社会福祉法人 青垣園
アオガキエン

社会福祉法人 青垣園

救護施設/指定障害者支援施設
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関/教育関連
本社
奈良

私たちはこんな事業をしています

障害や様々な生活上の問題があるために一人では地域に暮らすことが困難な方に
安心して生活できる場を提供し、生きがいを持ちその人らしく生きて頂けるように支援して
50余年歩んで参りました。
「誰からも愛され、親しまれる施設づくり」を基本理念とし
救護施設・障害者支援施設・相談事業所・福祉ホームを運営しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

『救護施設』って、ご存知ですか?

青垣園は、数ある社会福祉法人の中でも、全国でも数少ない『救護施設』を運営する法人です。救護施設とは、障がいをお持ちの方だけでなく、様々な問題を抱えているために地域社会での生活が困難な方々が、健康で安心して日常生活を送れるように『生活保護法』に基づいた支援を提供する施設です。全国から利用者さんが入所されている事も特長のひとつ。また同時に運営する指定障害者支援施設は、定員120名と大型で、相談支援・生活介護・就労継続B型から短期入所まで、幅広い事業を展開中です。奈良の地域で50余年。長きにわたる実績とノウハウを活かしながら、時代の変化に応じた、先駆的な福祉事業を目指しています。

仕事内容

笑顔がいっぱい!変化のある毎日と幅広い知識が学べる環境

地域における福祉の拠点として、利用者さんの日常生活の支援だけでなく、地域での自立生活を目指しています。他種別施設への移行促進、退所後の居宅生活の訓練、地域住民との交流事業としてボランティアの受け入れや相談、介護教室など、さまざまな活動に取り組んでいるので、生活保護法やプライバシー関連の諸法規など、専門知識を身につけられることも特長。また支援施設では、日常生活と就労(作業)支援、余暇活動を行い、利用者さんの作った土鈴は、奈良の神社仏閣のお土産に卸し、野菜はスーパーで販売されるなど、利用者さんの“やりがい”を提供し、イキイキとした笑顔が溢れる毎日。利用者さんと心を通わせながら、成長できる環境です。

施設・職場環境

期待しているから大切にキャリア形成☆ライフスタイルサポート

「障がいのある人の支援をしたい」と明確な志をもって就職した方ばかりですから、当然大切に育成します。専門知識・技術をしっかりと身に付けていただくために★プリセプター制度では管理職が認める優秀な先輩職員が指導(OJT)★施設内研修(外部講師による講義や実習)の実施★キャリア形成のための専門知識習得など外部研修への派遣★資格取得支援(通信教育支援)などを行っています。 また【出産・育児】・【介護】など、ライフスタイルが変化しても働き続けられる様に、休暇や時短勤務や復職制度があります。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

★資格や専門知識は、不問★
生活支援スタッフとして、
起床から食事、入浴、就寝までの日常生活のサポートや
自立した日常生活や社会参加を営むことができるような作業訓練
工芸や農耕作業、花見や遠足などの屋外活動や季節のイベントなど、
幅広く、また変化に富んだ仕事をお任せします。
ご利用者の笑顔のために
「利用して良かった」と心から思っていただけるサービスを目指してください。

会社データ

事業内容 身体や精神に障害がある方や、
経済的な問題を含めて、家庭や地域で日常生活を送るのが困難な方々が、
健康で安心して生活していただくための支援を提供しています。

【運営施設】
◆救護施設 青垣園(定員110名)
◆指定障害者支援施設 青垣園(定員120名)
◆青垣園 福祉ホーム(定員10名)
設立 1960年6月29日
沿革(56年のあゆみ) ★昭和57年4月1日
知的障害者援護施設青垣園福祉ホーム事業開始(定員10名)

★平成4年4月1日
更生園短期入所事業開始(定員2名)

★平成15年4月1日
青垣授産所知的障害者生活支援事業開始

★平成18年4月1日
奈良県より県立青垣授産所と県立青垣更生園の移管を
社会福祉法人青垣園が受け「青垣授産所」「青垣更生園」と改称

★平成18年10月1日
障害者自立支援法による相談支援事業開始

★平成19年4月1日
障害者自立支援法による事業移行に伴い
「青垣授産所」「青垣更生園」を統一し、
指定障害者支援施設青垣園と改称し、
生活介護事業(定員50名)就労継続B型事業(定員50名)、
生活訓練事業(定員20名)施設入所(定員90名)で事業開始

★平成21年2月26日
財団法人中央競馬主社会福祉財団より
知的障害者青垣園福祉ホーム改修工事

★平成22年5月1日
指定障害者支援施設青垣園の生活訓練事業を廃止し、
就労移行事業開始(定員10名)

★平成23年3月31日
支援施設木造作業棟完成

★平成24年3月23日
青垣園福祉施設等、整備工事竣工
代表者 理事長 松岡 文男
事業所 ◆救護施設 青垣園
 奈良県大和高田市藤森86-2

◆指定障害者支援施設 青垣園
 奈良県大和高田市藤森94-1

◆青垣園 福祉ホーム
 奈良県北葛城郡広陵町南郷104
従業員数 101名 (男性30名、女性71名)
ホームページ http://www.aogakien.jp
資本金 社会福祉法人のため資本金はありません
売上高 社会福祉法人のため計上はありません
救護施設 青垣園 【救護施設】は、生活保護法に基づく入所施設です。
障害を問わず、支援を必要とする人たち(定員110名)がともに生きる場所です。
私たちは、施設入所ご利用者を地域で生活する市民として尊重し、その方の基本的人権と健康で文化的な生活を保障します。

