株式会社ササヤマ
ササヤマ
  • OpenES
  • 正社員
業種
金属製品
自動車/機械/輸送機器/家電・AV機器
本社
鳥取
直近の説明会・
イベント

私たちはこんな事業をしています

自動車部品と弱電部品を中心に、事務機器、厨房機器、省エネ機器等々、幅広い分野に向けた高品質精密プレス金型を国内外の優良メーカー様向けに設計・製作している、設立45年目の鳥取の企業です。 2016年9月、鳥取市内に新本社工場(敷地 3,900坪)竣工; オンリーワン技術を追求し、常にお客様の新しい要求実現のためチャレンジし続けています。 ササヤマには、若い力と柔軟な頭脳が活躍する場があります。

当社の魅力はここ!!

企業理念

モノづくりへの情熱と技術力で鳥取から世界へ

現在、最も注力しているのは、自動車部品用の金型で、中でも従来より難易度が格段に高い高張力鋼板やアルミ材をプレス成型するための大型金型の開発と製作です。当社はこれらの技術力と品質をもって、日本のモノづくり、更には地球規模でのエコロジー・省エネ推進活動を支えていきます。又、2000年以来米国に拠点を持ち、日本人技術者を派遣して現地で金型製作と技術サービスを提供しています。現在の製品群に満足し停滞することなく、新しい技術にチャレンジし、更なる業容拡大へと繋げて行きます。当社はお客様にとっての、世界規模での「モノづくりソリューション・プロバイダ」であることを目指して事業展開しています。

事業優位性

新本社工場が完成しました!

2016年9月、当社は鳥取市河原町布袋530-1の地に新本社工場を完成させ、2017年1月から工場の本格稼働に入りました。(敷地面積 3,900坪、延床面積 1,400坪)。社員全員にとって働きやすい職場環境を確保、人員増強、更に、安全を確保しながら、他を凌駕する充実した設備(特に大型設備)を導入することで先進的金型開発を推進していくことがその目的です。 【新本社工場の目的: 1.鳥取県発でグローバルに活躍できるモノづくり人材育成のための労働環境提供 2.ウルトラハイテンなど難加工材に対応した超大型、高難度、高精度金型技術開発 3.短納期、低コストを実現する高効率金型製作体制及びシステムの構築】

技術力・開発力

日本トップレベルのノウハウ・設備・人材が結集

2006年には経産省の第1回「全国の元気なモノ作り中小企業300社」に選定され、2009年には鳥取県より「平成21年度経営革新大賞」するなど、その成長性・革新性に高い評価をいただいてきた当社。金型技術における日本トップクラスのノウハウと最新鋭の設備環境、そして優秀な人材が、当社の大きな強みとなっています。金型とは、お客様にとって大切な“注文住宅”のようなもの。当社の技術者たちは、お客様製品の設計段階から参加し、難易度の高い要望にもアイデアとセンスで応えています。「ササヤマならできる」という強い信頼があるからこそ、都市部から離れた鳥取の企業であっても、日本中・世界中からの引き合いが絶えないのです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

1)金型設計技術
  2D/3D CADを使用した設計、部材料の調達、成型品評価、シミュレーションによる成型解析等
2)機械加工
  構造図・部品図面を元に金型部品の製作、CAMを利用したNC工作機械の加工データ作成、3D CADを使用したモデリング等
3)金型組付け(プレス技術)
  金型構造図面を元に金型組付け、仕上げ、プレス成型トライアウト等
4)営業技術
  金型技術をベースとした営業業務

会社データ

事業内容 1.精密プレス金型設計・製作
2.プレス部品試作・量産
3.精密部品機械加工
4.各種治具製作
5.大物部品加工
6.3Dプリント、3Dスキャン、3Dデータ作成サービス
設立 1972年8月
資本金 9,920万円
従業員数 70名(2017年2月1日現在)
売上高 10億2,800万円(2016年7月期)
代表者 代表取締役 笹山 勝
事業所 ■本社工場
  〒680-1202 鳥取市河原町布袋530-1  TEL 0858-85-3380(代表)
■古海工場
  〒680-0921 鳥取市古海447番地3
■アメリカ・テネシー工場
  Sasayama Co., Ltd.
  c/o SteelSummit-Tennessee 1718 J.P.Hennessy Drive, LaVergne TN 37086 U.S.A.
主な納入先 [自動車関連]
スズキ、トヨタ紡織、アイシン精機、トヨタ車体、日本発条、富士シート、岐阜車体工業、豊生ブレーキ、エクセディー、TS-TECH、F-TECH、デルタ工業、東洋シート(以上日本)、Shiroki NA、IB-TECH、ARJ、PACIFIC Manufacturing、CYC YOROZ、TS-TECH USA、TOYO SEAT、YOM、F&P America、SSK、エルアラビー他

[弱電関連・その他]
サタケ、ホシザキ、ノーリツ、パナソニック電工、TOTO、長府製作所、
パナソニック、日立製作所、パイオニア、シャープ、ソニー、東芝、NEC、LG電子他

【輸出先国】
アメリカ、イギリス、スロバキア、チェコ、ポーランド、ハンガリー、トルコ、エジプト、タイ、インドネシア、メキシコ他(2003年以降の実績)
沿革 1969年6月  笹山工作所創業

1972年8月  鳥取市立川に(有)笹山工作所設立(資本金200万円)

1980年9月  資本金を800万円に増資

1982年5月  鳥取市岩吉(現千代水)に本社工場移転

1986年1月  (株)ササヤマに組織及び社名変更

1987年9月  資本金を2,000万円に増資

1990年7月  本社工場を増設し、門型マシニングセンター2台導入

2000年2月  アメリカ工場開設(テネシー州ナッシュビル)

2004年7月  古海工場大型プレス棟稼働(1,000トン・トライアルプレス、三次元測定機導入)

2005年7月  古海工場機械加工棟稼働(MC新規導入、WEDM、平面研削盤)

2006年3月  経済産業省の「全国の元気なモノ作り中小企業300社」に選定される
         (鳥取県から2社)

2006年8月  鳥取県より「第1回鳥取県産業振興功労知事表彰」受賞

2006年12月  ISO9001 認証取得

2007年 5月  古海工場増設(建屋増設、大型門型平面研削盤、5面加工機)

2009年 9月  鳥取県より「平成21年度経営革新大賞(グランプリ)」受賞

2010年 8月  古海工場に6,000kN最新サーボプレス導入

2011年 1月  社団法人中小企業研究センターより「グッドカンパニー賞(優秀企業賞)」受賞
          (中四国地区から1社)

2011年10月  笹山勝、代表取締役社長に就任

2013年10月  古海工場:WEDM2台更新  本社:3Dプリンター導入

2014年 2月  3Dスキャナー導入

2015年 8月  日本発条(株)と資本提携(第三者割当増資により14.96%の出資比率)
          山陰合同銀行による出資(第三者割当増資により3.07%に相当)
          これらにより、資本金を9,920万円に増資

2016年 9月  鳥取市河原町布袋530-1の地に新本社工場完成
          (敷地面積 3,900坪、延床面積 1,400坪)

連絡先

株式会社ササヤマ
総務部 林、中山
〒680-1202
鳥取県鳥取市河原町布袋530-1
TEL:0858-85-3380(代表)
E-mail: recruit28■sasayama-company.co.jp (■⇒@)
URL: http://www.sasayama-company.co.jp/
掲載開始:2017/03/01

株式会社ササヤマに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ササヤマに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)