小倉クラッチ株式会社
オグラクラッチ
  • 株式公開
  • 正社員
業種
輸送機器
自動車/機械/コンピュータ・通信機器・OA機器/精密機器
本社
群馬

私たちはこんな事業をしています

世界中の自動車に使用されるカーエアコン用クラッチや総合メーカーとして多様なユーザーニーズに対応する各種一般産業用クラッチ・ブレーキ(産業機械、工作機械や建設機械、OA機器等)、自社ブランド『ORC』から販売している強化クラッチ、自動車から燃料電池用のポンプまで応用範囲の広いルーツブロワ等を開発・製造及び販売しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

マーケットは“世界”! 【OGURAの技術で世界をつなぐ】

「クラッチって何?」と聞かれてすぐに答えられる方、いらっしゃいますか?クラッチとは、動力伝達・遮断、制動、変速、緩衝など、機械を安全かつ思い通りに制御するために重要な役割を果たす部品の一つ。私たちは、自動車、飛行機、OA機器など、あらゆる場面で活躍するクラッチ・ブレーキの開発・製造を手掛ける総合メーカーです。これまでの開発機種は5000以上!特にカーエアコン用クラッチは世界で圧倒的シェアを誇り、グローバルな生産ネットワークで“世界のニーズ”に応えています。EV車の台頭を背景に、近年はカーエアコン以外の技術分野にも注力。技術革新を進めています。世界市場を勝ち抜く技術力と競争力が、当社の大きな強みです!

待遇・制度

若手の成長は、綿密なフォローにあり!

小倉クラッチには、内定者(学生)を企業人に育て上げる制度があります。入社前から始まる通信教育やSNSページ、入社後の6ヶ月の部門実習や5年間も続くフォロー研修。これらにより、ビジネスのノウハウ、同期との深い絆、コミュニケーション能力など多岐にわたる効果を実感できます。研修とは別に、多世代交流やキャリアビジョンを目的とした制度もあり、新入社員の人間関係形成の援助や、将来を考え、成長してもらう道標を作る手助けをしています。夢を持って入社し、実現に向けて成長していける体制があります。

社風・風土

企業規模とは裏腹な【アットホームな社風】が自慢です!

従業員数や拠点の規模からイメージされる「巨大な組織」とは裏腹に、実は当社の雰囲気は非常にアットホーム。「小倉クラッチの人間的な魅力」や「会社の明るい雰囲気」が入社の決め手になった先輩社員も多数!部門間の協力体制や、意見の言いやすい環境、先輩社員が後輩を育てる職場、そうした一つひとつが小倉クラッチの風土として根付いています。また、そうした風土があるからこそ社員一人ひとりが常に新しいことにチャレンジし、成長していけるのです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【理工系】
1.製品技術(研究、開発、設計、評価・試験)
2.生産技術(設備開発、保全、海外支援)
3.品質管理(品質管理、品質保証、製品検査)
4.生産管理(生産計画、購買・調達、原価管理、貿易)
5.経営企画(ISO認証取得)
6.営業(法人向け、ルート・新規営業)
【法文系】
1.営業(法人向け、ルート・新規営業)
2.本社系事務(財務・経理、経営企画・認証取得)

会社データ

事業内容 私達の生活に欠かせない自動車や、世界中で利用されている一般産業機器(機械)に使用される、クラッチ・ブレーキなどのモーションコントロール製品を担当しています。

【輸送機器】
○世界中の自動車に使用されるカーエアコン用クラッチ
○国産・外国車に対応する独自ブランド『ORC、ARUGOS』からリリースする自動車用強化クラッチ
○自動車から燃料電池用のポンプまで応用範囲の広いスーパーチャージャー(ルーツ式ブロア)
○パワースライドドア用クラッチ、ソレノイド、次世代ステアリングメカニカルクラッチユニット用クラッチなど自動車に関わる各種クラッチ
【一般産業】
○総合メーカーとして多様なユーザーニーズに対応する各種一般産業用クラッチ・ブレーキ
 (産業機械、工作機械や建設機械、OA機器等)
【その他取り扱い製品】
○工場環境・品質向上の為のオイルミスト除去装置、電気集じん装置、高圧クーラント装置
○張力制御機器、電源装置、防災機器、航空精密機器等
上記製品の開発、製造及び販売
技術革新 ~【小倉クラッチ】の技術革新~

近年EV車等の次世代自動車の普及が叫ばれていますが、
政府の発表した「次世代自動車戦略2010」では、新車販売台数のうち、
EV車等の次世代自動車が占める比率目標は、2030年で『20~30%』。
つまり、従来の自動車が70~80%を占める見込みで、
当社の技術は、今後も高いニーズを維持するでしょう。

もちろん、今後の戦略として、他分野への技術革新も続けています。
カーエアコン用クラッチで、確かな基盤を気付いた当社は、
更なる飛躍を目指して、新たな研究・開発を続けていきます。

近年、当社が手掛けた新製品には、次世代ステアリング用メカニカル
クラッチユニット用クラッチや、バイク用レーシングクラッチ(開発品)、
ソレノイドなどがあります。
設立/創業 1948年5月25日/1938年5月25日
資本金 18億5880万円
従業員数 767名【単体】2140名【連結】(2017年3月末)
売上高 378億4500万円(2017年3月期連結実績)
代表者 代表取締役社長 小倉康宏
事業所 【本社】
群馬県 桐生市

