社会福祉法人若竹会
ワカタケカイ
  • 正社員
業種
福祉・介護
食品/農林
本社
岩手

先輩社員にインタビュー

障害者支援施設 わかたけ学園(生活支援)
田村拓也
【出身】東北文化学園大学  保健福祉学部 保健福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ご利用者様の生活支援を行う仕事です
仙台の大学で福祉を学び、2014年4月から当施設の生活支援員として、知的・精神障がいの為に入所している方の身の回りのお世話をしています。

出勤時間帯は6:30~15:00(早番)、8:30~17:00(日勤)、12:00~8:45(遅番)、15:00~09:00(夜勤)とシフト制で運営されています。時間帯に応じて、起床支援や食事支援、入浴支援などを行っています。

この仕事はご利用者様や施設職員との信頼関係が重要だと思っている為、信頼されるような行動を取るように心掛けています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々感謝される仕事はなかなかないと感じています
入社してから1か月ほどは先輩について仕事を学びました。福祉専攻だったので学生時代には施設での実習経験がありましたが、実習としての動きと実際の仕事が全く異なっていたこと、責任感が全く異なる事を実感しました。

例えば、入浴支援で職員同士の連携がうまくいかない時、一瞬のすきにご利用者様が発作を起こして倒れてしまった事がありました。そのような状況に初めて遭遇し、どういうものなのか全然分からなかったので、対処も分からず最初はおろおろしてしまいました。しかし、経験豊富な先輩の行動を見て、どうすべきかを徐々に覚えることができました。

毎日新しいやり方を覚えるのは楽しいですし、利用者さんから日々感謝「ありがとう」と言われることがある、というのはなかなか無い事なので、嬉しいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 縁のある土地で学んだ事を活かして仕事をしたいと思いました
福祉の道を選択したのは親が福祉関連の職業に就いていた事もあると思います。また、実は宮古市の隣の山田町で生まれた為、沿岸に親戚がいたりと宮古市とは縁が深いです。

大学で福祉の道を模索していた頃に東日本大震災があり、宮古市・山田町共に被害を受けました。まず就職をしないといけない!と就職活動に奮闘しましたが、自然と志望企業は岩手に関係のあるところに絞られていきました。将来的には親もこちらに移住する予定もあり、近い所で働きたいと思った事もあって決めました。
 
これまでのキャリア 新卒入社→わかたけ学園(2年目)

この仕事のポイント

職種系統 社会福祉士
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

実習の後、4年生の10月から就活をスタートし冬に決定しましたが、一気に集中して活動した事が良かったと思っています。
就職活動中は焦っていると思いますが、逆に焦らないのがいいかもしれないと思います。やる時はやる、やらない時はひたすらだらけるなどのメリハリをつけて切り替えると、実際に働いてからも楽だと思います。

社会福祉法人若竹会の先輩社員

介護職員としてご利用者様の生活援助を行っています。

サンホームみやこ
鈴木 由樹奈

ユニットリーダーとして日々奮闘しています

特別養護老人ホーム サンホームみやこ 施設介護課
鳥取美和子

地域生活を目指す利用者様の支援をしています。

障がい者支援施設 ウイリー
北村 葉月

“人”との関わりのなかで日々学んでいます。

サンホームみやこ ショートステイ
横屋 裕昭

掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になる気になるリストに追加済 プレエントリー
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)