西尾レントオール株式会社
ニシオレントオール

西尾レントオール株式会社

【東証一部上場】総合レンタル業
  • 株式公開
  • 正社員
業種
リース・レンタル
商社(機械)/建設/設備・設備工事関連/商社(自動車・輸送機器)
本社
大阪
残り採用予定数
6名(更新日:2017/09/05)

私たちはこんな事業をしています

当社が行っているのは、建設機械やイベント展示会用機材のレンタル事業。
現在ビル建設やトンネルなどの土木建設工事において使われる建設機械は
大半がレンタル機器であり、建機レンタル市場は1兆円を超える規模にまで飛躍的に成長しています。
最新機器の商品数とコンサルティング営業により、建機レンタル業界においてトップクラスのシェアを誇る当社。
幅広いネットワークと強みを活かし、さらなる事業拡大を目指します。

当社の魅力はここ!!

企業理念

総合レンタル業のパイオニアとして

1965年に道路機械のレンタルを開始。当初、建設業界におけるレンタルの位置付けは“臨時の調達方法”でしたが、現在では“経営の合理化や多種多様な現場への対応”という観点から機械を保有せずレンタルを活用する、という考えが定着し、活躍の現場が拡大しました。 事業方針は『総合レンタル業のパイオニアとして経済社会に貢献する』そのために、社員一人一人が社会的役割を担い、自分と周囲の人々にとって理想の将来像を得るため取り組んでいます。同じ目標に向う仲間であり、切磋琢磨するライバル。何より大切な資産は「人である」と信じて事業展開しています。

技術力・開発力

レンタルサービスの向上

今、建設現場では、環境・安全・品質およびコスト削減などの問題解決策として、情報・通信・測量機器などを活用した、『IT施工』に期待が集まっています。NISHIOでは他社に先駆けて「情報化施工」に取り組み、保有機械、実績ともに業界をリードしています。一方、雲仙普賢岳での災害対策工事から端を発した「無人化施工通信システム」についても、噴火地帯や土砂崩壊現場、解体作業等の危険現場などで活躍しています。また、NISHIOでは現場からのニーズをもとに、商品の研究開発や工事一式の請負業・レンタルサービスを縦横に拡充させています。

待遇・制度

前向きな気持ちを応援する業績評価制度

西尾レントオールではプロフィット制度を採用。全国28の営業部それぞれで売上・原価・経費を算出。利益額を明確にすることで、一人ひとりが数字に関心を持った経営者の視点で仕事に取り組む体制を築いています。また定例賞与とは別の業績賞与を設け、各営業部計上利益額の一定率を部内で配分。分配方法も各営業部に任されるなど、ひとつの営業部がまさに独立した会社と同様の体制で運営されているのです。各人が自らの目標を達成し、チーム(営業部)として結果を残せば、その分評価とともに自らに還元されるこのシステムは、社員一人ひとりのやる気と成長のエネルギー源であり、他とは違う斬新なアイデアを産み出すことにも繋がるのです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■営業職
法人向けに使用条件に合ったベストなレンタルシステムを提案します。

■技術職
レンタル事業における命とも言うべきレンタル機器の保守・メンテナンスから
新システムの開発・改良・現場での設置、ユーザーフォローを担当します。

■事務職
営業所での経理事務~ユーザー対応、情報収集等を行います。

会社データ

事業内容 ■総合レンタルおよび関連事業
 建設機械・器具全般(土木・道路・建築・高所作業用機械、機材、測量測定
 器等)
 産業用機械(物流・運搬・プラスチック加工機、その他)
 通信・情報機器、安全対策機器(ITV、マルチメディア、通信機器他)
 イベント用品(展示会用品、アミューズメント機材、映像・音響機器他)
 レントオール・フランチャイズ・チェーンの展開
 子供向け遊戯コーナーの企画、備品・遊具の開発・販売

■各種機械器具の開発・製造
 建設関連機材、省力・安全機器、マルチメディア機器のシステム設計他

■運送業
 自動車運送取扱業

■修理整備業
 建設機械、運搬機械他

■警備業
 施設警備業務、雑踏・交通誘導警備業務

■上記事業で取り扱う物品の販売
設立 昭和34年10月
資本金 60億4,849万円
従業員数 1,867名
売上高 【単体】767億9,531万円(2016.9)
【連結】1,159億3,757万円(2016.9)
代表者 代表取締役社長 西尾 公志
事業所 【本社】
管理部門-大阪市中央区

