モリマシナリー株式会社
モリマシナリー

モリマシナリー株式会社

機械設計/電気・電子技術/熱処理技術/精密加工技術
  • 正社員
業種
精密機器
機械/プラント・エンジニアリング/自動車/金属製品
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

【数多くの業界トップクラス製品!】
機械設計、電気・電子技術、熱処理技術、精密加工技術の4つのコア技術を駆使し、産業用精密機械の開発・設計・製造・販売をオーダーメイドで行うメーカーです。取引先は、国内外の自動車、鉄鋼、鋼管、医薬品、工作機械、住宅など多様な産業界のメーカーです。系列に属さず、自社技術を基盤に岡山でモノづくりをし、世界の様々な分野の生産を支援する精密機械メーカーです。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

世界オンリーワンの製品を開発する

オーダーメイドの製品を世界へ供給する精密機械メーカーの当社。唯一無二、そう呼ばれる製品を世に送り出すこと、それがモリマシナリーのこだわりです。自社技術に絶対の自信を持ち、岡山を拠点に世界へ事業展開し躍進を続けています。誰にもマネのできない技術を開発する。その基盤は、木で言えば幹となるコア(核)技術。当社は機械設計、電気・電子技術、熱処理技術、精密加工技術の4つのコア技術を追求し、世界先端産業を支援しています。この確固たる技術を伸ばし続けていくことで、さらに求められる新しい製品・優れた製品をつくりだしていきたい。私たちの挑戦はやむことはありません。

事業優位性

すでに当社は「業界トップクラス」が数多くあります。

「開発なくして成長なし」常に新しいもの、オンリーワンの製品づくりにこだわり続ける。こうした姿勢、数多くのオンリーワン製品が現在、日本だけでなく世界各国から高い評価を戴いています。極細管造管設備、熱交換機器用造管設備、大型ATC(自動工具交換装置)の納入実績、内面溝付銅管製造設備、製薬用金型パンチ・ダイなど、業界No.1の製品はいくつもあります(自社調べ)。オンリーワンにこだわり続ける技術があるからこそ、最高のクオリティの実現・自社技術への自信がうまれます。コア(核)技術を磨き続け、新商品、新技術の開発にも積極的に挑戦しています。今後、新規事業計画もあり、開発型メーカーとして躍進を続けていきます。

社風・風土

拠点を越えたネットワークで生まれる新製品

当社は金属・非鉄金属・精密・化学分野を主体とする世界の製造メーカーから、技術パートナーとしての信頼を戴いています。私たちは4つのコア技術を駆使した6つの事業グループを擁し、その広い事業内容から各世界のトップ企業との交流・多角的な情報網の構築により、そのネットワークの強さも魅力です。各事業所・拠点の枠を超えた交流を大切にしています。ひとり一人の独創性とあらゆるネットワークを右腕に、常に新しい製品づくりに共に挑みましょう。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆募集職種◆

機械設計/機械技術・加工/電機技術
技術営業

*職種別の仕事内容の詳細は、下記の職種内容をご参考になさってください。

会社データ

事業内容 国内外の自動車、鉄鋼、鋼管、工作機械、医薬品、重工など様々な産業分野のメーカー向け機械の開発・設計・製造・販売

【事業分野】
(1)成形機事業部
(2)成形ロール事業部
(3)ATC部
(4)化学装置部
(5)環境部
(6)プレス事業部
→成形ロール事業部、プレス事業部では国際品質保証規格のISO9001を取得。世界品質が認められています。
創業 1948年3月

森鉄工所を個人創業。
鉱山用鉱車、煉瓦用金型の生産を開始。
ここからモリマシナリーの歴史が始まりました。
設立 1953年4月
資本金 2000万円
代表者 代表取締役 森 郁夫
従業員数 400名 (男性360名 女性40名)
主要製品 (1)注射針から自動車のマフラー、建材用パイプ、
 サッシまで、管や形鋼を製造する金属用ロール成形機プラント

(2)断面形状1万2000種類以上の実績を誇る金属成形用ロール金型

(3)工作機械用自動工具交換装置(ATC)、自動パレット交換装置(APC)

(4)製薬用打錠機(タブレットプレス)、製薬用金型パンチ・ダイ

(5)燃料ペレット製造用金型リングダイ

(6)自動車用のエンジンマウント金具や駆動軸マウント金具など


※当社製造の機械や商品は
  市場トップクラスのシェアを誇るものがいくつもあります。
事業所 本社/赤磐市

工場/本社・岡山・美作

営業所/東京・名古屋・大阪
売上高 97億円(2016年3月期)
82億円(2015年3月期)
77億円(2014年3月期)
主要取引先 国内はもちろん、海外でも多くの取引実績があります


●成形機・成形ロール事業部
国内 /岡島パイプ製作所、カルソニックカンセイ、川崎鋼管、ケーヒン・サーマル・テクノロジー、神戸製鋼所、三桜工業、三五、新日鐵住金、ティラド、デンソー、日鐵住金建材、日新鋼管、日新製鋼、日新総合建材、日鉄住金鋼管、パナソニック電工、古河電気工業、丸一鋼管、三菱伸銅、矢崎化工、UACJ銅管
輸出国/アメリカ、インド、ウズベキスタン、オーストラリア、韓国、シンガポール、スロバキア、タイ、台湾、中国、ドイツ、マレーシア、メキシコ、ロシア


