ナルックス株式会社
ナルックス

ナルックス株式会社

Å精度光学機器、Å精度機械装置、AI生産、すばる宇宙望遠鏡
  • 正社員
業種
精密機器
機械/半導体・電子部品・その他/自動車/ソフトウェア
本社
大阪、東京

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

業界大手。極限を追究する光学機器メーカー。世界1位の実績多数

私たちナルックスは業界大手・世界水準の光学機器メーカーです。光の極限に挑戦する「電磁場解析と回折の厳密解を追究した光学設計」や世界でも類を見ない「光学製品の分子密度を制御する超精密金型設計」、「Å精度機械設計」、「nm精度以上のナノテクノロジー」などいずれも世界最高位の技術です。世界で初めて光の波長より小さなサブ波長格子の開発に成功したのも当社で、これらの技術により画期的な世界初の製品開発や数式開発を行っています。光で物を動かす研究やドイツの「Industrie 4.0」を上回る「ナルックス・スマート生産」(※学習するナノメートル精度intelligence工場)など産業革新を巻き起こします。

施設・職場環境

世界を代表する光工学研究所。社員は世界の著名な博士と多数交友

ナルックスは世界を代表する光工学研究所です。数多くの産官学共同研究や東大、京大、東工大、阪大、東北大、アリゾナ大他世界を代表する学術機関との共同研究を盛んに行っています。国内約30社のNEDO基盤技術研究促進企業にも指定され、栄誉ある大手経済新聞全国最優秀研究開発者賞等も多数受賞。世界の権威米国SPIE学会でも日本企業として毎年研究成果を発表。本社研究所では国際学会が開催され、評価設備は日本最高水準といわれています。一台数億円以上の設備や自社開発装置(写真他)がズラリと並ぶ研究所内は圧巻です。社員のレベルは高く、ほぼ全員が共同研究を手掛け、世界的な研究者と気軽にメール交換し、多くの学会で発表しています。

待遇・制度

給与も業界全国高水準。研究開発の満足度も保証いたします。

ナルックスは給与も全国高水準です。世界標準の見地から能力の高い人はそれに見合った収入が得られるのが当然であると考えており、ベースアップを続けて行っています。私たちナルックスは世界中どこも追従できない圧倒的な技術力で世界市場に夢と感動を与え、そして社員が世界一の誇りと高額所得によって幸せなライフを送れる、夢と未来ビジョンに満ち溢れた世界最先端のテクノロジーカンパニーです。『当社の研究開発への拘りは半端ではありません』。非常に難度の高い研究に基礎から徹底的に取り組んでいます。『本当の研究開発に取り組みたい』という方は当社にお越し下さい。満足を保証します。学会発表や特許取得もいくらでもできます。

会社データ

事業内容 光と極限の夢
極限を追究する光学機器メーカー
世界シェア第1位の実績多数
300年黒字企業を目指しています
日本機械学会賞受賞
NEDO基盤技術研究認定企業
大手経済新聞『全国最優秀研究開発者賞』受賞
経済産業省新規産業技術創造技術開発事業認定
文部科学省独創的研究成果育成事業認定
大手経済新聞『全国話題のベンチャー企業15社』選出
中小企業庁『元気なモノ作り中小企業300社』選出
近畿経済産業局『2011 KANSAIモノ作り関西のモノ作り元気企業100社』選出
毎年約100件のNDAを締結して研究開発を推進
世界的権威アメリカSPIE学会でも毎年日本企業として論文を発表
『日本最高水準』と言われる研究・評価設備
数多くの産学官共同研究開発
本社研究所では国内外の学会開催
社員は世界の著名な博士と多数交友しています


私たちナルックスは衝撃的な最先端テクノロジーで夢の未来社会を創る、業界大手・世界水準の光学機器メーカーです。
ドイツの「Industrie 4.0」を上回る「ナルックス・スマート生産“NALBRAIN”」(※学習するナノメートル精度intelligence工場)で世界の物づくりを革新します。
「電磁場解析と回折の厳密解を追究した光学設計」、世界でも類を見ない「光学製品の密度・配向を制御する超精密金型設計」や、「サブナノメートル精度以上で行う光学面形状加工」などこれら世界最高位の技術と工場の全てがITで繋がり、製品の注文が入ると、最も早くコストがかからない開発・生産ルートをネットワーク全体で自動計算。フロントローディングで設計~試作~評価までの全てを行い、システムが工場全ての生産情報をリアルタイムで掌握、不良傾向を察知すると学習機能により金型機構をミクロン精度以上で動かしたり、金型内圧力や温度を0.01MPaや0.1度単位で調整したり、作られる製品がそれぞれの工程を動き、他のラインとの連携で複合製品を作る場合もあります。
このように生産工程においては、シミュレーションや評価、分析などをビッグデータ解析に委ね、その結果を受けて機械動作の修正が行われますが、製品は自分がどういう製品であるべきかを学習しながら、生産ラインに「こうして欲しい」と働きかけながら自己生産を始めるのです。これが「NALBRAIN」です。

