北海道内田鍛工株式会社
ホッカイドウウチダタンコウ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
金属製品
建設/設備・設備工事関連/建材・エクステリア/その他製造
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

◆北海道内で数少ない、金属製品のワンストップメーカー◆
電力・通信・交通といった日常生活に欠かせないインフラに
使用される製品を、40年以上にわたって提供しています。
設計から機械加工、溶接、めっきまで
自社で一貫して手がけることによる
確かな品質とワンストップの利便性がお客様に評価され、
新たな分野の製品の依頼も。
最近では太陽光発電パネルの架台や
北海道新幹線関連の製品なども手がけています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

社会インフラに欠かせない金属製品の、道内では希少なメーカー。

電線の保持に必要な電柱の配電用金物や、メガソーラーの太陽光発電パネル用架台など、暮らしや社会活動を支えるインフラ向け金属製品を手がけています。これらは、鋼材をプレス等で加工後、屋外での長年の使用に耐える溶融亜鉛めっきを施しつくられますが、大小様々な製品の設計からプレス、溶接、めっき加工まで一貫してできるのは道内には当社だけと言っていいほど。お客様と密に打合せをし、納期や輸送コストも抑えられること、寒冷地の特性をよく理解した設計ができることが、高く支持されています。安定的に取替ニーズのある電力会社向けのほか、最近では北海道新幹線関連の製品も。長年の技術で新しい製品に挑戦し、ニーズに応えています。

待遇・制度

社会人として、技術者として。両面から自分を磨こう。

安心して社会人としてのスタートを切り、仕事面だけでなく人間的にも成長していけるような教育研修制度を用意しています。新入社員研修に始まる入社1~3年目の研修は、三重県・佐賀県にあるグループ会社の同期と合同で行います。会社を超えた同期とのつながりを築きながら、社会人生活でぶつかる壁に対処し意欲的に仕事に取り組めるよう、育成計画に沿って研修を行います。その後も、国家資格への挑戦のほか、ビジネスリーダーとしての経営スキルを学ぶスクール受講の機会もあり、30代の技術者も通っています。一人ひとりがレベルアップし全員でお客様の期待に応えていくため、会社の内外で学び自分を高めてください。<取締役総務部長 片岡浩>

社風・風土

「こんな製品、初めて!」に、いくつもチャレンジできる。

道内で希少な存在である当社には、さまざまな製品の依頼が寄せられます。特定の分野に固執せず、私たちの技術で可能な限り応えるのが当社の方針。だから技術者は、いろいろな製品に挑戦する機会があります。あるベテランが過去に携わった例は、配電用金物のほか通信鉄塔、フェンス、鉄骨、駐車場、冷却塔、プラント設備、等々。場合によってはお客様との打合せから設計、製図、現場立ち合い、補修作業まで携わります。また社内には成形から溶接、めっきと各分野のプロがいるため、彼らと相談して他社にできない製品も実現できます。たとえ失敗しても、できるだけのことをやり切って、次の自信につながればいい。それが私たちの考え方です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【技術職】設計、生産管理、製造技術(プレス、金型、めっき、溶接ほか)など
【営業・事務職】技術営業、総務
※技術職はいずれも、お客様の依頼に応じて、より高品質な製品づくりの方法を考える仕事です。
※「生産管理」や「技術営業」も、ときには自分で図面を描き工場に指示したり、設置現場に足を運ぶことがあります。職種は分かれていますが、自分が担当した製品に一貫して携われる充実感が味わえます。

会社データ

事業内容 プレス・溶接・めっき技術を活かした金属製品の設計・製造

<主な製品>
配電用装柱用品/電柱に取り付けられる金属部品
太陽電池モジュール架台/太陽光発電を行うモジュールを支える台
鉄柵・フェンス/侵入者を防ぐ柵
防雪柵・飛雪防止柵/道路の積雪や落雪を防ぐ鉄柵
信号柱/信号灯器を取り付ける鉄柱
高欄・歩道柵/道路の安全防護柵
検査保守通路/新幹線線路を保守するための鋼製足場
通信鉄塔/携帯電話の基地局のアンテナの支持鉄塔
自走式駐車場・・・など
私たちの生活に密着した金属製品を作っています。