【支店(6)】
東京支店・中部支店・関西支店・中国支店・技術本部・レントオール事業部

※各支店及び技術本部管轄内に「高所作業車・作業台」「小型汎用機器」
 「技術開発」「電材機器」「アスファルトフィニッシャー」「商用車」
 といった専門商品センターを設置。

【営業部(19)】
「建設・設備工事用機器レンタル」
 東北(岩手・宮城・山形)・福島・栃木・茨城・関越(埼玉・群馬)・
 東京・千葉・ 中部第1(愛知・岐阜・三重)・
 中部第2(愛知・富山・静岡)・関西土木(大阪・奈良・和歌山)・
 関西建築(大阪・兵庫)・京滋(滋賀・京都)・ 兵庫・
 四国(香川・愛媛・高知)・東中国(岡山・広島)・
 西中国(鳥取・島根・広島・山口)・広域(東京)・道路営業推進(東京)・
 配管機器(東京・新潟・名古屋・大阪・広島)

「タワークレーンレンタル(1)」
 建築機械部(東京・千葉)

「通信機器・測量測定機器レンタル(1)」
 通信測機営業部(宮城・東京・埼玉・愛知・大阪・広島)

「イベント展示会用機材レンタル(3)」
 RA東日本営業部(北海道・東京・埼玉)・
 RA西日本営業部(愛知・大阪・兵庫・奈良)・
 スペース営業部(東京) 

「レントオールフランチャイズチェーン本部(1)」
 FC本部(大阪 ※FC店は北海道~沖縄まで全国57カ所)

【営業所(209)】
 上記各本社営業部門・支店・営業部内に設置
関連会社 【国内(14)】
ニシオレントオール北海道(株)
ニシオレントオール神奈川(株)
サコス(株)
(株)三央
(株)アールアンドアール
ニシオティーアンドエム(株)
日本スピードショア(株)
(株)ショージ
ニシオワークサポート(株)
(株)新光電舎
山崎マシーナリー(株)
新トモエ電機工業(株)
(株)大塚工場
西尾開発(株)

【海外(9)】
ニシオレントオールマレーシア社
ニシオレントオールタイランド社
ニシオレントオールシンガポール社
西尾(上海)総合物品祖賃有限公司
ニシオレントオールベトナム社
ニシオレントオールインドネシア社
スカイリーチグループ
ニシオティーアンドエムホンコン社
スピードショアマレーシア社
平均年齢 35.6歳(男-36.0歳 女-33.2歳) 【2016年9月期単体】
平均勤続年数 11.2年(男-11.7歳 女-7.7年) 【2016年9月期単体】
沿革 1959年 【会社設立】
電気器具の部品加工並びに販売を目的として宝電機株式会社を設立。後、公認会計士、税理士として関与していた西尾晃(前社長)が経営を任され、「労働集約型」の業務形態から「資本集約型」へと大転換した。

1965年  【建機レンタルのスタート】
道路機械のレンタルを開始。高度成長期、交通網の整備が進み道路機械が不足する場面でレンタルが活用された。(不足分のみのレンタル需要)

~70年代  【営業ネットの拡大】
万博、新幹線、高速道等の工事にともない営業所を全国に拡張。70年代後半、オイルショックで工事量は低下するが、「省エネ、省資源」がテーマに。

1978年  【総合レンタル業に業容を拡大】
レンタルの総合化をめざし、対象領域・取扱商品の拡大へ。
社是を制定「総合レンタル業のパイオニアとして経済社会に貢献する」
イベント関連・民生品のレンタル(レントオール)を開始。「大塚工場」に資本参加。

1979年
米国スピードショア社との資本提携により合弁会社「日本スピードショア」を設立。
高所作業機を全国展開・タワークレーンのレンタル開始。

1981年
総合レンタルショップのフランチャイズチェーンの展開を開始。

1983年
トンネル機械専門の「三興レンタル(現ニシオティーアンドエム)」を設立。西尾レントオール株式会社へ商号変更。

~80年代
工事量の拡大傾向続く。レンタル需要も拡大。
専門商品部門や子会社の設立を進める。
この時期より、オリジナル商品の開発が活発に。

1989年
卸レンタル専門会社「アールアンドアール」を設立。

1990年  【公開会社になる】
社団法人日本証券業協会の承認を得て店頭売買銘柄(現ジャスダック)として登録。

1992年  【海外への進出】
「ニシオレントオール マレーシア」を設立。

1993年
建設現場の安全と環境を考えるマンガ広報誌「安全くん」を創刊。大阪証券取引所 市場第ニ部に上場。

1995年
「タイ レントオール(現ニシオレントオール タイランド)」を設立。

1998年 【M&Aによるグループ総合力の拡大充実】
環境対策機器のレンタル会社「三央」をグループ化。
測器部門がISO9002の認証を取得。
その後、各専門商品部門が取得。

