株式会社東京流通センター
トウキョウリュウツウセンター
  • OpenES
  • 正社員
業種
不動産
倉庫/その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

「首都圏の物流機能を支える」という社会的使命を持ち、
東京湾岸の約15万平方メートルもの広大な敷地において、
物流ビル・オフィスビル・イベントホールを
運営・管理する不動産企業です。

いまや「東京流通センター」は、
多種多様な企業のビジネスのインフラとなっており、
そのマネジメントに携わる当社は、一般の不動産会社とは異なり
きわめて独自性と公共性の高い事業を展開しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

社会的課題を解決するため、行政や経済界の支援を受けて設立。

1960年代、当時の日本は高度経済成長期の真っただ中にあり、都心周辺の物流事情は交通渋滞などで悪化の一途をたどっていました。そうした課題を解決するため、東京商工会議所や政府、東京都、経済界の支援を受けて、物流機能の整備等を目的に1967年に設立されたのが「東京流通センター(TRC)」です。その社名は東京モノレールの駅名にもなっています。大田区平和島の「流通センター駅」前に15万平方メートルもの広大な敷地を有し、物流ビル・オフィスビル・イベントホールの運営・管理を通して、現在に至るまで「首都圏の物流機能を支える」という使命を脈々と受け継いでいます。

企業理念

TRCだから実現できる「人×街×物流」による新たな価値の創造。

TRCが掲げる企業理念は『人×街×物流 新たな価値 創造の場』。「人」「街」「物流」の3要素が出会い、その相乗効果により新しい価値が生まれる。この理念には、クリエイティブにビジネスができる環境を提供することでお客様の力となり、同時に私たちも発展していきたいという想いが込められています。物流ビル・オフィスビル・イベントホールをひとつの敷地で運営しているのは、他の不動産会社には見られないTRCならではの独自性です。そこには多くの人が集い、さまざまなビジネスを営み、いわばひとつの「街」を形成しています。時代の流れに合わせてこの「街」をさらに進化させ、社会に貢献していきたいと考えています。

戦略・ビジョン

これから第二の創業期。未来へ向けてTRCを再開発していく。

2017年、TRCは創業50年を迎えます。日本で初めて大型トラックが乗り入れ可能な自走式倉庫を竣工させて以来、進化する物流とともに歴史を歩んできました。TRCは従業員数約60名という少人数で広大な施設を運営しており、社員一人ひとりに任される役割や責任はきわめて大きく、やりがいのある仕事を堪能できます。TRCの各施設は再開発の時期を迎えており、1973年に竣工した物流ビルB棟は現在建替プロジェクトが進められ、2017年7月に最新鋭の機能を備えたビルに生まれ変わります。まさしくいまTRCは第二の創業期を迎えており、今後もさまざまな施設を再開発する予定です。こうしたプロジェクトを担うのは、これから入社されるみなさんです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

東京流通センターの価値をさらに高め、
より多くのお客様に活用していただくための
さまざまな業務に力をふるってください。

「総合職」としての採用であり、
入社後は、営業、催事、施設、総務、企画財務などの各部署を、
ローテーションで経験しながら幅広い視野を身につけていきます。
そしてゆくゆくは当社の未来を担う人材に成長してくれることを期待しています。

会社データ

東京流通センター(TRC)の事業内容 1.物流ビルの賃貸および運営管理
2.オフィスビルの賃貸および運営管理
3.展示場の賃貸および運営管理
4.会議室等の賃貸および運営管理、駐車施設の運営管理  
プロフィール ◆保有施設 ◆
「物流ビル」
TRC敷地内には4棟の物流ビルがあり、その中枢であるA棟・B棟は1棟の延床面積が東京ドームの約4倍の大きさです。TRCの物流ビルは、単なる倉庫としての保管機能のみならず、商品の集荷・仕分け・保管・梱包・配送などを一貫して行える総合物流センターとしての特長を持っており、食品、医薬品・医療機器関係、精密機械、物流関係など幅広いお客様にご利用頂いています。
※なお、現在物流ビルB棟は建替中であり、2017年7月竣工予定です。

「オフィスビル」
オフィスビルは敷地内に2棟あります。オフィス機能に加え、飲食店・会議室・医療機関・金融機関などのサービス機能を充実させることで、人々が働きやすい環境を提供しています。

「イベントホール」
自動車や食品などの新商品発表の商談・展示会や、国家試験などの試験会場、スポーツ用品やアパレルの販売会など、様々な用途でご利用頂いています。 アクセスの良さや使いやすさ、搬出入の便利さにより、年間220件以上のイベントが開催されています。

■環境保全への取り組み
当社は環境への配慮を経営の重要課題と位置付け、環境保全活動の推進に取り組んでいます。2003年には環境の国際規格であるISO14001を認証取得しました。また省エネ対策として環境性能に優れた機器を導入し、昼間の消費電力を抑える対策をしています。さらに、照明器具のLED化や最新の設備投資によりCO2排出量の削減を行うなど、温室効果ガス削減対策にも積極的に取り組んでいます。

■安全・安心への取り組み
消防署やテナントといったステークホルダーの協力のもと、年2回の防災訓練を実施しています。また近年の自然災害や感染症等のリスクを考慮し、企業のリスクマネジメントの一環として、BCM(事業継続マネジメント)の見直しおよび整備を継続的に実施しています。帰宅困難者対策にも力を入れており、ガイドラインを制定し備蓄品の整備・拡充を行っているほか、大田区と帰宅困難者対策に関する協定を結んでいます。
本社郵便番号 143-0006
事業所 東京都大田区平和島6-1-1
本社電話番号 03-3767-2111
設立 1967(昭和42)年11月13日
資本金
40億円
従業員数
60名(男性42名、女性18名)
売上高 73億7,007万円(2016年3月)
代表者
代表取締役社長 多賀啓二
業績
          <売上高>    <経常利益>   <純利益>
───────────────────────────────
2016年3月  73億7,007万円  13億8,390万円  △19億759万円※
2015年3月  86億7,078万円  15億8,792万円      8億9,721万円
2014年3月  86億9,925万円  13億7,365万円       8億250万円

※物流ビルB棟建替に伴う純損失
平均年齢 39.8歳
平均勤続年数 13.7年
子会社 株式会社テーアールシーサービス
沿革 1967年  (株)東京流通センター 設立
1968年  建設用地 取得
1971年  物流ビルA棟、センタービル、第一展示場 竣工
1973年  物流ビルB棟 竣工
1981年  第二展示場、立体駐車場 竣工
1984年  物流ビルC棟 竣工
1990年  子会社・(株)テーアールシーサービス 設立
1991年  ANNEX(アネックス) 竣工
1998年  TRC羽田ビル 取得
1999年  第二立体駐車場 竣工
2003年  ISO14001認証取得
2005年  物流ビルD棟 竣工
2016年  三菱地所(株)の連結子会社化

連絡先

〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1
総務部 新卒採用担当
Tel:03-3767-2111
E-mail:info@trc-saiyo.com
掲載開始:2017/03/01

株式会社東京流通センターに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社東京流通センターに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)