モリ工業株式会社
モリコウギョウ

モリ工業株式会社

東証一部上場/BtoB/鉄鋼/ステンレス/機械/商社
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
鉄鋼
商社(金属)/機械
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

パイプを主力としたステンレス製品のメーカーです。電車の手すり・車のマフラー・物干し竿など、目立つものではありませんが、誰もが見たことのあるモノを製造しています。堅実な経営を維持しながらも前を向く姿勢を忘れず、現在では海外にも生産拠点を構えています。また、製造設備も自社にて設計・製作。小回りの利く、機能的な製造ラインを実現しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

実は、あなたのそばにも。

ステンレスでできた、パイプ。この写真では何に使われるかピンとこないかもしれません。でも、これにさまざまな加工を施すことで、誰もが見たり触ったりしているモノに変身するんです。例えば皆さんが利用される電車の手すりや荷物棚、街中にある手すりやフェンス…これらはステンレス製のものが非常に多く、当社のパイプもたくさん使われています。もっと挙げると自動車のマフラーや、キッチンやトイレなど水回りの配管、クローゼットのハンガーパイプ…どうですか?なるほど、実はたくさんあるんだなと思っていただけましたか?こんな風に皆さんの生活に密着したところで、当社の製品は活躍しています。

戦略・ビジョン

活躍の舞台は、国内だけではありません。

近年では、どの業界も「グローバル化」がひとつのキーワードになっていますね。当社と関連の深い自動車業界でも、海外に生産拠点を移す企業が増えています。特に日本の自動車メーカーが多く進出しているのが、東南アジアです。この流れを汲み、当社は2010年にタイのパイプメーカーに資本参加し、さらに2012年秋には生産子会社をインドネシアに設立いたしました。社員の語学研修・外国人実習生の受け入れといった社内でのグローバルな環境づくりはもちろん、若手社員の海外での活躍もあり、当社のフィールドは今後も世界へと広がっていきます。

社風・風土

「離職率0%」の理由

大卒新入社員の入社3年以内離職率、0%。そこには、「タテヨコの垣根が低い」当社の企業風土が大きく関係しています。例えば、社内での会話には「部長」「課長」などの肩書きが登場せず、みんな「○○さん」と名前で呼び合う文化があります。上下関係の「タテ」の距離が近く、若手の意見が取り入れられた例も少なくありません。また、部門を越えた「ヨコ」の距離も近く、新入社員でもすぐに色んな部署の人に名前を覚えてもらえ、存在感のある仕事ができます。当社は社員数500名程度と大きな会社ではありませんが、こういった距離感で仕事ができるのも、この規模ならではの魅力です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【技術職】技術系の仕事の中心は機械設計です。ステンレスパイプを製造・加工する生産設備を開発、設計していただきます。ものづくりの1から10まで体験できる仕事です。

【営業職】当社の営業スタイルはBtoBで、既存のお客様(商社・専門問屋など)を訪問するルートセールス。ステンレスパイプのトップクラスのメーカーならではの、でっかい商売も担当していただきます。

【事務職】会社の基礎を支えるお仕事です。

会社データ

事業内容 ステンレス溶接管、ステンレス条鋼、ステンレス加工品、普通鋼鋼管およびパイプ切断機などの製造販売
製造品目 (ステンレス)
  ・丸管(薄肉管、配管、装飾・構造用管)
   -電車やビルなどに使われる手すり、設備の配管、自動車の排気管など
  ・角管(装飾・構造配管、大型厚肉管)
   -フェンス、橋の欄干など
  ・条鋼(フラットバー、丸棒)
   -建材、厨房器具、産業プラントなど
  ・フレキシブル管
   -水道、給湯器の配管など
  ・家庭用金物製品
   -物干し竿「きらきらポール」(自社ブランド商品)など

(普通鋼)
  ・構造用鋼管
   -主に建築現場で使われる足場用

(機械)
  ・自動パイプ切断機
   -販売台数累計 約1万台、世界各地で活躍
設立 昭和4年4月
※昭和24年1月 株式会社に変更
資本金 73億6045万円(平成28年3月31日現在)
従業員数 556名
売上高 395億円(平成27年度実績)
代表者 取締役社長 森 宏明
事業所 本社/大阪市中央区
支店/東京、名古屋
営業所/埼玉、新潟、広島、福岡
工場/河内長野、美原
配送センター/大阪、東関東、関東、名古屋、安城、福岡、岡山
関連会社 モリ金属(株)、関東モリ工業(株)、PT.MORY INDUSTRIES INDONESIA
沿革 昭和4年(1929)4月
 初代社長森明長が堺市で森製作所(当社の前身)を設立し、自転車用の前ホーク製造を開始
昭和34年(1959)10月
 新製品としてステンレス管の製造を開始し、業種転換に着手
昭和36年(1961)9月
 河内長野工場に移転
昭和48年(1973)6月
 大阪証券取引所第2部に株式上場
昭和58年(1983)6月
 東京・大阪証券取引所第1部に株式上場
平成9年(1997)8月
 福岡配送センターを開設し、九州・中国地区よりステンレス建材製品の在庫販売を開始
平成14年(2002)3月
 ISO9002認証登録
平成16年(2004)10月
 ISO14001認証登録(本社工場)
平成18年(2006)5月
 大阪市中央区西心斎橋に本社を移転
平成24年(2012)11月
 PT.MORY INDUSTRIES INDONESIAを設立

連絡先

〒586-8555
大阪府河内長野市楠町東1615番地
モリ工業株式会社 人事部 奥村・早田

人事部直通フリーダイヤル 0120-810082
URL:http://www.mory.co.jp
Eメール:m-hayata@mory.co.jp
掲載開始:2017/03/01

モリ工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

モリ工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)