株式会社東研サーモテック
トウケンサーモテック

株式会社東研サーモテック

自動車部品等の金属熱処理加工/薄膜形成処理/金属材料成分分析
  • 正社員
業種
自動車
輸送機器/金属製品/鉄鋼/機械
本社
大阪
残り採用予定数
5名(更新日:2017/08/01)
○東研サーモテックプレエントリーはこちらから○○東研サーモテックプレエントリーはこちらから○
  • 文系向け
  • 理系向け

私たちはこんな事業をしています

熱処理専門企業の中で、500名以上の技術者が在籍し、国内外に幅広い熱処理技術を保有している当社。モノづくりにおいてなくてはならない金属熱処理加工で日本の産業を支えてきました。1995年タイ進出を皮切りに、私たちの技術を必要とするアジア、南米へとマーケットは展開中。惜しまない人財育成への投資により、たゆまぬ技術の向上を続け、トップクラスの技術をより進化していきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

日本の産業を支える、鋼に命を吹き込む技術のスペシャリストです

金属加工における熱処理は、日本の産業界全てに必要とされている技術です。加工された鋼に、熱処理を行うことで用途に応じた強度や粘度にし、ご要望に応じた製品に仕上げます。当社はそんな金属熱処理加工のスペシャリストとして、80年以上の歴史を持つ会社です。お取引先のご要望にお応えできるノウハウを蓄積し、金属熱処理業界内でも日本初となる1995年のタイへの海外進出を皮切りに、マレーシア、中国、メキシコとグローバルに展開しています。今後も海外展開はもちろん、技術力向上に取り組むと同時に、技術を継承していく人財育成に努めていきます。

事業優位性

数ミリ単位のモノから1tを超える大きさのものまで、自在に加工

自動車部品を中心に、産業機械、建設機械、家電、工具、刃物など様々な分野で当社の技術は活きています。熱処理技術の幅は広く、『技術の種類×鋼の種類=無限』となり、お取引先からの多様なオーダーに応えることが可能です。ただし、素材による微妙な温度調節など1人が全てを理解するのは到底無理なこと。だからこそ、技術者・営業いずれにおいても、自分の得意分野を作ってもらいたい。分野毎のスペシャリストが集まれば、互いの得意を活かし、アドバイスしあうことができ、結果的に会社全体の大きな力に。当社はこれまでもそうやって、信頼を積み重ねてきたのです。現在は大手メーカーの認定指定工場として、共同で技術開発も行っています。

社風・風土

新しいことに挑戦したい!そんな想いを最優先にする会社です

常に新しい技術に挑み、大きな壁を乗り越えてきた当社。だからこそチャレンジ精神旺盛な方には出来るだけ応えたいと考えています。生産技術を経験して、さらに熱処理の知識を深めたいということで品質管理へ異動し経験を深めた後、現在では海外の拠点で活躍しているメンバーもいます。資格取得に挑みたい方には社内外の講習に参加できるよう、費用面でもサポート。伸び伸びと成長できる風土が当社にはあります。タイにも教育センターを建てるなど、社員育成のための費用は一切惜しみません。こんな風土のせいか、この3年間で自己都合による離職はゼロ。次はこれをやってみたい、あれを学びたい…そんな人には、ぴったりな風土だと思います。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■生産(製造)技術
熱処理によってお客様の求める強度や粘度を金属に与えるのが生産(製造)技術の役割です。
■品質管理
処理結果を各種分析装置にて検査・分析するのが品質管理の役割です。また品質の観点からの技術提案も行います。
■生産管理(技術営業)
お客様とのパイプ役になるのが生産管理(技術営業)の役割です。工程を検討し、品質・納期・コストを追求していきます。
■総務職
総務事務全般

