株式会社カケフホールディングス
カケフホールディングス

株式会社カケフホールディングス

旧 株式会社メトーカケフ
  • OpenES
  • 正社員
業種
建材・エクステリア
鉄鋼/金属製品/住宅/建築設計
本社
岐阜

私たちはこんな事業をしています

鐡(てつ)を加工して建材を開発したり、鋼板を提供したりするなど、様々な事業を展開している私たち。岐阜県内において鐡を扱う会社の中でトップクラスの規模を誇り、2017年9月にホールディングス化が始動。近年はグローバル化も推進しており、インドネシアにグループ会社を設立。岐阜県にしっかり腰を据えながら、世界を意識したビジネスを展開していきます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

一緒に、鐵の全てを知り、新たな可能性を開拓し続けよう!

大手鉄鋼メーカーと15年間協力しあって構築した、スチールハウス工法の量産化を実施する生産技術体制。インドネシアへの進出。…他にも鐡の新たな可能性を多々発掘してきましたが、それは氷山の一角に過ぎません。社会のニーズはこれからも変化するし、新たな活用法はまだまだたくさんあるはず。皆さんには、そんな可能性を引き出すアイデアをどんどん発信していただきたいです。職場の雰囲気はざっくばらん。風通しが良く、誰もが考えを発信することが可能。小さなことでも、積極的にアピールしてください。私たちは、これからも鐡にまつわるビジネスを貫いていきます。一緒に鐡の可能性を切り開いていきましょう!

戦略・ビジョン

2017年9月、ホールディングス化!

現在、住宅や店舗などに使用する建材、集合住宅・仮設住宅、鋼板など、社内には4~5つの主力事業があります。今まではそれを事業部として設定していたのですが、各事業を専門会社化することに。それによってポストの増加、経営のさらなるフレキシブル化などを実現することが大きな目的です。「社長のポストを狙いたい!」という積極果敢な想いにも応えるなど、誰もがチャンスを得られる会社づくりを推進したい。また、ホールディングス化をした後は、新事業の設立にも一層チャレンジ。自身のアイデアで生まれた製品がホールディングスの柱になり、会社になった。そして、その会社の社長に就任した…という経験もできる可能性があります。

戦略・ビジョン

鉄板級の経営基盤を実現!

最後に、私たちの経営基盤は盤石です。70年近くの歴史を持つ中で、赤字決算を記録したのはリーマンショック直後の1年だけです。これは、建材や鋼板、住宅、3事業部の売上がほぼ均等であること、ホールディングス化した後も、グループ会社同士で助け合えることが要因のひとつ。また、岐阜県内における大規模な案件を確実に受注しているので、現在進行形で経営基盤の強化が続いているのです。その企業が本当に安定しているかどうかは、知名度や規模だけで判断することはできません。皆さんの知りたいことは何でもお伝えしますので、様々な視点でカケフグループを分析し、気軽に質問していただけると嬉しいです。/代表取締役/掛布 毅

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●営業 ●設計 ●施工管理 ●製造(生産管理) ●管理事務

※どの職種も文系、理系問わず選択して頂けます。各事業部・国内の関連会社も含め、様々な職種があります。詳しくは募集概要をご覧ください。

私達の仕事は建物に関わる仕事。当社の建材は東海エリア周辺だけでなく、様々なエリアへ広がっており、何十年経っても成果に胸を張れる仕事だといえるでしょう。

会社データ

事業内容 ◎住宅・店舗・物流倉庫・工場などの屋根や壁に使われる、
鋼板の成型加工及び販売
◎住宅資材の加工及び販売
◎家電に使われる部材の販売及び加工
◎建築板金金属工事
◎一般建築資材販売

※日本工業規格表示認可工場、一般建築士事務所


【ホールディングス化に向けて】
私たちは2017年9月にホールディングス化という大きな舵取りをします。住宅、建材、鋼板などの主力事業を分散し、1事業につきひとつの会社として設立。専門性を追求すると同時に、柔軟な事業展開を実現できる体制を確立していきます。


