株式会社ワークマン
ワークマン

株式会社ワークマン

Beisiaグループ/東証JASDAQ上場企業
  • 株式公開
  • 正社員
業種
専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)
その他専門店・小売/アパレル・服飾・雑貨・皮革製品/コンサルタント・専門コンサルタント/ホームセンター
本社
東京、群馬

私たちはこんな事業をしています

●全国に796店の店舗を展開する、地域密着のワークショップ「ワークマン」。
 
経営者(加盟店)を募り、経営のサポート、フォローアップ、コンサルティングまで様々な支援を行う
フランチャイズチェーン(FC)の本部が私たちです。

ワーキングウェア小売専門店チェーンでは、業界ダントツNO.1の規模を誇りながら、現在も続々と新店舗が誕生。
新商品の開発、システム改革にも積極的に力を入れ、常に進化し続けています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

796店のワーキングウェア専門店を展開する業界のダントツ企業。

ワークマンは全国一律100坪店舗を同じ商品構成と低価格でFC展開する、小売業界の中でも標準化の進んだ企業で、これが高収益の源泉です。ワーキングウェア専門店業界2位は49店、3位は37店で、同業との競争もありません。更なるシェア向上と客層拡大の為、屋外作業以外にも通勤・通学、ゴルフ、キャンプ、ジョギング・釣りなど普段使いできるレインウェアなどを開発。「透湿レインスーツストレッチ」は、TVの大量CMの効果もあり、一般顧客からも絶大な支持を得ています。現在、人口10万人に対して1店舗出店し北海道~沖縄県まで進出していますが、10年以内には飽和状態になります。その後は、法人販売の本格参入、海外進出等を検討しています。

待遇・制度

業界をリードするトップクラスの人材に育てる仕組みがあります。

入社後2年は直営店(トレーニング・ストア)での実務教育の期間です。この2年間で評価されるのはお客様を第一に考える気持ちと実務学習の進捗状況です。特に1年目は商品名を覚えるだけで精一杯で大変ですが、3年目以降スーパーバイザーとして、アパレル業界に長くいる加盟店ベテラン店長でも指導できるようになる為には不可欠な経験です。また、3年目以降はデータ活用研修に特に注力しています。ワークマンは年商8500億円と日本で有数の規模を誇るベイシア・カインズグループの中核メンバー企業で、グループで唯一の上場企業です。当社の給与水準は、業績の伸長に伴って上がり続けて、小売業界ではトップクラスの水準になっています。

戦略・ビジョン

持続的成長の為の「中期業態変革ビジョン」

現在、プロ顧客向け仕入れ販売という業態変革までを視野に入れた5年の中期戦略を実行中。 【1】情報システム投資で加盟店の作業負荷を軽減し、接客力と店舗の魅力を大幅に改善する。【2】商品力と店舗力アップで、客層を広げてプロ顧客の人口減を補完して増収増益を続ける。【3】機能性とデザイン性が売りの独自商品を多数開発し、製造小売業(SPA)に転換していく。【4】社員の能力開発とムダ排除を進め、一人あたりの株式時価総額で上場小売トップクラスを維持する。【5】既存店の増収増益を継続し、在籍社員年収を5年で100万円アップする。 以上5項目の実現と揺るぎない業界地位と成長力を武器に、更なる高収益企業を目指します。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【スーパーバイザー】店舗を定期的に巡回し、店舗経営のアドバイスを行う
【商品開発】販売動向データや商品情報を分析しながら、世に新しい商品を送り出す
【販促企画】広報宣伝、新規出店時や各シーズンのイベント企画など販促活動を行う
【店舗開発】新規出店の際に、担当エリアの出店候補地選定を行う
【管理スタッフ】店舗建設・ロジスティクス(物流)・情報システム・ネット通販・財務・総務・教育・人事など

会社データ

事業内容 ●フランチャイズシステムによるワークウェア・ユニフォーム及び作業関連商品の専門店チェーン展開事業
設立 1982(昭和57)年 8月19日
資本金 16億2271万円(16年3月末時点)
店舗数 796店舗(17年2月末時点)
経営理念 “For the Customers(お客様のために)”

