社会福祉法人 大一会
ダイイチカイ
  • OpenES
  • 正社員
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関/団体・連合会/その他サービス
本社
鹿児島

私たちはこんな事業をしています

【こんな福祉もあっていいんじゃない?】
『地域に密着した経営を目指し、礼をもって接するとともに、安心を与える笑顔で、
温かみのある空間を提供します』を経営理念とし、
障害者や高齢者など、垣根のない福祉サービスを展開しています。
安心してその人らしく暮らせるようなお手伝いをする。
誰でも生きていれば、人の支えが必要な時はあります。
私たちは真の意味で人を大切にする法人でありたいと思っています。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

新しいチャレンジや面白いことをどんどんカタチにしていく。

社会福祉法人大一会は鹿児島県伊佐市で、障害者福祉サービス、高齢者福祉サービスを中心に経営をしている中規模の社会福祉法人です。プリセプター制度(マンツーマンでのサポート)による教育システムを確立しているので、安心して仕事をすることができます。新しい風が、私たち大一会をさらに発展させてくれる原動力になります。新しいチャレンジや面白い取り組みなら、どんどんカタチにしていく。そして、利用者さんの個性を大切に思うように、スタッフの一人一人の個性を大切に磨いていく、そんな社風が大一会にはあります。

魅力的な人材

積極的に施設運営やサービスの向上に参加できる。

福祉の仕事には専門の知識や資格が必要ではありますが、大一会ではまず何よりも「困っている人の力になりたい」や「人の役に立ちたい」という気持ちを重視しています。そのため、学部や資格の有無は不問、職場において一からマンツーマンで学ぶことが出来ます。また資格取得も目指せます。また働きやすさにこだわり、年に2回のスタッフアンケート等を通じ、意見や希望を取り入れ、配属や待遇や福利厚生に活かしています。バースデイ休暇、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇、PTA休暇、アニバーサリー休暇など休日も充実のラインナップ。福祉施設のこれまでの常識なんてぶっ壊して、新しい取り組みにどんどんチャレンジしたいと思います!

採用方針

福祉は人なり!

福祉は人なり。スタッフの質の高さがそのままケアの質につながります。でも、だからといって資格の有無や経験の多さは関係ありません。利用者さんの不安な想いや変化する気持ちに、ちゃんと向き合えるスタッフはとても信頼されるんです。まずは心が大事。そしてなんといっても大切なのが一人一人の個性を大切にしたいということ。利用者さんの個性を大切に思うように、スタッフの一人一人の個性を大切に磨いていきます。▲大一会は、ここに本気で向き合う法人なんです!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■生活支援員および介護員

当法人が運営している障害者支援施設、高齢者在宅福祉サービス
などにおける各種の生活支援・介助などを担当します。

ご利用者お一人お一人の個性や要望を尊重し、コミュニケーションを
深め、質の高い生活支援・介助を行います。

仕事に必要な知識や技術を基礎から学べ、資格取得も目指せます。

生活支援員は障害者支援施設で、介護員は高齢者部門での職名になります。

会社データ

事業内容 【地域に密着した経営を展開】
社会福祉法人大一会は、鹿児島県北部の伊佐市に位置し、
緑豊かな山々、清らかな川の流れ、美しく澄んだ星空と
自然豊かな環境の中で『明るく、和やかで、家族のような』
法人を目指しています。

【笑顔の福祉サービスを提供】
利用者一人ひとりが地域社会の一員として、
積極的な社会参加ができるよう、地域福祉の拠点として、
また利用者の方々の『笑顔』を大切にすることで、
より充実した生活を側面的からサポートできるサービスを
提供する法人として日々努力しています。

【本部事務局】
■法人本部事務局
■経営企画室

【知的施設課】
■障害者支援施設大口園
 施設入所(定員40名)
 生活介護(入所40名、通所10名)
 ショートステイ(定員4名)
■サポートハウスゆとり(定員20名)
■地域活動支援センター大口園
■日中一時支援
■(障害者)生活支援センターふれあい

【就労支援課】
■ワークセンターあかり
 就労継続支援B型 (定員20名)
■曽木の滝温泉センター(定員10名)

【身体施設課】
■障害者支援施設星空の里
 施設入所(定員50名)
 生活介護(入所50名、通所10名)
 ショートステイ(定員4名)
■地域活動支援センター星空の里(定員15名)
■日中一時支援
■(障害者)相談支援センター星空の里

【高齢者福祉課GH係】
■グループホーム鈴蘭(定員27名)

【高齢者福祉課 在宅福祉係】
■すずらんの里通所介護事業所(定員15名)
■すずらんの里訪問介護事業所
■居宅介護事業所
■重度訪問介護事業所
■すずらんの里指定居宅介護支援事業所
■地域包括支援サブセンター
■小規模多機能ホーム「よりあい処 いろり」(定員29名)

【地域とのつながりを積極的に!】
市町村役場や地域コミュニティ、自治会活動にも積極的に
参加しています。地域に根差した経営がモットーです!
設立 1991年(平成3年)5月13日 社会福祉法人大一会設立

