株式会社ミクニ
ミクニ

株式会社ミクニ

東証一部上場  自動車部品/生活環境機器
  • 株式公開
  • 正社員
業種
自動車
輸送機器/半導体・電子部品・その他/機械/その他商社
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

エンジン制御技術に強みを持つ、世界的自動車部品メーカーです。

自由な発想を大切にし新しい製品づくりを行ってきた結果、
二輪車キャブレターの世界シェアトップクラス、
軽自動車スロットルボデーの国内シェア上位を占めるまでになりました。

次世代を見据え、柔軟性と豊富な海外拠点を武器に、技術経営で着実な成長を目指しております。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

創立100周年に向けた事業戦略とは

2023年、当社は創立100周年を迎えます。この100周年を一つのマイルストーンとし、現在『技術経営』という考え方を取り入れた経営戦略を策定中です。この『技術経営』という考え方は、経営の中心に技術をおき、戦略的に技術を展開することで収益性を高めようというもの。当社の最大の強みである【技術力】を中心に据え、今後も事業展開していきたいと考えています。具体的には、アジアで培ってきたネットワークを生かし、海外市場へとさらに踏み込んでいく予定です。こんな当社が必要とするのは、知力と体力のバランスのとれた人材。能力も重要ですが、走りながら考えるという柔軟性も、これからのミクニは求めています。

戦略・ビジョン

環境問題に直結するコア技術で、世界から期待を受けています

かつては『キャブレターのミクニ』、現在では『インジェクションのミクニ』として業界では知らない人がいない存在です。その強い製品を支えているのが高い技術力。なかでも、流体制御、噴霧、精密加工技術に一日の長があり、CO2削減に大きく関わるエンジン制御に最も近い部分を担っています。もちろん話題のエコカーにも当社の製品が搭載されています。たとえば、高機能ペダル。加速・発進時に生じる過剰な燃料消費を抑えるため、反作用力を強めエコドライブを実現しています。いかにパワーを落とさず、エネルギー消費を抑えるか。限りなく環境負荷が低く、便利で低コストな製品を生み出すため業界の期待を背負って開発しつづけています。

社風・風土

社歴に関係なく意見を言えるので、あなたの拘りを大切にできます

当社は、独立系メーカーです。特定の車両メーカーに属していないため、常に車両メーカーに提案していく姿勢が求められます。したがって、斬新な発想で製品を開発し続けていく必要がでてきます。そのため、社歴やポジションに関係なく自由に意見を言える風土となっています。自動車部品に留まらず、ガス機器や加湿器など分野を越えて製品がラインナップされているのも自由な発想をウリにするミクニならでは。自分のこだわりをカタチにしたいエンジニアにとって仕事がしやすい環境です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

最初の3ヶ月間は技術・製造についての研修を積んだ後、
メンター制度を活用し、実験の段取りや図面作成などの業務に取り組みながら
製品が完成するまでの流れを覚えて頂きます。
2年目以降は、メーカーとの打ち合わせ、パーツのレイアウト決め、CAD解析、試作品の製造など
より製品の製造に近い仕事に、先輩と同じように取り組んで頂きます。

会社データ

事業内容 特定の自動車メーカーに属さず、独立系メーカーとして、
自動車・二輪車で培ってきた技術力を活かし多くの市場に事業展開を行っています。

●自動車関連部品の製造:http://www.mikuni.co.jp/product/automobiles.html
電子制御燃料噴射関連機器、気化器、ポンプ類、ガス制御機器、制御弁、暖房器などの部品を製造しています。
特に強みを持つ「エンジン制御技術」はCO2削減に大きく貢献するため、業界からの期待が高まっています。話題のエコカーにも当社製品が採用されるなど、便利で低コストな製品を生み出しています。

●生活環境機器の製造:http://www.mikuni.co.jp/product/life.html
ガス立ち消え安全装置を初めとするガス制御機器と、潤いのある快適空間の追求のための加湿器、水制御機器を開発、製造しています。

●航空・宇宙部品、芝刈り機の輸入・販売事業:http://aero.mikuni-sc.jp/index.html
航空機の機体・エンジン・宇宙機器用の各種部品など、優れた海外製品・材料等の輸入・販売をしています。
設立 1948年
資本金 22億1530万円
従業員数 1684名(単体)
売上高 978億74百万円(2016年3月実績・連結)
業績(連結決算) 決算期  売上高  経常利益
───────────────
2011.3      79,762      2,088
2012.3      82,704      2,051
2013.3      81,942      2,131
2014.3      96,456      4,176
2015.3      98,518      4,326
2016.3      97,874      3,946

