社会福祉法人若竹会
ワカタケカイ
  • OpenES
  • 正社員
業種
福祉・介護
食品/農林
本社
岩手

私たちはこんな事業をしています

≪地域のニーズに応えるプロ集団を目指す≫
岩手県宮古市において40年にわたり地域に根差した障がい者・高齢者福祉サービスを提供しています。
『いたわりとやさしさ』をモットーに品質マネジメントシステムの国際規格のISO9001を法人全体で取得、ご利用者中心の高品質なサービス提供をしています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

40年の歴史と多彩な事業で宮古地域の福祉を支える

岩手県宮古市を中心に、障がい者支援施設、特別養護老人ホーム、デイサービスセンターなど様々な事業を展開し、施設・サービスによって仕事内容は多岐に渡ります。組織規模の大きさ・職種の豊富さは魅力のひとつです。職員に共通するのは「資格を生かしたい」「資格はないけれど障がい者や高齢者の生活を手助けしたい」という気持ちと向上心を持つことが必ず自己成長に繋がるということ。利用者さんとコミュニケーションをとりながら、一人ひとりにあったサポートを追及していきます。また、近隣の皆さまを対象に夏祭りや交流会を開催するなど、地域に根付いた活動にも取り組んでいます。地域の活性化を通じ、さらなる社会貢献を目指しています。

事業優位性

「働きやすい職場づくり」に真剣です

介護・福祉業界は主に給与面において、ネガティブなイメージを抱かれてしまうことが少なからずあります。しかし社会福祉法人若竹会は、多くの利用者が心地よく過ごすためには従業員満足度の向上も必要であることから、準公務員クラスの高待遇・福利厚生を備え、従業員にとって働きやすい環境づくりに力を注いでいます。また、出身大学、学部・学科を限定せず、資格を持っていない人へも門戸を広く開いているため「興味はあるけれど…」と消極的にとらえている人でも夢を叶えるチャンスを得られるのです。困ったときには先輩職員のサポートを受けながら、仲間たちと支え合い長く働いていくことができます。

魅力的な人材

大学卒業してから「福祉」の魅力を知りました

ぼくは岩手県外の大学に進み地域経済の勉強をし卒業した後、関東の教材販売の営業職に就きました。もともと宮古に戻ってくる予定はなかったのですが、県外で生活してみると今まで分からなかった宮古の魅力に気づき、大学卒業の翌年にはUターン就職を決めました。帰郷後、市役所の福祉課で臨時職員として勤務した経験から困っている人の役に立つ仕事にやりがいを感じ、福祉の仕事がしたいと思い若竹会に応募しました。今はケアマネジャーを目指し介護士としての経験を積んでいます。介護の仕事は自分には無理と思っていましたが、実際にご利用者さんの生活を支えていくなかでの楽しさや充実感は、前の職業では得られなかった感覚です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

私たちの仕事は「ヒューマンサービス」

高齢者や障がい者の生活を丸ごと支え、日常生活の支援を「福祉サービス」という形で生活の質を高める仕事です。
利用者のみなさまに「ここを利用してよかった」と思っていただくために、各部署間で協力し快適な暮らしをサポートし、
利用者の生活に真剣に向かい合うことで、自分の成長にも繋がります。

また福利厚生も充実していますから、安心して長く働くことができる仕事です。

会社データ

事業内容 ○福祉サービス事業
障がい者福祉サービスと高齢者福祉サービスを主な事業として、ご利用者の状況やおかれている環境に応じて、介護・介助・支援を行っています。

○地域貢献活動
法人独自で、東日本大震災の被災者・復興支援活動も継続実施しています。
設立 昭和50年3月 設立

知的障がい児を抱える保護者の方々による啓蒙・育成活動に後押しされ、知的障がい者通所施設からスタートした法人です。
その後、地域・行政からの要望を受けて、精神障がい者・高齢者福祉サービスを展開、現在の事業規模へと拡大してきました。
基本金 4億9000万円
従業員数 職員 312名
売上高 事業収入 16億9900万円 (2015年3月期実績)
代表者 理事長 及川 穣
事業所 岩手県宮古市

