株式会社アイレップ
アイレップ

株式会社アイレップ

マーケティング/コンサル/Web広告/海外/博報堂DYグループ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
広告
インターネット関連/コンサルタント・専門コンサルタント/情報処理/シンクタンク
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

■広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシー
国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。また、グローバル事業の展開や、博報堂DYグループとしての連携にも力を入れています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

デジタルマーケティング領域で国内トップクラスのノウハウと実績

デジタルマーケティング全般で高い評価を得ているアイレップ。Yahoo!JAPANやGoogleに代表される検索エンジンのテクノロジーを徹底的に研究、顧客のマーケティング活動を支援してきました。昨今の広告業界では、大量のデータを分析し日々改善を行う「運用型」と呼ばれる分野が注目を集めていますが、当社はこの領域で国内トップシェアを誇り他社の追随を許しません。また、これまで培ったノウハウを活かしつつサービスを拡充し、より統合的なデジタルマーケティングの提供を行っています。今は、博報堂DYグループの総合広告会社との提携により、テレビCMとデジタルマーケティングを連動させるといった、最先端の試みにも挑戦しております。

仕事内容

真摯に顧客に向き合い、技術とノウハウでプロに成長

デジタルマーケティングは成果、つまりアクセス数や会員獲得数などが数字としてダイレクトにあらわれるのが特長です。そのため、自分の提案のどの点がよかったか、どの点がお客様の目標達成に寄与できたか、などの分析が可能で、そこが仕事の醍醐味でもあり、またプロとして成長できる理由となっています。また、アイレップは「真摯にお客様と向き合うこと」を最も大切にしています。獲得したノウハウをお客様の課題のためにいかに発揮していくか。社員がお客様に集中できるよう、各個人に売上目標を課すことをしていません。どれだけお客様の課題を理解し、提案できているかを評価軸とすることで、真に顧客に向かうマーケッターを育てています。

施設・職場環境

売上高6年連続成長を達成!グローバルへの挑戦も。

アイレップは2015年9月期において、売上高580.2億円(対前年比108%)となり、6年連続成長を達成。最先端のコンサルティング力と技術力で確実に成長を重ねています。また、海外向けのプロジェクトも増加するなど、世界中で活躍を目指せる環境があります。今後、日本企業の海外進出が加速する中、Google など世界共通の技術が多いデジタルマーケティングの世界では、日本で培ってきたノウハウがそのまま海外で活かせます。日本の枠を越えて、世界有数のデジタルマーケティング会社へ。アイレップでより刺激的で、より可能性に満ちた仕事をしていきませんか。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

アイレップに新卒で入社した先輩社員の代表的な仕事内容をご紹介させていただきます!
※総合職での採用になりますので、実際の配属は入社後の研修と面談を通じて決定いたします。

■ストラテジスト 
■アカウントプランナー
■SEOディレクター
■アナリスト
■Webディレクター/デザイナー、
■その他 開発職、経理・財務・総務・人事・広報など

※各職種の詳細については「採用情報」をご覧ください。

会社データ

事業内容 クライアント企業のデジタルマーケティングに関する課題を抽出、分析し、コンサルティングをする仕事です。

【デジタルマーケティング事業】
■SEM(検索エンジンマーケティング)

 ・リスティング広告
  ユーザーが入力した検索キーワードに応じて、検索結果画面に適切な広告を表示させる集客手法

 ・SEO(検索エンジン最適化) 
  Webサイトを検索エンジンに認識・評価されやすい状態にするための技術的なコンサルティング

 ・Web解析
  リスティング広告やSEOの効果を最大化するためのデータ解析

 ・LPO(ランディングページ最適化)
  集客したユーザーを最も効果的にゴールへと導くWebページの企画・制作

■ディスプレイ広告
 バナー広告と呼ばれ、サイト上に配信され、クリックすることで広告主のサイトにリンクするWeb広告。
 テクノロジーの進化によりターゲティング精度が向上中。

■SMM(ソーシャルメディアマーケティング)

■動画マーケティング

昨今、広告業界で話題になっているキーワードに「運用型広告」があります。
従来の「広告枠を買うこと」から「広告の運用で成果を上げること」へネット広告は変化していっているのです。
アイレップはこの「運用型広告」における国内No.1エージェンシーとして注目を集めています。

なお、当社は、2006年に株式会社博報堂DYメディアパートナーズと資本・業務提携を開始して以来、技術力や実績の評価を高め続け、現在では自社のクライアント企業に加え、DACグループ、博報堂DYグループのクライアント企業への運用型広告についても全面的にサポートしています。
【Q&A・事業編】今後、デジタルマーケティングの世界はどうなるの? □□
□■日々進化するデジタルマーケティングの世界

  ―――日進月歩のテクノロジーと共に、クライアント企業にとってさらに大きな存在に!


