帯広市川西農業協同組合
オビヒロシカワニシノウギョウキョウドウクミアイ

帯広市川西農業協同組合

JA帯広かわにし
  • OpenES
  • 正社員
業種
団体・連合会
農林/その他金融/共済
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

「日本の食料生産基地」と呼ばれる北海道・十勝平野の中心都市である帯広市の農業と地域の方々、そして豊かな自然環境づくりに貢献する多様な事業を行っています。

■信用事業(JAバンク)
  各種貯金やローンの取扱い
■共済事業(JA共済)
  生命共済などの取扱い
■購買事業
  共同仕入による農業生産資材等の供給
■販売事業
  地域農畜産物の販売
■営農振興事業
  農業経営の相談、生活改善活動

当社の魅力はここ!!

企業理念

農業の発展とともに安らぎと住みよい環境づくりに精励しています

私たち帯広市川西農業協同組合(JA帯広かわにし)は平成15年4月1日、帯広川西農協と帯広市農協の合併により設立されました。当組合では、生産者と一体になり鋭意研鑽しながら、安全で安心していただける農畜産物の生産を推進し、同時に地域の豊かな生活と安定した経済を築くために努力しています。農業は、単に食料を供給するという役割だけでなく、自然環境の保全、良好な景観の形成など人々の安らぎと住みよい環境を創造していく多面的な機能を有しています。このため、未来の農業を展望しながら、食料基地・十勝の発展と、地域の方々に愛され、共生できる農業・農村づくりを目指し、一層の精励を続けているところです。

戦略・ビジョン

組合員と一体になり、国際競争力のある農業を目指しています

十勝地域は小麦・馬鈴薯・甜菜・豆類を基幹作物とした一大畑作地帯でしたが、豊作等による価格の低迷が続いていました。そこで、この逆境を克服するために「長いも」に着目、現在では十勝管内8JAの広域連携による周年供給体制を構築し、台湾、シンガポール、アメリカなどに輸出する作物へと成長しています。また、長いも選果工場・豆類選別工場は国際規格であるHACCP認証を取得し、安心・安全のを追求。農業にも国際競争力が求められるなか、組合員とJAが課題を共有し、一体となって目標に向かう取り組みとして国内外から高く評価されています。組合員の営農と生活、そして私たち自身のさらなる健全化を目指し、各事業に取り組んでいます。

事業・商品の特徴

大規模機械化農業の先進地であり、酪農も盛んな地域です

北海道東部・十勝平野のほぼ中央に位置する帯広市。面積約618キロ平方メートル、人口約17万人で、十勝の農林業の集散流通都市として発展してきました。市域南部には畑作地帯が続き、広田園地帯を形成。農耕地は約1万2690ha、農家1戸当たりの平均農耕地面積は23.6ha、専業農家では30.3haを超える大規模機械化農業の先進地域です。作物は小麦・豆類・甜菜・馬鈴薯を基幹に、長いも・スイートコーン・アスパラガス・ごぼう・百合根・長ねぎなど青果物も多いほか、1戸平均101頭を飼養する乳牛など酪農も盛んで、生乳生産量は年間約2万8300tにのぼります。JAでは金融から営農指導まで幅広く行うとともに東京にも支店を設けて全国を飛び回っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

農業経営者の育成・経営基盤の強化、安定生産に向けた指導、農業資機材の供給、生産物の流通など組合員を支援する事業から、広く地元の方々の利便性や豊かな暮らしに貢献する、様々な事業を通して地域に貢献する仕事です。

【総合職】
信用部・共済部・農産部・青果部・畜産部・購買部・農機燃自部・営農振興部・管理部・監査室の9部1室体制の、いずれかの業務を担当します。一人一人の活躍が川西農業の活力となる仕事です。

会社データ

事業内容 信用事業(JAバンク)
共済事業(JA共済)
購買事業
販売事業
営農振興事業 ほか
設立 平成15年4月1日

※帯広川西農協と帯広市農協の合併により設立
資本金 出資金 22億7,100万円(平成28年3月末現在)
従業員数 206名(平成29年2月末現在)

※パート従業員含む
売上高 ■信用事業 貯金残高:909億1,100万円 貸出金残高:129億8,000万円
■共済事業 長期共済総保有高:1,796億300万円
■販売事業 農畜産品取扱高:234億6,300万円
■購買事業 肥料等取扱高:112億9,100万円
(平成27年度実績)
代表者 代表理事組合長 有塚 利宣
事業所 ■本店

北海道帯広市川西町西2線61番地の1

■支店・事業所

・帯広中央支店 (帯広市西5条南9丁目1番地1)
・稲田支店 (帯広市西2条南34丁目23番地)
・大空支店 (帯広市大空町12丁目2番地3)
・みなみ野支店 (帯広市南の森西1丁目1番地1)
・西帯広支店 (帯広市西23条南2丁目1番地10)
・清川支店 (帯広市清川町西2線128番地)
・広野支店 (帯広市広野町西2線152番地)
・東京支店 (東京都千代田区神田小川町3丁目28番地の7)
・西帯広事業所 (帯広市西22条南1丁目6番地)
・青果部 (帯広市別府町南18線32番地)

組合員数 1万1,526名(平成28年3月末現在)
認証 青果部(長いも洗浄選別施設)および西帯広事業所(豆類小袋計量包装施設)において、食品衛生管理の国際規格「HACCP」の認証を取得
地域の主な農産品 長いも、豆類(小豆・大正金時・大豆・光黒大豆ほか)、馬鈴薯、長ねぎ、スイートコーン、グリーンアスパラガス など

連絡先

〒089-1198 帯広市川西町西2線61番地の1
TEL 0155-59-2111
担当:管理部 管理課
http://www.jaobihirokawanisi.jp/
掲載開始:2017/03/01

帯広市川西農業協同組合に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

帯広市川西農業協同組合に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)