ヤンマー建機株式会社
ヤンマーケンキ

ヤンマー建機株式会社

ヤンマーグループ/ヤンマー(株)100%出資会社/機械/建設
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
機械
機械設計
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

<当社はヤンマーグループで建設機械を担う事業会社です>

環境への負荷を出来る限り低減し、世界の豊かな暮らしづくりに貢献する事業を展開しています。
高効率・低燃費・耐久性に優れたディーゼルエンジンを搭載したミニショベルなど建設機械の開発及び生産、発電機などの汎用商品を含めた販売、アフターサービスまでを一貫して行っています。
国内はもちろん、世界各地に拠点・工場があります。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

工事現場だけじゃない、災害の復旧に活躍する建設機械

当社の建設機械の特徴は、小型であること。小型化する理由の1つは、道路幅が狭い都市部での工事で力を発揮するから。そしてもう1つは、震災などの自然災害における復旧作業に早急に駆けつけることができるからです。建設機械と聞くと、工事現場で見かけるものであり、住宅や道路を造る、というイメージが強いでしょう。しかしそれだけではなく、災害の復旧作業でも欠かせないものなのです。また、トンネルや橋などの保守点検作業にも使われており、私たちの暮らしを支えるインフラにも関わっています。被災地が1日でも早く復興できるように、また、充実した社会、豊かな暮らしづくりに貢献するために、今日も私たちの建設機械は働いています。

戦略・ビジョン

建設機械で世界と戦う。グローバルで活躍する企業に。

海外では建設機械の需要がますます高まっています。当社は早くから海外にも活動のフィールドを広げ、今や世界各国で製品が愛用されています。当社の小型建設機械は都市部で活躍するため、今後さらにアジアでの需要が増えるでしょう。現在、売上構成の約半分が海外輸出。今後、さらに拡大していきたいと考えています。中国やフランスの工場に出向・駐在している社員はいますが、新興需要地への拡大のため、より人員をグローバルに展開していく予定です。今後、世界中のお客様と信頼関係を築き、良きパートナーとなることを目指し、体制を整え、今まで以上にグローバルに戦うことのできる企業を目指します。

事業優位性

強みを生かし、さらにいい製品を作っていく。

当社の強みの一つは、企画から開発設計、そして生産・販売までを一貫して行っていること。開発設計や製造ラインなど、全ての担当が社内にいるので、議論をしながら「いいもの」を追及することができます。もう一つは、溶接・塗装などの技術を蓄積し伝承していくことで品質向上を追求していること。最後に、耐久性の高い製品をつくっていること。お客様が長期間お使いになられた製品を下取りに出される際、当社の製品は中古としての再販価値が高く、これが強みとなっています。これらを生かし、ヤンマーグループで取り組んでいるプロジェクトの下、「プレミアムブランド」を建設機械にも確立させてまいります。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

「技術系職種」「事務系職種」「営業系職種」があります。

◆技術系 : 開発(設計、試験、解析)、生産技術、技術サービス
◆事務系 : 企画、管理、人事、総務 他
◆営業系 : 国内営業、海外営業

配属先は、入社後3カ月の新入社員研修中に生産部門・営業部門それぞれの実習を行い、
適性を考慮して決定します。

会社データ

事業内容 ヤンマーグループの中で油圧ショベル・ローダー・キャリアなどの小型建設機械の開発・生産、発電機・ 投光機などの汎用商品まで含めた販売・サービスを行っています。

<開発部門>
CADを用いた製品開発・設計、強度解析など。生産・販売・開発を一貫している特長を活かし、お客様からの声・環境のことを考えた設計をするだけでなく、生産やメンテナンスのしやすさまで考えた機械の設計をおこなっています。

<生産部門>
鉄の棒や鉄板などの素材から機械加工・溶接・塗装・組立などを行い、製品を作り上げます。また、生産技術や生産設備の改善を行い、生産効率や品質を高める活動を行います。
 
<間接部門(事務系)>
総務・経理・人事・企画など会社の経営を支えるための仕事。 入社1年目から、予算や決算業務、重要な会議の準備・運営など責任のある仕事を任せます。

<営業部門(販売・サービス部門)>
新しい機械を販売するだけでなく、中古機の販売・下取り、部品の販売、機械の修理・メンテナンスなど、業務内容は多岐にわたります。お客様に満足していただけるよう、スピーディな対応・サービスを行います。また、国内にある30以上の拠点をはじめ、海外にも多くの拠点があります。
設立 2004年(平成16年)7月21日
創業 1914年(大正3年)
資本金 9,000万円(ヤンマー株式会社100%出資)
従業員数 788名(2017年1月現在)
売上高 837億円(2015年度 連結実績)
代表者 代表取締役社長
瀬戸 智行
事業所 <本社・工場>
福岡県(筑後市大字熊野1717-1)

<国内販売拠点>
北海道・東北・関東・中部・西部・九州 他(国内合計34拠点)

<海外拠点>
ヤンマー建機ヨーロッパ 「Yanmar Construction Equipment Europe S.A.S」
ヤンマーコンパクトジャーマニー 「Yanmar Compact Germany」
洋馬発動機(山車)有限公司 「YANMAR ENGINE(SHANDONG)CO.,LTD.」
ヤンマーアメリカ 「YANMAR AMERICA CORP.」
洋馬発動機(上海)有限公司 「YANMAR ENGINE(SHANGHAI))CO.,LTD.」
研修制度 <語学研修>
外国人の講師を会社に招き、週一で半年間の語学研修。
研修前と後でTOEICを受験し、成長まで追っていくものです。

