ヒロセ株式会社
ヒロセ
  • 正社員
業種
建設
建設コンサルタント/リース・レンタル/鉄鋼/商社(建材・エクステリア)
本社
東京、大阪

私たちはこんな事業をしています

ヒロセ株式会社には営業・施工管理・設計、様々な業種に就くプロフェッショナルが多数在籍しています。人々の生活の基盤を作り、守るため!社員一人ひとりがスーパーヒロセマンとして数々の自然災害の復興や誰もが知る大規模工事(東京スカイツリータウン、虎ノ門ヒルズ )・公共工事(羽田空港国際線ターミナル、北陸・北海道新幹線 )に携わり、来る2020年、その先の未来に向けて発展を続けています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

基礎工事に欠かせない建設の専門会社

設立から約80年、戦前から日本初の重仮設資材のリース会社として業界を牽引してきました。私たちの生活で当たり前のように使用している「トンネル」「橋」、いまでは珍しくもない「高層ビル」、水が使用できるための「ダム」などの基礎工事の工法設計、施行、資材提供を当社だけで全てできることが自慢です。国内外の様々な工事に参画し数多くの実績があるため、業界から必要不可欠な会社として一目置かれ、「なにかあればヒロセに相談」とたくさんのお声掛けをいただいています。

事業・商品の特徴

災害が多い時代に必要不可欠!社会貢献!

ここ数年は、地震や天候に左右された多くの災害が起きています。ヒロセがこれまで培ってきた基礎工事のノウハウは、このようなあらゆる災害復旧に欠かせないものとなっています。例えば、災害により橋が崩れた地域があれば、最短1週間で仮の橋を渡し、災害に見舞われた地域の皆様に迅速に安心・安全を提供することが出来ます。災害により崩れてもおかしくない堤防や山の斜面などで、ヒロセが補強した箇所が崩れていないことが多く、見えない場所でも皆様の安全を守っています。これは、顧客起点で「要望を知る、対応する、次も選ばれる」「ヒロセしかできない、ヒロセしか選べない状態を創る」を常に考えているからです。

採用方針

社会貢献をしたいと思う人の集まる会社

土木建築業界は、理系の専門的な知識がなければ就職ができないと考えている方が多いと思います。たしかに大学で専門的に学んだ知識を活かし活躍している先輩方もたくさん在籍しています。しかしヒロセは、文系出身の方でも設計、施工管理といった部署で活躍している方も多く在籍しています。必要なのは「私たちの仕事に誇りと貢献ができる思い」です。私なりの考え(価値観)を持ち、柔軟な対応ができればあらゆる場面で活躍できる職種がきっと見つかります。国内外を問わず、私たちの生活に欠かせない基礎を創る土木建築業界で次世代のヒロセをつくり社会貢献しましょう!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

高層ビル基礎、橋梁、トンネル、道路整備などの工事における技術開発、設計、施工管理、営業など各プロジェクトの一員として活躍していただきます。
■総合職:技術開発・設計・積算・施工管理・生産/品質管理・営業・施工管理・管理(経営企画、情報システム、総務、人事、経理、財務、営業事務)

会社データ

設立 1938年(昭和13年)11月25日
資本金 23億4185万4009円
従業員数 761名(平成28年3月31日現在)
売上高 694億円(平成28年3月期)
代表者 代表取締役会長兼社長 廣瀬太一
事業所 本社/東京

本店/東京、大阪

支店/北海道、東北(宮城県)、横浜、北関東(埼玉県)、新潟、名古屋、静岡、北陸(石川県)、
    中国(広島県)、四国(香川県) 、九州(福岡県)  、沖縄

営業所/青森、秋田、岩手、郡山(福島県)、甲府、長野、豊橋、福井、岐阜、三重、  
      和歌山、岡山、山陰(島根県)、山口、松山、徳島、高知、大分、宮崎、南九州(鹿児島
    県)

工場/札幌、旭川、八戸、秋田、北上(岩手県)、仙台、郡山(福島県)、東京(千葉県)、白井(千 
    葉県)、新潟、名古屋、東海(愛知県)、大阪、橋梁(大阪府)、広島、福岡、坂出
      
