株式会社フルタパン
フルタパン

株式会社フルタパン

国産小麦パン工房フルフル/フルフルヴィレッジ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
外食・レストラン・フードサービス
食品/その他専門店・小売
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

【国産小麦にこだわり、地域のコミュニティづくりを大切にする、パン屋です】

私たちは1925年の創業から90年以上にわたってパンをつくり続けてきました。
国産小麦を使用し、添加物を極力使わないなど、
素材へのこだわりを持ち、おいしいパンづくりを追求しています。
また、おいしいパンを通して、
家族の団らんや地域の方々の交流に貢献したいという想いから、
お客様がゆったりと過ごせる店舗づくりを心がけています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

おいしいパンが、家族団らんを生み出す。

私たちが真に目指しているのは、おいしいパンを通して、よりよい地域づくりに貢献することです。人と人とのコミュニケーションが希薄になっている今、特に大事なのは家族のコミュニケーションだと考えています。フルフルで買ったおいしいパンをほおばりながら、家族と笑顔で話す。そうした家族団らんの風景をつくることが、よりよい地域づくりにつながると信じているのです。だからこそ、不出来は許されません。出来が悪いパンをつくったり、お客様ががっかりされる接客をしたりしたときは、厳しく指導することもあります。しかし、地域の皆様が誇れるお店となるにはそれも必要なことだと思っています。ともに、福岡一の銘店を目指しましょう。

事業・商品の特徴

国産小麦にこだわった、パンづくり。

地元でも有名なフルフルの名物「明太フランス」。週末ともなると、1日1300本売れる自慢の逸品です。食の安全性を考え、国産小麦にこだわったパンづくりを行っているフルフル。副原料もできるだけ添加物を抑えた自家製のものを使用しています。今でこそ、国産小麦を使用したパンは当たり前になってきましたが、フルフルでは「国産小麦ではおいしいパンはつくれない」と言われていた時代から素材にこだわり、パンをつくり続けてきました。モチモチとした食感。噛めば噛むほど甘味が出る味わい。デンプン質が多い国産小麦ならではの特長を生かしたパンをつくる「国産小麦のパイオニア」として、これからもさらなるおいしさを追求していきます。

施設・職場環境

パン屋さんの枠にとらわれない、店づくり。

フルフルではパンが大好きなスタッフが腕によりをかけ、お子さんからお年寄りまで幅広い年齢層に愛される、おいしいパンづくりを心がけています。また、店舗づくりにおいても、お客様にゆっくり商品を選んでもらえるようにレジを別にするなど、新しい試みにも挑戦してきました。現在、本店は「フルフルヴィレッジ」として、「国産小麦パン工房フルフル」、ピッツァやパスタがたのしめるナポリピッツァ専門店「クッチーナフルッタ」、新鮮な野菜など九州各地のおいしいものを取り揃えた販売所「しあわせな台所」を展開。敷地内にあるイートインスペースや家族でゆっくり過ごせるファミリールームは、地域の皆様の交流の場となっています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【総合職】
「スペシャリスト」「管理職」「企画職」候補の募集です。

スペシャリストは、パン職人としてパンづくりを極めるコース。
管理職は、店舗運営を極めるコース。
企画職は、会社の経営戦略に携わるコース。

まずは、パン製造や接客・販売、キッチンスタッフなど現場に配属され、
さまざまな経験を積んでいきます。

会社データ

事業内容 ■パン製造業 ■パン販売店、レストランなどの運営


「国産小麦パン工房フルフル」「クッチーナフルッタ」「しあわせな台所」が
併設された『フルフルヴィレッジ』と名づけられた本店は、
地域に欠かせないコミュニティスペースとなっています。


【国産小麦パン工房フルフル】
国産小麦にこだわった、パンづくりを行っています。
常時70~80種類のパンを置き、
高い技術力で家族向けのパンをつくっています。
郊外型店舗における単店売上は全国でもトップクラス。
名物「明太フランス」は、週末には1日1300本も売れる自慢の商品です。

【クッチーナフルッタ】
本場ナポリで修業を積んだシェフ自慢の
本格的なピッツァやパスタが食べられるナポリピッツァ専門店。
商品はすべて国産小麦を使用しています。

【しあわせな台所】
新鮮な野菜やフルーツ、牛乳、卵、各種調味料など
九州各地のおいしいものを取り揃えて販売しています。
店舗コンセプト 「国産小麦のパンにこだわります」
「家族団らんの風景を応援します」
「地域の農業との関わりを大切にします」

この3つを店舗コンセプトとし、
地域のコミュニティベーカリーとして、
なくてはならない店づくりを目指しています。
設立 1925年(創業)
資本金 1000万円
従業員数 73名(パート含む・2017年3月現在)
売上高 6億7千万円(2016年度)  
代表者 代表取締役 古田量平
事業所 ■本店(国産小麦パン工房フルフル、クッチーナフルッタ、しあわせな台所)
福岡市東区松崎2-15-22

■フルフル天神パン工房 
福岡市中央区天神1-10-13 福岡MMTビル1階

■食パンラボフルフル福岡志免
糟屋郡志免町田富1-1-1 TSUTAYA BOOK GARAGE内

■本社工場
福岡市東区松崎2-18-3
沿革 大正14年 古田三之助が旧粕屋郡箱崎町東宮前2644番地にて、
     堅パン製造業を開始。屋号を古田堅パン屋とした。

昭和18年 戦時下にて休業。

昭和26年 古田梅次が旧福岡市箱崎下社家町2589番地にて再営業開始。
     屋号を古田製パン工場とした。

昭和60年 屋号を有限会社フルタ製パンとし、古田量平が引き継ぐ。

昭和61年 本社工場を福岡市東区箱崎より、
     同東区松崎2丁目18番3号に新築移転する。
     また、同時に直営店フルフル松崎店を営業開始。

平成4年 株式会社フルタパンに組織変更。 現在に至る。 
家族団らんの風景づくり 携帯電話やメールでのコミュニケーションが増え、
便利になった一方、人間関係が希薄になっている今、
私たちはその状況に一石を投じたいという思いがあります。

フルフルヴィレッジには、イートインスペースはもちろん、
家族や友人とゆっくり過ごせるファミリールーム、
日差しが差し込むテラス、上質な庭があり、
焼きたてのおいしいパンを食べながら、家族や友人と過ごすことができます。

パンを食べながら、みんなが笑顔で話す。
パンにはそういう力があると信じています。
私たちはそんな尊い仕事をしているのです。

家族団らんの風景が、敷地内の至るところで
見られるようになったフルフルヴィレッジ。
今や、福岡市内でも有数のコミュニティスペースとなっています。
家族団らんの場、コミュニティスペースとして、
地域のつながりを強くするという
店舗コンセプトがしっかりと息づいているのです。
新しい取り組み 今では当たり前になっているコーヒーサービスやキッズルームも、
福岡では、フルタパンが先駆け的な存在でした。
家族や友人とゆっくり過ごせるファミリールームがあるのも、
フルフルヴィレッジの大きな特長。
また、家族連れやベビーカーでも回りやすく、
お客様にゆっくり商品を選んでもらえるよう、
レジを別にして売場を広くするなど、
新しい取り組みにもどんどん挑戦しています。
ホームページ http://www.full-full.jp/

連絡先

〒813-0035
福岡市東区松崎2-18-3
TEL:092-672-3371
Mail:mayukifuruta@me.com
担当:古田(フルタ)・富永(トミナガ)
掲載開始:2017/03/01

株式会社フルタパンに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社フルタパンに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)