岩塚製菓株式会社
イワツカセイカ

岩塚製菓株式会社

米菓の製造並びに販売 【東京証券取引所JASDAQ上場】
  • 株式公開
  • 正社員
業種
食品
その他専門店・小売/芸能・芸術
本社
新潟

私たちはこんな事業をしています

【全商品 国産米100%使用 「お米」の美味しさを創造する】

岩塚製菓は、原料へのこだわり、優れた加工技術によって、安全・安心でおいしい米菓をお客様にお届けしています。

日本の伝統ある食文化を世界に広め、人々に喜びと豊かさを提供することを使命と考え、
「お米」を原料とした主要製品を通して、「お米」のおいしさ創造企業を目指しています!

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「米・技・心」。多様化するお客様にニーズに応える商品を!

2017年に創業70年を迎える岩塚製菓。私たちは、「お米のおいしさ創造企業」を目指し、チャレンジし続けています。キーワードは、「その商品を生み出す良質なお米」「その商品を創り出す技術」「商品を召し上がるお客様の心」。すなわち、「米・技・心」です。この「米・技・心」を具現化するために、岩塚製菓では、良質な国産米の安定的な調達の仕組みを確立。自社の研究開発機関であるR&D・Mセンターで技術開発・商品開発を重ね、多様化するお客様にニーズに応える「安全・安心」で「ご満足いただける商品」を提供し続けています。

事業優位性

全商品「国産米100%使用」。原料にこだわり、おいしさを追求!

「おいしい米菓」とは、生地のおいしさと、その生地に合う味付けから生まれます。まずは、生地のおいしさの元となる「お米」です。岩塚製菓では、「生地のおいしさ」にこだわり、原料である「お米のおいしさ」を追求してきました。そして、行き着いたのが、全商品「国産米」100%。一口に国産米といっても、様々な種類があります。岩塚製菓では、良質なでんぷんを豊富に含む「飯米」を使用し、お米本来の風味を損なわないために熱を加えすぎないよう機械を冷やしながら製粉。製粉されたお米は劣化を避けるために作り置きすることなく、商品へと加工しています。この一連の“こだわり”が「岩塚ブランド=最高品質」と呼ばれる所以です。

戦略・ビジョン

お米のおいしさを世界へ。世界で注目されるIWATSUKA!

企業間競争がグローバルになっている現代、岩塚製菓も日本の伝統ある食文化を世界中に発信しています。それは米菓のPRに留まらず、確かな製造技術や品質管理システムなど、岩塚製菓の総合力を外国の企業へ積極的に供与するなど、お米のおいしさをトータルに広め続けています。その根幹となるのが、中国・上海に拠点を置き、中国各地に工場を稼動させる企業である旺旺企業集団(ワンワングループ)との技術提携です。人間が生きていくうえで欠かせない「食」の分野で協力できることは、日本の食文化を世界に広める機会でもあります。これからも私たちが独自に培った技術で社会的に、そして世界に貢献していきたいと考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

~ 一緒に日本の伝統ある食文化を世界に広め
  人々に喜びと豊かさを作り上げていきましょう ~

【職種】
1.営業職/ルートセールス(全国主要小売業への米菓の販売)、営業スタッフ
2.開発職/商品企画、商品開発、品質管理
3.製造職/米菓製造、製造スタッフ(生産管理、物流等)
4.技術職/生産・製造技術

会社データ

事業内容 【事業内容】
米菓の製造並びに販売

<安全・安心>
安全・安心でおいしい米菓をお届けするために、当社では国際規格であるISO22000を全工場で取得し、品質保証部・品質管理課を設置し日々安全のため検査を行っています。


<品質と鮮度>

~「おいしさの原点」を究め続ける私たちのこだわりです~

私たちの「おいしさ」を求める姿勢は、米菓を製造しはじめた当初から現在まで、ずっと変わることなく受け継がれています。
「おいしさ」へのこだわり――それは、ひとことでいうと、「品質・鮮度第一主義」。
いつも品質の高いものを作ってすぐお届けし、さらに品質をより高めるにはどうすればよいかを常に考え実践し続けています。

そして、ついに全商品国産米100%使用を達成。

あらゆる分野で価格競争が行われているなかでも、私たちは姿勢を変えません。
「品質・鮮度第一主義」こそが、お客様のニーズであり、岩塚らしさであり、理念なのです。
この時代に私たちがこの姿勢を守り続けていられるのは、トヨタ生産方式を元に岩塚製菓が研究開発した「IPS方式」による経営を続けているからと言えるでしょう。


これからも岩塚製菓は、「安心」「安全」「新鮮」「おいしい」米菓をお客様へお届けし続けます!


