株式会社成田製作所
ナリタセイサクショ

株式会社成田製作所

鉄道車輛部品/新幹線部品/バイク部品/メーカー/連結用幌(ホロ)
  • 正社員
業種
輸送機器
自動車/機械/広告/設備・設備工事関連
本社
愛知
残り採用予定数
3名(更新日:2017/09/05)

私たちはこんな事業をしています

鉄道車両の連結部を覆うホロ、車両の扉の設計から製造までを行っています。
ホロのシェアは国内で9割を超え、なんと新幹線においては100%ナリタ製。
「成田のホロ」「ホロの成田」との声をほしいままにしています。
また、ホロ製作の過程で得た高度な溶接技術を用いて、
オートバイのフレーム製造・ラッピング車両のグラフィックデザインなども展開しています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

狭い国土がNARITAを成長・進化させる。世界トップの技術。

NARITAの代名詞として、数々の技術革新を達成したホロ。国内外から高く評価される車両連結部のホロ技術と工場設備を活かして、鉄道車輌に求められる幅広い部品加工に携わっています。また世界初のコンピュータ制御による「ホロ機能試験機」を開発。様々な状況をシミュレーションできるこの機械は、世界のトップクラスの機能と構造を持つホロを生み出す原動力となりました。こうして生まれたNARITAのホロは、世界各国から高く評価されています。一例を挙げれば、途中駅での分割や連結の迅速化のために開発された自動ホロは『ナリタの自動ホロ』としてオンリーワンの存在感があります。※特許41件(海外特許32件)、実用新案14件、意匠2件。

社風・風土

人の命を守るため、どうしても安全なホロが必要だった。

弊社が「ホロの成田」となった契機は、1951年・東京で発生した「桜木町事故」。車輛や物資の乏しい時期に作った国鉄の「モハ63型」が、電気スパークによって車両全焼。死者106人を出しました。戦後三大鉄道事故のひとつです。この事故は、電車に貫通路がない(ドアはあるが締切)ため隣の車両に逃げられず、閉じ込められての焼死でした。この事故以降、電車には貫通路とホロの設置が義務化されました。このときすでに鉄道部品を生産していたNARITAですが、安全なホロを作るのが社会の使命と考え、「人の命を守るホロ」を作ろうと大きく舵を切りました。こうして知識と技術を積み重ね、日本ではホロ作りでNARITAより右に出る会社はいないのです。

戦略・ビジョン

ライバルは、ドイツ・フランス・中国……国際的な受注合戦。

鉄道車輌事業は、産業・経済・社会の発展に大きく寄与する国家的プロジェクトです。NARITAはホロの開発において、さまざまな特許技術を用いた製品づくりを実現し、それを支えてきました。そして舞台は海外に。政府は、インフラシステム輸出戦略を打ち出しています。車両を含む土木・建築・軌道・電気・信号・運行管理システムなどを総合的に提供する仕組みのことです。その成果がインドの高速鉄道で、2023年の完成目指して動き出しています。国際鉄道連合によれば全世界で200以上の高速鉄道プロジェクトが進んでいます。車両があればホロが必要。今こそ、NARITAの出番です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■設計開発
■品質保証
■生産技術
■生産管理
■技術営業
■システム運用・保守
■経理
”小さな巨人”企業として雑誌にも特集されたことのあるナリタ。
その技術を根底で支えているのは、常に新しいニーズへ対応し、より良い製品を作ることに努めてきた社員たちです。
今後は社長の掲げる「20年後にホロで北米~アジア制覇」という目標を実現するべく、皆さんにもその一翼を担って欲しいと考えています。

会社データ

事業内容 ●鉄道の連結用幌(ホロ)、扉、その他鉄道車両部品の設計・生産 
●二輪車のボディフレームなど車体部品の設計・生産 
●バスや鉄道などの車両、エレベーター、屋外看板のラッピンググラフィック事業
設立 昭和27年3月1日(創立 昭和13年10月15日)
資本金 6,400万円
従業員数 正社員:242名(2016年3月時点)
売上高 58億円(2016年3月期)
代表者 成田秀一
事業所 ◎本社及び本社工場:名古屋市熱田区花表町20-12 
◎南工場:名古屋市南区豊4-14-20
◎御津工場:豊川市御津町広石高坂15
◎御津南工場:豊川市御津町広石小前45
◎東京営業所:東京都千代田区神田佐久間町3-38
◎USA:NARITA MFG.inc 828 Landmark Drive,Belvidere, IL 61008 U.S.A
歴史 1938年 名古屋市昭和区に成田製作所を創立。
1946年 日本車輛製造より鉄道車輛連結ホロの発注を受け、
     強度や安全性に考慮したホロの生産開始。
1952年 株式会社成田製作所設立。
1958年 名古屋市熱田区に本社事務所と製造部門全面移転。
1990年 本社新社屋完成。
1998年 「ホロの成田」新幹線シェア100%。
2008年 ドイツの「イノトランス2008」日本ブースに出展。
会社理念 経営理念 『客先要望を親和と創造で完遂』
行動指針 『無限の可能性に挑戦』

鉄道車両のような堅牢なものを繋いで安全に動かす為には、柔軟な動きができる連結ホロが必要です。
「柔よく剛を制す」のことわざ通り、
「絶えず変わり続ける時代の流れの中で、
変えなければならないものと変えてはならないものをしっかり見極め、
革新的な発想力と創造性を持って、チームワークを重んじ、
しなやかに時代に順応して全員で力を合わせて勝利する」

これが創業以来、TeamNARITAの変わらぬポリシーです。

連絡先

株式会社成田製作所
〒456-0033 名古屋市熱田区花表町20番12号
(名鉄『神宮前』駅より徒歩5分、地下鉄『伝馬町』駅より徒歩7分)

連絡先:052-881-6191
採用宛先:総務部総務課

掲載開始:2017/03/01

株式会社成田製作所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社成田製作所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)