日本リファイン株式会社
ニホンリファイン

日本リファイン株式会社

【環境・リサイクル・化学・研究・技術・機械装置・海外事業】
  • OpenES
  • 正社員
業種
化学
機械/プラント・エンジニアリング/機械設計
本社
東京、岐阜
直近の説明会・
イベント

私たちはこんな事業をしています

精製リサイクル事業、環境エンジニアリング事業、トータルソリューション事業

国内の産業界では多種多様な<溶剤>が使用され、使用済溶剤が排出されています。
私たちの事業の中心は、大気や水中に排出されるこれらの溶剤を精製リサイクルすること。
石油資源の節約、環境負荷の低減、CO2削減による地球温暖化防止…。
事業を通じて、地球環境の保護にも大きく貢献しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

環境問題に真摯に向き合う企業として、新事業が本格稼働します。

環境問題に近い当社だからこそ、溶剤リサイクルに限らない事業展開を考えています。その根底にあるのは、地球環境に役立つ企業となるためにどうあるべきかということ。難しい課題ですが、様々な視点で向き合うことで我々の技術の延長線上で可能性が生まれてきました。その原動力は3年前に立ち上げた「未来創造研究室」という部署。3年間で人数分の事業を作る使命を掲げ、各部署から7名が参加し知恵を絞っています。生まれた研究テーマを商品化し、「資源のリファイン」「環境のリファイン」に次ぐ、3つ目の「こころのリファイン」事業が本格稼働間近です。今もこれからも当社には、地球環境問題に目を向け考え実行できる人材が必要不可欠です。

事業優位性

溶剤リサイクル技術とその設備でトータルソリューションを提供

電気、電子、電材、医薬、農薬、食品、ファインケミカルなど、製造に関わるすべての業種・業界を取引先に持つ私たち。顧客には溶剤処理や溶剤購入にかかるコストの削減という大きなメリットがあり、取引は長期にわたります。約50年以上かけて溶剤リサイクルに取り組んできた現在では、業界トップクラスの技術と情報を持っていると言ってもいいでしょう。他にない豊富な経験と技術開発力で、あらゆるリサイクルニーズに対応しています。また、リサイクル事業だけでなく、そのノウハウを活かした「設備」を開発し、顧客が自社工場でリサイクル出来るよう技術を提供。トータルソリューションで顧客の課題解決と環境保全に貢献しています。

事業・商品の特徴

希少な石油資源の保全と環境問題の解決に取組み社会に貢献します

日本の産業界では、あらゆる場面で有機溶剤が使われます。年間230万トンが消費され、その半分は焼却処理されていると考えられます。溶剤の製造時には、その重量以上の石油が消費されること、使用済みの溶剤を焼却すると、重量の約3.5倍のCO2に変わることを考えると、資源的にも環境的にも大きな損失です。これらの循環リサイクルを行うことで、石油資源の有効利用とCO2排出の抑制に貢献するのが、私たちの事業。蒸留技術をコアに、吸収、抽出、晶析、超臨界、膜分離等、あらゆる分離技術を駆使して課題を解決。また、こうした技術をベースとした環境保全装置の開発・提供を行い、顧客と一体となって環境保全に取り組んでいます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術職/研究開発、技術開発、設備設計、品質管理
■営業職/クライアントへトータルサービスを提供するパイプ役
■総合職/総務、人事、経理、法務、企画
■製造職/リサイクル装置のオペレーター

会社データ

企業理念 人類が持続的に発展できる社会を実現するために、『資源』『環境』『こころ』のリファインを業とし社会に貢献する
事業内容 地球規模での環境破壊や地球温暖化が深刻な問題となっている昨今、
大量生産・大量消費・大量廃棄型社会から、
環境への負荷が少なく、持続可能な資源循環型社会への転換が求められています。
日本リファインでは、環境破壊や地球温暖化の原因となる揮発性有機化合物(VOC)を、
多様な分離技術を駆使することにより、資源として完全に循環することを目指しています。

日本リファインの環境ビジネスは2つの機能からなります。
1つは溶剤を精製リサイクルする機能、
もう1つは、様々な工場から排出される排ガス・排水中に含まれる微量溶剤成分を
高効率で回収する装置を設計・製作する環境エンジニアリング機能。
この2つの機能を有機的に繋げることにより、溶剤の供給から排出までの流れにおいて、
溶剤ユーザーが抱える様々な問題に対し、最適なソリューションを提案しています。

例えば、次世代自動車として注目が集まる電気自動車・ハイブリット車に使用する
リチウムイオン電池、この極板を製造するプロセスの中においても
日本リファインの分離技術は活躍しています。

リチウムイオン電池の極板製造プロセスで使用された溶剤(NMP)が排ガスとして排出される際、
日本リファインが導入するガス回収装置『エコトラップ』によりNMPを液として回収します。
回収NMPは日本リファインの精製工場で新品より精度の高い電池グレード品質に精製し、
再び電極製造工程に供給します。
このソリューションにより、資源の循環、CO2の削減、VOCの排出抑制、
製造コストの削減を同時に達成しています。
設立 1966年6月22日
資本金 6億8760万円
従業員数 連結:450名、単体:300名(2015年6月末現在)
売上高 連結:117億円、単体:85億円(2015年6月期)
代表者 代表取締役社長 川瀬 泰人
事業所 本社・輪之内工場/岐阜県安八郡輪之内町
東京本社/東京都千代田区丸の内
大垣工場/岐阜県大垣市
千葉工場/千葉県市原市
技術開発センター/千葉県市原市
海外拠点/台湾、蘇州

連絡先

□採用に関するご質問窓口は以下の通りです。

日本リファイン株式会社 人事本部 東京人事グループ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビル11階
TEL : 03-3201-3357 
採用担当:光永・藤原
掲載開始:2017/03/01

日本リファイン株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日本リファイン株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)