創業・設立 創業:1947年(昭和22年)7月29日
設立:1954年(昭和29年)4月27日
資本金 16億3475万円
従業員数 913名(2015年3月期/単独)
売上高 207億1300万円(2015年3月期/単独)
代表取締役社長 代表取締役社長 槇 春夫
専務取締役   郷 芳夫
株式 東京証券取引所JASDAQ市場上場
事業所 <本社>
〒949-5492
新潟県長岡市浦9750番地

<研究所>
R&D・Mセンター/新潟県長岡市飯塚2958番地

<工場:全国に5カ所>
飯塚工場/新潟県長岡市飯塚2958番地
中沢工場/新潟県長岡市越路中沢1065番地
沢下条工場/新潟県長岡市沢下条丙916番地19
長岡工場/新潟県長岡市南陽1丁目1027番地4
千歳工場/北海道千歳市泉沢1007-117

<支店:全国に11カ所>
広域第一支店/広域第二支店/広域第三支店/北海道支店/東北支店/東京東支店/東京西支店/信越支店/関西支店/中部支店/中国九州支店

<営業所:全国に18カ所>
北海道営業所/盛岡営業所/仙台営業所/松本営業所/新潟営業所/金沢営業所/千葉営業所/東京東第一営業所/東京東第二営業所/東京西第一営業所/東京西第二営業所/大阪第一営業所/大阪第二営業所/大阪第三営業所/名古屋第一営業所/名古屋第二営業所/広島営業所/福岡営業所
子会社・関連会社 <子会社>

株式会社 瑞花
新潟県長岡市越路中沢1066番地
事業内容:高級米菓の販売

株式会社 新潟味のれん本舗
新潟県長岡市南陽1丁目1027番地4
事業内容:米菓の通信販売

株式会社 越後抄
新潟県長岡市南陽1丁目1027番地4
事業内容:法人向けの米菓販売

里山元気ファーム 株式会社
新潟県長岡市南陽1丁目1027番地4
事業内容:農産物、農産加工品の販売

株式会社 田辺菓子舗
新潟県加茂市若宮町1-5-1
事業内容:かりんとうの製造、販売


<関連会社>

旺旺・ジャパン株式会社
東京都台東区上野1丁目20番10号
事業内容:菓子・食品の輸入販売
企業理念 <企業使命>
日本の伝統ある食文化を世界に広め、人々に喜びと豊かさを提供します。

<経営理念>
我々は会社の事業を通じて、社会の人々に喜びと豊かさを提供し、その見返りとして、この事業に携わる者とその関係者の豊かな生活と社会的地位の向上を図り、併せて地域社会の経済的発展に貢献せんとするものである。

