株式会社ピラミッドフィルム クアドラ
ピラミッドフィルム クアドラ

株式会社ピラミッドフィルム クアドラ

インタラクティブプロモーションカンパニー/広告/Web/企画/制作
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
広告
放送/通信/インターネット関連/コンサルタント・専門コンサルタント
本社
東京

先輩社員にインタビュー

ディレクション
高橋 理沙(26歳)
【出身】武蔵野美術大学  造形学部基礎デザイン学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 皆があっと驚くようなアイデアを、目を惹くようなアウトプットへと導く仕事
私の仕事は、デジタルを中心とした広告キャンペーンの企画を行う”プランナー”です。デジタルに軸を置く会社ではありますが、WebサイトやSNSを使った施策、アプリ、動画やイベントと、提案するものは様々です。
提案した企画が通れば、そのアイデアを実際に形にするための”ディレクター”の役割も果たします。Webサイトやアプリであれば、デザインや動きの演出をコントロールする監督役。動画であればコンテを書き、撮影の指示を出すなど、実際に手を動かしてくれるスタッフと相談しながら、ベストなアウトプットを探っていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
企画への「共感」と形にするための「協力」で皆の気持ちが一つになっていく
まず1つは、自分が面白いと感じるアイデアをシェアし、それに共感してもらえる瞬間です。「これ、面白いね!」「やってみたいね!」という言葉が原動力。毎日新しいモノ、コトにアンテナを張りながら過ごしています。
そしてもう1つは、アイデアが実際に形になっていく瞬間。目指していたものに近ければ近いほど、それは喜びになります。その道のプロと協力してのものづくり。自分のアイデアをより高いゴールへ向けようとしてくれる、みんなの一体感が楽しさに繋がります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分が手がけたものが誰かに触れられているのが解りそのことが成長へ繋がる
友達や家族に言えば「ああ、あれか!」と伝わるような、名の通った企業の広告制作を行っていることが最初の理由です。
自分が手がけた物をより多くの人に見てもらえるということが、制作するモチベーションになります。
また入ってみてわかったことですが、決して大きい会社ではないからこその良さがあります。
それは、任せてもらえることがとても多いということ。
決して生易しくはないけれど、自分が前よりもっと強くなっていると実感できます。学生時代の同級生にあった時に、「社会人らしくなったね」「成長している感じがするね」と言われたのが、最近の嬉しい瞬間です。
 
これまでのキャリア 2013年新卒入社→プロジェクトマネージャー→プランナー

現在5年目

この仕事のポイント

仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

時間がとれるタイミングだからこそ、今まで自分がしてきたことの整理や、
自己分析は大切だと感じました。
「就活のため」と思わず、「自分はなにをしたいのか?」ということに
真剣に向き合うつもりでやってみるといいと思います。

株式会社ピラミッドフィルム クアドラの先輩社員

デジタルコンテンツ全般のプロジェクト進行管理

プロデュース
神 めぐみ

インタラクティブ領域のモノ作り

プロデュース
椎木 光

デジタルコンテンツのデザイン全般

デザイン
松岡 明日香

広告に関する技術のあれこれ

テクニカル
高橋 綾乃

初めての繰り返し

プロデュース
太田 雄人

掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)