増成織ネーム株式会社
マスナリオリネーム
  • OpenES
  • 正社員
業種
商社(繊維製品)
商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)/繊維/その他製造/商社(スポーツ用品)
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

アイドルグループのLIVE会場限定グッズや企業セキュリティ用のネックストラップ、
数年に1度開催されるスポーツイベントのモバイルポケット、
国民的人気アニメの初回限定盤ブルーレイにのみ封入されていたレガースブレスレットなど。
私たちが手掛けてきた商品はきっとあなたも目にしているはず。
アパレルパーツやノベルティ・SPグッズ・OEM製品を、
アパレル企業や広告代理店と何度も打ち合わせを重ね商品化しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

非売品や限定品に人は弱い。

社名にある「織ネーム」という技術で私たちは、期間限定や初回プレミアム、会場限定、社内限、ライブ・スポーツ・イベント会場のみなどの限られた場所をはじめ、多くの人を魅了する可能性があるマーケットで実績を挙げてきました。ショールームにはここではお見せできないほどのレアアイテムがあり、『このキャラにこんな製品が?』と思われるものがあったり、『これはいけるだろう!』と思ってもサッパリだった製品もあります。常に新しい情報や素材、流行、世の中の動きに目を光らせるのが好きな個性的な社員が、常に極秘プロジェクトを進めている会社であり、非売品や限定品が人の心を動かすことを、よぉーく知っている会社です。

仕事内容

思いつきで商品化もアリ。社長に内緒も大歓迎!

いまから10数年前のこと。SAXのストラップを見て思いついたのが、いまやどこでも見かけるネックストラップと携帯ストラップへと進化しました。業界でいち早く企画開発し販売をしたつもりでした。ところが、特許もとらずにいたら同業他社から続々と同じような商品が出たのは良い想い出です(笑)。ストラップに限らず、ほとんど全ての商品は営業が企画を立案。いろいろな情報を収集し、人脈もフル活用しながら、思いつきやヒラメキ、直感を総動員して企画を立てます。時にはひとりで、時にはチームを組んで、時には社長にも内緒で試作品を経て商品化。これらの商品を、国内で年6回開催されるギフトショーでお客様にプレゼンし、受注するわけです。

採用方針

毎月受賞者が変わる、社長賞。

ニッチなものをとことん追求しているせいか、お客様からは『なんでも、できるんでしょ?』と言われ、その度にそのプレッシャーを跳ね返す企画力でお客様に評価いただいています。そんな毎日なので、たとえクチベタな人でも大学のサークルでお調子者だった人でも、まずぶち当たるのは企画力。モノづくりができる利点を活かしたものを考えるのは苦しいし、楽しいことです。ちなみに、社長賞というのが毎月あるのですが、この顔ぶれは見事なほどに毎回違い、この事実からも誰にでもチャンスがある会社ということがわかっていただけるはず。あなたが作る、Made in Masunariに期待しますよ。モノづくりができる会社へようこそ!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

社名にある「織ネーム」とは、
糸から生地を織り上げる時にネーム(柄)も同時に織り上げることを言い、
刺繍とは違って、繊細なデザインが可能なことから、
企画力や思いつき次第でどんな商品にも化けることができるもの。
この特性とこれまでの実績、私たちの企画力を買っていただいているお客様に、
“ニッチだけど、まだ世の中にはない”ものを数々企画開発していくのが
営業であるあなたの仕事となります。

会社データ

事業内容 各種織ネーム、プリントネーム、ラベル、下札、ワッペンなど
服飾関連資材の企画・製造・販売。
ネックストラップ、モバイルクリーナー、モバイルポーチなど
オリジナル製品(販促グッズ・OEM商品)の企画・製造・販売。

音楽、イベント、スポーツ、アニメ、アパレルなどの分野が
現在の私たちの強み(季節に左右されず、
繁忙期がないのも強みのひとつです)。
この多くがOEM商品で、
社名こそ出せないものの、
街で見かけるとほくそ笑むことが少なくありません。
今後は自社ブランド製品に注力。
マグネットフックやコルク・コースターKit、
T(タオル)トートをはじめとしたTシリーズの既存製品、
そして新しく仲間となるあなたが企画した製品を
ドンドン世の中に発信していくつもりです。

ちなみに、
全ての商品の80%は国内で生産。
安かろう悪かろうでは、私たちの信頼に関わりますし、
国内での生産だからこそ、品質コントロールがしやすいのが最大の理由です。
<取扱商品について(1)>アノ漫画家さんの読者プレゼントにも採用された、マグネットフック 通常の磁石の約10倍以上の吸着ができる、
ネオジウムというマグネットと
フックを組み合わせた「マグネットフック」も
商談の際にはとても食いつきの良い商品です。

使い方はアイデア次第で自由自在。
たとえば、
マグネット本体を、
キャラクターの上半身に仕上げ、
両腕を折り曲げることで、
鍵をかけたり、メモを挟んだりすることで、
視認性の確保と癒やしの空間としても演出できます。

