ヨークベニマルグループ【株式会社ヨークベニマル・株式会社ライフフーズ】
ヨークベニマルグループ
  • グループ募集
  • 正社員
業種
スーパー・ストア
その他専門店・小売/食品
本社
福島

私たちはこんな事業をしています

株式会社ヨークベニマル・株式会社ライフフーズは、セブン&アイHLDGS.の一員として、南東北と北関東に食品スーパーを212店舗展開しております。社会環境が急激に変化している現代において、お客様の求める「ライフスタイルへのこだわり」「安心・安全」「便利さ」「快適さ」といったニーズに応え、お客様がいつも満足できる品揃えで、いつもの暮らしを近くで支える、生活に密着したスーパーを目指しております。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

7つの事業領域を持つ「セブン&アイHLDGS.」

セブン&アイHLDGS.は、グローバルに展開するグループのネットワークと情報力をもとに、コンビニエンスストア、スーパーストア、百貨店、銀行、ネットビジネスなど、あらゆるお客様のニーズに応える多業態を擁する世界に類を見ない小売グループとして、総合的にシナジーを追求しています。このグループシナジーをいかして「セブンプレミアム」という、安心・安全で質の高い商品を開発し、毎年多くのお客様に御支持をいただいております。もっと多くのお客様に「安心・安全」と「おいしさ」をお届けするために、我々は邁進し続けていきます。

企業理念

「野越え山越え」の創業精神

創業者 大高義雄が掲げた「野越え山越え」の精神が、ヨークベニマルの基礎を築きました。この創業精神の根幹にある考えは、「お客様を大切に」、「感謝と奉仕」、そしてそれを生む「誠実で謙虚な組織風土」です。これは、どんなに時代が変わろうとも変わらない、私たちの商売の原点であり不変の考え方です。「商人である前に立派な人間でなければならない」という理想を掲げた創業者の愛とまごころの精神は、今のヨークベニマルにも受け継がれています。鮮度と味を追求し、安心・安全をお客様にお届けするために、私たちは365日まごころの商売を続けます。

技術力・開発力

お客様のニーズにあった商品開発を行うライフフーズ

私たちは「安心・安全・おいしさ」にこだわり、オリジナル商品の開発に取り組んでいます。ヨークベニマルグループ内の(株)ライフフーズでは、2005年に設立した『郡山第二工場』によって、地域ごとのお客様のニーズに、よりきめ細かく対応できる体制を整備。デリカテッセン部門で、オードブル商品の見直しを実施したほか、“個食化”という新たな傾向に対応するため、煮物やサラダの少量パックも提案。価値ある商品を開発し続けるとともに、販売力の強化も図っています。さらに同社の工場では、ヨークベニマルで販売する惣菜などのオリジナル商品を、安全・安心といった視点から開発を進めています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆株式会社 ヨークベニマル
店長及び本部スタッフ(マーチャンダイザー、スーパーバイザー、業務関係)候補

◆株式会社 ライフフーズ
スーパーバイザー、バイヤーおよび工場スタッフ(生産管理マネジャー、商品開発マネジャー)候補

会社データ

募集会社1 株式会社 ヨークベニマル
事業内容 セブン&アイHOLDGS.の一員として、南東北と北関東での食品スーパーを経営
設立 1947年
資本金 99億2700万円
従業員数 正社員2685名 <2017年2月期>
売上高 4187億2978万円 <2017年2月期>
代表者名 代表取締役社長 最高執行責任者 真船 幸夫
事業所(関連会社除く) 本社/福島県郡山市
店舗/福島県74宮城県56、山形県19、栃木県29、茨城県36 【合計214店舗】 
<2017年4月末時点>
企業理念 「創業精神」

創業者 大高善雄は、「一人のお客さまは10軒20軒の代表である。
野越え山越えはるばるお店においで下さるお客さまに誠実の限りを尽くせ。
お客さまへの奉仕の精神が商売繁盛につながり、儲けというのは奉仕の結果であって
商売の目的そのものではない。商売はお客さまのためにある。」 との創業精神を掲げ、
ヨークベニマルの基礎を築きました。

