社会福祉法人十愛療育会
ジュウアイリョウイクカイ

社会福祉法人十愛療育会

障害者・障害児生活支援/施設入所・通所支援/介護福祉サービス
  • 正社員
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関
本社
神奈川
残り採用予定数
15名(更新日:2017/09/22)

私たちはこんな事業をしています

社会福祉法人十愛療育会は1987年に重症心身障害者施設「横浜療育園」(現在の「横浜療育医療センター」)を運営する法人として設立。現在は、障害医療・福祉サービスの提供や保育施設の運営など、地域に密着した事業を行っています。私たちは横浜市における障害医療・福祉の中核となるように専門性を高め、その持てる機能を広く地域に提供し、障害児者やそのご家族が安心で快適な生活を送れるよう支援しています。

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

【2017年5月第2期オープン】多様な職種と連携し新たな挑戦を

生活支援員という仕事は医師の指示や看護計画を主とした時にそのサポートを担う役割でもありますが、今回オープンする新施設では、生活支援員が考えて計画した個別支援計画と、看護師が提案する看護計画を統一して、健康を考えるだけでなく、健康を維持しながら生活を充実させ、楽しく過ごすためのコーディネイトをします!新施設では、ご利用者により良い居住環境を提供していくために、生活支援員、医師、看護師、リハビリスタッフ以外に、栄養士、レントゲン技師、薬剤師、事務職員など多職種スタッフが勤務予定。各職種が専門性を活かし、協働して支援していくことでよりクオリティの高い生活をご利用者にお届けいたします。

社風・風土

充実した制度と成長できる環境!!

思ったことをなんでも話すことができ、それを受け止めてくれる、とても暖かい雰囲気に包まれた職場です。ご利用者に笑顔で過ごしてもらうために、普段からスタッフはいろんなことを相談し、時には上司に提案しながら、みんなで協力して仕事をしています。研修や勉強の環境もとても充実しており、新人研修ではドクター・看護師から支援に必要な医療の基礎を教わったり、センターや他施設の事例報告会等でも継続的に勉強する環境が整っています。経験と勉強を積み重ねてプロとしての自覚を育てていって下さい。プロとしての判断を求められ、それに的確に対応できること、そしてなによりもご利用者との関わり合いが成長の秘訣です。

企業理念

一人ひとりを大切にし、それぞれが望む人生のサポートを。

私達は、「ここに来たい、ここで暮らしたい」と選ばれる環境を目指し、一人ひとりが望む人生を大切にサポートしています。すべてのスタッフが「ご利用者は何に困っているのか?それに対して何ができるのか?そうすればご利用者の生活において何が変わるのか?」を絶えず真剣に考えています。不満足な現状を改善して、ご利用者のことを第一に考えて尽くすことは大原則。地域に密着した「医療」「福祉」「保育」の3つの事業で、ご利用者やそのご家族など、一人ひとりの生活の質が向上するようサポートしています。横浜市における障害医療・福祉の中核的な存在である使命感をもって、これからもより良い支援を続けていきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【2017年5月第2期オープン!】
みなさんには生活支援員として、主に重症心身障害児者を対象とした入所支援・短期入所支援、通所支援を行っていただきます。具体的には、食事や入浴、排せつなどのお手伝いはもちろん、医療職(医師や看護師など)と協力して、運動機能等の低下防止のための訓練を行なったり、地域交流やレクレーション、イベントなどの企画・運営も行います。

会社データ

事業内容 ■横浜医療福祉センター港南
長期入所事業(医療型障害児入所事業、療養介護事業)
短期入所事業
外来診療(神経小児科、神経内科、耳鼻咽喉科、整形外科、歯科、精神科(学童思春期)、リハビリテーション科、その他特殊外来(摂食嚥下外来、脳性麻痺のボツリヌス治療外来、てんかん外来)
相談支援事業
*個別性・自立性を大切にする入所生活を目ざし、国内初の本格的ユニットケアと、潤沢な日中活動を行います。
*重症化・高齢化への対応には、様々な先駆的かつ苦痛のできるだけ少ない医療ケアを整え、どんなに重い障害があっても、ご本人とご家族が望む暮らしを実現します。
*地域社会の中で協力しながら生活できるよう、地域社会との交流を大切にし、「医療に支えられた、うるおい豊かな生活の場」を創ります。