※設計からプレス・溶接、めっき、組立まで一貫して行う、北海道では数少ないメーカーです。
※主要製品である配電用金物は、電気の安定供給のため、20~30年で定期的に取替が行われるもの。多少の増減はあっても、安定的なニーズがあります。
※自然エネルギーへの関心が高まっているのに伴い、メガソーラー向け太陽光発電パネル用架台の受注も増えています。
※北海道新幹線のレール補修・橋げた検査のための足場や手すりも手がけています。
※上記に加え、当社の技術が活かせる新たなマーケットへの進出も狙っていきます。
設立 1975(昭和50)年11月18日
資本金 9800万円
従業員数 71名(2017年1月現在)
売上高 13億4841万円(2016年5月期)
代表者 代表取締役社長 内田圭士郎
事業所 本社・工場/北海道夕張郡栗山町字旭台23-81
関連会社 内田鍛工(株)/三重県四日市市黄金町58
九州内田鍛工(株)/佐賀県伊万里市黒川町黒塩字分崎2098-1
三貴(株)/三重県四日市市広永町1242-2
主要取引先 北海道電力、北海電気工事 、北弘電社、エムエム建材、JFE建材、日鉄住金建材、信号電材他 (順不同、敬称略)
※長いお付き合いのお客様がほとんど。そして、時代の変化に対応して、新しい分野の製品に果敢にチャレンジ!たとえ一つの分野が落ち込んでも、新製品や違う分野の製品の伸びでカバーしてきました(最近では、太陽電池モジュールの架台が大きく伸びています)。それが日本経済全体が落ち込むような不景気の影響をあまり受けず、安定した業績を続けられる理由の一つです。
新しい分野にも挑戦していきます。 配電用装柱用品の製造から始まって、防雪柵、自走式駐車場、携帯電話用の通信鉄塔など、時代の変化に合わせて製品の幅を広げてきました。最近では太陽電池モジュールの架台や北海道新幹線関連の製品が大きく伸びています。これからも、時代の変化に合わせて、新しい製品を生み出していきたいと考えています。
その分野が必ずしも「鉄」でなくてもいいと考えています。もちろん、長年貯えてきたプレス、溶接などの技術を応用できる製品の開発にも力を入れていきますが、まったく新しい分野でもいいと思います。そのためにも、若いみなさんの柔軟な発想に期待しています。
社員を幸せにするという経営目標 「社員にいい暮らしをしてもらい、幸せになって欲しい」それが当社の考え方。「いい暮らし」とは、収入面だけではありません。「残業を減らし、週の半分は家族揃って夕食を食べられるようにしたい」とも考えています。また社員から「こうしたいんです」と意見を自由に言える風土があります。そんな家族的な雰囲気が社員の一体感につながり、みんながイキイキと働いている理由にもなっています。
生活に欠かせないUTK製品 当社の製品は私たちの生活を支える身近な場所で使われています。もし当社の製品が無かったら、家庭に電気を送れない、携帯電話が使えない…なんてことになるかも。社長が遊園地に行った時に何気なく見た木を支える金具に「UTK」のロゴが刻まれていて驚いたこともあるとか。これからも私たちは生活に密着した世の中に欠かせない製品づくりに取り組んでいきます。

連絡先

〒069-1507 北海道夕張郡栗山町字旭台23-81
採用担当/総務課 
■TEL 0123‐72‐2411
■E-mail hokkaido@utk.co.jp
【URL:】http://www.utk-hokkaido.jp
掲載開始:2017/03/01

北海道内田鍛工株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

北海道内田鍛工株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)