この「野越え山越え」の創業精神をまとめたのが“ヨークベニマル12章”です。
ヨークベニマル12章 第一章 商売はお客さまのためにある。まず、お客さまの利益を考えよ。
第ニ章 一人のお客さまに誠実を尽せ。これが野越え山越えの精神である。
第三章 給料はお客さまから頂くもの、前のお客さまがあなたの主人。
第四章 食べ終わった時が販売の完了。まずかったらいつでも返金せよ。
第五章 自由に気軽に選びよく、品揃えと、衛生管理を怠るな。
第六章 経費を節約。安値を打ち出せ。これが最大のサービスなり。
第七章 おいしいことが絶対の条件。品質と鮮度がお店の生命である。
第八章 オトリ商法ではお客さまは釣れない。全商品が平均して安いこと。
第九章 広告にウソやハッタリは禁物。お客さまは一度はだませても、二度はだませない。
第十章 新製品を開発せよ。これが家庭の文化をつくる。
第十一章 お客さまの声は神の声、何でも聞いて改めよう。
第十ニ章 言葉や態度が店相をつくる。あなたはお店の代表である。
沿革  ~ ヨークベニマルのあゆみ ~

昭和22年6月
株式会社 紅丸商店設立

昭和23年9月
郡山市中町において創業

昭和38年10月
紅丸商事株式会社を設立し、株式会社 紅丸商店の営業全般を継承

昭和47年11月
他県進出第一号店として山形県米沢市に米沢店開設

昭和48年3月
株式会社 イトーヨーカ堂と業務提携

昭和48年10月
紅丸商事株式会社を「株式会社 ヨークベニマル」に商号変更

昭和50年4月
450坪タイプ郊外立地店開設(笹谷店)

昭和51年1月
ヨークベニマル労働組合発足

昭和52年12月
宮城県進出第一号店として宮城県仙台市に仙台荒巻店開設

昭和55年3月
1,000坪タイプ郊外立地店開設(安積町店)

昭和55年11月
東京証券取引所市場第二部に上場

昭和59年8月
東京証券取引所市場第一部に上場

昭和59年10月
株式会社 デニーズ・ジャパンとフランチャイズ契約の下、
外食産業の展開に着手(平成 9年 3月営業譲渡)

昭和60年5月
財団法人 ヨークベニマル文化教育事業財団設立

平成元年2月
栃木県進出第一号店として栃木県黒磯市に黒磯店開設

平成4年11月
地域社会への貢献事業として地域歴史書の発刊事業を始める

平成9年7月
食品SMに特化した現在の標準タイプ店舗(750坪)の開発をスタート

平成14年9月
福島県のみどりやスーパーを株式交換により完全子会社化(平成18年3月合併)

平成17年4月
茨城県進出第1号店として、水戸市に赤塚店開設

平成17年9月
茨城県のスーパーカドヤを株式交換により完全子会社化(平成19年9月合併)

平成18年9月
株式交換により、セブン&アイ・ホールディングスグループの事業会社へ

平成19年11月
株式会社藤越の全株取得により、業務・資本提携を締結(平成22年2月合併)
締結(平成22年2月合併)
----- -----
募集会社2 株式会社 ライフフーズ
事業内容 ヨークベニマル店内でのデリカテッセンの製造販売および生産工場での惣菜・デイリー品・パン(冷凍生地)の製造
設立 1969年
資本金 1億2000万円
従業員数 正社員246名 <2016年2月期>
売上高 492億円 <2016年2月期>
代表者名 代表取締役社長 松崎 久美
事業所 本社/福島県郡山市
店舗/福島、宮城、山形、栃木、茨城 (ヨークベニマル214舗内)
工場/福島県郡山市3拠点、宮城県川崎町1拠点、郡山市内に1拠点
<2017年4月末時点>
沿革  ~ ライフフーズのあゆみ ~  

