株式会社 伊東屋
イトーヤ

株式会社 伊東屋

【itoya/文房具/オリジナル商品】
  • OpenES
  • 正社員
業種
文具・事務機器・インテリア
印刷関連/専門店(複合)/アパレル・服飾・雑貨・皮革製品/その他専門店・小売
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【総合職】幹部候補/マーケティング・商品戦略・店舗マネジメント

私たちは「クリエイティブな時をより美しく、心地よく」をキーワードとし、
美しく機能的な道具との出会いの場を提供し続けています!!

「毎日来ても心地よい空間」「新たなインスピレーションが得られるお店」を目指し、
2015年夏に銀座本店をリニューアル!

人々の交流の場の提供など幅広い展開で世界に誇れるブランドを目指していきます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

お客様の声を反映して「次」の商品を自分たちで作り発信していく

店舗ではセレクト商品だけではなく、伊東屋オリジナル商品の販売もしています。通常オリジナル商品を作る際は、流通に携わる多くの方の意見が反映されて店舗に並びます。しかし伊東屋ではお客様の声を直接反映した商品を開発して店舗に出すことが出来ます。伊東屋のこだわりは、今までにないモノ、そして長く愛用して頂けるモノを作る事です。センスのよい物は長期間に渡り大切にしたくなるものです。ずっと使い続けて頂くためにも、シンプルかつ機能的なデザインのモノを私たちは作り続けて行きます。

戦略・ビジョン

目指すは「はっ!」とできる空間作り

私たちは文房具の販売を通して、発見、ひらめき、ワクワクする気持ちをお客様に届けたいと思っています。文房具を手にすることで想像力がはたらくように、新たなインスピレーションが生まれる場を提供していきたいと考えます。そのために心地良く過ごせる空間、お客様の想像力や発想力を刺激できる売場づくりを心がけています。照明や壁、床、陳列棚などあらゆる環境に気を配り、全スタッフが自分の感性に磨きをかけ続け、様々な場面でひらめきの瞬間を提案します。時代や文房具の進化とともに、伊東屋も進化し続ける志は創業以来ずっと変わりません。

戦略・ビジョン

目指すは世界に誇れる日本ブランドの創出

私たちは「伊東屋」というブランドを創り上げていきたいと考えます。100年以上銀座の地を基盤に、お客様に長く愛用して頂ける商品と心地よい空間を提供してきました。これらの価値・サービスを提供し続けるには、常に魅力ある店舗である必要があります。そのために価値観を共有し、自ら目標に向かって行動(経営・企画)する幹部となれる人材育成に力を入れています。入社後は店舗経験で接客スキルを磨き、社員教育や店舗運営を行う中でマネジメント能力を身に付けてほしいと考えます。世の中のニーズを広くキャッチし、商品やサービスを通じてお客様に満足していただき、幅広い方法を用いて「伊東屋」というブランドを更に広げていきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【総合職】幹部候補/マーケティング・商品戦略・店舗マネジメント

入社後は店舗経験を通じ、お客様と接する中で、伊東屋が求められているもの、
世の中のニーズを幅広くつかみながら実績を積み重ねてください。

その後は適正に応じて販売部署の幹部候補として、またはマーケティング・商品戦略等の部署で活躍していただきます。

会社データ

事業内容 文房具・生活雑貨販売
設立 明治37年(1904年)6月16日
資本金 1億円
従業員数 611名(2016年7月現在)
売上高 8,733百万円(2016年7月期)
代表者 代表取締役社長 伊藤 明
事業所 銀座・伊東屋/東京都中央区銀座2-7-15
本社/東京都中央区日本橋箱崎町36-2 リバーゲート北ウィング19F

「伊東屋」
銀座・伊東屋 G.ITOYA・K.ITOYA
渋谷店・新宿店・池袋店・横浜店・玉川店・マルイファミリー溝口店
青葉台店・グランフロント大阪店
羽田新国際線ターミナル店
タリーズコーヒー ウィズ イトーヤ 京急横浜駅店
タリーズコーヒー ウィズ イトーヤ ASTY静岡店
カランダッシュ 銀座ブティック
イトーヤ バイ  トミヤ(Omotecho Style Store)

「itoya topdrawer」
東京ミッドタウン店・梅田三番街店・西宮ガーデンズ店
有楽町マルイ店・サンフランシスコ店・ボストン店
沿革 1904年(明治37年) 初代・伊藤勝太郎、銀座3丁目に、和漢洋文房具店伊東屋を開業
伊東屋の誕生

1906年(明治39年) 伊東屋営業品目録を発行(大正8年まで毎年発行)

1914年(大正3年)  伊東屋オリジナル万年筆「ROMEO」を発売

1930年(昭和5年)  地下2階地上8階建てネオ・ルネッサンス様式の新ビル(設計・岡田信一郎)が竣工、オープン

1953年(昭和28年)  「メルシー券」導入

1976年(昭和51年)  米ロサンゼルスにイトーヤ・オブ・アメリカ設立

1985年(昭和60年)  本社・伊東屋ビル(第三伊東屋ビル)新築落成

1987年(昭和62年)  コーポレートシンボル「レッド・クリップ」誕生

2003年(平成15年)  伊東屋オリジナルカラーチャートシリーズ発売

2004年(平成16年)  創業100年を迎える

2005年(平成17年)   e-storeオープン

2008年(平成20年)  メルシーカード導入
e-store(ネット販売)、ITO-YA-eとしてリニューアルオープン

2009年(平成21年)  itoya topdrawer (1号店) 東京ミッドタウン店オープン

2010年(平成22年)  伊東屋羽田新国際線ターミナル店オープン

2011年(平成23年)  イトーヤ ウィズ ユナイテッドアローズ 阪急MEN'S TOKYO店オープン

2012年(平成24年)  K.Itoya リニュアルオープン
                           タリーズコーヒー ウィズ イトーヤ 京急横浜駅店オープン
                           itoya topdrawer サンフランシスコ店オープン
                           K.ITOYA オープン

2013年(平成25年)  伊東屋グランフロント大阪店オープン
                           伊東屋マルイファミリー溝口店オープン

2014年(平成26年) イトーヤ バイ  トミヤ(Omotecho Style Store) オープン

2015年(平成27年)  タリーズコーヒー ウィズ イトーヤ ASTY静岡店オープン
             カランダッシュ 銀座ブティックオープン
                           G.Itoya として新本店リニュアルオープン

2016年(平成28年)  メルシーアプリ導入
                            itoya topdrawer ボストン店オープン  
組織体系 常に情報共有をしながら運営していく組織体制です。
更に組織とは別に委員会組織・プロジェクトの運営も活発(部署縦断的)
様々なプロジェクトをかけ持ちしている方もいます。
委員会は推薦・立候補により組織し、業務改善など様々な運営を行っています。
レッドクリップ お客様に伊東屋がどんなお店かを知って頂くための“目じるし”として、1987年8月7日に銀座本店ファサードに登場しました。
デザインは、
「世界中の誰もが知っている」
「シンプルな美しい形で明快な用途」
「銀座は観光地でもあり、日本人はもちろん、外国の方々にも文房具店だと一目でわかる」
という理由からクリップを採用。自社の社員によってデザインされました。
「銀座の赤いクリップ」として街の目じるしになっています。

連絡先

株式会社 伊東屋
新卒採用担当 高木 
tel.03-6264-9156
東京都中央区日本橋箱崎町36-2
リバーゲート北ウィング19階
HP http://www.ito-ya.co.jp/
掲載開始:2017/03/01

株式会社 伊東屋に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社 伊東屋に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)