丸藤シートパイル株式会社
マルフジシートパイル

丸藤シートパイル株式会社

東証2部上場企業/建設仮設資材/専門商社
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
商社(建材・エクステリア)
建設/建築設計/リース・レンタル
本社
東京
直近の説明会・
イベント

私たちはこんな事業をしています

当社は創業92年目を迎えた、地下仮設工事をトータルサポートしている建設資材の専門商社です。
安定性と経済性を兼ね備えた高い技術力をもって、大型都市再開発や道路・鉄道・橋梁などの地域に密着した街づくりにも寄与しています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

土木・建築プロジェクトの先陣を切って、地下空間を創り出す

当社は、建設工事用資材、とりわけ基礎工事をサポートするための鋼材を扱っている専門商社です。あくまで仮設なので、建物の一部として永久に残るわけではありませんが、建物を地下から支える基礎工事には不可欠な資材です。例えば社名の「シートパイル」。これは港湾、河川、土留め工事で締切材として使われ、建物や橋の基礎工事へとつなぐ大事な役割を担っています。1926年の創業以来、商品提供から設計工事まで地下工事の分野へ総合的に携わり、お客様のニーズと安全を実現させる提案を行ってきました。蓄積された高い技術力と品質にかける熱意が、東京スカイツリーをはじめとするビックプロジェクトへの参画を実現しています。

事業・商品の特徴

優れた経営による安定性の実現。社会貢献事業も手掛けています。

当社の自己資本比率は56.7%という高い数値。借入依存度の低い健全な財務体質で、安定性を誇っているのは当社の特徴の一つです。これを支えるのは、多くの企業との取引実績や築いてきた信頼があるからこそです。これらの経験を活かした技術・製品はいろんな場面で活躍しています。例えば流された橋が復旧するまでの仮設橋梁(ランドクロス)は自社開発の商品です。その他東日本大震災や大雨・台風といった災害時も、仮設資材を供給するなど復旧活動に寄与しています。今後も「こっそりと、でもしっかりと社会を支えている」そんな存在であることを誇りに、成長し続けていきたいと考えています。

社風・風土

社員の成長により、企業の発展、社会の繁栄につなげたい!

「企業は人なり」と考える当社は、社員を何より大切にしたいと考えています。例えば営業力やプレゼンテーションの強化研修を行うなど、人材育成の面で力を入れています。さらには、資格取得者に対するバックアップを行い、モチベーションを高めています。また、社員皆が笑顔で楽しく心身ともに健康に働ける環境づくりも行っています。例えば、福利厚生としてリゾートマンションを保有しており、多くの社員が利用しています。これらは勿論、丸藤の社員が仕事でよりよいパフォーマンスを発揮する事を期待するからこそ。ON・OFFをしっかり分けて、プライベートも仕事も充実!働きやすい環境の下、同期や先輩と切磋琢磨し成長を目指して下さい。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◎ 総合職文系 : 営業職(ルートセールス)
  大手建設会社を中心とした既存得意先へのルートセールス
◎ 総合職理系 : 技術職(設計・計算)、工事職(施工計画、施工管理)
  土木・建築工事に関する設計、技術提案及び施工管理

会社データ

事業内容 ◎建設工事用仮設資材の販売、賃貸、修理加工
◎土木建築工事の設計・施工の請負業務
◎各種鉄骨加工、建築鉄骨工事
◎免震・耐震補強工事
◎仮設橋梁工事
など建設工事関連業務
取扱商品 ◎シートパイル
◎H形鋼
◎鋼製山留材
◎路面覆工板
◎ランドクロス(仮設橋梁)
◎ガードレールなど
創業・設立 1926年(大正15年)3月 1日 創業
1947年(昭和22年)9月12日 設立
資本金 36億2607万円
売上高 303億2058万円(2016年3月期 単体)
319億1400万円(2015年3月期 単体)
289億1700万円(2014年3月期 単体)
267億9700万円(2013年3月期 単体)
242億2600万円(2012年3月期 単体)
従業員数 365名(2017年1月現在)
代表者 代表取締役社長 志村 孝一
事業所 ◎本 店
 東京都中央区日本橋本町3丁目7番2号 MFPR日本橋本町ビル
◎支 店
 東京、札幌、東北(仙台)、関東(さいたま)、名古屋、関西(大阪)
◎営業所
 道東、青森、岩手、山形、茨城、千葉、横浜、新潟、静岡、北陸
◎出張所
 前橋、金沢
◎工 場
 札幌、道東、青森、仙台、山形、茨城、埼玉、千葉、新潟、名古屋、北陸、金沢、関西
主要取引先 鹿島建設株式会社、株式会社大林組、株式会社竹中工務店、
清水建設株式会社、大成建設株式会社、株式会社熊谷組、
株式会社安藤・間、三井住友建設株式会社、西松建設株式会社、
戸田建設株式会社、東急建設株式会社、東亜建設工業株式会社
株式会社不動テトラ、佐藤工業株式会社、大日本土木株式会社 他(順不同)
参画プロジェクト ◎東京スカイツリー
◎フジテレビ
◎TBS
◎新丸ビル
◎JR東京駅
◎銀座三越
◎西武ドーム
◎東京国際空港(新整備棟)
◎住友金属工業鹿島製鉄所火力発電所
◎新宿東宝ビル
◎札幌駅前通地下歩行空間
◎仙台地下鉄東西線
◎仙台駅東口
◎東京外環自動車道(市川中、国分)
◎首都高速道路(大橋ジャンクション、東京港トンネル)
◎圏央道(高尾山IC)
◎新東名高速道路(佐奈川橋)
◎中部国際空港
◎北陸新幹線(JR富山駅高架橋)
◎新名神高速道路(猪渕橋)

