北陸朝日放送株式会社
ホクリクアサヒホウソウ

北陸朝日放送株式会社

テレビ朝日系列/番組制作・放送・イベント事業
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
放送
通信/広告/インターネット関連/芸能・芸術
本社
石川

私たちはこんな事業をしています

北陸朝日放送は2016年に≪開局25周年≫を迎えました。

日本ではテレビ放送が開始して約65年。
ますます情報ツールが多様化し、情報発信の速度がますます早くなっている昨今、
テレビの強みを最大限に活かし、
視聴者の元へ「タイムリーかつ的確・ダイナミック」に情報をお伝えすることにこだわって番組作りをしています。

政治経済から文化や生活まで、石川県を中心とした北陸の「今」を積極的に発信!!

当社の魅力はここ!!

社風・風土

石川県を、北陸を、日本を、アカルク。

地域に密着し、皆さんのより身近にフレッシュな情報を発信!番組制作や放送はもちろん、イベント企画実施にも力を入れ、2016年で第10回を迎えた「北陸ラーメン博」は毎回北陸内外から多くの来場者があり、北陸最大級イベントとして地域のにぎわい創出に一役かっています。地域に貢献するため、地域に活力を与えるために、放送局としてどのようなことが出来るのか、そして何をするべきなのか。 石川県をはじめ、北陸、そして日本の明るい未来を創造するべく、私たちは経営陣と社員が一体となって 挑戦を続けています!

仕事内容

幅広く仕事に携わり、研修を活用しながらしっかりスキルアップ!

放送局には、報道制作・編成・営業・技術・総務など様々な業務があります。当社ではジョブローテーションを通じて幾つかの業務を数年単位で経験しながら、幅広い知識とスキルを習得出来ます。もちろん、スムーズな成長を実現するために各種研修も実施。新入社員研修にはじまり、中堅社員、管理職向けの研修と段階に応じて積極的に行っています。当社の武器は“人” 。社員一人ひとりの成長が、そのまま局の変化・進化へ繋がると考えるからこそ、このように社員の成長をバックアップしているのです。経験は一切不問。当社には自分の主張を持った個性的で魅力的な先輩が待っています。 色んなことをやってみたい!という方には最高の環境です。

待遇・制度

充実した待遇・福利厚生でワークライフバランス!

社員一人ひとりが長くイキイキと働けるよう、待遇・福利厚生にも力を入れています。たとえば【カフェテリアポイント制度】1ポイント=1円として、毎年ポイントを社員に付与。書籍の購入や映画鑑賞、スポーツジムの利用、旅行など、健康増進や心身のリフレッシュ、自己啓発など様々な目的に使用することができます。またしっかり休める制度を確立し、休日出勤をした場合も代休を取得することが可能。マスコミは忙しくて休みがないようなイメージを持たれがちですが、当社ではちゃんと休んでプライベートを充実させることができます。充実した待遇・福利厚生を利用しオン・オフにメリハリをつけながら、長く腰を据えて働ける環境が整っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

総合職(報道記者・番組制作・編成・営業・技術・総務・経理等)

*総合職は入社後に部署異動や転勤を伴います
*配属部署は入社後に決定します
*入社志望書には希望部署を記入していただきます

入社後はジョブローテーション(部署異動や支社支局への転勤)により
数年単位でさまざまな業務を経験していただきます。
どの仕事もしっかりと先輩たちがOJTで教えますので、ご安心ください!

会社データ

HABの特徴 ■若さと勢いのあるテレビ局です!

北陸朝日放送(HAB)は石川県下4番目の民間放送局として1991年10月に開局し、企業として益々成長を続けています。
また、キー局はテレビ朝日で「報道ステーション」などのニュース番組のほか、
「アメトーーク」、「Qさま!!」などのバラエティ番組が多くの視聴者から支持を得ています。
 
■番組やイベントで地域を盛り上げます!