そしてインテリジェンス倉庫ではロボットが人の代わりに全ての作業を行い、製品を管理し、梱包、出荷までを自動で行います。

このようなスマート生産で、世界でも類を見ない圧倒的な競争力を持つ、世界随一の光学機器メーカーになります。
私たちは光学業界の「アマゾン」のようなアジャイルな仕組みを構築していきます。


●各種光学機器の企画、基礎研究、応用研究、実用化研究、要素技術開発、設計、解析、製造

光学プラスチックデバイス(光学レンズ・素子・回折格子・プリズム)・光学ナノガラスデバイスの企画、基礎研究、光学設計、製品設計、光学薄膜設計(スパッタリング・真空蒸着)、ナノメートル・オングストローム精度製造(射出成形・リソグラフィ・マスクレス電子線リソグラフィ・新しいリソグラフィ・フェムト秒レーザー・超精密機械加工・ダイヤモンドターニング・ナノインプリンティング他)

光メカトロニクス・光エレクトロニクス・光モジュール製品(自動車自動運転システム、ナイトビジョン、3次元カメラ、光核融合、光医療技術、他)の企画、基礎研究、設計、ナノメートル・オングストローム精度製造
すばる宇宙望遠鏡他、各国の宇宙望遠鏡の光学系
光でモノを動かしたり、持ち上げたりする研究開発


●ナルックス・AIスマート生産「NALBRAIN」の企画、基礎研究、応用研究、実用化研究、設計、製造

ネットワーク型生産システム、ナノメートル・オングストローム精度加工装置、ナノメートル精度3次元自由曲面加工装置、ナノメートル精度レーザー加工装置、ハイブリッドゲートカット装置、パレタイジング装置、デスクトップ射出成形機、デスクトップファクトリー、超高性能薄膜生成装置(スパッタリング・真空蒸着)、超精密搬送装置、超精密運搬ロボット、他
ナノメートル・オングストローム構造の3次元測定技術と測定装置、量産用光学評価装置
ナノマシン、ナノマシニングセンター
MT法を用いた傾向管理
学習機能に発展したシステム(ディープラーニング他)
データマイニングによる成形プロセスの解明、新しい知の発見
知能作業ロボット、知能運搬ロボット
ナノメートル精度の完全無人化工場
遠隔操作型グローバルネットワーク生産システム
超精密センサー、超精密小型耐熱センサー、MEMSセンサー(温度・圧力・加速度他)
他、様々な研究開発を行っています。
事業内容の続き  また当社の光学設計は、電磁場計算や回折の厳密解の追究により行われており、数多くの世界的な実績があります。また複屈折や吸湿による光学特性の変化、電子ビーム加工における電子線の散乱ほか様々な光学現象のシミュレーションも実現し、さらに露光量の自動補正(光学現象シミュレータよる回折光学素子製作の為の露光自動補正技術)、厳密解析法を用いた回折光学素子の自動設計(電磁波の厳密解析法を使った短周期回折光学素子の自動設計技術)、製作条件を含めた回折光学素子の自動設計という画期的な自動設計技術の開発にも成功しています。もちろん全て世界に先駆けたもので数多くの国際学会で発表しています。あらゆる自由曲面の創製を可能にする3次元自由曲面式や、マクスウェルの方程式を解き、電磁場を可視化することにも成功しています。
 この当社の開発力と先進性は世界中から企業視察に訪れて来る程のもので社内はいつも国際色豊かです。数多くの産官学共同開発他常設研究テーマが数多くあり、これらに関しても量産化のいち早い到達を狙っています。世界の中枢が集結するアメリカSPIE学会でも当社のことはよく知られています。世界中でここでしか出来ない夢の研究開発があります。
 さらに現在市販されている光学設計ソフトは数多くありますが、日本で開発されたものはほとんどなく欧米のものが殆どです。日本の多くの研究者も欧米製のソフトウェアを使って最適解を求めているのが現状です。さらに欧米のソフトウェアにはバージョンがあり、最高級バージョンは日本での使用が制限されているのが現実です。従って市販ソフトウェアでは光学の現象が厳密に表されているわけではなく、計算が省略されているわけです。特に波長に近いピッチの回折格子等になった場合、その誤差は大きく問題になります。当社では回折の厳密解等のソフトウェアを自社開発しており、その結果として狭ピッチ回折格子において共鳴や回折端近傍の開口部で電磁場が擾乱を受けたり、回折端の裏側に光波がまわりこんだりする現象を減らし、電場の揃った高効率の連続形状格子を最適化し、設計し、且つ、サンプルをつくり実証しました。今まで光学設計は自由曲面等で光学面の定義式に自由度を持たせ、今までにない光学設計解を求めてきましたが、さらにこの厳密解と光線追跡を同時に行い、最適解を求めるソフトウェアの開発を行っています。また走査光学系などのように部分最適解をスムーズに繋ぎ全体最適解を求める課題においては、部分関数など新しい定義式を光学設計に取り入れる研究も行っています。ナノメートル精度を保証するCAD/CAMとのリンクも重要です。今後は非線形の現象、3次元形状プラス媒質の密度分布などを加えた4次元さらには多次元の設計も行っていく計画です。設計ソフトウェアは
そのナノメートル精度の測定結果に基づくシミュレーション結果と現実の光学測定結果が完璧に合致しなければなりません。様々な最先端プロジェクト以外にこのような研究も行っています。
未来に向けて広がる光学技術と光学機器 21世紀は光の時代です。
私たちナルックスは、光学技術を色々な分野に広げていきたいと考えており、世の中にない画期的な光メカトロニクス・光エレクトロニクス・光モジュール製品の研究開発に力を入れています。
エネルギー、社会インフラ、自動車、医療、ヘルスケア、バイオ、生活インフラまで、幅広い産業革新を目指して研究開発を進めています。例えば次のような製品の開発を行っていく計画です。