■入所事業■
規則正しい生活習慣を身につける事や、機能維持及び向上に向けて支援しています。
利用者自らが提供サービスを選択できる機会を作り、生きがいを持って自分らしい生活が送れる施設づくりを目指しています。

■居宅生活訓練事業■
施設の近隣のアパートで生活し通所していただき、地域生活に必用な技能やスキルを身につけて頂けるよう支援しています。

■保護施設通所事業■
青垣園退所者または居宅の被保護者・生活困窮者を対象に、利用者のニーズを把握し個別支援計画に基づき支援します。
通所していただく或いは訪問することで、居宅で継続して自立生活が送れるよう支援しています。

■一時保護事業■
何らかの問題を抱えていることで地域生活が困難な保護受給者・生活困窮者を対象に、関係機関と連携し課題解決することで自立生活が営めるよう支援しています。

■生活困窮者自立支援事業■
自立相談支援機関(自治体、委託事業者)を通じて、生活リズム等に課題があるなど直ちに就労が困難な方に、就労に向けた基礎能力を養うことを目的とした支援を行います。

年齢・性別を問わず、障害や抱えている課題などは様々です。
向き合う方の支援には、柔軟な対応が必要となる職業です。
ご利用者支援のために様々な人との関わり、その関わりは自身の成長にも繋がります。
青垣園は、毎日笑顔あふれる施設でありたいと思っています。
指定障害者支援施設 青垣園 【指定障害者支援施設 青垣園】(以下当園という)は、主として知的な障がいを持たれた方に、夜間から早朝にかけては「施設入所支援」を提供するとともに、昼間は「生活介護」などの「日中活動系サービス」を行う社会福祉施設です。
当園では利用者の意向及び状況に沿った個別支援計画書をもとに、「安心感」と「豊かさ」が実感される生活、活動の場を提供できるように努めています。また「社会参加」の促進に向け地域行事の参加支援や、開かれた施設を目指し交流の場を積極的に提供しています。
当園では次のような事業を運営しています。

■生活介護事業■
重度の障がいを持たれる方が6つのユニットに分かれ日中活動を行っています。常時介護面での支援が必要な方のユニット、行動面での配慮が必要な方のユニット、創作やレクリエーション的な活動を支援するユニット、また軽作業や社会参加を重視したユニットというように、一人ひとりの障害特性に応じた配慮を意識し、その人らしい生活が送れるよう支援しています。

■就労継続支援B型事業■
一般企業への就労が難しく、比較的軽度の障がいを持たれる方が3つのユニットに分かれ、作業を中心とした日中活動を行っています。企業の受託作業を行うユニット、土鈴を中心とした陶芸品の製造、野菜の栽培を行う自主生産を行うユニットがあります。園での作業を通して働く楽しさを実感いただけるよう支援しています。

■施設入所支援事業■
概ね午後6時から翌日午前9時までの間において、食事、入浴及び排泄等に係る介護、支援を行うほか、土・日曜日・祝祭日の余暇活動として各種クラブ活動を実施しています。

■その他の事業■
サービス等利用計画についての相談・作成や障がい者の地域生活を支える支援を行う相談支援事業、在宅の障がい者及びその家族の介護の負担の軽減を図る日中一時支援事業及び短期入所事業、住居を必要としている障がい者に、低額な料金で、居室等を提供するとともに、日常生活に必要な支援を行う福祉ホーム事業を運営しています。
青垣園 福祉ホーム 【青垣園 福祉ホーム】
一般就労や就労継続支援事業所で働いている知的な障がいを持つ18歳以上の方に、低額な料金で居室その他の設備を利用していただいています。
施設ご利用者は、日常生活に必要な援助により自立した地域生活を営みます。

■支援内容■ 私たちは一人暮らしを目指します
【就労支援】 勤務先への訪問を適宜行い、職場の方からの助言を参考にしてご本人の“就労意欲の向上”のために支援をします。
【生活支援】 掃除・洗濯・衣類や居室の整理整頓等、生活に必要なことが出来るようにご利用者一人ひとりに応じて様々な支援をします。
【相談支援】 生活をおくる中での困りごと等に対して、随時相談に応じています。
【調理支援】 食事は、“朝食の準備”や“昼食の弁当づくり”を協力して出来るように支援しています。『自炊』の一環として、食材購入から調理まで自分たちで出来るように、買い物のしかたや金銭管理のサポートをしています。
 
■保健医療■
ご利用者の心身の状態把握につとめ、嘱託医と連絡をとり疾病の予防と治療支援をしています。

■各種関係機関との連携■
ご利用者が以前に住んでいた市町村を始め、他の指定障害者福祉サービス事業やそのほか福祉サービスを提供する機関との連携に努めています。

連絡先

社会福祉法人 青垣園 
 
■人事担当者 辰巳・浅川
■所在地    〒635-0004 奈良県大和高田市藤森86-2
■アクセス   近鉄大阪線「高田」駅もしくは、JR高田駅  ※施設見学や採用試験の際は、送迎いたします
■TEL:0745-53-2525
■MAIL:aogakien-jinji@aogakien.jp
掲載開始:2017/03/01

社会福祉法人 青垣園に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人 青垣園に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)