株式会社鈴木
スズキ

株式会社鈴木

東証一部上場(精密金型/電子部品/半導体装置/医療器具組立)
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
半導体・電子部品・その他
精密機器/医療機器/機械/商社(電機・電子・半導体)
本社
長野

私たちはこんな事業をしています

株式会社鈴木は「精密金型技術」を基盤としたモノづくり企業です。
スマートフォンや家電、自動車はいくつもの部品から成り立っています。部品の大量生産の裏には必ず「金型」が存在しています。鈴木は「精密金型」に特化し、自社製造の金型を用いての一貫した電子部品製造、半導体関連装置の製造、医療器具の製造を行っている企業です。
『鈴木の技術があれば何でも造れる!何にでも挑戦できる!』そんなオンリーワン企業です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

~次世代を勝ち抜く体質を身につけた企業~

新興国の台頭で厳しい競争環境にある日本のモノづくり。しかし、依然として圧倒的な技術的優位にあるのがモノづくりの根幹を支える金型技術です。中でも当社は、精密工業の盛んな長野県において、超精密加工を得意とする金型メーカーです。しかし、それは当社の一側面の姿にすぎません。自社作製の金型を用い、部品加工を手掛け始めたのを皮切りに、電子部品の一貫生産体制を確立。そして様々な製造ラインで自動化・省力化を実現する装置の製造と、次々に事業領域を拡大してきました。現在は、市場規模の大きい医療分野でも成功を収めるなど、時代のニーズを確実に捉え、次世代を勝ち抜く戦略と技術基盤を備えた会社へと成長しています。

仕事内容

~技術の広がりを感じ、習得できる仕事環境~

モノづくりの最初の一歩である金型、そしてプロダクトとしての電子部品、それらを製造する自動機など、当社は製造業の「入口から出口まで」を幅広くカバーしています。一例を挙げます。【1】高精密な金型を設計開発する技術、同加工技術 【2】量産のためのプレス、成形、めっきなどの技術 【3】自動機では機構、制御の技術 【4】それら固有技術の融合とR&Dによる新事業へ挑戦。当社には、技術者として自分の仕事の領域を広げようとするなら、それに応えられるだけの豊富な知見と実績があります。そして何よりも、それらの技術を「匠の領域」まで高めた社員たち。技術者としての成長を望むなら、申し分ない環境だと自負しています。

社風・風土

~ユニーク制度がつぎつぎ生まれる理由とは?~

当社では、有給休暇や各種研修制度など、一般的な待遇面や福利厚生は大手企業と比べても引けを取らないほど充実させています。ひと味違うのは、「家族を大切に」という想いが表れていること。例えば、バースデイ休暇の前日にはご家庭でのお祝い用に持ち帰りのケーキを用意。また、最大9連休を取得でき、社員4人が集まれば行き先を自由に選べる社員旅行。一定の条件を満たせば家族も参加可能です。さらには、「社員向け無料レンタカー」も用意。こうした制度が生まれる背景には、「社員が働けるのは、家族の支えがあるから」という社長の思いがあります。会社の規模が大きくなっても、こうした感謝の心は忘れない会社でありたいと考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

設計・開発 = 精密金型及び各種装置の設計及び開発
技術・生産技術 = 生産工程の技術支援、社内生産設備の設計・開発
品質保証 = 客先要求に沿った分析及び管理業務 
生産管理 = 生産計画の策定及び工場管理運営、購買業務
営業・事務等 = 製品受注及び顧客開拓の営業活動及びその他事務職

会社データ

事業内容 当社グループは電気機器業界、情報・通信機器業界、自動車業界および医療機器業界への精密プレス金型、各種コネクタ用部品、半導体関連装置等の製造、販売および医療器具の組立等を行っています。
 ◆金型 / 精密プレス金型、精密モールド金型
 ◇部品 / コネクタコンタクト、コネクタハウジング、自動車電装部品
 ◆機械器具 / SMT関連装置、半導体関連装置、専用機、医療器具
 ◇その他 / 賃貸事業、売電事業
創業 昭和8(1933)年6月
資本金 14億3,530万円(平成26年7月末日現在:東証一部上場)
社員数 600名(平成28年12月末日現在 国内連結ベース)
・平均勤続年数は16年
売上高 230億9,300万円(平成28年6月期連結実績)
代表者 代表取締役社長 鈴木 教義
事業所 ・本社(金型製造部・技術開発部・営業部・総務部等)
  長野県須坂市大字小河原2150-1
・日滝原工場(部品製造部・品質保証部)
  長野県須坂市大字日滝字虫送3500-8
・生産システム工場(生産システム製造部)
  長野県須坂市大字小河原2150-1
子会社 国内1社
・S&Sコンポーネンツ株式会社 (日滝原工場内)
海外3社
・鈴木東新電子(中山)有限公司 (中国)
・PT. SUGINDO INTERNATIONAL (インドネシア)
・PT. GLOBAL TEKNINDO BERKATAMA(インドネシア)
関連会社 海外1社
・金利精密工業股イ分有限公司 (台湾)
会社沿革(要旨) 1933年/鈴木製作所創業
1969年/台湾に金利精密工業股イ分有限公司設立
1974年/株式会社鈴木に組織変更
1999年/ISO9001取得
2001年/JASDAQ市場上場
2001年/ISO14001取得
2007年/S&Sコンポーネンツ株式会社設立
2007年/中国に鈴木東新電子(中山)有限公司設立
2010年/ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、
     大阪証券取引所JASDAQ市場に上場
2012年/東京証券取引所市場第二部上場
     (大阪証券取引所JASDAQ市場上場廃止・東証二部に一本化)
2013年/インドネシアにPT. SUGINDO INTERNATIONAL設立
2014年/東京証券取引所市場第一部上場

連絡先

株式会社 鈴木

〒382-8588
長野県須坂市大字小河原2150-1
TEL / (026)251-2600
E-mail / saiyo@suzukinet.co.jp
総務部総務課 担当/小川 清久、池田 浩美

URL / http://www.suzukinet.co.jp
掲載開始:2017/03/01

株式会社鈴木に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社鈴木に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)