◎エネルギー(太陽光発電他)システム
◎ロボット(ロボットの目となる3次元視覚)システム
◎自動車(自動運転、ナイトアイ、視線で操作するアイトラッキング、ジェスチャーコントロール、歩行者など光による自動車と周囲とのコミュニケーション)システム
※車の自動運転に関しても現在第3フェーズの研究開発を盛んに行っています。
◎医療(光で超早期発見する、治療する)
◎社会インフラ(駅や高速道路他の監視システム。異常を察知し、列車を停止させたり、転落者などを直接的に安全確保する)システム
◎非破壊検査(テラヘルツ光や遠赤外線を利用した透視)システム
◎食の安全(食品の鮮度や賞味期限、毒の発見)システム
◎セキュリティー(空港や地下鉄で麻薬や銃器、並びに液体危険物の発見)システム
◎植物や農作物の育成促進システム、土壌分析システム
◎ヘルスケア(3次元体形測定、肌状態測定)システム
◎仮想世界(VR光学系)システム

このような製品開発を行っていきます。
当社は、高度な光学設計技術、工学設計技術、ナノテクノロジーによって、「車を自動で運転する」、「光でウィルスを発見する」、「光で治療する」、「光で制御する」など夢の科学技術を実現しようとしています。
経営方針とビジョン 経営方針:『三百年企業で三つの感動』
ビジョン:『光と極限の夢』
学会活動 日本機械学会、電気学会、応用物理学会、日本物理学会、精密工学会、プラスチック成形加工学会、レーザ加工学会、日本材料学会、日本光学会、SPIE学会(The International Society for Optical Engineering)、OSA学会(The Optical Society of America)、EOS学会(European Optical society)、ICO学会(International Commission for Optics)、AIP学会(American Institute of Physics)、SAE学会(Society of Automotive Engineers)、ISAL学会(International Society for Artificial Life)、OIT学会(Optical Instrument and Technology)、MOEMS学会(Micro Opt Electro Mechanical Systems)他事業関連のある主要な国際学会、国内学会のほぼ全てに参加しています。
産学官共同研究 アメリカやヨーロッパの大学(アリゾナ大学他)・研究所・大手企業との技術交流や国内の科学研究機関(NEDO、産業技術総合研究所、理化学研究所、物質材料研究機構、高エネルギー加速器研究機構)・有名国公私立大(東京大学、京都大学、東京工業大学、東北大学、大阪大学、筑波大学、大阪府立大学、香川大学ほか30校以上)との共同研究や産官学共同開発を盛んに行っています。近年、益々共同研究の件数が増えてきています。光学設計手法、光学設計技術、シミュレーション技術、設計ソフトウエア、自動生産技術、人工知能、機械設計技術、機械制御技術、ナノメートル~オングストローム精度加工技術(成形加工、新しいリソグラフィ、電子ビーム描画、フェムト秒レーザ、エキシマレーザ、インプリンティング、ガラスナノインプリンティング、ナノエッチング、ナノ電気鋳造他)、薄膜技術、評価技術、電子顕微鏡技術、環境補償技術、表面プラズモン他あらゆる角度から共同研究を行っています。
飛躍する光学業界と主役となるプラスチックデバイス 技術の進歩により光学デバイスの主役は今やプラスチックになってきています。
レンズ市場全体(ガラス+プラスチック)におけるプラスチックレンズのシェアは、コンタクトレンズや眼内レンズでは100%、メガネレンズで80~90%、光ピックアップレンズで90%、カメラ付携帯電話で80%以上に達しています。また光学産業の世界市場は2002年に29兆円、2010年に59兆8000億円、2015年には70兆円に達しており、今後も毎年10%の規模で拡大すると予測されています。このように光学産業は今後の高い成長が見込める、世界の科学技術の中心となる産業なのです。
トピックス ■世界シェア第1位、国内シェア第1位の商品多数
■極限を追究する光学機器メーカー
■全て基礎研究から体系化
■世界最高位の光学設計&工学設計&ナノテクノロジー
 当社の光学設計は、量子力学の世界で行われており、電場、磁場といった場を厳密制御する設計が行われています。また製品設計はナノメートル・オングストローム精度を追究しており、分子挙動や分子密度を制御する各種工学設計(金型設計、機械設計、成形技術他)を行っています。世界中から『間違いなく世界一の技術力』と評され、世界、国内で圧倒的なトップシェアを誇ります。
■「NALBRAIN(ナルックス ・AIスマート生産)」(◎つながるネットワーク工場)
 設計・製造・評価をネットワークでつなぎ、それぞれのデータの因果関係を自動分析し、学習し、ゼロディフェクト生産と複雑複合生産を行います。
■日本機械学会賞受賞
■世界初の2ナノメートル精度保証量産
 世界で初めて2ナノメートル精度を保証する量産技術を開発しました。深さ精度2ナノメートル、幅1マイクロメートルの微細凹凸構造等を持つ回折格子の革新的な量産を実現しています。
■数多くの『世界初』、『世界オンリーワン』、『世界最高性能』、『世界最高精度』の技術、製品を保有しています。
■『すばる宇宙望遠鏡』他、各国の宇宙望遠鏡の光学系
■『光の波長よりも小さなサブ波長光学格子』の設計製作
■『3次元光集積回路』の研究開発
