ヨシワ工業株式会社
ヨシワコウギョウ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
自動車
その他製造
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

~Working Together for a Better Future~

私たちは“よりよき明日”に挑戦し続けるモノづくり企業です。
創業以来、磨き上げてきた鋳造技術をさらに進化させ、自動車メーカーからの要望に的確に対応。
“感性豊かな車づくり”に貢献する高品質な自動車部品を提供しています。
さらに、鋳物メーカーとして企業、製品、技術、全てのレベルで世界を視野にいれ、
ビジネスチャンスの拡大に向けて新たな挑戦を続けています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

自動車部品の鋳物生産、西日本でトップレベル。

創業以来80年、顧客の要望に応える製品を真摯に追い求めるモノづくりを行い続けてきた当社。おかげさまで、自動車部品の鋳物生産量においては西日本トップレベルのシェアを誇っています。たとえば、車の足回りに使用されるディスクプレート。私たちの生産したプレートが、国内有名メーカーの全車種に搭載されています。私たちがこれから目指していくのは、企業としても技術においても、世界市場を視野に入れていくこと。鋳物生産で築いた実績を活かし、現在は新製品開発にも積極的に取り組んでいます。より良い仕事がより良き明日に、そしてさらなる魅力へと繋がっていく。モノづくりの情熱で、新たな未来に向け邁進を続けています。

技術力・開発力

長年にわたり培った鋳造技術が強み。当社にしか作れない部品も

私たちは鋳造メーカーとして、部品生産に研鑽を重ねてきました。「お客様に感動を与えるモノづくり」をモットーに磨き上げたその技術力は他社の追随を許さず、当社にしか生産できない部品があるほどです。そして、その技術力が実現するのは品質のみではありません。顧客の要望に応え、高品質・低コストを実現する技術を持っています。さらに、これまで培った技術を活かし、新技術や新製品の開発にも注力。将来的な市場ニーズや技術動向を先読みしながら、新技術の調査分析、提案や導入を積極的に行っています。私たちはこれからも、価格競争にも負けない、効率的で低コストなモノづくりを追求し、選ばれる企業であり続けます。

施設・職場環境

一人ひとりがのびのびと個性を活かせる社風。定着率も自慢です

妥協の許されないモノづくりを事業に据えているからこそ、社員の意見を尊重する文化と、のびのびとしたオープンな風土があります。社員同士の仲が良く、意見交換も活発。絆を深めるため、スポーツ大会、駅伝や花見など、社内行事も盛んに実施しています。さらに、社員の生活をサポートするため島根に寮を完備。寮生活を共にする社員達は、プライベートでも一緒に県外へ遊びに出かけ楽しんでいます。その他、人材育成に注力する当社は、社内外研修や免許資格の取得も積極的に推進。新入社員は社会人としての基礎を身につける「ヨシワ未来塾」という独自の研修も行っており、過去5年入社者の定着率は90%という高い定着率を誇っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●生産技術
量産製品の設計・開発と狙いの品質・コストを満足する工程設計開発を行うなど
品質向上において大きな役割を担い、モノづくりの面白さを体感できます。

会社データ

事業内容 自動車部品の製造
ブレーキ部品、エンジン部品、駆動系部品など

創業以来、一貫して研鑽を重ねてきた鋳造技術をさらに究め、
その可能性を最大限に引き出すとともに、鋳物を超える技術も探求しています

●モノづくりの企業として、社員が積極的に技能取得へ挑戦しています●
多くの社員が技能検定に挑戦し、その実力が認められています。
<資格取得技能検定>
鋳鉄鋳物鋳造作業
鋳鉄誘導炉溶解作業
鋳鉄キュポラ溶解作業
機械系保全作業
数値制御旋盤作業
機械検査作業      ...他多数取得済

●住みよい地球、豊かな自然のために、環境にやさしい企業を目指しています●
当社の主要事業である銑鉄鋳物の製造は、鉄スクラップを主原料とする
リサイクル産業ですが、同時に、エネルギーを大量に使い、
産業廃棄物を多量に排出する環境負荷の大きい産業です。
このことをよく認識し、 当社の持つ生産技術力を活かし、
その改善を積み重ねることにより、環境負荷の低減に継続的に取り組んでいます。
設立 1937年4月8日
資本金 9000万円
従業員数 432人 (2015年4月1日現在)
売上高 116億0400万円(2014年度実績)
代表者 代表取締役 社長 荒木 健史
事業所 本社・海田工場/広島県安芸郡海田町明神町1-48
六日市工場/島根県鹿足郡吉賀町七日市647
初見工場/島根県鹿足郡吉賀町田野原1036-1
沿革 1937/04   広島県安芸郡府中町に広島鋳物工業(株)を設立。
         鋳鉄管、工作機械部品等を製作。
1953/05   府中町茂陰に第2工場を新設。
         農機具部品、自動車部品、車両部品、水道部品など小物部品の量産を開始。
1957/12   安芸郡海田町明神町に第1工場を移転。引続き第2工場も移転し統合が完成。
1963/10   株式会社和田製作所と合併、ヨシワ工業(株)となる。
         素材から機械加工、組立までの一貫化を目指す。
1973/04   島根県鹿足郡吉賀町七日市に六日市工場を建設。
         DISA-2013型自動造型プラントを新設。
1977/04   フライホイールのASSYを開始。マツダ株式会社発動機組立工場と直結。
1980/06   AMF-07型高速高圧、無枠造型プラントを六日市工場に新設。
1981/10   マツダ株式会社より資本参加を受ける。
1985/06   島根県鹿足郡吉賀町田野原に初見工場を建設。
         APS-H5型自動造型プラントを新設。
1986/07   第2期初見工場拡張。DISA-MK3型自動造型 プラントを増設。
1989/06   韓国の亜州金属株式会社に資本参加。技術提携。
1989/10   第3期初見工場拡張。GF-AIM型自動造型 プラントを増設。
1991/09   六日市工場にFBM-3L型A自動造型ラインを増設。
1992/08   六日市工場のAMF-07型無枠造型ラインをFBM-3L型B自動造型ラインに更新。
1995/12   日東工業株式会社より小物部品を移管。
1998/05   六日市工場のDISA-2013型自動造型ラインをDISA-MK5型自動造型ラインに更新。
1999/05   マツダ株式会社の品質保証優良認定を取得。
2000/06   国際品質規格ISO9002/QS-9000認定を取得。
2002/02   国際品質規格ISO9001/QS-9000認定を取得。
2002/04   国際品質規格ISO14001認定を取得。
2004/10   国際品質規格ISO/TS16949認定を取得。
2004/11   六日市工場が2004年度TPM優秀賞第2類を受賞。
2006/08   六日市工場に中周波誘導5t電気炉2基を増設。
         初見工場のGF-AIM型自動造型ラインをACE-5型自動造型ラインに更新。
2007/08   初見工場のAPS-H5型自動造型ラインをACE-5型自動造型ラインに更新。
2014/08   六日市工場のキュポラを坂川式キュポラからナニワ炉機熱風式キュポラへ更新。
主要取引先 マツダ株式会社
ASブレーキシステムズ株式会社
カワダ株式会社
アイシン高丘株式会社
株式会社アドヴィックス
株式会社エクセディ
広島精密工業株式会社
トーヨーエイテック株式会社 ほか

連絡先

〒736-0056 広島県安芸郡海田町明神町1-48
TEL 082-823-2171(代)  総務部/大本・川須宮
月~金曜日 8:00~17:00
掲載開始:2017/03/01

ヨシワ工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ヨシワ工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)