武器に日本同様、卸売業として海外に展開する日本企業を中心とした「モノづくり現場」をサポートします。
2015年10月にドイツに仕入れの窓口となる駐在所を開設。
品質の高いヨーロッパのトップメーカーを中心に、海外商品の取扱い拡大を目指します。
更なる認知度向上にむけて! テレビ番組「ガイアの夜明け」に協賛し、CMを放映中。
また、日本パラリンピック委員会のオフィシャルパートナーになっています。
さらに、神奈川県の相模川にかかる湘南大橋の国内初の橋梁ネーミングライツ(命名権)を取得!!「トラスコ湘南大橋」という名称で箱根駅伝の通過ポイントにもなっています。
当社は神奈川県に物流センター2ヶ所、営業拠点3ヶ所を持ち、認知度の向上のみならず日本屈指の工業エリアで製造業を応援しています。
やさしさ、未来へ。 ◇環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得◇
 
 当社は本社だけではなく、全拠点にて、また、ノンコンサル、つまり社員の努力のみで、
ISO14001を10年以上取得し続けています。

 ◎風力発電・太陽光発電設備の導入
  新設の社屋などでは風力発電・太陽光発電の設備を導入し、発電した電気は
  夜間の外灯などに利用しています。
 
 ◎LEDランプの導入
  LEDランプは、通常の蛍光灯に比べ消費電力を抑えることが出来、寿命も長いことから、
  今後も積極的に新築社屋や物流センターに導入する予定です。
 
 ◎「修理工房 直治郎」
  リユース・リサイクルを目的としたサービス「修理工房 直治郎」に力を入れています。
  商品の寿命を延ばすことで、ゴミの削減、生産時のエネルギー削減につなげ、  
  環境配慮型ビジネスの一つとして、今後も発展させていきます。
 
 ◎環境対応型商品の提案
   環境対応型商品の取り扱いを積極的に推進しています。さらに、お客様が分かりやすい様、
   オリジナルカタログ「オレンジブック」上では環境対応マークの表示をしています。
子育て奨励 ◇出産・育児に関する制度に積極的である証「くるみんマーク」を取得◇

 「くるみんマーク」とは、世代育成支援認定マークで、厚生労働省が認定するものです。
 男性の育児休暇等の取得者がいること、さらに女性の育児休暇等取得者が70%以上などの
一定基準をクリアしていると認定されます。
 直近4年の育休取得者数の累計は101名、育休復職率は98,6%と実績にも表れているように
制度があるだけではなく、利用しやすい環境があります。
社員のビタミン「福利厚生」 ◇社員のプライベートも応援します◇

 様々な福利厚生制度が整っており、がんばる社員の健やかな生活を支援しています。

【施設】社有リゾートマンション16ヶ所、クルーザー2隻(トラスコマリンクラブ)
     独身寮(15,000円/月※トラスコーズ新橋は20,000円/月 但し、30歳未満独身者のみ)

【制度】当社独自の年金制度「中山年金」、従業員持株会、社員貸付金制度、財形貯蓄、
     コミュニケーションマネー制度、通信教育補助、育児休職者支援制度(育児休暇、
     短時間勤務制度、時差出勤制度、転勤同行制度、再雇用制度)、各種社会保険など
経営成績 <2016年12月期>
・経常利益 144億3300万円
・自己資本比率 82.7%
・当期純利益 99億6300万円

<2015年12月期>
・経常利益 132億1100万円
・自己資本比率 81.4%
・当期純利益 82億4200万円

<2014年12月期> ※決算月変更による9ヵ月決算
・経常利益 84億9400万円
・自己資本比率 82.7%
・当期純利益 54億7400万円

連絡先

〒105-0004
東京都港区東京都港区新橋4丁目28番1号 トラスコフィオリートビル10階
 経営企画部 採用課 宅野 洋平/植松 暁美/久保 朋子

 (TEL) 03-3433-9832(直)  (FAX) 03-3433-9881
掲載開始:2017/03/01

トラスコ中山株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

トラスコ中山株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)