株式会社フタバ図書
フタバトショ

株式会社フタバ図書

本/リサイクル/DVD・CD/ゲーム/文具/ブックカフェ/総合買取
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
専門店(音楽・書籍・インテリア)
その他専門店・小売/専門店(複合)
本社
広島

先輩社員にインタビュー

店舗運営部
吉田 勝広(40歳)
【出身】広島大学  文学部文学科 卒
【年収】650万円位
わが道を行くパイオニア
これが私の仕事 経常利益達成のための全体戦略を描き、実行する「仕組み」づくり。
マネージャーとして予算達成のために、月間ごとに、あらゆる課題(売場作り、人材育成、経営数値の分析)を洗い出し、課題の優先順位を決めます。また、各店舗の店長と協力しながら、課題を解決できるように店舗運営を推進します。例えば、12月は中古商品の販売強化によって1000万円の売上UPを狙う戦略をたて、その為の売場作り・人的配置を計画し、店長が運営できるようにアドバイスをしていくイメージです。月間の予算達成だけでなく、もっと長期的な視点に立った、大きな決断をすることも。何千万円もする店舗改装計画を決断することもあります。短期的、長期的な視野に立ち、どうすればもっとお客様に喜んでいただけるのか、仕組みを考え創ることが仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
全てが未体験!新規店の立ち上げにはいつも出会いと新鮮な感動がある。
関東地区出店1号店の立ち上げを店長として任され、それから毎年の様に関東地区に店舗出店を行ったときが一番楽しかったです。当時は、東京の地理感が全くない状態で、初めて立ち上げの準備をしました。体育館のような広い空間が鉄筋むき出しで、歩くとアスファルトがコツコツなるような本当に何もない状態から、自分達の理想の店舗をつくりあげます。オープニングスタッフの採用面接をして「この方たちと一緒にこれから頑張っていくんだな~」と感じたことは今でも忘れられません。そして、この人だったら一緒に頑張れると信じて採用した方が、成長して今も頑張ってくれていることが嬉しいです。毎年のように出店をしてその都度、新しい方たちと出会い、それぞれの店で活躍してくれる喜び。それが今でも私自身の仕事の原動力になってると感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社にエネルギーが満ち溢れているかどうか?それが自分の仕事選びの基準。
就職活動において判断基準にしていたのは、自分が考えたことを表現できる仕事ができるか(そういった環境があるか)という観点でした。会社のこと自体は以前から知っており、なんとなく面白そうだなという気軽な感じで、会社説明会に参加しました。本当に偶然なんだと思います。最終的に入社することに決めたのですが、決め手は3つのポイントでした。色々見た中でこの会社が、(1)一番楽しそうな雰囲気で、(2)一番自分の好きなことが出来そうで、(3)人事担当の方が親身になって学生のことを考えてくれていた、ことです。面接の時に「あなたは入社後何がしたい?」と聞かれたので、「店を自分でつくりたい」と伝えたところ、入社1ヶ月で、MEGA店の立ち上げプロジェクトに携われました。そう言った意味で入社後のギャップはありませんでした。
 
これまでのキャリア 入社1年目で新規店立ち上げプロジェクトの売場作りを任されたり、関東地区進出を任せて欲しいと訴えてその通りになったり、挑戦したい気持ちを伝えれば任せてくれました。今はエリアマネージャーとして活躍中です。

この仕事のポイント

職種系統 経営企画
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

正直、どんな仕事も大変だし辛いこともあります。就職活動とは、「辛くない仕事はない」ことを覚悟し、自分がしたいことは何なのか?その中でも楽しいと思える瞬間をイメージできる仕事はなんなのかを探すことです。もう一つ、学生時代は興味を持ったことをとことんやり抜くことも大切。実際に部下を見ても、何かに夢中になってきた人(今でも夢中になっている人)は仕事もバリバリやっています。遊びでも何でも一つのことを熱中してやった人は、自分軸があり、魅力的です。

株式会社フタバ図書の先輩社員

運営・売場の改善提案・フォローなど、すべてに助言をするスーパーバイザー

店舗運営部スーパーバイザー
小林 慎也

1店舗何十万冊とある商品を、最も魅力的なラインナップになるように。

商品部書店部門
芝 健太郎

店舗運営の最前線に立ち、目標に向かってスタッフの心を一つにする司令塔。

店舗運営部 海田店
小田 晃

掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)