三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社
ミツイスミトモトラストパナソニックファイナンス
  • 正社員
業種
リース・レンタル
クレジット・信販/その他金融
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【リース事業】
 ホールセール事業:法人のお客様のニーズを把握し、グループ総合力を駆使した提案営業を展開
 ベンダーリース事業:全国約2万店のベンダーと提携し、ベンダーの販売ルートに当社金融サービスを提供
【リテール事業】
 ファイナンス事業:ハウスメーカー・中小工務店・リフォーム会社と提携し、ローン事業を展開
 クレジット・カード事業:「パナソニックショップ」を通じたクレジット・カード事業を展開

当社の魅力はここ!!

事業優位性

【銀行系】と【メーカー系】の強みをもつ総合ファイナンス会社

三井住友トラスト・グループとパナソニックグループを基盤とした大企業、中小企業から個人までの幅広いお客様に対し、「リース」「ファイナンス」「クレジット」「カード」等、多彩で高度な金融商品を提供する総合ファイナンス会社です。三井住友トラスト・グループの有する高度な金融ノウハウを駆使した提案型営業と、パナソニックグループの幅広い製品群の販売金融(小口リース・クレジット)を強みとする銀行×メーカーの「Only One企業」です。若手のうちからレベルの高い仕事にチャレンジしていく社風の下、会社と社員がともに成長しながら社会に貢献してまいります。

事業・商品の特徴

「お金」で解決できないことを、解決できる金融事業

金融ビジネス=「お金」を扱うというイメージが強いと思います。もちろん、それは間違いではありませんが、私たちは、「お金」ではなく、「モノ」を介在して課題解決をする金融ビジネスを行っています。例えば、新たなクリーンエネルギーとして世界中で注目を集め、急激に成長している太陽光発電。国からの補助もあり、導入に意欲を示すお客様が多いものの、初期投資額の大きさから、二の足を踏んでいるのが実情です。しかし、必要な設備を「購入」という一択ではなく、「リース」という選択肢のご提案をすることによって、かなりの負担を軽減し、事業への投資を実現できるということも多くあります。不況下で、より一層力を発揮できる事業です。

社風・風土

若手でもインパクトのある仕事を任せる!多様性を認めあう社風

年齢や性別に関係なく、可能性を求めて自ら道を切り開いていく、そんな意欲あふれる方を求めています。社員のうち約3割が女性で管理職にも任用されています。また決まりきった文化はなく、新しい社風を自ら作れる環境です。事業領域が拡がることで、活躍できるフィールドもさらに多様化。若い社員であっても自分の力を試すチャンスが存分にあります。そこで求められるのがバイタリティです。学生時代に「自負できる何かを身に付けた」「困難なことを乗り越える力を持った」という方であれば、その能力をさらに伸ばすことができるはず。前例にとらわれず、挑戦し続けるその姿を、私たちも応援したいと思っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【銀行系】と【メーカー系】それぞれのノウハウや営業力を融合し、他にはない『Only One企業』として、お客様に様々な金融サービスを提案しています。具体的には(1)『動産(モノ)』を起点としたリース・ファイナンス・クレジット・カード事業の企画・営業(2)成長性が見込めるベンダーとの提携拡大(3)海外案件の発掘(4)建設機械や工作機械など特定分野に特化した企画・営業。など創造力や行動力を必要とする仕事が沢山あります。

会社データ

事業内容 総合ファイナンス業
【リース事業】
 ホールセール事業
 ベンダーリース事業
【リテール事業】
 ファイナンス事業
 クレジット・カード事業

【顧客に対する高付加価値サービスの提供】
お客様の経営・財務戦略を実現するために、高付加価値ソリューションを提供しています。また、お客様との接点をより密にするために今後も更なる拠点展開を検討しています。
海外においては、当社のアジア拠点である三井住友トラスト・リーシング・シンガポール(シンガポール現地法人)を中心に、お客様の海外進出に伴う設備投資のファイナンス支援を行うため、当社国内営業部門と当社シンガポール現地法人が連携して取り組む体制を整えております。

【4つの事業を手掛ける業界でも数少ない存在】
一般的なリース会社はリース事業を専門に行っておりますが、当社は、ホールセール、ベンダーリースのほかファイナンス、クレジット・カードという4つの事業を展開しており、業界でも数少ない総合ファイナンス会社です。法人のお客様のニーズが多様化しているこの時代において、当社の懐の深さ・広さが、お客様の高い評価を得る上ではとても重要です。実際、当社ではお客様から寄せられる「●●はできないか?」という問いかけに対して、あらゆる部署・グループ会社の協力を得ながら対応することが可能です。お客様の経済活動を円滑に進めるビジネスパートナーとして、今後もその期待に応えたいと思っています

【三井住友信託銀行との連携】
三井住友信託銀行と連携し、法人のお客様に対しグループ力を駆使したリース提案を行っています。三井住友信託銀行と協働で、お客様の抱える課題・問題を把握し解決策(ソリューション)をお客様に提案します。グループ内の金融ノウハウを融合することで、多様かつ高度な提案が可能になります。

【パナソニックグループとの連携】
リース事業では、パナソニックグループの設備投資等に対する金融サービスの提供だけではなく、パナソニックグループ各社が商品を販売する法人のお客様に対しても金融サービス提供を行っています。
リテール事業では、「パナソニックショップ」が個人のお客様にパナソニック製品を販売する際に当社のファイナンス・クレジット・カード商品を利用していただいております。お客様が太陽光発電システムを導入する際やご自宅のリフォームをする際にも、「パナソニックショップ」とともに長期ローンのご提案を行っています。