●ATC部
国内 /エンシュウ、オークマ、兼松KGK、桜井製作所、ジェイテクト、シナジー、新日本工機、ダイドー、タケダ機械、東芝機械、ニイガタマシンテクノ、日本精機商会、野村貿易、不二精機製造所、ホンマ・マシナリー、松浦機械製作所、三井精機工業、安田工業、山崎技研、ヤマザキマザック、山善
輸出国/アメリカ、台湾、中国


●化学装置部
国内 /アステラス製薬、エーザイ、エスエス製薬、大塚製薬、興和、沢井製薬、第一三共、大鵬薬品工業、武田薬品工業、田辺三菱製薬工場、東和薬品、ファンケル美健、ロート製薬
職種内容 【機械設計職】
CADを使用して図面を描くのが【設計】と思われがちですが、開発項目やお客様のご要望を限られた条件で実現することが設計職の主な業務です。特に最近は機構・構造が満たせるだけでは終りません。使い勝手やメンテナンス・清掃のしやすさ等を考慮し、更に低コストとする必要があります。出来上がった機械は設計担当者によって、色々な個性が出てきますが、
いかに高い次元でまとめあげれるかが設計者としての腕の見せ所です。


【機械技術・加工職】
機械技術・加工職は、部品を用途に合った工作機械を使って図面通りに製作します。良品を製作するには、図面が理解でき、加工する為の順番(工程)を正しく考えられることが重要です。完了後は、部品の出来栄えも判定できなければならない為、測定もします。機械技術・加工は、工作機械を扱うだけでなく、材料知識を有し、加工する為の最適な工具選定や、加工を補助する為の治具も考えて加工しなければなりません。図面通りに部品を完成させる為には、いろいろな知識と技能を必要とします。


【機械組立職】
お客様が求める製品を、組立設計図面をもとに、各パーツを組み上げ、ラインアップし、空圧配管や油圧配管を施します。機械の姿に組み上げた後には、動作確認、試運転調整して、
納品、据付を行います。お客様のニーズは多種多様の為、単純な流れ作業の組立はありません。設計図面の通りに組み立てるだけではなく、より良い製品を作る為、設計技術者、営業技術者と共に、打ち合わせを重ね、常に改善、考案をしていく仕事です。


【生産技術職】
我社における生産技術職最大の目的は、社内の資源(4M)
【人:Man、物:Material、設備:Machine、方法:Method】を使って、如何に効率よく『モノづくり』を行うかです。その為に、自社の設備導入から設備保全、社内各部門からの依頼業務への対応。改善(原価低減)活動事務局、会社プロジェクト対応。自働化設備の製作対応や、社内環境整備まで、広く知識と経験を求められる(と言うことは経験を積める)職種です。


【電機技術職】
電機部という全社の電機関連業務を統括する組織の中で、主に装置の制御設計(ハード・ソフト)→制御盤製作→機内電装工事→試運転調整→現地据付けなどの一連の電機業務に従事します。各部門の製品製作対応はもとより、近年の高付加価値かつ低価格な製品への相反する要求に対応するため、新技術導入や作業の標準化や改善などのプロジェクトにも積極的に参加しています。制御に関する業務は僅かな不備でも影響が大きいため細かなチェックを要する重要な仕事ですが、機械に関する総合的な知識も身に付く職種です。


【技術営業職】
当社の営業部門は本社・東京・大阪・名古屋の4拠点体制で、海外を含めた各国・各地域のお客様のもとへ、訪問しています。私たちが常に心掛けていることは「提案型営業」というスタイルです。お客様のご要望を技術・製造部門にただ単に伝えるのではなく、例えば「こうすれば、もっと使い易くて生産性も向上しますよ」とお伝えします。当社がこれまでに培ってきた豊富な技術とノウハウをもとに、営業・技術・製造部門が密に連携して、お客様に最高の商品をお届けすることで
社会貢献できることが大きな喜びとなります。


【一般事務】
各部門において技術、設計、営業、製造、発注など様々な業務をサポートします。社内外からの連絡や依頼を担当に伝える。パソコンによる文書作成。生産コストの集計、帳票類の作成、出図、在庫管理など幅広く担当します。電話、接客対応等も大切な仕事です。
事業部案内 【成形機事業部】~世界品質に徹する~
地球環境を意識したグローバルな視点で展開するより高度な技術力と新製品の開発。
高いクオリティを誇る製品をつくるためには、その製品に最適なロール成形を基本に、
最適な性能をもつロール成形機が求められます。モリマシナリーの成形機事業部は、冷間ロール成形機の設計・製作はもとより、成形ロールや電気制御装置の設計・製作から実生産の製造ノウハウの指導にいたるまで、ユーザーニーズを高次元で満たす独自の成形機メーカーです。さらに、数十年にわたる実績によって培われた成形ロール技術、溶接技術、たゆまない技術開発から生まれた各種造管機、ロール成形機の供給を通して、省資源、省エネに大きく貢献。人類全体のテーマである地球環境の保全を念頭に据えた最先端技術と新製品の開発に取り組むとともに、時代のニーズを的確に据えた企画力で世界市場へのさらなる躍進を目指します。