■『画期的な光メカトロニクス製品』の研究開発
■3次元自由曲面式の開発
■光学現象シミュレーターの開発。光の複屈折や吸水による光学特性の変化他のコンピュータシミュレーションを実現しました。
■コンピュータ並列処理も行っています。
■国際学会論文発表多数
 世界的な権威・アメリカの『SPIE学会』でも日本企業として毎年のように新技術や研究成果を発表しています。数多くの文献にNALUXの名を記しており、世界の著名な博士の方々や各国のジャーナリストから称賛を頂いています。
■学会賞受賞多数。当社では学会でも多く受賞しています。当社の他は日本トップクラスの大学や政府系研究機関、財閥系大手ばかりの顔ぶれです。
■2001年には、日刊工業新聞『全国最優秀研究開発者賞』を受賞しています。
■さらに2002年からは大変栄誉な『NEDO(新産業技術総合開発機構)基盤技術研究促進企業』にも認定されています(※全国から革新的技術開発に相応しい約30社が日本政府から認定されます。5億円以上の大型補助金も享受しています。当社の他は有名な大手企業ばかりです)
■『大手経済誌 全国話題のベンチャー15社』に選出されています。(2002年度)
■中小企業庁『元気なモノ作り中小企業300社』にも選出されています。(2006年度)
■近畿経済産業局『2011 KANSAIモノ作り元気企業100社』にも選出されています。(2011年度)
■本社研究所は国際学会、国内学会、国内主要工業会ほか多くの会場となっています。
■日本政府研究機関からの推薦で、光学業界の歴史と未来を紹介する日本の光学企業代表として『愛・地球博(EXPO2005愛知万博)』にも参加し、パビリオンで当社の光学技術が放映されています。
■2015年4月に、経済産業省・日刊工業新聞社『優秀新技術・新製品賞』を受賞しています。
トピックスの続き ■数多くの政府認定、国家賞受賞、表彰を受けています。
◎革新技術開発表彰(2002年)、◎革新技術コンクール表彰(2004年)、◎全国ニュービジネス大賞表彰(2004年)、◎大阪府品質管理推進優良企業表彰(2004年)、◎税務署優良申告法人指定・表彰(1986年~2016年まで31年連続継続中)、◎経済産業省2004年度地域新規産業創造技術開発事業認定(全国で年間数社)、◎経済産業省2002年度創造技術研究開発・IT活用型経営革新モデル事業認定(※全国で年間数社)、◎経済産業省2001年度創造技術研究開発・新規産業創造技術開発認定(※全国で年間数社)、◎文部科学省・都市エリア産学官連携促進事業認定、◎経済産業省2002年度・NEDO地域申請コンソーシアム認定、◎2001年戦略的権利化試験認定、◎2001~2004年経済産業省・科学技術振興事業団委託開発事業認定、◎文部科学省独創的研究成果育成事業認定、◎2002年経済産業省創製技術事業、◎大阪府知事2002年度技術向上奨励認定、◎経済産業省・科学技術振興事業団・新技術コンセプトモデル化推進事業認定(※全国で年間数社)、◎2002~2006年NEDO基盤技術研究促進認定、◎2005年地域新生コンソーシアム研究開発事業認定、◎2005年経済産業省地域新規産業創造技術開発事業認定、◎2002~2004年科学技術振興事業団委託開発制度認定、◎科学技術振興事業団・都市エリア産官学連携促進事業ナノ構造フォトニクス、◎2005~2007年近畿経済産業局実用化研究開発事業認定、◎京都高度技術研究所共同開発、◎2005~2007年産業技術実用化開発助成金、◎2008年経済産業省戦略的基盤事業認定、◎2008年経済産業省高度化支援事業認定、◎2007~2008年大阪産業振興機構開発事業認定、◎2009年総務省ICT経済・地域活性化基盤確立事業認定(可視光通信に関する研究開発)、◎2009年大阪地域創造ファンド事業認定(次世代通信機光学系の研究開発)、◎2009年全国企業団体中央会試作開発等支援事業認定、◎2010年経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業認定、◎2010・2011年財団法人光産業技術振興協会光ベンチャー中堅企業開発支援認定、◎2010年中小企業基盤整備機構省エネルギー計測監視設備等導入事業認定、◎2009~2011年NEDOイノベーション推進事業・次世代戦略技術実用化開発事業認定(テラヘルツ光学系とイメージングシステムの研究開発)、◎2011年公益財団法人京都産業21中小企業技術開発促進事業認定、◎2013年経済産業省・ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助事業認定、◎2013年経済産業省円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業認定、◎2014年経済産業省中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業認定、◎2015年 滋賀でモノづくり企業応援助成金認定、◎2015年 経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業認定、◎2015年 経済産業省ものづくり・商業・サービス革新補助金認定、◎2016年も認定多数、他賞受賞・政府認定事業多数
■政府系金融機関、日本政策金融公庫の歴代3総裁も来社しています。
■大手経済誌や大手経済新聞からの取材も多く、『ナノテクの衝撃』『ナノメートルの超技術力』と紹介されています。
■大手経済新聞の一面に当社の技術が紹介されています。