【工場】
群馬県 桐生市、伊勢崎市

【営業所】
東京都(港区)、大阪府(東大阪市)、愛知県(名古屋市)、
石川県(金沢市)、広島県(広島市)、福岡県(福岡市)
関連会社 Ogura Corporation(アメリカ)
Ogura Industrial Corporation(アメリカ)
Ogura S.A.S.(フランス)
Ogura Clutch do Brasil LTDA.(ブラジル)
Ogura Clutch Thailand CO.,LTD.(タイ)
小倉離合機(東莞)有限公司(中国)
小倉離合機(無錫)有限公司(中国)
小倉離合機(長興)有限公司(中国)
OGURA CLUTCH INDIA PVT.LTD.(インド)
東京精工株式会社(日本)
東洋クラッチ株式会社 (日本)
沿革 ○1938年 5月○
 小倉製作所(個人経営)創業、創業社長小倉弘士。
 東京蒲田区(現東京都大田区)西六郷3丁目23番地で
 航空機関係部品の下請作業を開始。

○1939年 5月○
 機械クラッチの製造を開始。

○1944年 4月○
 群馬県山田郡相生村(現桐生市相生町)に工場移転。

○1958年 5月○
 電磁クラッチの開発を開始。

○1961年 5月○
 株式会社小倉製作所を小倉クラッチ株式会社に社名変更。

○1963年 5月○
 株式、東京証券業協会店頭売買登録銘柄となる。

○1964年 5月○
 カーエアコン用クラッチの生産販売を開始。

○1965年 2月○
 カーエアコン用クラッチの対米輸出を開始。

○1967年 7月○
 現住所に本社移転 第一工場新設。

○1969年10月○
 第三工場を群馬県桐生市に新設。

○1971年 6月○
 電磁クラッチの輸出拡大により輸出貢献企業として
 通商産業大臣表彰を受ける。

○1972年11月○
 アメリカ カリフォルニア州サンフランシスコに
 OGURA OF AMERICA INC.を設立。

○1974年 9月○
 赤堀工場を群馬県伊勢崎市に新設。

○1985年 8月○
 香林工場を群馬県伊勢崎市に新設。

○1988年 1月○
 アメリカ ミシガン州デトロイトに
 Ogura Corporationを設立。(現・連結子会社)
 イギリスサーマル社と販売契約締結。

○1996年12月○
 フランス ノール県ヴァランシェンヌに
 OGURA S.A.S.を設立。(現・連結子会社)

○1998年 1月○
 アメリカ ニュージャージー州サマーセットに
 Ogura Industrial Corporationを設立。(現・連結子会社)

○1999年10月○
 ブラジル サンパウロ州サンパウロに
 Ogura Clutch do Brasil LTDA.を設立。(現・連結子会社)

○2000年 6月○
 アメリカ ミシガン州マジソンハイツに
 Huron Precision Parts Corporationを設立。

○2003年 5月○
 中国広東省東莞市に小倉離合機(東莞)有限公司を設立。(現・連結子会社)

○2004年 6月○
 中国江蘇省無錫市に小倉離合機(無錫)有限公司を設立。(現・連結子会社)

○2004年12月○
 日本証券業協会への店頭登録を取消し、
 ジャスダック証券取引所に株式を上場。

○2006年 9月○
 東洋クラッチ株式会社を完全子会社化。(現・連結子会社)

○2007年12月○
 オグラ コーポレーション(現・連結子会社)を存続会社とする
 吸収合併によ り、ヒューロン プレシジョン パーツ コーポレーションは消滅。

○2008年 7月○
 タイ ラヨン県アマタシティに関連会社
 Ogura Clutch Thailand Co.,LTD.を設立。(現・連結子会社)

○2008年10月○
 カーエアコン用クラッチの生産が累計3億台を突破。

○2010年 4月○
 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、
 大阪証券取引所JASDAQ市場に上場。

○2011年 9月○
 中国・小倉離合機(東莞)有限公司が
 生産拡大のため工場を拡張。(現・連結子会社)

○2012年10月○
 タイ・Ogura Clutch Thailand Co.,LTDが
 生産拡大のため、工場を拡張。(現・連結子会社)

○2013年 5月○
 中華人民共和国浙江省湖州市長興県に
 小倉離合機(長興)有限公司を設立。(現・連結子会社)

○2014年 6月○
 インド共和国ハリヤナ州に
 オグラクラッチ・インディア PVT.LTD.を設立。(現・連結子会社)
主要取引先 アイシン精機株式会社
カルソニックカンセイグループ
株式会社ケーヒン
サンデングループ
JOHN DEERE
DELPHIグループ
株式会社デンソー
日産自動車株式会社
HUSQVARNA
パナソニックグループ
VALEOグループ
VISTEON Corp.
VOLVOグループ
三菱重工業株式会社
他  
(敬称略・50音順)

連絡先

〒376-0011
群馬県桐生市相生町2-678
TEL:0277-54-7102(人事課直通)
メール jinjika@oguraclutch.co.jp
総務部人事課 採用担当
掲載開始:2017/03/01

小倉クラッチ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

小倉クラッチ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)