【グローバル化を推進します】
インドネシアに子会社を設立するなど、海外での事業も積極的に展開。グローバル化を推進すると同時に、経営基盤のさらなる強化を目指していきます。
取引先 大手鉄鋼メーカー、大手ハウスメーカー各社、商社、ゼネコン、ファブリケーター、家電メーカーなど
設立 平成元年12月 ※創業:昭和23年3月
資本金 5000万円
従業員数 235名(系列会社含む)
※現在の平均年齢は35歳と若手が活躍しています!
売上高 108億円(平成28年実績)   ※グループ全体145億円 (平成28年実績)

※当社の自慢はコツコツ営んできた経営体質にあります。景気がいい時も本業である鉄鋼以外の分野には拡大せず、あくまでも自分たちの専門分野である事業だけに投資し続けてきました。
その結果、利益が出なかったのはリーマンショックの年だけ。この堅実な経営体質こそが社員の安心に繋がっています。
代表者 代表取締役社長 掛布毅
事業所 ◎本社・本社工場:岐阜県可児市下恵土3224
◎姫ヶ丘第二工場:岐阜県可児市姫ヶ丘1-36
◎姫ヶ丘第三工場:岐阜県可児市姫ヶ丘4-1-3
◎姫ヶ丘第四工場:岐阜県可児市姫ヶ丘1-35
◎二野工場:岐阜県可児市二野1979-150
◎関東工場:茨城県笠間市稲田3888-13
◎関西工場:兵庫県姫路市飾磨区1929-5

※ISO認定取得工場:姫ヶ丘第二工場、二野工場
グループ会社 ◎株式会社スタールカケフ
鉄鋼製品のデパートとして、鉄鋼一次製品卸および鋼材加工販売を主体とする会社
姫ヶ丘第一工場:岐阜県可児市姫ヶ丘1-17

◎PT. Kakefu Baja Industri Indonesia
インドネシアのブカシを拠点とし、インドネシアをはじめASEAN諸国への供給拠点とする会社

◎ジャパンメタルビルディングシステムズ株式会社
インドのシリコンバレーと呼ばれる南インドの高原都市バンガロールに拠点を構える合弁会社
沿革 ◎昭和23年 掛布静雄氏(故人)が個人経営にてトタン板の販売を始める
◎昭和33年 合資会社掛布金属材料店を設立 資本金200万円
◎昭和35年 鋼材(丸棒C型鋼、アングル)などの取り扱いを始める
◎昭和47年 何度かの増資を繰り返し資本金が3000万円に
◎昭和48年 現本社事務所施工
◎昭和49年 創業25周年、可児市工業団地に用地を取得
◎昭和51年 姫ケ丘第一工場竣工(現株式会社スタールカケフ工場)、
       資本金を4500万円に増資
◎昭和62年 姫ケ丘第二工場竣工
◎平成元年  株式会社メトーカケフ設立、資本金5000万円
       代表取締役社長に掛布静雄氏(故人)就任
◎平成9年 株式会社スタールカケフ設立
◎平成10年 インドバンガロール市に
       ジャパンメタルビルディングシステムズを設立
◎平成11年 姫ケ丘第三工場竣工
       11月、代表取締役会長に掛布静雄氏(故人)就任
       代表取締役に掛布毅氏就任
◎平成16年 茨城県にメトーカケフ関東工場をオープン
◎平成18年 兵庫県にメトーカケフ関西工場をオープン
◎平成18年 第4工場取得
◎平成19年 株式会社フェールカケフ設立
◎平成23年 フェールカケフにおいて介護対応小住宅、モデル棟完成
◎平成26年 二野工場第1期竣工
◎平成28年 二野工場第2期竣工 住宅事業部移設
        フェールカケフをメトーカケフへ吸収合併・クラス事業部としてスタート
◎平成29年 インドネシア ブカシ市にPT.Kakefu Baja Industri Indonesiaを設立
6000坪の敷地 メトーカケフの本社のまわりには当社の工場などの敷地があります。その広さは約6000坪。こんなに敷地が大きいので地元の人ならほとんどの人が知っている会社です。

連絡先

〒509-0203
岐阜県可児市下恵土3224番地
TEL:(0574)62-1214 総務部 新卒採用担当
掲載開始:2017/03/01

株式会社カケフホールディングスに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社カケフホールディングスに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)