三菱電機コントロールソフトウェア株式会社
ミツビシデンキコントロールソフトウェア

三菱電機コントロールソフトウェア株式会社

【三菱電機100%出資】制御システム・ソフトウェア開発・設計
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
ソフトウェア
情報処理/自動車/プラント・エンジニアリング/インターネット関連
本社
兵庫

特集記事とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力をリクナビが独自に取材した情報です。

特集テーマ:情報・数学・物理系の企業が誇る技術・サービス特集

自分が開発したソフトウェアで鉄鋼プラントを動かしたい

●システムエンジニアになりたいという思いで高等専門学校に入学。そこでの5年間でプログラミングや設計などの専門知識をじっくり学ぶことができました。私が鉄鋼プラントのシステム開発に興味を持ったのは、高専時代に工場見学で感じたそのスケールの大きさでした。自動車をはじめ様々な産業製品で使用される鉄鋼製品を製造する現場には、高度なテクノロジーを持つコンピュータ制御システムが導入されています。「大規模な鉄鋼プラントを動かすシステム開発に携わりたい」。その工場見学で私の目標が決まりました。

●MCRへの入社を決めたのは社会インフラのほか、自主事業として取り組むFAシステムや鉄鋼制御システムの開発など、私が目指す分野で活躍できると感じたからです。入社後3年間は、トレーナ(教育主任)に一対一で指導していただきながら基礎から応用までをじっくり学び、その後も階層別研修など充実した教育制度があることも入社を決めた理由のひとつです。入社後の配属先は鉄鋼プラント制御システムを担当するトータルソリューション事業所となり、エンジニアとしての第一歩を踏み出すことができました。

●現在は、鉄鋼プラントの制御に関する物理現象をプログラムで実現する業務を中心に、プラントを稼働させるシステム開発に取り組んでいます。エンジニアは常にPCと向き合っているというイメージがあると思いますが、当社では現場に行く機会も多く、実際に国内外の工場へ赴き、システムのメンテナンスやエンドユーザーの要望をヒアリングし、システムの改善提案を行うこともあります。私自身、担当した韓国の工場に赴き、実際の作業を経験することで、やりがいを感じることができました。また取引先の担当者の為にマニュアルを作り、トレーニングを実施するなど業務は多岐にわたります。取引先の担当者との信頼関係が深まり、「山口さん、いつもありがとう」と言ってもらえたときはとても嬉しい気持ちになります。今後も技術だけでなく英語力を身に付ける為の勉強など、新たなチャレンジを続けていきたいですね。

●入社5年目になりますが、技術は日々進歩していますのでエンジニアとしてさらにスキルアップしていきたいですね。今の目標は「現場で役に立つ存在」になることです。

山口英理子 24歳 トータルソリューション事業所
津山工業高等専門学校 情報工学科卒

MCRには、多彩なシステム開発に携わりながらキャリアアップできるフィールドが広がっています

多彩な開発で自らの可能性を追求でき、着実に成長できる環境があります

今回ご紹介した鉄鋼プラント制御システムのほか、多分野にわたる多彩なシステム開発に取り組むMCR。列車運行管理システムや電力系統の監視・制御、火力発電などライフラインに欠かせないエネルギーを制御するシステムの開発を始め、カーナビゲーションや自動車のECU(電子制御ユニット)のシステム開発など、快適な社会や生活を豊かにするための、さまざまな分野で当社のエンジニアたちが活躍しています。当社の強みは1980年の設立以来培ってきたシステム、ソフトウェアに関する専門性の高い開発力と応用力にあります。これからも私たちは、クライアントやユーザーのニーズをしっかりと受け止め、付加価値の高いシステムを提供していきたいと考えています。社会に役立つシステムをつくり出す。MCRには、そんな手応えとやりがいを得られる未来が広がっています。

掲載開始:2017/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
情報・数学・物理系の企業が誇る技術・サービス特集

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)