日本電機産業株式会社
ニホンデンキサンギョウ
  • 正社員
業種
重電・産業用電気機器
設備・設備工事関連/プラント・エンジニアリング/総合電機(電気・電子機器)/その他製造
本社
大阪
リクナビ限定情報
かたーい事業とゆるーい社風

私たちはこんな事業をしています

◆専業だから、強い◆

社会と人々の生活に欠かせない「電気」。
私たちはその機能を縁の下から支える、産業用の受電設備キュービクルを製造しています。

昭和17年創業と歴史は古く、受電設備製造の分野においてはパイオニア的存在。
優れた技術力とアイディアを投入した製品を次々と世の中に送り出し続け
業界内においてトップクラスシェアのポジションを確立しています。

今後も快適な社会の創造に貢献していきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

ニッチトップ企業を目指して!

受電設備の業界で、全国販売規模の中では、決して大きくありません。それでも業界トップクラスのシェアを占め、多くのお客様に信頼を頂けている当社の強みは、個性を発揮するコンパクトな組織と受電設備「キュービクル」に特化した専業メーカーであること。全体最適化を追求したコンパクトな組織だから部門間の連携が強く、お客様からの見積り依頼や技術的な問い合わせ・図面作成・納品に至るまで全てスピーディーに対応することができます。標準型ながら、お客様の要望に合わせて柔軟な設計を行うノウハウがあります。「現場の問題を解決し、お客様と信頼、安心の関係を築く」これからも安定した成長を続け業界のニッチトップ企業を目指します。

事業優位性

おいらクルクルキュービクル!

ビルや工場の裏側で、「変電設備」というシールが貼られた函形の設備が設置してあるのを見たことないですか。これが、私たちが製造する高圧受電設備『キュービクル』。工場やオフィスビル、ショッピングセンター、コンビニなど、50kW以上の電気を使用する場所に不可欠の設備であり、私たちの製品は業界内に置いてトップクラスのシェアを誇ります。取引先の中には、大手製造メーカーや飲食チェーンなど、名前が知られている企業も多数。70年以上という長きにわたり、受電設備一筋に積み重ねてきた豊富な実績と高度な技術力。受電設備のエキスパートとしての揺るがぬ信頼が、多くの取引先から選ばれる理由となっています。

仕事内容

電気の知識をフル活用しながら、新製品開発も手がけていく。

「私たちの製品がなければ電気を使えない場所が数多く存在する。社会に大きな貢献を果たしているというやりがいがあります」。技術スタッフの仕事は、回路図のチェックや実配線された製品の品質チェック、完成後の動作試験など、製品の技術面における責任を担います。出荷される製品は月に200台程度。電気の流れ方など、開発過程で電気の高度な知識が身につき、日々新しい発見や驚きがあります。また、太陽光発電など、受電設備は時代の最新技術を取り入れながら常に進化を続けていくもの。技術スタッフは新しい製品の開発に深く関わっていくことも多く、私たちの経営を支える重要なポジションです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●技術
当社のエンジニアは、「ものづくり」のエキスパート。
図面作成、組み立て、品質チェック、動作テスト、ユーザー立会いなど
製品の技術面に関わる業務全般をお任せします。

コンパクトな組織だからこそ、ものづくりの全ての工程に関わることができます!

●営業
商社を中心とした販売代理店に対する営業。
週に3日は社内勤務で販売代理店からFAXで送られてきた設計図を元に図面、見積もりを作成し受注します。

会社データ

事業内容 キュービクル式高圧受電設備の製造、販売
創業 1942年7月
設立 1946年 法人改組
資本金 5000万円
従業員数 120名
売上高 60億
代表者 代表取締役社長 出水 康祐
本社所在地 〒530-0003
大阪市北区堂島1丁目3番18号
TEL.06-6341-5331
事業所 <本社・西日本営業部>
〒530-0003 大阪市北区堂島1丁目3番18号
TEL.06-6341-5331 FAX.06-6341-5334

<東日本営業部>
〒108-0014 東京都港区芝4丁目6-13
TEL.03-3455-5331/03-3451-5331
FAX.03-3455-5305

<堺工場>
〒599-8232 堺市中区新家町10-1
TEL.072-237-5331
主な納入先 株式会社ヤマダ電機
通天閣観光
法隆寺
株式会社クボタ
京楽産業株式会社
株式会社シマノ
ケーズデンキ
辻学園
東伸熱工株式会社
前田道路株式会社
丸大食品株式会社
三井造船株式会社
ミツワ電機株式会社
株式会社川崎造船
株式会社大林組
鹿島道路株式会社
日本通運株式会社
株式会社ラウンドワン
ケーヨーデイツー
因幡電機産業株式会社
川崎重工業株式会社
岸和田製鋼株式会社
クラレエンジニアリング株式会社
鴻池運輸株式会社
小林聖心女子学園
佐川急便株式会社
四国ドック株式会社
住友精密工業株式会社
築野食品工業株式会社
南海電気鉄道株式会社
パナホーム株式会社
ホームセンターコーナン
株式会社りそな銀行
株式会社ジーエス・ユアサコーポレーション
電気ってどこから来るの? 都市へ、街へ、暮らしの中へ、24時間休みなく送られる電気エネルギー。
社会活動の息吹を維持するために欠かせない電気が、皆さんのもとへどのようにして届けられているかご存じですか?
   