1999年
都市土木に強い、建機レンタルの「サコス」及び「ケンキセンター(現ニシオレントオール シンガポール)」をグループ化。

2002年
大阪証券取引所 市場第一部に指定替え。

2006年
トンネル・ダム工事用機械の賃貸及び販売を行う「新ケービーシー(現ニシオティーアンドエム)」の営業を開始。

2009年
三興レンタル、新ケービーシーを合併し、「ニシオティ-アンドエム」を設立、営業開始。
北海道営業部を分離独立させ、「ニシオレントオール北海道」として営業開始。
建設機械の整備・製造・販売を行う「山崎マシーナリー」をグループ化。

2010年
ニシオティーアンドエムが、「トンネルのレンタル」を合併。
九州の建機レンタル会社「ショージ」をグループ化。
特殊搬送車両メーカー「新トモエ電機工業」が営業開始。

2011年
神奈川営業部を分離独立し、「ニシオレントオール神奈川」として営業を開始。

2012年
「ニシオレントオールベトナム」を設立。

2013年
東京証券取引所市場第一部に上場。

2014年
「ニシオレントオールインドネシア」を設立。

2016年
オーストラリアの高所作業機レンタルを中心とした「スカイリーチ グループ」をグループ化。
会社HP http://www.nishio-rent.co.jp/

連絡先

■採用全般に関するお問い合わせ

本社 総務人事部 人事課 林
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-11-17
学生専用TEL:0120-039-240


各エリアの採用状況・セミナー情報に関するお問い合わせ

【北海道内で就職希望の方】
北海道エリア:営業本部 巌(イワオ)
〒063-0830 北海道札幌市西区発寒10条14丁目1068-15
TEL:011-671-2405

【岩手・宮城・山形各県で就職希望の方】
東北エリア:東北営業部 相原
〒984-0002 宮城県仙台市若林区卸町東5-7-1
TEL:022-288-4240

【福島県で就職希望の方】
福島エリア:福島営業部 大平(オオダイラ)
〒963-0551 福島県郡山市喜久田町字菖蒲池22-517(三昇ビル201号室)
TEL:024-963-2407

【栃木県で就職希望の方】
栃木エリア:栃木営業部 梶原(カジワラ)
〒321-0912 栃木県宇都宮市石井町3208
TEL:028-656-6243

【茨城県で就職希望の方】
茨城エリア:茨城営業部 松葉(マツバ)
〒310-9845 茨城県水戸市吉沢町315-5
TEL:029-247-3240

【東京都・神奈川・千葉・埼玉・群馬各県で就職希望の方】
首都圏エリア:東京支店管理課
         目黒(メグロ)・折笠(オリカサ)・富張(トミハリ)
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル9階
TEL:03-6262-9825  E-mail:east-jinji@nishio-rent.co.jp

【愛知・岐阜・三重・静岡各県で就職希望の方】
中部・東海エリア:中部支店管理課 掛野(カケノ)
〒460-0008  愛知県名古屋市中区錦1-6-17オリジン錦ビル9階
TEL:052-203-8240

【大阪府・京都府・兵庫・奈良・滋賀・和歌山各県で就職希望の方】
関西圏エリア:本社 総務人事部 人事課 林
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-11-17
TEL:0120-039-240  E-mail:jinji@nishio-rent.co.jp
    
【香川・愛媛・高知各県で就職希望の方】
四国エリア:四国営業部 山口
〒763-0083 香川県丸亀市土器町北二丁目15
TEL:0877-25-2422

【岡山・広島各県で就職希望の方】
東中国エリア:東中国営業部 大坪(オオツボ)
〒700-0945 岡山県岡山市南区新保687-31
TEL:086-250-2408

【広島・鳥取・島根各県で就職希望の方】
西中国エリア:西中国営業部 戸田
〒731-3168 広島市安佐南区伴南1-2-1
TEL:082-209-8210
掲載開始:2017/03/01

西尾レントオール株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

西尾レントオール株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)