松田産業株式会社
マツダサンギョウ

松田産業株式会社

東証一部/総合商社/食品/非鉄金属/環境/化学/グローバル
  • 株式公開
  • 正社員
業種
商社(総合)
化学/商社(電機・電子・半導体)/非鉄金属/商社(食料品)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

『地球資源を有効活用し、業を通して社会に貢献する』が弊社の企業理念であり、食資源の安定供給から、貴金属資源の再生まで幅広く事業を展開しております。目指すは、社会に良い影響を与え続けることで、循環型持続可能社会に貢献することです。

当社の魅力はここ!!

企業理念

すべては “地球資源の有効活用” と “社会貢献” のために

企業理念は、『地球資源を有効活用し、業を通じて社会に貢献する』。当社は“資源”をテーマとして、ビジネスの仕組みの中での“社会貢献”の実現を目指しております。”資源”と”社会貢献”のフィールドは広く、また時代により激しく変化します。めまぐるしい世の中の潮流をつかみ、そこにはまる価値を提供することで、松田産業は発展を遂げてきました。「モノから価値へ」という考え方のもと、次世代の価値を創り出すビジネスを、貴金属・食品・環境の3分野で多角的に展開しております。2016年5月に、東洋経済新報社記者・田宮寛之氏の著者『新しいニッポンの業界地図みんなが知らない超優良企業』(講談社+α新書)にて紹介されました。

魅力的な人材

『人』こそ企業の宝ゆえに、若いうちから責任ある仕事を任せたい

平均年齢30代の当社。総合商社とメーカーの機能を併せ持つため、世界を舞台に川上から川下まで幅広い経験を積むことができます。このように、若い社員の活躍フィールドも広く、能力次第で会社全体のプロジェクトやシステム構築の中心人物として国内・海外を問わず活躍することができます。事務系・技術系に限らず、既成概念にとらわれず、新しい付加価値を世の中に生み出していく醍醐味を味わえる当社では、他社に比べても若手の成長スピードは圧倒的です。「一年目で新規貴金属製品開発に携わった」「二年目で海外の生産地に赴き、食材の商流をつくった」「三年目で海外駐在員に抜擢された」など、市場価値の高い人材を育成します。

技術力・開発力

あなたが大学で専攻していた基礎知識が企業を発展させる!

環境、食品、貴金属など理系学生の皆さんが技術職として活躍できる環境が充実しています。これまで積み上げてきた技術とノウハウを活かして、各業界で存在感を発揮してきました。たとえば、「循環型社会」を実現するために、これまで扱ったことのなかったレアメタルの精錬・精製を半導体・電子部品業界のアジア進出に伴ってその実現までチャレンジしてきました。また、産業廃棄物のリサイクル・リユースを国や自治体を巻き込んで、「地球環境を守りたい」という想いをもって、着実に業界を創ってきました。このように、皆さんが大学・大学院で学んだ基礎知識を世界のお客様に評価される「技術」へと応用できる力を身につけることができます!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆営業系
  国内営業・海外営業・セールスエンジニア・企画開発など
◆技術系
  研究開発・貴金属精錬・金属加工技術・化成品開発・水処理技術・プラント管理・化学分析・品質管理など
◆企画・管理系
  経理・財務・法務・システム・総務・人事・経営企画、監査、事務など
  
  ※場合により全国の各営業所における採用も実施致します

会社データ

事業内容 -----------------------------------------------------------------------
 ■ 地球資源の有効活用という世界を舞台にして、
 社会に新しい価値を生み出し続ける独立系総合商社
-----------------------------------------------------------------------