■横浜療育医療センター
外来診療(神経小児科、神経内科、耳鼻咽喉科、障害歯科、リハビリテーション科、整形外科、遺伝相談)
*十愛療育会の基本理念に基づいて、小児期発症の神経疾患を対象に、小児期から成人期までの生涯一貫した専門医療を提供します。
特に重症心身障害児者に対する障害医療・福祉サービスでは、横浜市の中核となることをめざし、家族全員がより安心で快適な日常生活を送れるよう心から支援します。

■地域療育センターあおば
外来診療(小児科・児童精神科・発達精神科・リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、補装具クリニック、摂食クリニック)
児童発達支援と医療型児童発達支援の通園施設
相談事業(障害児相談支援、計画相談、保育所等訪問支援、健診での療育相談)
*子どもたちのいま「あるがまま」を認め寄り添い、さらにより良く生きるための関わりを育てていきます。
*子どもたちが地域の文化に歩み寄ることを援助し、地域社会も少数派である子どもたちに歩み寄ることを支援します。
*子どもたちと家族や地域の人々の笑顔を大切に、笑顔で支援していきます。

■たっちほどがや
生活介護事業
短期入所事業
入所支援事業
*重い障害をもつ方々の入所、短期入所、通所等の活動を通じて、その人らしく明るくのびのびと生活できるように支援を行います。安心と笑顔があふれる施設であるよう、職員一同心を合わせて取り組んでいます。

■ヘルパーステーション まいはーと
居宅介護事業(身体介護、家事援助、通院等介助)
移動支援サービス
*「どんなに重い障害があってもご依頼に応えたい」をモットーとしています。

■訪問看護ステーション えーる
*病気や障害のある方が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしい生活が過ごせるよう、エール
(Yell)を送り続け、大きい輪で包み込むような思いを持って支えていきます。
また、医師や関係機関と連携して生活をサポートします。

■病児保育室あさひ
生後6ヶ月から小学校3年生までの病気時の預かり
*保育士と医師、看護師が協力し、お子様の病気回復のお手伝いをします。

■保育室ひかり
横浜市保育室
*一人ひとりの思いに寄り添い、共感しあい信頼関係を築いていきます。
*いろいろな経験をする中で感性豊かな子になるように見守ります。
*保護者との連携を十分にとり、子どもの成長を共に喜び合います。
設立 1987年
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員数 620名(2016年8月現在)
売上高 31億6,000万円(2016年3月)
代表者 理事長 岸本 孝男
事業所 ■横浜医療福祉センター港南
神奈川県横浜市港南区港南台4-6-20
■横浜療育医療センター
神奈川県横浜市旭区市沢町557-2
■地域療育センターあおば
神奈川県横浜市青葉区黒須田34-1
■たっちほどがや
神奈川県横浜市保土ヶ谷区仏向町1600-2
■ヘルパーステーション まいはーと
神奈川県横浜市旭区市沢町557-2 横浜療育医療センター
■訪問看護ステーション えーる
神奈川県横浜市旭区市沢町557-2 横浜療育医療センター内
■保育室ひかり
神奈川県横浜市旭区市沢町557-2 横浜療育医療センター内
■病児保育室あさひ
神奈川県横浜市旭区市沢町557-2

連絡先

〒234-0054
神奈川県横浜市港南区港南台四丁目6-20
TEL:045-830-5758 
社会福祉法人 十愛療育会 採用担当
掲載開始:2017/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
笑顔を増やすプロの仕事

社会福祉法人十愛療育会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人十愛療育会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)