<海外へ出向する人向け語学研修>
赴任前と後に出向先の語学を学んでいただきます。

<新入社員研修>
ヤンマー本体との研修、資格取得、各現場研修など。
資格・認証 「ISO9001」認証取得(1994年)
「ISO14001」認証取得(1998年)
ヤンマーグループ ヤンマーホールディングス株式会社
ヤンマー株式会社

<農機事業>
ヤンマー農機製造株式会社、ニューデルタ工業株式会社、共立イリゲート株式会社、ヤンマーアグリジャパン株式会社、ヤンマーグリーンシステム株式会社、ヤンマーヘリ&アグリ株式会社、ヤンマーアグリイノベーション株式会社、文明農機株式会社

<建機事業>
ヤンマー建機株式会社

<エネルギーシステム事業>
ヤンマーエネルギーシステム株式会社、ヤンマーエネルギーシステム製造株式会社、コーリンエンジニアリング株式会社

<舶用事業>
ヤンマー舶用システム株式会社、ヤンマー造船株式会社、玄海ヤンマー株式会社、ヤンマーエンジニアリング株式会社

<コンポーネント事業>
株式会社神崎高級工機製作所

<エンジン事業>
ヤンマーキャステクノ株式会社

<その他>
ヤンマー情報システムサービス株式会社、株式会社ヤンマービジネスサービス、ヤンマーテクニカルサービス株式会社、ヤンマーシンビオシス株式会社、ヤンマークレジットサービス株式会社、ヤンマー沖縄株式会社、ヤンマー産業株式会社、セイレイトータルサービス株式会社、興亜株式会社、八重洲地下街株式会社、セイレイ興産株式会社 本社・不動産部、ヤンマー保険事業部、琵琶湖カントリー倶楽部、ヤンマーマリーナ、大阪サッカークラブ株式会社、公益財団法人 山岡育英会、ヤンマー健康保険組合、ヤンマー企業年金基金、ヤンマーアグリジャパン企業年金基金
沿革 1914年 / 竹下鉄工所創業
---------------------------------------------------------------------------
1965年 / 建設機械(ハンドドーザーHD5)の生産開始
---------------------------------------------------------------------------
1969年 / 動力耕うん機を完成
     筑後工場の操業を開始
     建設機械(ショベルローダHD1200S)の生産を開始
---------------------------------------------------------------------------
1970年 / 建設機械(バックホー)の生産を開始
---------------------------------------------------------------------------
1973年 / 建設機械(キャリヤ)の生産を開始
---------------------------------------------------------------------------
1986年 / バックホー輸出開始(米国向け、ヨーロッパ向け)
---------------------------------------------------------------------------
1989年 / AMIMANN社(スイス)との合弁でフランスにAMIMANN-YANMAR S.A.S設立
---------------------------------------------------------------------------
1990年 / 超ミニバックホーの生産を開始
     建設機械生産累計10万台突破
---------------------------------------------------------------------------
1993年 / バックホーVioシリーズ生産開始
---------------------------------------------------------------------------
1994年 / 品質保証に関する国際規格「ISO9001」認証取得
      (本社工場・福岡工場)
---------------------------------------------------------------------------
1996年 / バックホーVioシリーズの販売台数が3ケ年で10,000台突破
---------------------------------------------------------------------------
1997年 / バックホースーパーVioシリーズ生産
     フランス アンマンヤンマー社にてB15の開発・生産開始
---------------------------------------------------------------------------
1998年 / 超小旋回バックホーB3Σ・B5Σ生産開始
     キャリアC30R-1生産開始
     バックホーVioシリーズ英国SED'98でシルバーメダル受賞
     国際環境管理システム「ISO14001」認証取得
     (本社工場・高知工場・福岡工場)
---------------------------------------------------------------------------
2004年 / ヤンマー建機販売株式会社が発足(3月21日)
     セイレイ工業株式会社から機械生産部門を会社分割により承継し、
     ヤンマー建機株式会社が発足(9月21日)
---------------------------------------------------------------------------
2006年 / 生産部新塗装設備稼働開始(10月24日)
---------------------------------------------------------------------------
2008年 / 平成20年度国内ミニショベルシェア1位獲得
---------------------------------------------------------------------------
2010年 / アンマンヤンマー社(フランス)を完全子会社化し、
     ヤンマー建機ヨーロッパ(YCEE)が発足(9月1日)
---------------------------------------------------------------------------
2011年 / ヤンマー建機販売株式会社を合併(3月21日)
---------------------------------------------------------------------------
2014年/ 創業100周年、設立10周年
---------------------------------------------------------------------------
2015年/  設立後、バックホー生産10万台到達

連絡先

〒833-0055
福岡県筑後市大字熊野1717-1
ヤンマー建機株式会社
採用担当/猪口

TEL/0942-53-5111
HP /https://www.yanmar.com/jp/about/company/construction/
掲載開始:2017/03/01

ヤンマー建機株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ヤンマー建機株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)