【動産(モノ)の将来価値を計るノウハウ】
リースは動産(モノ)をリース会社が所有してお客様に一定期間賃貸するスキームですので、リース期間が終わればそのリース物件はリース会社に返却されます。当社は動産(モノ)の将来価値を計るノウハウを蓄積し、中古市場も熟知している業界有数の子会社を有しており、お客様に対し将来価値を見込んだソリューション提案が可能です。
当社は返却されたリース物件の将来価値を算定し、中古市場に再販することが出来るノウハウがあるからこそ、お客様の信頼に応えることができます。

【海外での取組み】
2013年にシンガポールに現地法人を開設し、シンガポールを拠点にアジア諸国の日系企業との取引を行っています。現在は三井住友信託銀行やパナソニックの取引先、関連企業が中心であり、大手チェーン店の店舗設備やパナソニックの工場設備、OA機器や建設機械等の案件に取り組んでいます。今後も海外に関しては市場ニーズ等を考慮し、新たな拠点展開も検討しています。
リース事業 リースとは、お客様が希望する物件を、当社がお客様に代わって購入し、賃貸するサービスです。お客様は、購入時の一時的な多額の資金を必要としません。またコストの把握が容易で、税務上のメリット等を享受することができます。技術革新の進展が著しく、スピードが求められる世の中において、設備の陳腐化を回避できるリースは、様々な企業を支えています。
ファイナンス事業 リフォームローン、オートローン、住宅資金つなぎローン等を取り扱っています。太陽光発電システムやオール電化の導入をサポートすることで、エコに貢献しています。
クレジット事業 「あなたの街のでんきやさん」でおなじみのパナソニックショップを通じて、クレジット事業を行っています。全国のお客様にパナソニック製品をお求めいただけるよう、地域密着型の電器店を支えています。
カード事業 年会費無料のクレジットカードを発行しており、「パナソニックショップ」のお客様にご愛用いただいています。
環境への取り組み 一般企業では、パソコンやコピー機といった様々なオフィス機器が使われています。それらが老朽化すると、買い替えや処分を検討しなければなりません。老朽化した物件を処分するには、中古販売の知識やノウハウが必要であったり、廃棄処分のためのコストがかかってきます。リースであれば返却するだけで済み、処分に困ることなく、スムーズに新しい物件へと入れ替えを行うことができるのです。当社には、今までに培ってきた物件査定や中古販売のノウハウがあるため、モノの価値を最大限に活かした処分をすることが可能です。捨てるのではなく、リサイクル・リユースの仕組みを構築することで、環境保全に貢献できる点も、リース事業の魅力の一つと言えるでしょう。

【開発途上国に中古パソコンを寄贈】
社会貢献活動の一つとして、リース契約を終了したパソコンを国連の協力団体を通じて、南太平洋の島嶼国(とうしょこく)であるトンガとパプアニューギニアに50台ずつ寄贈いたしました。
創業 1951年10月
代表者 取締役社長 田中 敬士
資本金 25,584百万円
従業員数 872名(2016年4月1日現在)
売上高 214,029百万円(2016年3月実績)

事業所 東京、札幌、仙台、大宮、千葉、横浜、名古屋、松本、金沢、大阪、岡山、広島、松山、福岡、鹿児島、シンガポール
本社所在地 東京都港区芝浦一丁目2番3号 シーバンスS館
株主構成 三井住友信託銀行株式会社:84.9%
パナソニック株式会社:15.1%
沿革 <住信・松下フィナンシャルサービス株式会社>
1951年 ナショナルラジオ月販設立
1970年 ナショナルクレジットに社名変更
1992年 松下クレジットサービスに社名変更
1997年 松下クレジット株式会社に社名変更
2001年 松下リース株式会社と合併
      松下リース・クレジット株式会社として新会社発足
2005年 住友信託銀行株式会社が資本参加
      住信・松下フィナンシャルサービス株式会社に社名変更

<住信リース株式会社>
1985年 住信リース株式会社 設立
2001年 日本機械リース販売株式会社を子会社化
2004年 住友生命保険相互会社より株式を取得し、スミセイ・リース株式会社を子会社化
2007年 株式交換により住友信託銀行株式会社の完全子会社となる
      スミセイ・リース株式会社を吸収合併
      日本機械リース販売株式会社の一部を統合

2008年 持株会社方式により両社が経営統合
2010年 両社合併 住信・パナソニックフィナンシャルサービス株式会社として発足
2012年 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社へ社名変更
2013年 三井住友トラスト・リーシング・シンガポール設立
2015年 アルヒリース株式会社を子会社化
      (2016年1月FAリーシング株式会社へ社名変更)

連絡先

三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社
人事部 新卒採用担当
○〒105-0023
  東京都港区芝浦1-2-3 シーバンスS館12階

○TEL:03-6858-9208
○採用メールアドレス:recruitment-2018@smtpfc.jp
 受付/9:00~17:20(月曜日~金曜日)

●会社HPアドレス:http://www.smtpfc.jp/
●採用HPアドレス:http://recruiting-info.jp/smtpfc/
掲載開始:2017/03/01

三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)