1959年10月
(株)ヨークベニマルの食品工場として創業

1969年6月
日の丸食品(株)として独立

1970年4月
現在地に第一工場を新築、本社を移転

1971年4月
イトーヨーカドー平店に惣菜コーナー第1号オープン

1975年11月
第二工場の新築及び公害対策の一環として汚水処理施設を新設

1978年7月
ヨークベニマル菜根店にベーカリー第1号店オープン

1978年9月
ヨークベニマル浜田店内に寿司コーナー第1号店オープン

1981年4月
(株)ライフフーズへ商号変更

1981年10月
第三工場新築及び汚水処理場施設の増築

1982年10月
本社社屋を新築

1987年7月
ベーカリー新製パンシステム実験店オープン(本宮舘町店)

1988年5月
ベーカリー工場新設

1990年3月
(株)ベニーと統合し、FF事業部としてスタート

1990年7月
資本金3,000万円から1億2,000万円に変更

1993年8月
新センター稼働(第四工場)

1994年2月
おこわショップとして稲穂事業スタート

1994年4月
宮城生協へモンペリエオープン

1996年11月
物流センター本宮へ移動

1997年12月
新工場(ベーカリー工場増設、ソフトクリームライン新設)稼働

2002年9月
仙台ファクトリー稼働

2006年5月
郡山第2ファクトリー稼働

2013年2月
郡山第3ファクトリー稼働&本社社屋を移設・新築
----- -----
グループ企業 ●コンビニエンスストア
(株)セブン-イレブン・ジャパン
7-Eleven, Inc.
SEVEN-ELEVEN(HAWAII), INC.
セブン-イレブン北京
セブン-イレブン(中国)投資合司
セブン-イレブン成都

●総合スーパー
(株)イトーヨーカ堂
(株)丸大
華糖ヨーカ堂
成都イトーヨーカ堂
イトーヨーカ堂(中国)投資

●百貨店
(株)そごう・西武

●食品スーパー
(株)ヨークマート
(株)シェルガーデン
(株)サンエー
王府井ヨーカ堂

●フードサービス
(株)セブン&アイ・フードシステムズ
セブン&アイ・レストラン(北京)

●金融サービス
(株)セブン銀行
(株)セブン・フィナンシャルサービス
(株)セブン・カードサービス
(株)セブンCSカードサービス

●IT/サービス
(株)セブン&アイ・ネットメディア
(株)セブンネットショッピング
(株)セブンドリーム・ドットコム
(株)セブンカルチャーネットワーク
(株)セブン&アイ出版
(株)セブン・ミールサービス
(株)ごっつお便
 ぴあ(株)

●専門店
(株)メリーアン
(株)オッシュマンズ・ジャパン
(株)ロフト
(株)赤ちゃん本舗
(株)セブン美のガーデン
タワーレコード(株)

●製造加工
アイワイフーズ(株)
(株)テルベ

●不動産/警備
(株)モール・エスシー開発
(株)IYリアルエステート
(株)池袋ショッピングパーク
(株)八ヶ岳高原ロッジ
(株)ヨーク警備
(株)セブン&アイ・アセットマネジメント

●その他
(株)セブン&アイ生活デザイン研究所
(株)セブン&アイ・フィナンシャルセンター

連絡先

お問合せ等については、以下の宛先までご連絡ください。

株式会社 ヨークベニマル
〒963-8543 福島県郡山市朝日二丁目18番2号
担当: 人事室 採用担当 長谷川
TEL: 0120-889-409
E-mail: info@yb-jinji.com
URL: http://www.yb-jinji.com/

株式会社 ライフフーズ
〒963-8825  福島県郡山市石塚56-1 郡山中央工業団地内
担当: 営業サポート部 人事担当マネジャー 遠藤
TEL: 0120-106-448
E-mail: info@lf-jinji.com
URL: http://www.lf-jinji.com/
掲載開始:2017/03/01

ヨークベニマルグループ【株式会社ヨークベニマル・株式会社ライフフーズ】に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ヨークベニマルグループ【株式会社ヨークベニマル・株式会社ライフフーズ】に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)