国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
ノウギョウ・ショクヒンサンギョウギジュツソウゴウケンキュウキコウ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
公社・官庁
団体・連合会
本社
茨城

先輩社員にインタビュー

本部企画調整部 つくば技術支援センター 谷和原業務第1科
三枝 龍史
【出身】工業化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 先進型複合水田営農技術体系の確立をするための研究をサポート
◆当科では、稲の栽培を主としていて、他に麦や大豆などの栽培や育種などの研究業務の支援を担当しており、その中で私は、輪作体系研究グループが研究課題としている、温暖地汎用化水田基盤における先進型複合水田営農技術体系の確立をするための研究をサポートしています。
 作業内容は、育苗管理、移植、播種をする際の機械操作、肥料・農薬散布、収穫までの圃場管理、作物の収穫があり、また、稲以外にも栽培している作物があるため、平行して別の作業も入ってくることになります。
 多くの品種、作物を栽培していると、時には作物が病気になったり虫に食われたりと、様々なトラブルに遭遇することがあります。そんな時は、経験豊富な先輩職員や知識の多い研究員と相談しながら問題解決に向けて取り組みます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
農業研究の最先端に関われていると実感できたとき
◆これからの農業の常識を変えるような試験に携わり、その研究に関する多くのことを任されているという責任からくる仕事へのやりがいは、この仕事をしていてとても感じる事ができます。
 実際に働いてみるまでは分からなかったのですが、自然の中で作業をすることが自分の肌に合っているなと感じることが多々あるので、その点もこの職場で働いて良かったと思えていることの大きな要因になっていると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人が生活していく上では欠かせない、『食』に関する研究のサポート
◆学生の時は農業とはあまり関係のない学科でしたが、人の役に立てている実感を持てる仕事をしたいと考えていました。
 そんな私には、技術普及に関係することができ、尚且つ残業時間の少なさや福利厚生がしっかりしているこの仕事はとても魅力的に見えました。
 
これまでのキャリア 平成26年4月 中央農業総合研究センター研究支援センター業務第1科
平成28年4月 現職

この仕事のポイント

職種系統 その他公務員・団体職員
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

企業はたくさんあるのでなかなか絞れないという方もいるかと思いますが、妥協して選ぶのではなく、自分がそこで働くことに納得できる企業を選ぶと、実際に働き始めてからも頑張れるのではないかと思います。

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構の先輩社員

花きに関わる研究支援業務

本部企画調整部 つくば技術支援センター 藤本・大わし業務科
櫻井 暖子

『乳牛の夏バテ対策。餌の組合せや添加物で暑熱ストレスの軽減を目指す』

九州沖縄農業研究センター 畜産草地研究領域 畜産環境・乳牛グループ
澤戸 利衣

『露地野菜の栽培研究』

野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 露地生産ユニット
高橋 徳

『農村における再生可能エネルギーの利活用に関する研究。』

農村工学研究部門 地域資源工学研究領域 地域エネルギーユニット
三木 昂史

『青果物のおいしさ評価技術の研究開発』

食品研究部門 食品健康機能研究領域 食品物理機能ユニット
渡邊 高志

『果樹・茶栽培用機械の研究開発を担当』

農業技術革新工学研究センター 総合機械化研究領域果樹生産工学ユニット
深井 智子

先輩社員をすべて見る
掲載開始:2017/03/01

この企業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

この企業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になる気になるリストに追加済
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)