-------<< 障害者福祉サービス >>------
●障害者支援施設 わかたけ学園
 夜間は居住支援、日中は生活能力の向上を図り、地域移行に向けた支援を行います。
 ◎施設入所支援(短期入所)
 ◎生活介護
 ◎自立訓練

●多機能事業所 自立生活支援センターウイリー
 地域生活への移行を図る上で必要な生活能力の維持・向上等、自立生活の実現に向けた支援を行います。
 ◎自立訓練(生活訓練)、生活介護
 ◎自立訓練(生活訓練)、宿泊型
 ◎短期入所

●就業継続支援(B型)事業所 SELPわかたけ
 一般企業等での就労が困難な方に、就労の機会を提供するとともに、生産活動等を通じて、知識及び能力の向上のために必要な訓練、その他必要な支援を行います。
 ◎就労継続支援(B型)

●就業継続支援(B型)事業所 ワークプラザみやこ
 一般企業等での就労が困難な方に、就労の機会を提供するとともに、生産活動等を通じて、知識及び能力の向上のために必要な訓練、その他必要な支援を行います。
 ◎就労継続支援(B型)

●あっとほうむLifeみやこ
 地域で支援を受けながら暮らす場所です。
 日中は仕事をする方、事業所に通う方など、その方の希望に沿った過ごし方ができます。
 また、世話人が作る食事は、栄養のバランスが良く、バラエティーに富んでいで好評です。
 緊急時のバックアップ体制も整えられているので、安心して生活できる環境です。
 「アットホームな」雰囲気のなか、地域で暮らしています。
 ◎共同生活援助(あっとほうむみやこ)宮古市内4か所
 ◎共同生活援助(ウィッシュみやこ)宮古市内4か所
 ◎共同生活介護 (あすなろはうす) 宮古市内10か所

●宮古圏域障害者支援センター はあとふるセンターみやこ
 障がいを持つ方が地域で安心して暮らしてゆくために必要なサービスを総合的に提供していく為の拠点です。
 同建物内には、NPO法人宮古圏域障害者福祉推進ネット(レインボーネット)が併設され、相談支援の中心機能としても利活用されています。
 ◎就労移行支援(すきっぷ)
 ◎生活介護(すきっぷ)
 ◎相談支援事業所わかたけ
 ◎地域活動支援センターみやこ
 ◎宮古地区チャレンジド就業・生活支援センター

------<< 高齢者福祉サービス >>------
●サンホームみやこ
 在宅サービスから施設サービスまで、ご利用者・ご家族のニーズに合ったサービスを提供します。
 ◎特別養護老人ホーム
 ◎短期入所生活介護
 ◎通所介護
 ◎訪問入浴介護
 ◎訪問介護

●サンホームみやこ絆
 平成24年4月にオープンしたばかりの新しい施設です。
 家族や友人、地域との絆を大切にをスローガンにご利用者、ご家族をサポートいたします。
 ◎地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
 ◎短期入所生活介護
 ◎通所介護
 ◎居宅介護支援