経営理念に掲げる「お客様のために」を常に意識して
全社員が業務に取り組んでいます。
「良いものをより安く」“more discounting”に徹し、
常に地域一番の低価格を追求しています。
絶えず改善改革に挑戦してローコスト経営に努め、
より良い品質の商品をより安く提供することで生活文化向上に貢献しています。
売上高(チェーン合計) 714億円/16年3月期

691億円/15年3月度

688億円/14年3月度

638億円/13年3月度

609億円/12年3月度

519億円/11年3月度
当期純利益 62億3300万円/16年3月期

58億7600万円/15年3月期

55億8600万円/14年3月期

50億4400万円/13年3月期

44億0300万円/12年3月期

27億4200万円/11年3月期
従業員数 291名/パート社員含む(17年1月末時点)

少人数で組織を保てる理由はフランチャイズシステムにあります。
私達の仕事は加盟店の経営を全ての面において支援することです。
少数精鋭の社員がそれぞれの個性を活かし、スペシャリストとして活躍しています。
沿革 1982年 株式会社ワークマン設立

1985年 EOS(Electronic Ordering Systems)を導入

1986年 東北、中部地区(福島県、長野県)に初出店

1989年 POS(Point of Sale Systems)を導入

1991年 新CI導入

1992年 商品完全買い取り制を実現

1995年 愛知県小牧市に物流センターを設置

1997年 株式を店頭登録(現JASDAQ)

1998年 青森県に初出店

1999年 関西地区(滋賀県・和歌山県)に初出店

2000年 兵庫県・奈良県に初出店

2001年 大阪府に初出店

2002年 500店舗突破!!!

2004年 岡山県・広島県に初出店

2005年 四国初上陸、香川県に出店

2006年 JASDAQ市場にてJ-Stock銘柄に選定

2009年 広島県に地区本部設置、山口県に初出店

2011年 九州に初出店

2013年 滋賀県竜王町に物流センターを設置

2014年 佐賀県・北海道に初出店

2015年 熊本県に初出店

2016年 大分県・沖縄県に初出店

2017年 群馬県伊勢崎市に物流センターを設置
代表者 代表取締役社長 栗山 清治

(役員面接は我が社の社長が行います、楽しみにしていて下さい)
事業所 ●東京本部(東京都台東区)

●高崎本部(群馬県高崎市)

●関東信越本部(群馬県伊勢崎市)

●地区本部
(岩手・宮城・茨城・栃木・千葉・神奈川・新潟・長野・岐阜・静岡・
 愛知・滋賀・大阪・広島・福岡)

●物流センター(群馬・滋賀)

○店舗所在地
  北海道地区/北海道
  東北地区/青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
  関東地区/茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川
  中部地区/新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知
  関西地区/三重・滋賀・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都
  中国地区/岡山・広島・鳥取・島根・山口
  四国地区/香川・徳島・愛媛・高知
  九州地区/福岡・佐賀・熊本・大分
  沖縄地区/沖縄
関連会社 【Beisiaグループ】
ベイシア(ショッピングセンター)
カインズ(ホームセンター)
セーブオン(コンビニエンスストア)
オートアールズ(カー用品)
ベイシア電器(家電量販店)
他(全28社)
主要取引先 ジーベック、アイトス、クロダルマ、ビッグボーン商事、大川被服、寅壱、自重堂、伊藤忠商事、
山田辰、ショーワグローブ、アトム、グンゼ、アキレス関東販売、平松工業、チクマ、白洋社、
住商モンブラン、シモン、ミズノ、オカモト、トラスコ中山、ロゴスコーポレーション(順不同)
ホームページ http://www.workman.co.jp

連絡先

所在地/〒370-0043 群馬県高崎市高関町380
担 当/人事部採用グループ 伊藤
電 話/027-330-3467
E-mail/wm_saiyou@workman.co.jp
ホームページもご覧ください。
http://www.workman.co.jp
掲載開始:2017/03/01

株式会社ワークマンに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ワークマンに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)