■当社の新技術がエレクトロニクス専門誌(※権威のある専門誌です)の表紙を飾っています。
■大手新聞の大阪府優良企業18社に選ばれています。
■本社研究所にはアメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、スイス、オーストラリア、オランダ、ベルギー、カナダ、フィンランド、中国、シンガポール他世界中から会社見学に訪れ、さらに海外の国家公式サイトにも当社のことが紹介されています。
■2002年にはアメリカ法人『NALUX NANO-OPTICAL,Inc.』をアラバマ州に設立し、好調に業績を伸ばしています。世界マーケットは無限で大きな事業拡大を予想しています。
■アメリカの有力大手企業、大学、アメリカ政府との技術交流がいっそう活発になっています。
■2009年には中国マーケットにおける営業及び製造拠点として常州ナルックスを設立。中国最大級の学会でも発表を始めています。
■当社の評価研究設備は、『日本最高水準』と言われています。
■世界最高レベルの仕事をお任せいたします。(※仕事内容ご参照下さい)
■『プラスチック光学デバイス業界の進化はNALUXの進化』とまで言われている程です。
世界シェア1位・国内シェア1位の圧倒的シェア。ナルックス光学レンズ・光学素子例 ◎DVD・CD・MD関連/光ディスクのデータ読み取り用・ピックアップ用光学素子、トラッキング及びフォーカス用光学素子、マルチステップ光学素子(※DVD・CD兼用機用に内蔵。DVDレーザ光とCDレーザーの波長の異なる2つの光データの読み取りを一つの素子で可
能にしました)、次世代超高速読み取り書き込み用光学素子などの世界シェア35%、国内シェア40%以上
◎レーザビームプリンタ関連/走査系レンズ:fθレンズ(※自由曲面レンズ)(世界シェア20%:自社リサーチ※今まではカラーコピーの際にスキャナーが4往復していましたが、このレンズにより1度の走査でカラーコピーが可能になりました。4色のビームとカラードットを1発で10μm精度で同位置に合わせます)
◎テレビ関連/液晶テレビのバックライト系
◎LED関連/照明系
◎光通信用光学素子(光伝達素子の国内トップクラスシェア。光通信用国際海底ケーブルにも当社の光学素子が使われています)
◎レーザ関連/レーザビームシェーパー素子
◎デジタルカメラ用レンズ/大手カメラメーカーに当社のレンズが使用されています。プラスチック撮影系レンズ:世界シェア10%以上
◎デジタルビデオカメラ関連/撮影系主眼レンズやファインダー系プリズム他
◎携帯電話関連/携帯電話デジカメの撮影レンズシステム、他
◎マイクロレンズ構造を持つモーションキャプチャリングの照明(国内トップクラスシェア)
◎携帯電話関連/超小型レンズ撮影システム(※世界一小さなレンズも開発中です)
◎光伝送関連/光通信・液晶ディスプレイ用マイクロレンズ、光通信ファイバー用コネクター・光導波路部品他
◎バーコード関連/世界最高精度のCGH(計算機ホログラム)。電子ビーム描画装置(マスクレス電子線リソグラフィー)によってCGHの精度を飛躍的に高めることに成功しました。回折格子を2次元に配列することで任意の強度分布を持つように設計でき、位置座標マーキングやデジカメのAF、被写体までの距離測定能力等を飛躍的に高精度化させた新製品です。
◎各種特殊レンズ関連/ハワイの国立天文台『すばる望遠鏡』の“大気の揺らぎ補正”用光学マイクロレンズ、潜水艦“深海”の撮影系レンズ、つくば万博の巨大スクリーン用投影光学系レンズ、TVゲームのヘッドマウント3Dバーチャル光学システム、高エネルギー加速器研究機構のJapanese Hadoron Projectの超伝導加速空洞実験におけるリニアック用粒子加速器用部品(※筑波で行われた国家プロジェクトです。ドーナツ状のリニア加速装置の中で無限に加速された電子同士の衝突から生まれる高エネルギーを取り出すというプロジェクトです。このドーナツ状の加速管を当社が開発しました。芯円度、内側鏡面度が難解でした)、マイクロコーナーキューブアレイ(※世界最高精度)、◎他世界・国内トップシェア製品多数
話題の新製品・新技術 話題の新製品、新技術の一部をご紹介致します。
◎世界初!!サブ波長格子構造を用いたプレート型偏光ビームスプリッター/光ディスクや液晶ディスプレイに用いられる最先端光学素子で、世界初の「光の波長より短い2次元周期構造による偏光ビームスプリッター」です。飛躍的な高性能化、コンパクト化を実現しました。
◎世界初!!自由曲面ビームシェーパー/レーザの高効率エネルギー伝達素子です。波面収差を極めてビームの光を整え、カップリング効率を飛躍的に高めます。従来の40~80%の省エネルギー化、もしくは1.6~5倍の高エネルギー伝達が可能になります。世界で初めて自由曲面を実現した製品です。
◎世界初!!ナノインプリンティングの実用化/某特殊構造の超高精度なナノガラス・マイクロレンズアレイで、温度が変化しても伸びず、光学特性が変化しません。世界各国へのTV中継に活躍する世界最速の超高速CCDカメラに使用されます。
◎最高性能!!強力な短波長レーザを長時間照射しても透過率や光学特性の劣化しない最高性能のプラスチック光学素子を開発しました。
◎世界初!!従来、遠赤外光学系にはゲルマニウムやジンクセレン等の高価な結晶を用いていましたが、これをプラスチック化することに成功しました。これにより安価に又新しい機能を追加することが可能になりました。
◎世界最高性能!!ガラスとプラスチックのハイブリッドインプリンティング技術により、回折効率90%を超える世界最高性能の回折格子を設計しました。