実はこの商品、
とある漫画家さんの漫画が
シリーズ累計ウン万部突破記念の読者プレゼントとして採用。
出版社さんとしては500名のプレゼントにしたかったようですが、
この漫画家さんの好意と、
この商品の最小ロットである1000ヶを
私たちが譲らなかったため、
1000ヶで無事受注に至った裏話もあります。
<取扱商品について(2)>営業全員が受注した、コルク・コースターKitも大好評です コルク・コースターKitは
増成織ネームの営業全員が受注を果たしている、
ヒット商品のひとつ。

これは、コルク素材のコースターを
280ミリ四方内のシートに組み込み、
そのシートから取り外し、
本来のコースターとして楽しむのも良し(台座もあり)、
シートの状態のままで観賞用としてもOKのもので、
これを各企業のイベントやキャラクター・販促目的などに合せてデザインし、
カスタマイズすることで拡販しています。
<取扱商品について(3)>再帰反射素材を使った新製品について まず、再帰反射素材についてご説明しましょう。
これは身近なところでいえば、警備をされている方のユニフォームに使われ、
当たった光を光源へ向けてまっすぐに反射し、
ドライバーから見ると明るく光って見える素材のことです。
私たちはこの素材に目をつけ、
リフレクター・ソーイング・ファクトリーという名前でブランド化。
この素材を使ったパスケースやポーチ、チケットケース、
トートバッグ、リュックサックなどのデザインに使用することで、
ファッションも子どもたちの通学にも、
警察や消防の公共団体にも、
建築や工事などの夜間作業をする所にも、
アーティストのライブグッズとしても使えるもの。
2015年2月4日から6日にわたって開催された、
「第79回東京インターナショナル・ギフト・ショー春 2015」で
初めてお披露目をし、
予想を上回る引き合いをいただき、
2016年2月3日から3日間開催された
「第81回東京インターナショナル・ギフト・ショー春 2016」にも出展し、
多くのお客様と名刺交換をすることができました。

いままでの私たちの強みである小ロットでオリジナルデザインができる強みを
この製品でも発揮。
デザインに関してはお客様からデータをいただいた上での生産も可能です。
もちろん、いままで通り、メイド・イン・ジャパンなので、高品質。
唯一いままでの私たちの製品と違うのは、
決して低コストではないところにあります。
それでも引き合いがあり、
新しい素材に着目したことで、
また新たな市場を開拓できそうです。
マネされることについて 特許や実用新案の手続きをしなかった私たちが悪いのですが、
ここだけの話、私たちが企画開発し、商品化した中には、
同じような商品を他社さんから発売されたこともあります。

ただ、これはいいことなんです。
これらの商品が世間に広がるキッカケとなり、
大きなマーケットに化けることになりますから。
だから実は、あまり特許や実用新案にこだわりがありません。
社風 社員同士の呼び方に、役職は含まれません。
基本、「さん」づけか、アダ名です。
その最たる例は、社長の石井ですら
「石井さん」と呼ばれても涼しい顔をしています。
とにかく社長も含め、距離が近いんです。

この呼び名・呼び方に象徴されるように、
社風は極めてフラットで、自由を謳歌できる環境にあります。
ただし、個人個人でみてみると、
自分で高い目標を掲げている人も少なくありません。
自由であることのほうが実は自己管理が必要ということです。

※社内には有線放送が終日流れています。
朝は社長が好きなJAZZが多いのですが、
チャンネル権は総務部>社長というのが現状です。
設立 1955年3月
※創業は、1951年です。
資本金 5000万円
従業員数 100名(男性46名・女性54名)
売上高 27億円(2017年2月期見込)
25億5000万円(2016年2月期)
24億4000万円(2015年2月期)
22億2000万円(2014年2月期)
21億5000万円(2013年2月期)
代表者 代表取締役社長 石井 英邦
事業所 □本社 / 広島県広島市西区横川町1-12-11
□東京営業本部 / 東京都千代田区岩本町3-5-5 ユニゾ岩本町三丁目ビル
□大阪支店 / 大阪府大阪市中央区道修町3-1-6
□福山営業所 / 広島県福山市曙町2-9-10
□福岡営業所 / 福岡県福岡市博多区博多駅前3-30-26 中央博多駅前ビル5F
沿革 ○1951年 胡蝶織ネーム製造所広島出張所として創業
○1953年10月 京都織ネーム製造所広島出張所に改称
○1955年3月 増成織ネーム株式会社 設立
         取締役社長に増成好太 就任
○1971年10月 東京営業所 設置
○1998年3月 大阪、福山、福岡に営業所 設置
○2003年3月 東京営業所を営業本部に
○2005年3月 取締役社長に石井英邦 就任
○2014年3月 創業60周年

連絡先

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-5-5 ユニゾ岩本町三丁目ビル
03-3866-6780
掲載開始:2017/03/01

増成織ネーム株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

増成織ネーム株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)