◆ 貴金属・環境関連事業“Eco Recycle Business”
世界に認められた貴金属製錬技術を活かし、エレクトロニクス業界から発生したプロダクトスクラップより、金、銀、プラチナ、パラジウムを中心とした貴金属を製錬・精製リサイクル。更に半導体電子材料・めっき液などの化成品開発・販売を一貫して行う「貴金属資源の循環型リサイクルメーカー」です。
トータルリサイクリングサービスという新しい視点を世界に対して発信し続け、IT時代を創った半導体製造に欠かせない金ボンディングワイヤを取り扱い、現在世界トップクラスのシェアを獲得しています。
また、日本全国物流ネットワークを活かして、産業廃棄物の無害化処理を中心に、有害性物質の分離リサイクルなどを行い、環境保全に貢献する『エコ・ビジネスのパイオニア』。
私たちは創業以来築き上げてきた高度な水処理技術と全国に拡がる物流ネットワークを活用して環境問題のトータルソリューションを提供し、資源循環型社会の構築に寄与しています。


◆ 食品関連事業“Food Business”
産地加工におけるグローバルネットワークと独自の品質管理を活かし、食品原材料を供給・調達するだけでなく、食の安全・安心を常に実践してきたこだわりの『食品専門商社』。
世界の加工食品メーカーや外食産業へと流通させ、たとえば魚のすりみは30年以上の歴史があり、今では業界トップクラスまで成長してきました。
設立 1951年

創業以来、社会のニーズを常に捉えながら挑戦を続けた当社は、
関わる全ての人へ感謝する気持ちを忘れず、「地球資源の有効活用」という事業理念のもとに、食品・貴金属・環境という異業種混成型の事業形態を実現させたメーカー機能も有している総合商社です。
資本金 35億5,920万円
従業員数 1050名(2016年3月実績)
代表者 代表取締役社長 松田 芳明
売上高(連結) -----------------------------------------------------------------------
 ■ 多角化経営により、安定性と成長性ある企業づくりを実現
-----------------------------------------------------------------------
◆1,834億円(2011年3月実績)
◆1,876億円(2012年3月実績)
◆1,672億円(2013年3月実績)
◆1,654億円(2014年3月実績)
◆1,795億円(2015年3月実績)
◆1,620億円(2016年3月実績)
事業所 -----------------------------------------------------------------------
 ■ 地球規模で広がるグローバルネットワークを構築しています。
-----------------------------------------------------------------------

  ◆国内事業所
  札幌、青森、仙台、塩釜、いわき、水戸、浦和、入間、狭山、新宿、品川、川崎、横浜、厚木、
  小田原、静岡、金沢、長野、名古屋、大阪、福山、松山、福岡、鹿児島
  ◆海外事業所
  シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム、台湾、中国(蘇州・青島)
  ◆技術開発センター
  埼玉県入間市
  ◆貴金属系・環境系生産技術拠点(国内)
  埼玉県入間市
  ◆貴金属系生産技術拠点(海外)
  タイ、マレーシア、ベトナム
  ◆環境系物流センター
  埼玉県狭山市
  ◆食品品質保証室
  東京都新宿区
成長の軌跡
 年月             主な出来事
-----------------------------------------------------------------------