開局25周年を記念して放送を開始した生放送番組「2時はどきどき5ch」
毎週月曜から金曜まで、石川県内各地からの中継をおり込み、料理から健康まで様々な旬でフレッシュな情報を発信しています。
また、石川県内外から多くの集客がある北陸最大級イベント「北陸ラーメン博」は
2016年の開催で第10回を迎え、子供から大人まで楽しめる内容で地域のにぎわい創出に一役かっています。
事業内容 ●主な自社制作番組(現在放送中!)
「2時はどきどき5ch」
「アンディムジーク」
「ココ掘れキッズのおしえてMAP」
「会議室の女」
「熱闘物語 高校野球石川大会の総集編」
「石川ふるさとCM大賞」
「石川県警24時!!」

●イベント・他事業
「北陸ラーメン博」
「春はどきどき祭り」
「日本全国まんぷく祭り」
「金沢屋(お取り寄せ通販サイト)」
「かなざわ5時間リレーマラソン」
設立 1990年11月14日
開局 1991年10月1日
資本金 30億円
従業員数 社員71名(男性:48名、女性:23名) 2017年3月1日現在
代表者 代表取締役社長 北村哲志
事業所 本社および送信所(金沢市)、東京支社、大阪支社、名古屋支局、富山営業支局
売上高 非公開
企業理念 愛あるテレビで、
愛ある人を育て、
愛ある未来を創る。
たくさんの出会いが、あなたを育ててくれます! ◆たくさんの出会いの中で成長できます

仕事をする中で業種を問わず様々な分野の方々と出会えるのは、
放送局のどの職種にも共通して言える大きなメリット。
そんな出会いの中で仕事に対し厳しい姿勢を示す方や時には意見がぶつかり合う方もいますがその方々との出会いもあなたを育ててくれることでしょう。
一つひとつの出会いがきっとあなたを成長させてくれるはず!
HAB=“少数精鋭” HABの社員数はなんと70名程度。だからこそ<少数精鋭>
一人ひとりが会社を創っていく、云わばHABの顔です!

■年齢や入社年数は関係ない!チャンスは誰の手にも!

入社年数に関わらず「こんなことがやりたい!」と手をあげれば任されるチャンスが大いにあります。入社年数や経験に関係なく提案や意見が聞いてもらえるのは、少数精鋭の組織ならではの魅力。
また、社内の風通しがよく、上司もしっかりと見ていてくれるので、頑張れば頑張った分だけ評価してもらえます。自分がやりたいと思うことにも挑戦でき、若いうちから多くの経験を積むことができます。

■アットホームな会社の雰囲気で、上司や先輩との距離が近い!

社内は全員が大きな家族のような存在。
全員がお互いのことを知っているから他部署の先輩であっても、雑談から相談まで何でも話すことが出来ます。特に社員食堂では毎日違う人と話すことが出来、色んなテーブルから笑い声が溢れています!ざっくばらんに仕事に限らず色んな話をして、時には気の合う仲間とマラソンに参加したり、飲みに行ったり風通し良くコミュニケーションをとることが出来ます!
HABの武器は“人” 一人ひとりの成長が、そのまま局の発展・進化へつながると考えるからこそ、社員の成長を全面的にパックアップしています。

HABには自分の主張を持った個性的で魅力的な先輩が待っています。
自分を鍛え成長していく気概を持つ人には最高の環境です。
若手でもやりがいを感じられます! ■責任の大きさだけやりがいがあります
若手であっても、仕事のやりがいが大きいのがHAB。
入社1、2年目でも積極的にアイデアを発信できる社風が特徴です。

~先輩社員の仕事(入社2年目の記者)~
警察担当記者として1日に2~3本の取材から、原稿作成やオンエアのチェック、
さらには特集の企画・取材まで行う。「時には取材先に迷惑がられることもありますが
記者はマスコミというプレッシャーを与えないように話を引き出すことが大切」とM記者。
特集で取り上げた店や個人から感謝のお言葉をいただいた時には、自分の仕事の影響力の大きさを感じ、とても嬉しかったと言います。
直接「まち」の声に触れられる仕事なので、自然と伝えたい情報が見つかり、新しい「やりたい」につながっています。

いいアイデアを発信するのに、年齢や入社年数は関係なし!
どんな声にも積極的に耳を傾け、取り入れていく。
そんな柔軟な姿勢がHABの着実な成長に結びついています。
それらが実現し、大きな効果を生んだケースも少なくありません。
平均年齢 約41.9歳

連絡先

北陸朝日放送株式会社 総務部採用担当
〒920-0393
石川県金沢市松島1-32-2
TEL 076-269-8800(代表)
e-mail saiyo@hab.co.jp
URL http://www.hab.co.jp
掲載開始:2017/03/01

北陸朝日放送株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

北陸朝日放送株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)