●ケアハウスサンホームみやこ
 高齢社会の到来を迎え、同居率の低下により一人暮らしのお年寄りおよび夫婦のみの世帯が急増しているなか、独立して生活するには不安な60歳以上の方々を対象に、ケア付住宅で明るく健康的な生活の場を提供します。
 ◎通所介護事業所ひだまり
 ◎グループホームサンフラワー
【法人沿革】 昭和50年 社会福祉法人若竹会設立 (厚生省認可)
       知的障害者通所更生施設 第一わかたけ学園 開所
昭和53年  知的障害者入所更生施設 第二わかたけ学園 開所
昭和56年  知的障害者入所更生施設 第二わかたけ学園 増築
昭和63年  知的障害者入所更生施設 第二わかたけ学園 増築
平成03年  知的障害者グループホーム 佐原ホーム 開所
平成04年  知的障害者通所授産施設 第一わかたけ学園 移転新築
       知的障害者グループホーム 板屋ホーム 開所
平成07年  精神障害者通所授産施設 ワークプラザみやこ 開所
       特別養護老人ホームサンホームみやこ 開所
平成09年  軽費老人ホームケアハウスサンホームみやこ 開所
平成11年  精神障害者生活訓練施設 援護寮みやこ 開所
       精神障害者社会復帰施設 地域生活支援センターみやこ 開所
平成12年  介護保険法に基づく事業へ移行
       知的障害者グループホーム 藤原ホーム 開所
平成13年  知的障害者グループホーム 鍬ケ崎ホーム 開所
       知的障害者グループホーム 宮町ホーム 開所
       重度知的障害者グループホーム あすなろホーム 開所
平成15年  支援費制度に基づく事業へ移行
        精神障害者グループホーム サウスホーム 開所
平成09年  軽費老人ホームケアハウスサンホームみやこ 開所
平成16年  宮古地区チャレンジド就業・生活支援センター事業指定
       わかたけホームヘルプサービスセンター 開所
       知的障害者グループホーム 泉町ホーム 開所
       通所介護事業所ひだまり 開所
平成18年  サンホームみやこがISO9001認証取得
       (審査機関:マネジメントシステム評価センター MSA-QC-3121)
       障害者自立支援法に基づく事業へ移行(居宅系事業)
       精神障害者グループホーム ウイッシュ佐原 開所
平成19年  通所介護事業所ひだまりがISO9001拡大認証
        障害者自立支援法に基づく新事業体系へ移行(全事業)
        宮古圏域障害者支援センターはあとふるセンター 開所
       障害者グループホーム ウイッシュ新川 開所
        ケアホーム さくらはうす 開所
        ケアホーム ぽぷらはうす 開所
       認知症高齢者グループホーム サンフラワー 開所
平成09年  軽費老人ホームケアハウスサンホームみやこ 開所
平成20年  特定労働者派遣事業開始(関係法人への職員派遣)
       ケアホーム どんぐりはうす 開所
       障害者グループホーム ウイッシュ上鼻 開所
       法人事務局独立
平成21年  認知症高齢者グループホームサンフラワーがISO9001拡大認証
       わかたけホームヘルプサービスセンター 事業廃止
             ケアホーム みずきはうす 開所
             ケアホーム くるみはうす 開所
平成23年  東日本大震災 グループホーム・ケアホーム半壊
       地域復興を目指し「いどばたサロン」展開
平成24年  障害者施設全施設においてISO9001拡大認証 (若竹会全体が認証)
       障害者入所施設わかたけ学園耐震工事
       地域密着型特別養護老人ホームサンホームみやこ絆 開所 .
【基本理念・基本方針】    【 いたわり と やさしさ 】

私たちは「いたわり」と「やさしさ」をモットーに、
健全で活力ある利用者品位の福祉サービスを提供し、
もって自立と共生の地域づくりに貢献していきます。

「ご利用者本位の経営改善」
■制度改革に揺るがない経営基盤の確立
 ご利用者ニーズを的確に把握し、サービスの拡大を図るとともに、法人経営の透明性を高めます。

「ご利用者本位のサービス改善」
■全てのライフステージで安心・安全なサービスの提供の確立
 ご利用者満足度向上を図るため、マネジメント体制を強化して組織力を高めていきます。

「ご利用者本位の地域貢献」
■ステークホルダーとの良質な関係性の構築
 地域に根ざした事業展開のほか、一企業として福祉サービス以外での地域貢献活動を推進します。

連絡先

【お問い合わせ先】
 社会福祉法人 若竹会
    法人事務局 採用担当

〒027-0075
 岩手県宮古市和見町8-33
 TEL 0193-65-9200
掲載開始:2017/03/01

社会福祉法人若竹会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人若竹会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)