<社是>
一、仕事に責任を持とう
一、創意工夫を活かそう
一、総ての無駄を省こう
一、共に憂い共に楽しもう

<経営姿勢>
・品質・鮮度・社員ナンバーワンをめざします。
・IPSの全社展開を経営方針の柱として、より一層経営効率を高めます。
・現地・現物・現実主義に照らして問題の事実を直視し、常に改善を図ります。
・企業価値の向上を目指し、その付加価値の還元に努めます。
岩塚製菓の歩み -------------------------------------------------------------------------------
1947 (昭和22年)
故平石金次郎、故槇 計作が共同で越路町飯塚(現在の長岡市飯塚)において戦後の食料難時代に甘味の提供として、水飴、澱粉、カラメル等の製造を開始。岩塚農産加工場を創立。
-------------------------------------------------------------------------------
1954 (昭和29年)
個人営業より法人組織とし、株式会社岩塚農産加工場とする。
-------------------------------------------------------------------------------
1960 (昭和35年)
岩塚製菓株式会社に社名変更。
-------------------------------------------------------------------------------
1963 (昭和38年)
旧岩塚中学校跡地、及び建造物を取得し、本社工場とする。
-------------------------------------------------------------------------------
1972 (昭和47年)
中沢工場建設。
-------------------------------------------------------------------------------
1980 (昭和55年)
沢下条東工場(現在の沢下条第二工場)建設。
-------------------------------------------------------------------------------
1981 (昭和56年)
沢下条西工場(現在の沢下条第三工場)建設。
-------------------------------------------------------------------------------
1982 (昭和57年)
瑞花長岡店開店。高級米菓贈答品分野に進出。
-------------------------------------------------------------------------------
1985 (昭和60年)
「瑞花本店」を当社100%出資の「(株)瑞花」に改組。
-------------------------------------------------------------------------------
1987 (昭和62年)
NPS研究会に入会。IPS(岩塚新生産方式)に着手。
-------------------------------------------------------------------------------
1988 (昭和63年)
米菓の通信販売を専門とする「(株)新潟味のれん本舗」を当社100%出資により設立。
-------------------------------------------------------------------------------
1989 (平成元年)
日本証券業協会に店頭銘柄として登録承認され、株式公開を果たす。
-------------------------------------------------------------------------------
1990 (平成2年)
北海道に千歳工場建設。
-------------------------------------------------------------------------------
1991 (平成3年)
社員研修センター建設。
-------------------------------------------------------------------------------
1994 (平成6年)
米菓の法人販売を専門とする「(株)越後抄」を当社100%出資により設立。
沢下条中央棟(現在の沢下条第一工場)建設。
-------------------------------------------------------------------------------
1995 (平成7年)
女子独身寮建設。
-------------------------------------------------------------------------------
1997 (平成9年)
沢下条第四工場建設。
-------------------------------------------------------------------------------
2004 (平成16年)
沢下条工場を対象に環境の国際規格ISO14001認証取得。
長岡市南陽に長岡工場取得。
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
-------------------------------------------------------------------------------
2005 (平成17年)
本社所在地を新潟県長岡市浦に移転。
飯塚新工場建設。
-------------------------------------------------------------------------------
2006 (平成18年)
R&D・Mセンター建設。
-------------------------------------------------------------------------------
2007 (平成19年)
旧飯塚工場(旧本社工場)閉鎖。
-------------------------------------------------------------------------------
2008 (平成20年)
本社、飯塚工場、中沢工場、長岡工場、千歳工場、R&D・Mセンターを対象にISO14001認証取得拡大。
-------------------------------------------------------------------------------
2009 (平成21年)
お米を中心とした農産物、農産加工品の販売を行う「里山元気ファーム(株)」を当社100%出資により設立。
-------------------------------------------------------------------------------
2010 (平成22年)
飯塚工場(開発部、品質保証室を含む)、沢下条第一工場、製造本部(品質管理部、生産管理部、生産技術部、購買部)を対象に食品安全マネジメントシステムの国際規格ISO22000認証取得。
-------------------------------------------------------------------------------
2012 (平成24年)
沢下条第二工場を対象にISO22000認証取得拡大。
-------------------------------------------------------------------------------
2013 (平成25年)
沢下条第三工場・第四工場を対象にISO22000認証取得拡大。
-------------------------------------------------------------------------------
2015(平成27年)
株式会社田辺菓子舗を子会社化。
-------------------------------------------------------------------------------
主な製品情報 岩塚の黒豆せんべい、味しらべ、田舎のおかき、田舎のおかき塩味、田舎のおかきざらめ味、きなこ餅、新潟ぬれせんべい、新潟ぬれおかき、ふわっと、大袖振豆もち、大人の新潟ひとつまみ海老黒胡椒、大人のえびカリ

など
製品豆知識 *「岩塚の黒豆せんべい」
煎餅・あられ(かた焼)カテゴリー商品別金額アイテムランキング4年連続売上No.1

*「田舎のおかき」
煎餅・あられ(おかき)カテゴリーブランド別累計販売金額ランキング4年連続売上No.1

(インテージSRI調べ 2012年4月~2015年3月(累計販売金額))

連絡先

岩塚製菓 株式会社

〒949-5492
新潟県長岡市浦9750番地
採用担当/人事部人事課 岡森・松井
E-MAIL saiyou@iwatsukaseika.co.jp
TEL 0258-92-4111
FAX 0258-92-6060

【ホームページ】
http://www.iwatsukaseika.co.jp

【本社アクセス】
JR信越本線「来迎寺駅」より徒歩15分
掲載開始:2017/03/01

岩塚製菓株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

岩塚製菓株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)