1951年
松田産業株式会社を設立  

1995年01月
LPPM(ロンドン・プラチナ・パラジウム・マーケット)において、マツダの白金・パラジウムが登録ブランドに認定  

1995年08月
株式の店頭公開を果たす  

1999年10月
生産本部において国際環境規格「ISO14001」の認証を取得  

1999年12月
株式の東証二部上場指定  

2000年01月
LBMA(ロンドン金・銀市場)においてマツダの金・銀が登録ブランドに認定  

2000年10月
タイ国に現地法人、Matsuda Sangyo(Thailand)Co.,Ltdを設立  

2001年04月
食品事業にて外食業界向け「生鮮食品物流センター」を立ち上げる  

2001年09月
株式の東証一部上場指定  

2002年08月
技術開発の中枢機能を持つ「開発センター」が完成・稼動を始める  

2004年02月
フィリピン共和国にMatsuda Sangyo(Philippines)Corporationを設立  

2005年02月
シンガポールにMatsuda Sangyo(Singapore)Pte.Ltd.を設立  

2005年11月
DGCX(ドバイ金・商品取引所)において松田の金・銀が登録ブランドに認定

2006年03月
環境事業部において国際環境規格「ISO14001」の認証を取得  

2006年03月
精密洗浄事業及び化成品事業に係わる生産本部 貴金属事業部の関連事務所において国際品質規格「ISO9001」の認証を取得
                     
2006年07月
貴金属事業部 電子工業品部 加工販売課において、国際品質規格「ISO9001」の認証を取得  

2007年04月
中国に現地法人、松田資源利用(蘇州)有限公司を設立  

2007年07月
中国(青島)に青島事務所を設立

2007年12月
食品事業部 品質保証室において国際品質規格「ISO9001」の認証を取得

2009年07月
環境事業部において物流管理センター「狭山事業所」を設立

2010年06月
マレーシアにMatsuda Sangyo(Malaysia)Sdn.Bhd.を設立

2011年11月
貴金属事業にてハノイ駐在員事務所を設立

2011年11月
貴金属事業にて台湾支店を設立

2012年06月
食品事業にて松田商貿(青島)有限公司を設立

2013年01月
食品事業にてMatsuda SangyoTrading(Thailand)Co.,Ltd.を設立

2014年01月
埼玉県入間市に武蔵第3工場を開設

2014年03月
貴金属事業にてMatsuda Sangyo(Vietnam)Co.,Ltd.を設立

2016年1月
水産物専門商社のガルフ食品株式会社を買収

2016年8月
岐阜県関市に西日本初となる貴金属関連事業の国内技術拠点設立
グループ会社 ◆海外
  Matsuda Sangyo(Singapore)Pte.Ltd.
  Matsuda Sangyo(Thailand) Co.,Ltd.
  Matsuda Sangyo(Philippines)Corporation
  Matsuda Sangyo(Malaysia)Sdn.Bhd.
  Matsuda SangyoTrading(Thailand)Co.,Ltd.
  Matsuda Sangyo(Vietnam)Co.,Ltd. 
  松田資源利用(蘇州)有限公司
  松田産業(青島)有限公司
■国内
  ゼロ・ジャパン(株)
  日本メディカルテクノロジー(株)
  マツダ流通(株)、北海道アオキ化学(株)
  ガルフ食品(株)
関連会社 日鉄住金マイクロメタル株式会社
食品関連事業とは? -----------------------------------------------------------------------
 ■ グローバルネットワークという機動力から培われた、技術開発力
-----------------------------------------------------------------------

MATSUDAは、世界中に最良の食材をお届けできるグローバルネットワークを構築。ヨーロッパ、アメリカ、南米、オーストラリア、東南アジア、アフリカそして中国までカバーする都市・エリアは、ほぼ地球全体にそのネットワークは及んでいます。

地球規模でお客様ごとにそのニーズに則して素材を吟味選択し、さまざまな技術で加工し、時にお客様の商品開発・発想にお答えするなど信頼を獲得する活動を行うことを忘れません。
納品された商品がお客様が一番使いやすい状態に仕上げ、新鮮な状態を維持しつつ、世界中へお届けする…。そうした世界中の異なる志向をもったお客様に対して、非常に多岐にわたる多様性にお応えできるだけの、機動力と技術力が私たちにはあります。

― 水産物
 取扱製品は、すけそうだら、南ダラ、ホキ、いとより、ぐち、はもなど様々な魚から作られるすり身。
 全国の営業所を軸とした販売網により、世界の海から集めた高品質の素材を水産練製品業界、冷食業界、惣菜業界、ハムソーセージ業界などへ提供しています。 
 お客様のご要望に合わせて加工・商品化するばかりではなく、
 新しい海洋資源の開拓、さらには新しい市場ニーズの開拓を積極的に行っています。

― 農産物
 卵白の食資源活用から端を発し、現在ではトップディーラーとして国内外から原料を集め、冷凍卵、生液卵、加工卵、乾燥卵、殻付卵などさまざまな卵製品を提供。
 そのほか、原材料として米、砂糖、でんぷん、小麦粉、食品添加物、製菓材料、果実缶詰に至るまで、実に多種多様な食品を供給している。