主要納入先 ■官公庁~国土交通省各地方建設局、農林水産省各地方農政局、日本鉄道建設公団、水資源開発公団、都市基盤整備公団、みどり資源公団、各都道府県庁、市町村、主要都市交通局 他

■民間企業~大林組、大成建設、竹中工務店、清水建設、鹿島建設、その他全国主要土木建設会社、JR各社 他

※すべて順不同、敬称略
関連会社 成幸利根(株)、キャデック(株)、産業リーシング(株)、ヒロセシンガポール、ヒロセタイランド、ヒロセベトナム、ヒロセベトナムハノイ、ヒロセインドネシア
事業内容 ■重仮設資材・仮設橋梁などのリース・販売・加工
~重仮設資材・仮設橋梁とは、土木・建築・架橋の際に使用される資材のこと。
たとえば、ビルなどの建造物の基礎工事やトンネル工事などでの、工事現場周辺の土等が崩れないように押さえたり支えたりする資材だとイメージしてください。

■重仮設の各種工事、ソイル連壁工事

■テールアルメ工法等による補強土工事、及びその開発・提案
~補強土とは、土を盛ったり(盛土)、削ったりする(切土)際に土が崩れてこないようにする技術のこと。
狭く、地震の多い日本では欠くことのできない技術です。これら工法による土木建設コンサルタント業も行っています。

◎国土交通大臣許可(特ー27)第5996号

イラストで分かるヒロセタウン
http://www.hirose-net.com/town/index.html
参画工事一例 ■北海道
 北海道洞爺湖町/洞爺湖サミットメディアセンター
 北海道札幌市/三井ビル
 北海道滝川市/江竜橋
■東北地方
 宮城県仙台市/仙台地下鉄東西線
 宮城県仙台市/森トラストビル
 青森県大間町/大間原子力発電所
■関東地区
 東京都渋谷区/恵比寿ガーデンプレイス
 東京都大田区/東京国際空港(羽田空港)
 神奈川県横浜市/みなみみらい21地区 TRY90工区
■中部地方
 愛知県常滑市/中部国際空港セントレア
 愛知県/愛知万博
■関西地区
 大阪府泉佐野市/関西国際空港
 大阪府大阪市/京阪電鉄中ノ島線
 大阪府大阪市/大阪駅南駅広場暫定整備工事
■中国地方
 広島県広島市/MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
 山口県岩国市/錦帯橋架け替え工事
 島根県出雲市/出雲大社社殿内遺跡調査
■九州・沖縄地方
 九州各地区/九州新幹線
 福岡県福岡市/キャナルシティ博多
 沖縄県具志川市/具志川火力発電所
常に顧客の声に耳を傾ける たとえば災害によって橋が壊れてしまうケースがあります。

そういった際、新しく本設の橋(実際に今後もずっと使用される橋)を設置する前段階として、仮設の橋を設置しなければなりません。

また鉄道の高架橋を新設する際などでも、電車を迂回走行させるための仮設橋が必要です。当社の重仮設資材や工法技術は数々のこういった場面で使用されています。

安全に暮らせる街づくりや社会の利便性向上にとって必要不可欠なもの。
そしてそれゆえ、安全・安心が重要な責務を担っています。

『国際的視野にたち、常に総合力を高めつつ、時代のニーズに即応し、顧客の満足する技術・サービス・商品の提供を通じ、社会に貢献する』

この企業理念のもと、ヒロセでは日々誠実な姿勢で街の発展に力を尽くしています。
今後の展望とヒロセの社会的意義 当社の製品や技術は建設業界の方以外の目に触れることはほとんどありません。
しかし、ビル建設や道路、橋梁、鉄道やダムなどあらゆる工事の工期短縮、工費縮減、社会インフラ整備に役立っています。

