一般財団法人 首都高速道路技術センター
シュトコウソクドウロギジュツセンター

一般財団法人 首都高速道路技術センター

道路/グローバル事業/インフラ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
建設
建設コンサルタント/コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

■■■ 首都高を守り続けてきた技術で、広く社会に貢献 ■■■

これまで首都高速道路の建設・維持管理で培った
高度な技術やノウハウを活かし、
首都高以外の道路でも広く社会に貢献しています。

当センターの主な事業は、
橋梁、トンネル等の道路構造物の点検・調査・診断・設計
これらに関する技術開発や実験研究
アセットマネジメントシステムの構築、運用管理です。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

首都高で培った技術・ノウハウを日本全国に、そして世界へ

社会生活や経済活動の基盤となるインフラ。特に道路などの交通インフラはその重要性を増しています。首都高速道路技術センターは永年に亘り、「道路構造物の点検、鋼構造物疲労損傷対策」、「コンクリート構造物の健全度・劣化診断」、「アセットマネジメントシステム」などの技術、事業を通じて、首都高速道路の建設・維持管理に携わってきました。2015年7月には新たな組織として、技術研究所を設立し、首都高速道路の維持管理に関して、首都高グループが抱える様々な技術的課題を解決するための研究・技術開発を実施しています。これからも首都高速道路技術センターは、首都高を守り続けてきた技術で、世界規模で広く社会に貢献していきます。

仕事内容

スペシャリストを目指そう!

鋼構造物やコンクリート構造物の点検・調査・診断・設計、構造物の緒元や点検結果などのデータベースを活用したアセットマネジメントシステムの構築・運用、そして新技術の研究・開発。構造物の詳細調査から健全度評価、設計まで自社でトータルサポートができることが、首都高速道路技術センターの強みです。そのため、それぞれの分野・領域において卓越した知識と技術を有する「スペシャリストたち」の集団であると自負しています。まずは、経験を積み、技術を学んでください。首都高をはじめ、日本全国、そして世界で活躍するスペシャリストを目指しませんか!

技術力・開発力

先端技術の研究開発、そして情報発信、啓発

構造物の点検・調査・診断・設計、マネジメントには様々な技術や知識、ノウハウが必要となります。構造物の材料や工法、そして調査方法や診断技術も絶えず進歩しています。首都高速道路技術センターでは、最先端の技術・学術の探求に余念がありません。鋼床版の疲労き裂を効率的に検出する検査技術(SAUT)やPCシース内のグラウト充填度判定を行う検査技術など、首都高速道路技術センターが保有する特許技術の数々も、その姿勢の現れです。また、これまで培ってきた独自の技術や情報を国内外の学術や講演会などを通じて情報発信し、技術の普及や啓発に努めています。すべては、安心・安全な社会の実現のため、私たちの願いです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■■■ 土木技術で、首都高速道路をはじめ、日本全国、世界各地のインフラを支える仕事 ■■■

大きく分けて4つの領域での業務となります。

1)鋼構造物に関する点検・調査・診断・設計
2)コンクリート構造物に関する点検・調査・診断・設計
3)アセットマネジメントシステムの構築、運用管理
4)技術開発、実験研究

会社データ

事業内容 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【目的】道路に関する技術について、総合的な調査、試験、研究及び開発を行うとともに、
情報化の促進及びグローバルな活動を展開し、
もって技術の革新と向上を図り都市における道路交通基盤の充実に寄与すること
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【主な事業】
1.道路構造物の調査診断
2.道路構造物のアセットマネジメント
3.道路保全技術の研究開発
4.技術情報の普及・啓発
5.点検技術者資格認定
設立 1983(昭和58)年6月1日
資本金 3億5000万円
従業員数 54名(2017年2月現在)
売上高 19億9658万円(2015年度実績)
代表者 理事長 鈴木 剋之
事業所 〒105-0001
東京都港区虎ノ門三丁目10番11号 虎ノ門PFビル
有資格者 ≪工学博士≫4名
≪技術士(建設、機械、総合技術監理)≫12名
≪コンクリート診断士≫8名
≪コンクリート構造診断士≫4名
≪土木鋼構造診断士≫6名
≪非破壊試験技術者(レベル2・3)≫21名
≪溶接管理技術者(1級)≫2名
≪1級土木施工管理技士≫22名
≪基本情報技術者≫2名
≪情報セキュリティマネジメント≫1名

2017年2月現在
主な実績 《首都高関連》
橋梁健全度評価・診断業務
アセットマネジメントシステム構築運用管理業務
各種技術委員会の企画・運営業務

《首都高以外》
鋼橋疲労損傷に関する検討業務(国土交通省)
PC橋の維持管理に関する検討業務(国土交通省)
PC橋の点検・調査に関する検討業務(国交省道路局)
レインボーブリッジ橋梁点検業務(東京都)
港湾部のトンネル点検業務(東京都)
鋼橋工事溶接部工場検査業務(横浜市、名古屋高速道路公社)
鋼製橋脚隅角部の補修・補強工法検討業務(福岡北九州高速道路公社)
海外橋梁調査業務(タイ、エジプト、ミャンマー)
沿革 ----------------------------------------------------------------------
昭和58年(1983年) 6月1日 財団法人 首都高速道路技術センター設立
----------------------------------------------------------------------
平成24年(2012年) 8月1日 一般財団法人へ移行
----------------------------------------------------------------------

連絡先

一般財団法人 首都高速道路技術センター

〒105-0001
東京都港区虎ノ門三丁目10番11号 虎ノ門PFビル4階

新卒採用担当/企画部 企画課 深山、大住

TEL:03-3578-5769

【ホームページ】
http://tecmex.or.jp

【本社アクセス】
東京メトロ・日比谷線 「神谷町駅」から徒歩5分
東京メトロ・銀座線   「虎ノ門駅」から徒歩10分
掲載開始:2017/03/01

一般財団法人 首都高速道路技術センターに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

一般財団法人 首都高速道路技術センターに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)