◎世界初!!ビームシェーパーを用い、カップリング効率も高いハイパワー半導体レーザ加工機ヘッドの開発に成功しました。
◎世界初!!物質材料研究機構との共同研究で、金の表面プラズモンを利用した遠赤外光源を開発しました。
◎世界初!!科学技術振興事業団との共同で蛍光物質を使ったプラスチック光学素子を開発しました。この新しい光源は植物の光合成に使えない光エネルギーを使える光に変換して植物の成長を促進します。
◎世界初のテラヘルツ用光学デバイスを開発中です。幅広い透視能力があり、しかも安全で、世界初の画期的な非破壊検査他が可能になります。
◎世界初!!色消し白色LED光学系の開発/焦点周辺の明暗や色割れをなくした(周辺が滲まない)コンパクトな光学系を開発しました。必需品とも言える人気電機製品の性能が飛躍的に向上します。
◎世界初!!色収差が無く、指向性のある、均質に光る新型LED光学系を開発しました。
◎世界初!!LED照明の光形状を自由に変化させられる光学ディフューザーを開発しました。
◎世界初!!強い外乱光にも影響を受けない光学系のための狭域バンドパスフィルター(光学薄膜)を開発しました。
◎世界最高性能!!回折格子の金型加工及び射出成形技術開発により、回折格子の凹凸エッジ部のコーナーRが10ナノメートル以下になり、撮影系等のゴーストの少ない光学素子を実現し、2006年のアメリカSPIE学会でも発表しました。
◎世界最高精度!!射出成形金型の相対位置精度(金型の偏芯精度)700ナノメートルの世界最高記録を達成しました。不可能といわれていた究極の精度です。
◎世界初!!光学デバイスの形状補完ソフト/冷却収縮等による反りや歪をシミュレーションし、製品形状を予め補完できる金型設計ソフトウエアを開発しました。
◎世界最高性能!!従来の2分の1の時間で成形可能なハイサイクル成形技術を開発しました。
◎光学ガラス製品の標準部品の量産を開始。
◎世界初!!サブ波長構造による構造性複屈折を利用した2波長偏光ホログラムがもうすぐ実現します。
◎世界初!!ナノメートル精度の高品質な反射防止構造を自由曲面上に形成することに成功しました。
◎農業用獣害防止センサーを開発中です。
◎家庭用ゲーム機のジェスチャー(人の体の動き)を認識する光学システム
◎自動車自動運転システム
◎自動車用・新型ヘッドランプ(配光可変前照灯)。光源LEDの個別配光によって対向車の種類に応じて、対向車が眩しくないように照明分布が切り替わり、常にハイビームで運転できるヘッドランプ。既に世界シェア10%を超えています。
◎自動車用インテリジェンスディスプレイ(走行スピード他の様々な情報がドライバーの前に浮かび上がる光学システム)
◎世界初!!カプセル型内視鏡(マイクロマシン型、全長1ミリの“飲み込む”カプセル型内視鏡です。1ミリの中に光学系と電子回路、そしてフィンが付いており、遠隔操作により体内を自在に泳ぎ、これまで内視鏡では見ることの出来なかった体内奥部に到達し、パソコンに無線動画通信します。胃カメラのような体への負担が一切無い、画期的な次世代医療製品です。まずはアメリカから年内に上市します。)
他多数
研究開発のロードマップ ●各種次世代光エレクトロニクス製品
●高効率導波路(光エネルギー損失することなく光を直角に曲げたりできる光学素子)
●光の完全拡散技術
●超高効率エネルギー伝達光学素子
●半導体励起固体レーザ用半導体レーザ光学素子
●超高反射率フィルムマイクロキューブ
●超薄肉光学素子
●バイオリアクターデバイス(血液及びDNA情報)
●可変レンズ(焦点を自由に変化させることの出来る光学レンズ)
●3次元自由曲面反射防止構造素子
●狭域有反射防止構造複合素子
●温度補償型コリメータレンズ
●多層光学薄膜(膜厚精度高く50層の多層光学薄膜の研究を行っています)
●光学薄膜から光学的微細構造への置き換え技術
●太陽エネルギーシステム用オプトエレクトロニクスシステム
●3次元光集積回路(半導体集積回路を上回る22世紀型集積回路。電気は必要なく、光が全てを制御し作動します)
●生物科学をナノテクノロジーで実用化
●薄膜作成によるファラデー素子
●導波路型光学系
●光集積回路型超薄型結像系
●ガラス光集積回路
●光集積回路型ヘッドマウントディスプレイ
●仮想世界
●深宇宙望遠鏡
●自動車の自動運転
●光学医療機器
●光でモノを動かしたり、持ち上げたりする新技術
●光マイクロマシン、光ナノマシン
●ナルックス・スマート生産システム「NALBRAIN」
●ナノメートル精度の完全無人化工場
●グローバルネットワーク自動生産
◎この他にも想像が追いつかない、信じられないような未来テクノロジーの研究開発に数多く取り組んでいます。このような研究開発をお任せしていきます。
従業員数 300名
創業 1909(明治42)年
設立 1948(昭和23)年7月
資本金 8000万円●大手都市銀行多数行から『私募債(しぼさい)を発行させて下さい』(※株式資本参加させて下さいという意味です)と言われる程の高い社会的評価で銀行、証券会社、ベンチャーキャピタルが数多く訪れて来られます。
売上高 72億円(平成32年3月期計画)
68億円(平成31年3月期計画)
64億円(平成30年3月期計画)
60億円(平成29年3月期見込)
54億円(平成28年3月期実績)
52億円(平成27年3月期実績)
50億円(平成26年3月期実績)
40億3000万円(平成25年3月期実績)
●当社では世界最高の技術力を背景に大きな事業拡大を目指しています。当社の実績と事業プランが関西はもとより全国的にも話題となっています(※大手金融機関の幹部会議でも話題に上るほどです)。純資産高も右肩上がりに増え続けています。すでに株式上場にも十分すぎる法人格を備えています。