― 畜産物
 国内外で、MATSUDAは数多くの協力工場を持ち、原料素材肉をはじめ、
 お客様ごとの特注の各種ポーションカットミート、一次加工、半製品へとお客様のニーズにお応えし、お客様の商品開発・工程の合理化・改善という領域まで踏み込むだけの信頼を獲得しています。
貴金属・環境関連事業とは? -----------------------------------------------------------------------
 ■ 資源の再利用を地球規模で行える技術力こそが、世界から選ばれる価値。
-----------------------------------------------------------------------

21世紀、世界中で産業が発展しつづける中で、「環境」という切り口から、
貴金属リサイクル事業を展開し、さまざまなサービスや製品へと結びつけ、リサイクルシステムを創り上げている。
それは主として、半導体など電子部品のスペックアウト品などから貴金属を回収し、洗浄、製品化というサイクル。電子部品のを粉砕・焼成など前処理から精錬まで、分析を含め高度な技術で処理し、また金銀ばかりでなく、回収・精製の難しいプラチナ・パラジウム・ロジウムなどの白金族なども高度な技術力を持って確実に回収できます。
そして一番当社が強みとしているのは、完璧な機密保持システムを構築できていることが挙げられます。

最先端技術の固まりである半導体などの電子っ部品は、メーカー各社にとって高度な企業秘密を含んでいるケースが多いため、これを外部にさらすことなく、粉砕処理を行い、お客様のご要望に応じてお客様の立会処理や、独自開発の専用粉砕車による出張粉砕など、多彩な手法で機密保持のご要望にお応えしています。
また粉砕後の処理にお長年蓄積された独自の技術・ノウハウをフルに活用し、他の会社では真似することのできない、回収率を実現しています。

なお、金・銀・プラチナ・パラジウムなどを電子部品機器業界だけでなく、貴金属を触媒として使用する重化学工業、さらに宝飾業界、歯科業界に至るまで、実に幅広い分野に貴金属原材料をお届けして、各方面からその信頼性で評価を受けている。


一方、精密洗浄事業と言い、半導体製造の乞うて中で使用するPVD-CVD装置、その他各種膜形成装置など、さまざまな金属が付着したものをお客様よりお預かりし、特殊な技術で金属類を除去、洗浄して可能な限り新品に近い状態でお返しするサービスを行っているのも特徴的です。

貴金属以外にも、アルミニウム、クロム、ニッケル、タングステンなど様々な金属材料やその化合物を、製品として世の中に生み出すサービスを行っています。
貴金属処理技術と関連して、メッキ液やソルダ、接点、理化学分析用ツール、さらにクリーンルーム用エアフィルターなども手掛け、金属化学原材料メーカー、ディーラーとしてお活用している。
さらに、指輪、金属銀器などの貴金属宝飾品を販売しています。

また、資源循環型社会を目指す日本において、如何にしてクリーンなものづくりを行うかといった問題が強く意識されており、当社ではそのニーズに応えるべく、コンサルティングも行っております。
日々技術革新が進む産業界では、副産物として適正処理が必要な産業廃棄物や『ゼロ・エミッション』を進めるためのノウハウを各社求めております。例えば、近年注目されている、エコカーにおいては、リチウムイオンバッテリーの適正処理、資源化が問題となっており、当社では先進的に処理・資源化体制を構築しております。

創業より着実に積み上げてきた実績が評価され、現在では、産業廃棄物の無害化処理を受託する業者として正式に認可され、また国から認められた分析機関である環境計量事業所に認定されるほどになっています。
無害化処理技術のパイオニアとして、地球環境保護の一役を担う企業として、行政機関やユーザー企業各社の信頼を獲得出来ています。


連絡先

松田産業株式会社 採用チーム / 菊池 亮介、倉橋 美紗子、大戸 貴之
〒163-0558
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル6F
<TEL>03-5381-0725
<E-mail>jinji@matsuda-sangyo.co.jp
<URL>http://www.matsuda-sangyo.co.jp
掲載開始:2017/03/01

松田産業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

松田産業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)