              (単位:百万円)
代表者 取締役社長 生田久貴
事業所 ●本社:東京都千代田区外神田 (地下鉄銀座線「末広町」駅)

●開発拠点:神奈川県小田原市、岩手県滝沢市

●工場:静岡県菊川市、岩手県滝沢市

●営業所:札幌、那須、つくば、川越、千葉、東京、浜松、岡崎、名古屋、大阪、広島、福岡
海外拠点 世界各国に16の拠点を持っています。
地球的視野に立ち、製品づくりを推進する当社は、
国内はもちろんのこと、全世界でのグループネットワークを強化することで
より高度な技術を生み出していきます。
主な取引先 ●国内:
スズキ、ヤマハグループ、三菱自動車工業、日産グループ
富士重工業、川崎重工業、マツダ、三菱重工業、クボタ、ヤンマー
本田技研工業、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックス 
リンナイ、パナソニック、ハーマン、多田スミス、ノーリツ、IHI 他

●海外:
ハーレーダビッドソン、ポラリス、ドゥカティ、アークティックキャット
ボンバーディア、トライアンフ、現代自動車、プロトン、長城自動車、ボッシュ
沿革 1923年 合資会社三國商店を創立。自動車・自転車およびその部品を輸入。
1932年 アマルとガレリーの気化器製造権を取得。
1944年 小田原工場(現小田原事業所)が生産を開始。
1960年 フランスのソレックス社と技術提携。
      ソレックス型気化器の生産を開始。
1961年 三國工業株式会社と商号変更。
      東京証券取引所の第二部に上場。
1971年  イタリアのシット社と技術提携。立ち消え安全装置の生産を開始。
1973年  ミクニアメリカンコーポレーションに資本参加。
1979年  台湾三國工業股イ分有限公司を設立。
1983年  ミクニバークレーR&Dコーポレーションを設立。
1986年  三菱電機株式会社、ドイツのロバート・ボッシュ社と
      合弁会社「日本インジェクタ株式会社」設立。
1990年  東北三國工業株式会社を株式会社ミクニアデックと商号変更。
      ドイツ・フランクフルトにミクニEUROPE GmbHを設立。
1991年  三國工業株式会社を株式会社ミクニと商号変更。
      ミクニタイランドカンパニーリミテッドを設立。
1994年  天津三国有限公司を設立。
      成都三国紅光機械電子有限公司を設立。
      上海三国長航機械電子有限公司を設立。
1995年  寧波三国機械電子有限公司を設立。
      済南軽騎三国機械電子有限公司を設立。
1996年  長春長航三国機械電子有限公司を設立。
      南京金城三国機械電子有限公司を設立。
      ミクニテキサスカンパニーを設立。
      ミクニメキシカーナを設立。
2002年  (株)ミクニアデックを吸収合併。
2003年  三國商工(株)を吸収合併。
      浙江三国精密機電有限公司を設立。
2006年  P.Tミクニインドネシアを設立。
2008年  MIKUNI INDIA PRIVATE LIMITEDを設立。
2010年 三国(上海)企業管理有限公司を設立。
2011年 ピエルブルグ・ミクニ・ポンプ・テクノロジー株式会社を設立。
2012年 ピエルブルグ・ミクニ・ポンプ・テクノロジー(上海)有限公司を設立。
2013年 エバスペヒャー ミクニ クライメット コントロール システムズ株式会社を設立。
2014年 株式会社ニッシン自動車工業の株式取得(子会社化)。
2015年 東京証券取引所の第一部に上場。
2015年 旭エアーサプライ株式会社の株式取得(子会社化)。
2016年 福祉機器、健康機器及び携帯用加湿器等の製造及び販売事業を吸収分割
          株式会社ニッシン自動車工業を株式会社ミクニライフ&オートと商号変更
URL http://www.mikuni.co.jp/

連絡先

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-13-11
東京本社 経営企画・管理本部 人事室 採用担当
Tel:03-3833-0534
E-mail:jinji@mikuni.co.jp
※お問い合わせはメールにてお願いいたします。
掲載開始:2017/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
機械系学科卒の先輩が語る! この会社を選んだ理由

株式会社ミクニに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ミクニに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)