他、多数
社名の由来 大正12年9月1日東京を直下型の大地震が襲いました。いわゆる関東大震災です。

帝都復興のためヨーロッパ、アメリカより大量の鋼矢板(シートパイル)が輸入されました。

当時は仮設といえども使い捨てで、使用後はスクラップとしていました。

藤森良三はこれを何とか再利用できないかと思い、一人独自に加修整備方法を考え出し、
大正15年3月1日に事業化し個人営業丸藤商店を創業致しました。

その後昭和38年、株式を公開するにあたり創業の想いを記録するべく
社名を「丸藤シートパイル株式会社」と改名し、今日に至っております。
沿革 ◎大正15年  丸藤商店 創業
◎昭和22年  東洋起業株式会社を設立、丸藤商店の業務を継承
◎昭和23年  商号を株式会社丸藤商店に変更
◎昭和38年  商号を丸藤シートパイル株式会社に変更
            東京店頭売買登録銘柄として株式公開
◎昭和43年  仙台支店(現・東北支店)、仙台工場 開設
◎昭和44年  名古屋支店、名古屋工場 開設
◎昭和46年  千葉工場 開設
◎昭和47年  千葉営業所 開設
◎昭和48年  東京証券取引市場第2部に株式上場
            埼玉営業所(現・関東支店) 開設
◎昭和49年  横浜営業所 開設
◎昭和50年  水戸営業所(現・茨城営業所) 開設
◎昭和51年  青森営業所、北陸営業所、静岡営業所 開設
◎昭和52年  青森工場、金沢工場 開設
◎昭和53年  サイガ建材リース株式会社を合併
             同社から札幌工場、埼玉工場を継承 札幌支店 開設
◎昭和54年  新潟工場、新潟営業所、北陸工場 開設
◎昭和56年  茨城工場 開設
◎昭和57年  秋田営業所 開設
◎平成2年   山形営業所、山形工場 開設  
◎平成4年   道東営業所 開設
◎平成7年   大阪営業所(現・関西支店)開設
◎平成9年   東京支店、道東工場 開設
◎平成10年  関西工場 開設
◎平成13年  金沢出張所 開設
◎平成15年  前橋出張所 開設
◎平成24年  岩手営業所 開設
◎平成25年  東京証券取引所 上場50周年
◎平成28年  創業90周年
採用実績校 青山学院大学、関東学院大学、学習院大学、近畿大学、慶應義塾大学、国学院大学、駒澤大学、芝浦工業大学、実践女子大学、上智大学、成蹊大学、大東文化大学、千葉工業大学、中央大学、中京大学、東海大学、東京経済大学、東京都市大学、東京農業大学、東京理科大学、東北学院大学、東北工業大学、東洋大学、日本女子大学、日本大学、法政大学、北海道科学大学、明治大学、立教大学、早稲田大学、青山製図専門学校、中央工学校
ホームページ http://www.mrfj.co.jp

連絡先

丸藤シートパイル株式会社
総務人事部(採用担当:山本)
【所在地】東京都中央区日本橋本町3丁目7番2号MFPR日本橋本町ビル
【電話番号】03-3639-7758
掲載開始:2017/03/01

丸藤シートパイル株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

丸藤シートパイル株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)