■デジタルマーケティングの世界は変化が非常に激しく、クライアント企業から様々な広告手法やテクノロジーを駆使した高度な提案が求められるようになりました。

□主流であった「広告の枠を販売する」ビジネスから、「個人をターゲットにした広告の運用」がテクノロジーの発達とともに可能になりました。更に、広告を掲載して終わりではなく、その結果を分析して改善提案を重ねる事で、クライアント企業の成果を実現する事こそがこれからのデジタルマーケティングです。

■そんな中、アイレップはテクノロジーに対する深い理解を武器に、SEM領域を中心に急成長し、運用型広告においては国内トップシェアを誇るまでになりました。
デジタルマーケティングが驚異的な進化を遂げ、クライアント企業にとっての重要度が高まる中、最先端のノウハウや技術を持つアイレップであなたも活躍してみませんか。
【Q&A・事業編】アイレップの今後の展望は? □□
□■ 新しい事業展開が目白押し!

 ――拡大する運用型広告市場で絶対的No.1を目指し、積極投資。海外展開も!

■アイレップは2015年9月期において、売上高580.2億円(対前年比108%)となり、6年連続成長を達成。
広告手法の多様化・複雑化を事業貴下意図すべく、リサーチ機能やマーケティングシステムの開発、人材の強化など成長基盤の強化へ積極的に投資をしています。
その結果、2013年4月にはYahoo!プロモーション広告正規代理店で初となる五つ星を付与されるなど、最先端のコンサルティング力と技術力で成長を重ねています。

□また、インドネシアや中国、ベトナムに子会社を設立。外国籍社員の採用にも注力しており、グローバルファームへの道を歩み始めてもいます。海外向けの広告出稿や、海外向けのプロジェクトも増加するなど、世界中のビジネス市場で活躍していくための環境が整っています。日本企業の海外進出が加速する中、今後は当社も日本という枠を飛び出して、世界有数のデジタルマーケティング企業へと展開していきます。
設立 1997年11月17日
資本金 5億5,039万円(2015年9月末現在)
【2014年東証二部上場】
代表者 代表取締役社長CEO 紺野俊介
従業員数 603名(2015年9月末現在・グループ全体)
平均年齢 31.5歳
男女比 男性:女性=5:5
女性マネージャーも活躍しており、男女関係なく活躍できる環境です。
売上高 580億2千万円 (2015年9月期・連結) ※6年連続成長
536億1千万円 (2014年9月期・連結) 
473億9千万円 (2013年9月期・連結) 
377億6千万円 (2012年9月期・連結) 
249億8千万円 (2011年9月期・連結)
115億3千万円 (2010年9月期・連結)
93億62万円 (2009年9月期・連結)
アイレップの強み □□
□■ デジタルマーケティングでユーザーとクライアント企業への価値提供を実現

  ―――Search Engine Marketingを主軸に、
       デジタルマーケティングをトータルにサポート!

■国内でデジタルマーケティングを事業とする企業は多数ありますが、その中でも毎年大きく成長を続けているアイレップ。広告成果を日々分析し改善提案を行う必要がある運用型の広告を得意とし、中でもSEMの領域では他社の追随を許しません。
事業所 ■本社/〒100-6107 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
■名古屋営業所/愛知県名古屋市中区栄3-4-15 鏡栄ビル4F
■大阪営業所/大阪府大阪市北区堂島1丁目6番20号 堂島アバンザ10F
■福岡営業所/福岡県福岡市中央区舞鶴1丁目1番3号 リクルート天神ビル5F
■クオリティマネジメントセンター高知/高知県高知市帯屋町2丁目2番9号 帯屋町CENTRO3F
主要株主 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
高山雅行(創業者)
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
グループ会社 □デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
□株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
□株式会社レリバンシー・プラス
□株式会社ロカリオ
□PT.DIGITAL MARKETING INDONESIA
□株式会社アクイジオジャパン
□北京艾睿普广告有限公司(北京アイレップ)
□株式会社オープンコート
□MOORE ONLINE DEVELOPMENT SOLUTIONS CORPORATION
□OPENCOAT PHILIPPINES,INC
□株式会社シンクス
沿革 1997年 創業者である高山雅行が、当社の前身である株式会社アスパイアを設立

2000年 株式会社アイレップに社名変更
      Yahoo!JAPANのキーワード広告を中心に、
      インターネット広告代理業を本格開始

2002年 Google(グーグル社)の「アドワーズ広告」、オーバーチュア株式会社
      「スポンサードサーチ(R)」の販売開始。
      (現 ヤフー株式会社「Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチ(R)」 )
      「日本有料老人ホーム紹介センター」を開設