●中期経営計画で売上高75億円突破、経常利益率20%以上を計画しています。
●31年連続優良申告法人指定
●政府系金融機関・日本政策金融公庫の歴代3総裁も来社しています。
●税務署からは『地区の0.8%に入る優良財務です』と言われ、また国内唯一の政府系総合金融機関・商工中金の当金庫景況レポートの中でも近畿地区トピックニュース欄に民間企業で1社だけ『今後も高い技術力を武器に高成長が期待される』と当社のことが紹介されています。
生産設備も世界トップクラス。評価研究設備は日本最高水準です ■生産設備も世界トップクラスです。
■当社の評価研究設備は、『日本最高水準』と言われています。
■一台数億円以上の最先端設備がズラリと並ぶ研究所や工場内は圧巻です。
■当社の技術社員は、自らの望む装置を購入するために年に何度も海外に行っています。
ナルックスは生産設備でも世界のトップクラスです。NAPS (Nalux Advanced Production System)の構築により各工場と本社をネットワーク化、各工場の生産装置を本社の各端末からの操作により全てのデータをリアルタイムモニタリング、生産条件の変動をパソコンで監視・記録して不具合等にも直補正対応することを目指しています。またナノメートル精度を保証する為に工場内は極めて純度の高いクリーンルームで、年間を通じて温度管理は±0.5度、超精密加工室においては±0.1度、さらに風速・風量も設計管理されています。国内では大手企業の研究所に数台だけ、世界にも数台だけという最先端装置や最高級機器、独自開発の高性能装置が到る所に潤沢に配備されています。
また数多くの著名な研究者や政府研究者が当社に見学に訪れ、『ここの評価研究設備は日本最高水準。』と絶賛されています。当社の設備への開発意欲は尋常ではありません。また当社には全国の大手有名企業から転職希望者も集まっており『ここの技術と設備の噂は聞いていてここで働くことに以前から憧れていました』と言われる方がたくさんいます。特にメーカーに在籍していた方は信じられないほどの素晴らしい設備だと言って驚かれます。一台数億円以上の最先端設備がずらりと並ぶ研究所内は圧巻です。しかも当社の技術系社員はこのような自らが望む装置を購入するために(自分の目で確かめるために)年に何度も海外に行っているという贅沢な環境です。毎年巨額の投資とあくなき研究を行っています。
また世界に既存する評価技術(評価装置)が当社の要求に追い付いていない場合も多く、評価機の自社研究開発も数多く行っています。
主要取引先 パナソニック(株)、オムロン(株)、NEC(株)、富士通(株)、ソニー(株)、NTT(株)、京セラ(株)、三菱電機(株)、(株)日立製作所、シャープ(株)、ローム(株)、(株)リコー、(株)堀場製作所、(株)島津製作所、富士電機(株)、北陽電機(株)、日本電産コパル(株)、オプテックス(株)、パイオニア(株)、キヤノン(株)、ニコン(株)、コニカミノルタホールディングス(株)、富士写真フイルム(株)、オリンパス光学工業(株)、浜松ホトニクス(株)、(株)タムロン:カメラレンズの有名メーカー、(株)三城:“メガネのミキ”、積水化学工業(株)、住友化学工業(株)、三菱レイヨン(株)、日本板硝子(株)、パナソニック電工(株)、パナソニックヘルスケア(株)、オーツタイヤ(株)、セイコーエプソン(株)、ホンダ技研工業(株)、マツダ(株)、スタンレー電気(株)、他日本を代表する大手上場企業200社以上、並びに文部科学省国立天文台、郵政事業庁通信総合研究所、国立宇宙科学研究所、大阪大学核融合研究所、他国立科学機関・研究所多数、並びに、海外大手ICT企業、海外大手自動車メーカーなど、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの世界を代表する大手企業多数と取引しています。TVや新聞を賑わせる世界先端科学技術の多くに関与しています。
●近年、国内・海外の大手自動車メーカー、大手有名ITサービスメーカー、アメリカ・シリコンバレー有力企業との取引が急増しています。
●取引先は毎年30~40社以上のペースで増え続けています。
代表者 代表取締役社長 北川 清一郎
事業所 本社・本社研究所・本社工場/大阪府三島郡島本町山崎2-1-7(◎最新鋭の贅沢なテクノファクトリーです)
けいはんな開発企画室/京都府木津川市山城町椿井水垣内18-3
仙台技術研究所/宮城県仙台市青葉区荒巻青葉6-6-4東北大学連携型起業家育成施設302号室
大阪工場/大阪市東淀川区南江口3-4-29
野洲工場/滋賀県野洲郡野洲町市三宅219-2
(◎2015年9月に野洲に最先端の新工場が完成しました。生産規模も2倍になり、急増する世界的なニーズに対応します)
大原野試験圃場/京都府京都市西京区大原野石作町
東京営業所/東京都中央区日本橋本町1-1-3
ナルックス米国法人/NALUX NANO-OPTICAL,Inc./65 E.State Street, Suit2000  Columbus,Ohio 43215(2016年に拡張移転しました)
ナルックス中国法人/常州ナルックス/中華人民共和国江蘇省常州市
事業提携/共同研究:アメリカ(アリゾナ)、アライアンス:スイス(Fisba社)
関連会社/日本非球面レンズ株式会社
             NNI株式会社(2011年設立)
ISO認証取得 ISO9001・ISO14001・ISO/TS16949 認証取得

