株式会社共進
キョウシン

株式会社共進

◆自動車の精密部品・医療部品の研究開発・製造◆
  • OpenES
  • 正社員
業種
自動車
医療機器/輸送機器/精密機器/金属製品
本社
長野

私たちはこんな事業をしています

~世界に誇る独自技術  諏訪から世界への挑戦~

業界の固定概念を大きく変えた当社独自の金属加工技術「カシメ接合法」。
この技術により、従来の加工方法に比べ高品質のまま、大きなコスト削減を実現しました。
さらに、回転部品にも対応できる「新カシメ接合法」も開発し、特許を取得。
今注目の電気自動車のモーター部品に活用されています。

今後は、『医療分野』 『グローバル』をキーワードに挑戦していきます!

当社の魅力はここ!!

事業優位性

特許技術 “カシメ接合法” でオンリーワンを目指す!

当社の持つ特許技術「カシメ接合法」とは、2つの金属部品を加圧変形して接合する技術のこと。今までの加工法と比較すると、精度向上とコスト削減という大きなメリットを持ち、数々の大手自動車メーカーと取引を行ってきました。主に、変速ギアに使われる「ソレノイド」とよばれる部品などにカシメ接合が活かされ、もはや自動車産業には欠かせない技術となっています。自動車のエンジン燃料は従来のガソリンから水素やクリーンディーゼルに。それに伴い、ソレノイドの形状はより複雑に、素材はより特殊になっています。世界に選ばれるオンリーワンの会社になるため、今後は次世代エコカーに向けた技術開発を展開していきます!

戦略・ビジョン

新たに医療分野へ参入!新製品の開発中

当社のカシメ技術は、医療分野へも参入。2015年に諏訪地域の他企業と連携し、内視鏡手術に使う世界最細級の鉗子(かんし)を開発しました。それまでよりも高強度で加工性にも優れ、先端部の直径を1mmまで細くしました。当社は、先端部の微細部品の加工と、カシメ接合により強度を保ちながら最大限のコストカットを実現。この鉗子はドイツで行われた医療機器製造展示会に出品され、世界から注目を浴びています。カシメ接合は、他の医療部品でも応用がきくため現在も新たな製品を開発中です。医療部品は微細なものが多く高い精度が求められるため、難しい分野ではありますが、共進の強みである新しいアイディアを軸に医療事業を拡大していきます。

戦略・ビジョン

社員目線の過ごしやすい環境の中、多くの若手が活躍しています!

共進は、安全・健康を第一とした傷病事故対策や残業削減活動など、社内の環境改善活動を積極的に行っています。そのため、平均残業時間や有給消化率などは全国平均と比べてとても良い数字になっています。新卒社員の離職率は5%以下!現在、多くの若手社員が活躍しています。そんな共進は、本人のやる気さえあれば、年次関わらず活躍できる環境が整っています。若い皆さんの柔軟なアイディアは、共進が長年培ってきた技術力と合わさり、会社をより発展させることができるはず。共進は、資格取得や社外講習など、皆さんのスキルアップを全面的にバックアップします。思う存分共進で力を発揮してください!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術系/研究開発、設計開発、生産技術 等 …理工系の知識を活かせる仕事です。
■営業職/営業(企業向け) 等           …長野県にいながら世界を舞台に語学力を活かせる仕事です。        

会社データ

事業内容 ソレノイドバルブ鉄心等の自動旋盤加工、並びに付属する二次加工、
カシメ加工、精密部品の切削加工

◆当社の独自技術である 「カシメ接合法」技術により高精度、低コストを実現しました。  
設立 1962年
資本金 3000万円
従業員数 165名
売上高 25億9200万円  (平成26年度実績)
代表者 代表取締役社長 五味 武嗣
事業所 ●本社工場:長野県諏訪市

●団地 第1・第2・第3工場:長野県諏訪市

●第4工場(研究開発センター・研磨工場):長野県諏訪市

●第5工場:長野県諏訪市
主要取引先 (株)ケーヒン、コンチネンタルオートモーティブ(株)
イーグル工業(株)、日発販売(株)、新電元工業(株)、
日立建機(株)、KYB(株)、大豊工業(株)、井関農機(株)、(株)シマノ ほか
カシメ接合法とは? カシメとは、わかりやすい例でいうと、バッグについている留め具。
持ち手部分、厚底部分、布の部分など異なる素材をカシメを使って接合させ、
バッグは完成します。