2003年 オーバーチュア社「推奨認定代理店」(現 ヤフー社Yahoo!プロモーション広告
      「正規代理店」)に認定される

2004年  サーチエンジンマーケティング総合研究所(SEM総研)を開設

2005年 本社を東京都渋谷区渋谷2丁目1番1号青山東急ビル
     (現 青山ファーストビル)に移転
      大阪営業所を開設

2006年 株式会社博報堂DYメディアパートナーズと資本・業務提携
      11月 大阪証券取引所ヘラクレス(現 東京証券取引所JASDAQ)に上場

2007年 株式会社medibaと業務提携
      シニアマーケティング事業部門を分社化し、株式会社あいけあ設立
      デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と合弁会社
      株式会社レリバンシー・プラスを設立
      住宅情報サイト「総合住宅展示場」運営開始

2009年 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と資本・業務提携
      株式会社あいけあの全株式を、
      株式会社インターネットインフィニティーに譲渡

2010年 福岡営業所を開設
      デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社の連結子会社となる

2011年 株式会社レリバンシー・プラスを完全子会社化

2012年 株式会社フロンティアデジタルマーケティング設立
      本社を東京都千代田区永田町2丁目11番1号山王パークタワーに移転
      名古屋営業所を開設
      株式会社ロカリオ設立

2013年 大阪営業所を大阪府大阪市北区堂島1丁目6番20号 堂島アバンザに移転
      インドネシアにPT.DIGITAL MARKETING INDONESIAを設立
      福岡営業所を福岡市中央区舞鶴1丁目1番3号 リクルート天神ビルに移転
      株式会社アクイジオジャパン設立

2014年 北京艾睿普广告有限公司(北京アイレップ)設立
          株式会社ネクストフィールド設立
          クオリティマネジメントセンター高知設立
          株式会社オープンコートを連結子会社化
          東京証券取引所市場第二部へ市場変更
          MOORE ONLINE DEVELOPMENT
     SOLUTIONS CORPORATIONを連結子会社化

2015年 名古屋営業所を愛知県名古屋市中区栄3-4-15 鏡栄ビルに移転
     クオリティマネジメントセンター高知を
     高知県高知市帯屋町2丁目2番9号帯屋町CENTROに移転
     連結子会社2社(株式会社フロンティアデジタルマーケティング・
     株式会社ネクストフィールド)を吸収合併
     株式会社シンクス設立

2016年 株式会社NEWSYを連結子会社化
企業理念~IREP WAY~ ■ブランドステートメント
目標達成のサイクルをつくる、パートナー a cycle of success, with us

■経営理念(MISSION)
クライアント側に立ってROI(投資回収率)の高いマーケティングソリューションを提供し、クライアントの売上・利益の拡大に貢献する。

ユーザー側に立って情報流通を最適化し、ユーザーと商品・サービスのベストマッチングを追及する。

■経営目標(VISION)
“事業の社会貢献度、顧客の満足度、売上・利益の継続的な成長、社員の満足度”
このすべてにおいて高いレベルでバランスの取れた偉大なる企業グループ(グレートカンパニー)を目指す。

■経営哲学(PHILOSOPHY)
『志第一主義』
“誰の何に役立ち社会をどうよりよく変えていくか”確信できる事業のみをやる。
事業の起点は志。その上で勝つための戦略を練る。商売として儲ける。
起点と最終目標が、金銭と規模拡大だけでは心が躍らない。
また、今の時代Win-Winでないと継続的には勝てない。
社会にプラスのインパクトを与えないと、突き抜けて大きくはなれない。

『モチベーション至上主義』
最大の経営リソースは社員のモチベーション。
社員の本気の「やりたい」と会社の戦略のベストマッチングを追求する。
最前線に立つ人材が知識を生みだし、ビジネスモデルを変化させていく時代。
事前の想定を超える現実が頻発する時代。
社員のモチベーションを極大化し、変化し続けることを促すことは戦略の巧拙に勝る。
志を業とする、事業を通じて社会にプラスのインパクトを与えようとする

『志業家輩出』
「志業家」を育成・輩出し、社会の変革に寄与する。
アイレップとは、理念を共有する志業家集団による志業の集合体である。

※当社HPにて、「アイレップ魂(SPIRIT)」も紹介しているので、ぜひご覧になってください。
採用ホームページ http://www.irep.co.jp/recruit/proper/
採用Facebookページ http://www.facebook.com/irep.recruit

連絡先

〒100-6107
東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
株式会社アイレップ 人事採用担当
電話番号:03-3596-8133 (人事採用専用)
e-mail:recruit-new@irep.co.jp

掲載開始:2017/03/01

株式会社アイレップに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社アイレップに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)