連絡先

本社経営支援部/大阪府三島郡島本町山崎2-1-7 〒618-0001
TEL:075-963-3456 担当/藤井:どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。お待ち致しております。
◎ホームページアドレス http://www.nalux.co.jp

■交通アクセス■
●本社/JR京都線『山崎』駅(※京都駅から大阪方面に5駅目。普通で14分。※大阪駅からは快速で24分。又は新快速乗り換えで22分です)より徒歩7分。阪急電鉄京都線『大山崎』駅からは徒歩9分です。
●けいはんな開発企画室/近鉄京都線『狛田』・『新祝園』・JR学研都市線『下狛』・『祝園』駅から車で5分。JR奈良線『上狛』駅・『棚倉』駅からは車で3分。◎車通勤OKです。
●東京営業所/東京メトロ銀座線・半蔵門線『三越前駅』A1出口より徒歩3分。東京メトロ東西線『日本橋駅』B11出口より徒歩5分。JR総武本線『新日本橋駅』出入り口2からは徒歩7分です。
●大阪工場/阪急電鉄京都線『上新庄』駅(※大阪梅田駅から5駅目、12分です)より車で5分。駅前の市バス利用なら(※わりと本数は多く便利です)“井高野車庫前行き”で約9分の「江口橋」下車、徒歩3分です。◎JR大阪駅前から「江口橋」まで直通の市バスも出ています。本数もとても多くこれが大変便利です。
●野洲工場/JR琵琶湖線『野洲』駅(※新快速で京都駅から25分。大阪駅からは55分です)より車で3分。自然環境に恵まれた素晴らしいところです。◎車通勤OKです。
掲載開始:2017/03/09
この企業は、以下の特集で紹介されています
機械系の専攻を生かせる研究・開発の仕事特集

ナルックス株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ナルックス株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)