株式会社九動
キュウドウ

株式会社九動

【プラントエンジニアリング、メンテナンス(電力)】
  • 正社員
業種
プラント・エンジニアリング
エネルギー/メンテナンス・清掃事業/建設/機械
本社
広島
残り採用予定数
5名(更新日:2017/10/18)
電力を守る、一生モノの技術がある。

私たちはこんな事業をしています

私たち九動は、主に中国電力の技術協力企業として、発電所内の発電設備(タービン・発電機など)のメンテナンスを行う企業です。中国地方には現在約750万人の人々が暮らしていますが、それを支える電気エネルギーは約900万kW。その安全かつ安定的な運転を屋台骨で支えるのが九動の使命です。さらに現在では、その技術蓄積とノウハウを生かし、中国地方のみならず関東エリアにまで領域は広がっています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

タービンのメンテナンスは、万が一のミスも許されない仕事です。

九動の技術者が相手にする最も象徴的な機械設備は、発電設備の中核を成すタービンです。数十トンの重量を持ちながら、数ミリ間隔で大量のブレードがセットされた非常に繊細なこの機器は、毎分3600回転もの高速で回転し、発電機に動力を伝えます。このタービンのメンテナンスには、10名前後の技術者チームであたり、1~2カ月の時間をかけて「分解」「手入れ」「検査」「組立」「試運転」の各工程を独自のノウハウで万が一のミスもなく実践していきます。もし薄いブレードの小さなクラックを見逃せば、重大な事故につながるリスクを持った大変に責任の重い仕事です。個人技とチームワークが非常に高いレベルで求められる仕事といえます。

戦略・ビジョン

培ってきた確かな専門性と動員力で、関東エリアをさらに強化。

西日本有数の物流企業グループ「シモハナグループ」の一員である九動は、その確かな経営基盤の上で堅実な発展を遂げてきました。昭和37年の創業以来、中国地方にある火力・原子力発電所のすべてに事業所を設置し、高い専門性が必要とされる発電機器設備のメンテナンスを一手に任されるまでになっています。そして、次なるビジョンを描き、関東へ進出。歴史の中で培ってきた技術力や動員力といった企業力を認められ、多くの引き合いを頂くようになってきました。2016年2月には千葉に新営業所を開設。今後は研修センターも設置し、さらに関東エリアを強化していきます。

採用方針

求めるのは総合的なニンゲン力を持つ人材

タービン・発電機のメンテナンスという仕事は、いわゆる“つぶしの利く”仕事ではありません。しかし、逆にいえば誰にでもできる仕事でないとも言えます。九動の技術者たちは皆ここに大きな誇りを持っています。しっかりした技術者としての経験を経た後、現場のスタッフや工程、予算などのさまざまなマネジメント、さらには九動の各事業の推進を担っていただく人材育成を目的としています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

発電機械設備の保守・点検・分解・組立・据付などの作業。
主に中国電力株式会社の各発電所および民間工場自家発電設備の主機(タービン・発電機)や補機(周辺設備・機器)を対象としたメンテナンス業務に携わって頂きます。
経験を重ねた後、各種マネジメント業務を行っていただきます。

会社データ

事業内容 発電所、自家発電設備での主機および補機の保守、点検、据付等の業務。中国電力の技術協力企業として、10カ所の火力・原子力発電所のすべてに対して関わり、発電所内の主に発電設備(タービン・発電機など)のメンテナンスを専門的に行っています。
設立 昭和37年(1962年)5月
資本金 1,000万円
従業員数 218名(平成29年4月1日現在)
売上高 39億円(平成28年度実績) 38億円(平成27年度実績) 33億円(平成26年度実績)
代表者 代表取締役社長 下花 眞二
事業所 本社(広島県安芸郡)、島根営業所、三隅営業所、水島営業所、玉島駐在所、大崎営業所、岩国駐在所、柳井営業所、下松駐在所、小野田営業所、下関駐在所、千葉営業所
主要取引先 中電プラント株式会社、株式会社日立プラントコンストラクション、山九株式会社、四電エンジニアリング株式会社
施工実績 中国電力株式会社、出光興産株式会社、宇部興産株式会社、東洋紡績株式会社、株式会社日本製紙、三井化学株式会社、東ソー株式会社、東京電力株式会社、JX日鉱日石エネルギー株式会社、コスモ石油株式会社、丸善石油化学株式会社、旭硝子株式会社、酒田共同火力発電株式会社、株式会社日立製作所電力システム社
グループ会社 シモハナ物流株式会社、下花建設株式会社、
下花物産株式会社、電力調査株式会社、
シモハナ測量設計株式会社、株式会社ヒロコン
下花商事株式会社、株式会社彩喜
建設業免許 広島県知事許可(般-28)35777
機械器具設置工事業、管工事業、土木工事業、
鋼構造物工事業、とび、土木工事業、電気工事業
消防施設工事業
取引銀行 広島銀行海田支店
採用実績校 千葉工業大学、城西国際大学、国際武道大学、日本大学、法政大学、明海大学、国士舘大学、湘南工科大学、信州大学、近畿大学、鳥取大学、鳥取環境大学、島根大学、岡山大学、岡山理科大学、中国職業能力開発大学校、広島市立大学、広島工業大学、広島修道大学、比治山大学、広島経済大学、広島国際大学、広島国際学院大学、山口東京理科大学、下関市立大学、水産大学校、福岡大学、崇城大学 ほか
沿革 ■1962年5月
機械の据付けおよび組立工事業として、福岡県小倉市に資本金50万円にて九州動機株式会社設立。

■1966年8月
山口県宇部市に本社移転

■1989年4月
九州動機の株式100%をシモハナグループが取得
株式会社九動に社名変更
本社を広島に移転

■1993年8月
島根・三隅・倉敷・柳井・小野田営業所開設

■2011年1月
千葉営業所開設

■2016年2月
千葉営業所を市原市から木更津市へ移転
今後の事業展開と採用展望 ■中国地方全域
電力小売の自由化を見据え三隅発電所2号機の新設時期が前倒し予定。また島根原子力3号機も稼働を開始する予定です。
■千葉営業所
民間企業のプラント・発電設備はフル稼働。今後は東京電力火力発電所での仕事が大きく増加する予定です。

こうした事業の展開を受けて、今後は毎年20名(中国地方10名、千葉10名)の採用を計画中。特に島根県と千葉県は重点採用強化エリアです。
福利厚生 ・飲みニケーション制度(若手社員の交流)

・社員旅行

・育児休暇

・社宅借上げ制度

・年度末賞与

・WEB社内報

ホームページ オフィシャルサイト● http://www.9do.jp/

連絡先

株式会社 九動
総務部(採用担当:藤本)
〒731-4323
広島県安芸郡坂町横浜中央1-6-30
TEL.082-820-1120 FAX.082-820-1121
掲載開始:2017/03/01

株式会社九動に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社九動に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)