【成形ロール事業部】~コア技術を究める~
1957年(昭和32年)成形ロールの設計、製作を開始以来、モリマシナリーの断面経験数は業界一を誇っています(自社調べ)。成形機とともにパイプや形鋼づくりに欠かせないのが成形ロールです。モリマシナリーの成形ロールづくりはまず基本を忠実に守ることです。お客様の望まれるところを知り、豊富な経験と実績を活かして確実にそれにお応えします。注射針から自動車マフラー、ドアサッシュ、配管用パイプ、さらには建築部材、ラヂエーターチューブなど、モリマシナリーの成形ロールから生まれる各種製品は、社会のあらゆる場面で高い評価を得ています。2004年5月にはISO9001を取得し、品質体制をより強固にしました。


【ATC部】~先端産業を支援する~
近年におけるFA化の波は目を見張るものがあり、機械技術・加工の分野でも従来の少品種大量生産から多品種少量生産へのフレキシブルな対応が求められています。こうしたFMS(フレキシブル生産システム)における工作機械の周辺装置として活躍しているのが、モリマシナリーの省力機械です。工作機械用ATC(自動工具交換装置)、APC(自動パレット交換装置)、ともにモリマシナリーが長年培ってきたNCレトロフィット技術が活かされています。確実性、スピード、コスト、デザインなど、ユーザーのニーズを高次元で満たすことができるよう、豊富な実績を応用して各ユニットパーツの標準化も進めています。


【化学装置部】~理想値に挑む~
近年、医薬品や食品、化学品等の分野において、衛生管理や自然環境への影響が大きくクローズアップされ、法的規制がより厳しくなりつつあります。さらに、製造設備に対する要求も高まり、
あらゆる角度から機能の向上が望まれています。化学装置部では、このような時代性を背景に
クライアント企業と一体となった製品開発を展開。永きに渡り培った機械・電機設計、精密加工、
非鉄金属加工、熱処理技術等の先端技術を集約した化学装置の数々は、業界ナンバーワンの性能と品質を誇っています。また、装置単体を提供するだけではなく、装置の連携によってクライアント企業の生産スタイルに最適なラインの構築を提案しています。将来は、医薬品製造ラインをはじめプラントエンジニアリングを極め、業界トップクラスの企業として社会や時代のニーズを捉えた各種打錠機並びに周辺装置の開発に挑み、新たなる市場の開拓を目指します。


【環境部】~環境を守る~
森林資源のリサイクル構想の中で必要な造粒機等の燃料ペレット製造用金型リングダイの供給を行い、循環型社会の発展に貢献します。


【プレス事業部】~独創性を貫く~
自動車用防振金具の専門工場として昭和40年開設以来、自動車の高性能化ニーズに応えてきました。特にエンジンマウント・ストラットマウント・サスペンションリンクなどの高機能金具を金型・溶接専用機の設計からプレス溶接加工まで一貫生産することにより、業界内でも卓越した技術力を誇っています。2004年9月には、ISO9001を取得し、品質体制をより強固にしました。今後は、豊かな実績により培われたプレス技術・溶接技術をもとに、自動車部品を主体としながら、新たな分野へ積極的にチャレンジし続けます。
おかやま子育て応援宣言企業 社員の家庭と仕事の両立を支援するため、社員の意見により育児短時間勤務の期間を延長できるよう制度化しました。2015年12月、県の「おかやま子育て応援宣言企業」にも登録されました。
経営理念 私たちは、家族的経営と変革経営で、輝き続ける中堅企業を目指します。輝き続ける中堅企業とは、

(1)一生懸命に心(魂)を込めたモノづくりで、業界オンリーワンの製品、事業をつくり出し、お客様に感動を与え、社会に貢献する会社

(2)お客様第一主義で、お客様のニーズに正確かつ迅速に対応できる会社

(3)全社員が自分の使命を自覚し、その使命に基づいて大きな夢を持ち、その夢を実現するために絶え間ない努力をし続ける会社

(4)全社員の物心両面の幸福を追求する会社

(5)利益をしっかり出せる会社



「家族的経営」には信頼関係、日々の喜怒哀楽を共有できる。という意味合いがあります。一体になって同じ方向を見ていける、そんな関係が理想だと当社は考えています。


社員一人ひとりが生きがいを持って働いているか?ということも、非常に重視しています。年に一度、社員に向けて無記名の満足度調査をおこない、代表取締役の森がすべての回答に目を通し対応しています。社員がイキイキと働くことができる職場環境の整備を今後も進めてまいります。

連絡先

〒701-2434 岡山県赤磐市仁堀東1383
(電話) 086-958-2352
総務部/植田
http://www.mori-machinery.co.jp/
掲載開始:2017/03/01

モリマシナリー株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

モリマシナリー株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)