災害復旧を例にとれば、東日本大震災や新潟県中越地震の際にも、道路や橋の復旧、復興工事等に当社は大きな役割を果たしてきました。

リサイクル・リユースをいち早く考案し展開してきた当社の重仮設資材ですが、昨今の「エコ、資源問題」により改めて地球環境に優しい工法として評価されています。

このように社会が発展し、暮らしの利便性が向上される限り、私たちもそれを支える存在であり続けるのです。
 
ヒロセは今後もさらなる工法の開発・普及で躍進していきます!
年に一度の研究発表会 ヒロセでは様々なお客様の課題に対して、知恵やアイデアで難題をクリアしてきました。
それは当社が技術開発に力を入れているから他なりません。
その一環として、当社では年に1度11月に、自分たちの行った解決策や新しい商品開発などを発表する場を設けております。
全国各拠点をテレビ会議で中継し、そのノウハウの共有、実践を目的にしておりますが、このアイデアなどを聞くだけで刺激を受けるという声も。
こういった取り組みにより、今ある方法だけでなくもっと技術力を高め、他とは違う『ヒロセ』だけの価値をお客様に提供しています。
ちなみに優秀賞に選ばれると、商品券が贈られるんですよ。
【ヒロセの社風】社員の声より ■経験豊富で百戦錬磨な上司・先輩方、ちょっとやそっとじゃ傾かない盤石な経営、長い歴史によるネ-ムバリュー、老舗企業なのに常に新しい物を追い求める姿勢(06年入社、管理)
■自分の考え、意見を出せる「場」がある。 自己啓発、技術資格取得の環境があり、人の「成長」の場がある。(81年入社、工場部)
■何気なく先輩の面倒見が良い点。自分自身見習うべきところです。(97年入社、営業)
■可能性を感じる事ができる自由な社風、個性を尊重する会社的雰囲気。(94年入社、技術営業)
■真面目な姿勢(お客様から言われる。) 新しいことにチャレンジする風土(02年入社、設計)
■先輩後輩の強烈な上下関係がなく割と自分の意見、思いが伝えやすい。仕事の相談等もしやすいと思う。(06年入社、工場)
■福利厚生がしっかりしている。 全国で色々な経験を持った先輩方が働いているため、困ったときに相談できる。(04年入社、設計)
■なんだかんだ言ってみんなまじめ(94年入社、技術営業)
【ヒロセに入社して良かったこと】社員の声より ■本人の意見や考えを尊重し、業務をさせてもらえる。 常に目標を掲げ、そこを目指して業務ができる。(09年入社、施工管理)
■問題が起きた時に上下関係なく、すぐに人が集まり解決に向け場を持てる事です。(13年入社、営業)
■お客様から自身の先代、先々代の名前が出てヒロセを評価して頂いたこと。そしてそれを上司から指導を通して受け継いで行ける事。(09年入社、設計)
■この仕事をやってみたいと言った時に、ではやってみろといってくれることにやりがいを感じる。(05年入社、経理)
■ちょっとした事にでも「ありがとう」の一言をさりげなく言える先輩が多く、その温かみを感じたとき。(05年入社、管理)
■社員を大事にする会社。先輩方のおかげで業界における知名度が高い。(83年入社、営業)
■お客・コンサル・役所・他 いろんな人・場所で仕事が出来、大げさでもないが国の役にも立てる仕事だとも思っています。(04年入社、営業)
■これでいい。このままでいい。ではなく、もっと上にもっと広くスキルアップをしようとする人に、「場」と「機会」を与えてもらえるところがいいと思います。知識が広がると、自ずと人とのコミュニケーションも増え、社内だけでなく社外の方からもたくさんの情報を得る機会も増え、自分の成長に繋がると感じています。(02年入社、施工部)
■普通では経験できない大プロジェクトに参加できること。 日本を代表するような建築物の建設工事に参加できることは、先輩方の仕事がお客様に認められ信頼をされ続けてきた結果だと思います。私達もそれを引き継ぎ、後輩たちにも引き継いで欲しいと思います。 工事が完了して「ありがとう。」という言葉をいただくことが一番の喜びです。(08年入社、設計)

連絡先

〒135-0016
東京都江東区東陽4-1-13 東陽セントラルビル
TEL:03-5634-4502
新卒採用担当
■当社Webサイト http://www.hirose-net.com/
掲載開始:2017/03/01

ヒロセ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ヒロセ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)