従来からある部品の加工方法は、大きな金属の塊を用意し、
求める形になるまで切断したり削ったりしていく方法が主流でした。
その方法だと加工に時間もかかり、廃材も多くでます。
複雑な形の部品だと、研磨も隅々まで行き届かなかったり、熱処理においても
必要でない部分にまで熱がかかってしまい、部品の精度も落ちてしまいます。

当社が独自開発した特許取得の「カシメ接合法」とは、
あらかじめ、パーツごとに分割した部品を個々に必要な処理を加えた後、
最後に接合させるという手法。

材料費や加工時間を大幅に削減できただけでなく、
従来からの加工技術ではできなかった異なる素材同士の接合も可能にしました。

個々のパーツごとに精度の高い処理ができるため、
接合後の完成部品の仕上がりの精度が非常に高いことが、当社が求められる理由なのです。

◆カシメ接合法を図解でわかりやすく・・・
http://www.kyoshin-h.com/main/teian.html

「カシメ接合法」は
「第22回科学技術振興功績者に送る文部科学大臣賞」を受賞。
H20/6には元気なモノ作り中小企業300社2008年度版に選定。
中小企業基盤整備機構実施の「中小企業魅力発信レポート」にも紹介されています。
ニーズに応える設計・生産・品質管理で製品を提供 当社で扱うソレノイド鉄芯やバルブは、ほぼカスタム品で国内外より新規パーツの依頼が
寄せられています。
お客様のニーズに合わせて製造・納品するアイテムは約3000種類。
また、加圧変形を応用した金属部品の接合方法に取り組み、「カシメ接合法」を完成。
材質の異なる部品接合も可能になり、加工工程に負担をかけない仕上げの精度でコスト
の削減を実現させました。
沿革 昭和37年 5月 諏訪市弁天町に設立 共進精機有限会社 資本金130万円
昭和37年 11月 諏訪市岡村に工場移転
昭和51年 4月 諏訪市中洲に分工場建設
昭和60年 1月 分工場増築 本社工場移転
昭和63年 9月 隣地購入 工場増築
平成 6年 3月 本社工場・事務所建築
平成 7年 3月 特許出願 金属部品の接合方法
平成 9年 4月 諏訪市第一精密工業工場団地に団地工場開設
平成 9年 6月 株式会社共進に社名変更 
平成10年 9月 特許第2824408号 金属部品の接合方法 取得
平成13年 1月 ISO9002 取得
平成13年 2月 日本発明振興協会 表彰
平成14年 4月 文部科学大臣賞 受賞
平成14年 5月 経営革新法 認証
平成14年 6月 ISO9001:2000 取得
平成14年 10月 東京中小企業投資育成(株) 参画
平成14年 11月 資本金3,000万円に増資
平成15年 8月 私募債発行
平成16年 1月 優秀経営者賞顕彰 地域社会貢献者賞
平成16年 3月 ニュービジネス大賞 優秀賞
平成17年 5月 黄綬褒章 受章
平成18年 3月 諏訪市第一精密工業団地に本社工場を新築
平成18年 11月 諏訪市中洲福島地籍に第5工場を新築
平成18年 11月 岡谷市川岸東に第6工場を新築
平成20年 6月 元気なモノ作り中小企業300社2008年版に選定
平成22年 3月 ISO14001:2004 取得
平成22年 8月 第4工場を増改築
平成24年 2月 ISO/TS16949:2009 取得
平成24年 4月 インドネシア ジャカルタに合弁会社設立
平成24年 7月 代表取締役に五味武嗣が就任
平成25年 8月 タイ アユタヤに合弁会社設立
平成26年 9月 インド レワリに合弁会社設立
会社HP ◆ホームページ
http://www.kyoshin-h.com/index.html

◆中小企業魅力発信レポート(製造業、長野県)
http://miryoku.smrj.go.jp/index.html

連絡先

〒392-0015
長野県諏訪市中洲4650
TEL:0266-52-5030
担当者 総務部 五味・竹村
URL:http://www.kyoshin-h.com
掲載開始:2017/03/01

株式会社共進に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社共進に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)