●電気は、水力・火力・原子力などを利用した発電所でつくられます。

●発電所で生まれた電気は、50万ボルトの超高圧送電線を伝って各地の変電所に中継されます。

●送られてきた電気は、変電所で鉄道や工場、ビル、病院、一般家庭など、それぞれのユーザーに合った電圧に調整されて供給されています。
 
このように電気は、長い長い旅の後、わたしたちのもとにやってきます。
そして社会が健やかな活動を続けるために、一日として欠かせない大切な役割を果たしているのです。
受電設備とは? ●電気は、都市から遠く離れた山中の水力発電所や原子力発電所、近郊の火力発電所で作られ、それが一般家庭や工場に送られ、いろいろな電気器具や機械に使用されます。

●電気を遠くまで運ぶには、高い電圧で送った方が、送電ロスが少なく経済的です。そこで、需要家にできるだけ近いところまで、高電圧で送電し、需要家が必要とする電圧まで下げてから供給されます。この必要な電圧まで下げる仕事をしているのが“変電所”です。

●発電所に近いところから、需要家まで、さまざまな種類の変電所があります。

●高圧で送られてきた電気は、都市の近くの配電用変電所で、各需要家に配電する電圧である3000V~6000Vまで一旦下げられます。

●一般の家庭では、100V(もしくは200V)で動く電気器具を使っていますので、住宅に入る前の電柱などに設置されている“変圧器”で、100V・200Vまで電圧を下げてから受電しています。

●ところが、契約電力が50kW(キロワット)以上の、たくさん電気を使う工場や建物などでは、高い電圧のまま受電しなければなりません。一旦受電した電圧を、各機械が必要な電圧まで下げて使うための“高圧受電設備”が必要になります。
キュービクルって何? ●受電用の機器を極力整理簡素化して、これに配線し、接地した金属箱内にコンパクトに収めた高圧受電設備のことを「キュービクル式高圧受電設備」と言います。

●昭和43年12月に JIS C 4620 として制定され、その後機器材料がJISとして規格化されたため、その間幾度かの改正を経て、平成16年本規格の改正になって現在に至ります。
キュービクルの語源って? ● キュービクル(Cubicle)は、もともと“立方体”を意味する“Cube”から派生した言葉で、“小屋”“小室”“箱”のことです。
キュービクルの利点は? ● 設置場所が少なく、保守点検作業が楽。
“キュービクル式高圧受電設備”は、コンパクトなキュービクル内に収納することができるため、設置場所を取らず、保守点検作業もたいへん楽に行えます。
(4000kVAの大容量トランスまで対応!!)

●短納期と低予算に対応。
トランスを内部に収納する“パッケージ”タイプなので、工場内で組み立てられ、納期の短縮とコストダウンが可能です。

●中小規模工場やビル設備に最適。
コンパクトなキュービクルは、設置場所も取らず、メンテナンス性にすぐれ、短納期、低予算と中小規模の工場やビル設備に最適な受電設備です。
製品の進化とともに進化する技術スタッフ。 最近では太陽光発電を使っている場所も多く、専用の受電設備を開発しないといけないことも増えています。必要となるのは、電気の知識だけでなく、設備に使用する機械や製品の知識。漏電を防ぐ製品やブレーカー、メーター、変圧器など、様々にあります。それらの電気の流れを理解し、製品同士をどう組み合わせればいいか。受電設備の進化とともに、技術スタッフのスキルも進化していくのです。
圧倒的なスピードという競合優位性。 受電設備はJIS規格で仕様が厳密に定められており、デザインや機能で大きな差別化を図るのが難しい製品です。その中で、私たちがトップクラスシェアを持つことができた理由の一つにスピードがあります。スピードとは、見積もり作成や製品開発、納期など、あらゆる面において要する時間が短いということ。特に、納期はユーザーが取引業者を選ぶ上で大きなアドバンテージとなります。なぜなら受電設備は、工場やビルにとって早期の設置を必要とするものだから。電気が来なければ施設のあらゆる部分が機能しないため、まずは受電設備を必要とするのです。もちろん、スピードだけで、設備の品質が悪ければ意味はなし。私たちは、その両方で高いレベルを備えているため、お客様から選ばれているのです。
当社採用ホームページURL http://www.nihondenkisangyo.jp/

連絡先

日本電機産業株式会社
〒599-8232
堺市中区新家町10-1
TEL:072-237-5335
担当:坂田(サカタ)
リクナビ限定情報
掲載開始:2017/03/01

日本電機産業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日本電機産業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)