会社データ

事業内容 ■金属熱処理加工
ガス浸炭、ガス浸炭窒化、ガス窒化、ガス軟窒化、焼入れ、焼戻し、焼ならし、焼なまし、無酸化焼入れ、ソルト焼入れ、アルミ溶体化処理、真空熱処理、高周波焼入れ、高周波焼戻し、ステンレス熱処理、オーステンパー、ADI処理
■薄膜形成処理
DLC、PVD、VC処理
■ろう付け
■ショットブラスト、ショットピーニング
■金属材料成分分析(カントバック・SEM)
■熱処理設備の仕様・製作に関するコンサルティング業務
こんなところに、当社の技術が活かされています。 ●自動車部品(世界的に見ると年々自動車の生産台数は増え、日本の自動車部品がほぼどの国でも使用されています)
●建設用、農業用など、各種産業機械
●スポーツ用品(金属バットにも使用されています)
●船舶(エンジン部分)
●家電製品(製造機械はもちろん、部品としても使用されています)
設立 1939年8月(創業:1927年)
資本金 8,800万円
従業員数 740名
売上高 151億円(2017年3月期決算)
代表者 川嵜 隆司
事業所 ■本社
大阪府大阪市東住吉区桑津5-22-3

■事業所
大阪府(本社、巽工場、セラハード事業部、寝屋川工場、柏原工場、富田林工場)
三重県(名張工場、ファーネス&メンテナンス部、三重工場、セラハード事業部中部事業所)
兵庫県(小野工場、播磨工場)
海 外(タイ、マレーシア、中国、メキシコ)
主要取引先 アイシン・エィ・ダブリュ(株)、アイシン・エィ・ダブリュ工業(株)、アイシン精機(株)、芦森工業(株)、(株)天辻鋼球製作所、いすゞ自動車(株)、(株)エクセディ、NTN(株)、大阪ガス(株)、カヤバ工業(株)(相模)、川崎重工業(株)、関西電力(株)、キャタピラージャパン(株)、(株)クボタ、(株)神戸製鋼所(大久保・高砂)、コベルコクレーン(株)、(株)小松製作所、三洋電機(株)、山陽特殊製鋼(株)、(株)ジェイテクト、(株)シマノ、ジヤトコ(株)、住友重機械工業(株)、住友電気工業(株)、ダイキン工業(株)、大同工業(株)、ダイハツ工業(株)、ダイベア(株)、タカタ(株)、中央発条(株)、中部電力(株)、(株)椿本チエイン、(株)デンソー、(株)東海理化電機製作所、東京電力(株)、(株)豊田自動織機、トヨタ自動車(株)、ナブテスコ(株)、UDトラックス(株)、日本精工(株)、日本トムソン(株)、日立建機(株)(土浦工場)、(株)日立製作所、富士重工業(株)、(株)フセラシ、ボッシュ(株)、本田技研工業(株)、マツダ(株)、三菱自動車工業(株)、三菱重工業(株)(相模・名古屋)、三菱電機(株)、モリテックスチール(株)、ヤマハマリン(株) 他(五十音順)
ISO取得 ISO9001(品質):全工場
ISO14001(環境):寝屋川工場、名張工場、三重工場、セラハード事業部、セラハード事業部中部事業所
日本工業規格表示許可工場 JIS B 6911 焼ならし・焼なまし
JIS B 6913 焼入れ・焼戻し
会社沿革 1927年04月 関西熱処理業界の草分けとして創業
1939年08月 (株)東洋金属熱処理研究所として創立
1960年10月 巽工場を新設
1964年04月 寝屋川工場を新設
1970年06月 JIS表示許可工場となる(寝屋川工場JISB6911)
1973年09月 JIS表示許可工場となる(寝屋川工場JISB6913)
1973年10月 名張工場を新設
1980年06月 JIS表示許可工場となる(本社工場JISB6913)
1980年12月 柏原工場を新設
1981年04月 小野工場を新設
1985年07月 セラハード事業部を新設
1985年08月 富田林工場を新設
1989年11月 三重工場を新設
1991年01月 播磨工場を新設
1991年03月 (株)東研サーモテックに社名変更
1995年01月 タイ王国にタイトーケンサーモ(株)を設立
1996年01月 マレーシアにトーケンマレーシア(株)を設立
2009年05月 セラハード事業部中部事業所を新設
2010年06月 中国に東研(蘇州)熱処理有限公司を設立
2012年05月 メキシコにトーケンサーモメヒカーナ(株)を設立

連絡先

株式会社東研サーモテック
総務部
住所:大阪市東住吉区桑津5-22-3
TEL:0120-907-839(受付:9時~12時/13時~17時)
採用担当者:田仁(タニ)
掲載開始:2017/03/01

株式会社東研サーモテックに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社東研サーモテックに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)