1992年4月に創始者大保一郎が知的障害者更生施設「大口園」を開設しました。
基本金 4億3662万4410円(2016年3月)
従業員数 181名/正職員98名、準職員83名 (2017年2月時点)
 (うち男性63名、女性118名)
181名(2016年2月時点)
165名(2015年3月時点)
164名(2014年3月時点)
159名(2013年3月時点)
事業収入 8億6418万円(2016年3月実績)
8億7265万円(2015年3月実績)
8億4138万円(2014年3月実績)
8億6392万円(2013年3月実績)
代表者 理事長 大保 潤一郎
事業所 鹿児島県伊佐市
※運営施設は、上記事業内容を参照ください。
沿革 ■1991年 5月 社会福祉法人 大一会設立
■1992年 4月 知的障害者更生施設大口園 開設
■1994年 4月 知的障害者短期入所事業
■1995年11月 大口市デイサービスセンター大口園
 大口市在宅介護支援センター大口園
 大口市ホームヘルパーステーション大口園
■1997年10月 知的障害者地域生活援助事業(フォーラム)
■1998年10月 知的障害者地域生活援助事業(フォーラム2)
■1999年 4月 身体障害者療護施設星空の里 開設
 大口市身体障害者デイサービスセンター星空の里
 身体障害者短期入所事業
■1999年10月 地域療育支援センターふれあい
■2000年 4月 すずらんの里指定居宅介護支援事業所
 すずらんの里訪問入浴介護事業所
 生きがい対応型デイサービス事業所
■2000年 7月 障害者生活支援センター星空の里
■2001年 8月 グループホーム鈴蘭(1ユニット)
■2001年10月 知的障害者地域生活援助事業(フォーラム3)
■2003年 4月 児童短期入所事業(大口園、星空の里)
 身体障害者居宅介護事業(ホームヘルプ事業)
■2003年 7月 グループホーム鈴蘭増床(2ユニット追加)
■2006年10月 重度訪問介護事業所 星空の里
 (2011年2月に 重度訪問介護事業所 大口園に名称変更)
 生活介護事業所星空の里
 地域活動支援センター星空の里(2型)
■2009年 5月 愛高梅園(約700本の梅園)
■2011年 10月 障害者支援施設大口園
 (生活介護・施設入所支援・短期入所・就労継続B型)に名称変更
 障害者支援施設星空の里
 (生活介護・施設入所支援・短期入所)に名称変更
■2012年 3月 小規模多機能ホーム【よりあい処いろり】
■2012年 3月 ワークセンターあかり(就労継続支援B型)
■2012年 10月 本部事務局 経営企画室
■2012年 12月 相談支援センター星空の里(特定相談支援)
■2013年 11月 相談支援センター星空の里(一般相談支援)
■2013年 12月 サポートハウスゆとりに名称変更
■2013年12月 障害者支援施設大口園 完全個室化(定員40名へ)
■2015年8月 ワークセンターあかり【曽木の滝温泉センター】
■2015年11月 法人本部棟 改築移転
■2016年4月 日中一時支援(大口園、星空の里)
■2016年4月 地域活動支援センター(大口園、星空の里)
研修制度 ↓大一会には大きく分けて、3つの研修システムがあります。

■OJT・プリセプター制度(職場内研修)
職場の上司や先輩が、部下や経験のない職員に対して、
マンツーマンで日常の業務を通じて、その職務に必要な態度、
価値観、知識、情報、技術、技能などを指導し、約3か月で
自立できるための育成システムです。

業務については、初期段階ではコミュニケーションを、中期段階
では交代勤務における業務内容を、後期段階では記録類や
行事など、業務を覚えていただくために、プリセプターである
先輩職員から段階的に教わります。

■OFF-JT(職場外研修)
日常の業務を離れて、その職務に必要なプログラムで研修を
行うものです。内定者に向けた内定者研修(3日間)、新人職員
研修(3日間)では、社会人として、また福祉人として必要な知識
や技能の習得を図ります。

また毎月1回は所属の部署において、内部研修会も行っており、
介護技術やコミュニケーション技術、薬の効能など、実践的な
レベルでの勉強会も実施しています。

■SDS(自己啓発)
職員が自ら自発的に取り組む姿勢を奨励する視点から、業務に
支障のない範囲内で積極的に支援しています。

具体的には、資格取得支援として、既資格者が週1回勉強会を
実施したり、外部のセミナーへの自主参加に対して、勤務調整や
参加費の優遇などをしたりしています。

↓大一会独自の特色ある研修です。↓

●研修プログラムは参加者に合わせて決めています。
対象者が変わればおのずと内容は変わります。そこで、参加者
の顔ぶれに合わせて、その時のプログラムを毎回検討し、実施
しています。

●過去と同じプログラムでは行ないません。
より楽しく、より充実した研修にするために、内容にこだわった研修
を行っています。原則として、過去に行ったものと全く同じものは
行いません。つねにどこかを新しく変え、過去5年間で実施した
プログラムは200以上。受ける職員の気持ちもフレッシュです。

●講師はすべて法人内の上司や先輩たちが行います。
現場を経験してきたからこそ、分かること、出来ることがたくさん
あります。上司や先輩が皆さんにお話しするとき、言っている本人が
できていないとおかしいですよね。温かい活きた体験から生まれる
言葉・指導だからこそ心に届くものがあります。
こんなサービスを生み出しています 私たちはつねに入所者・利用者の方々のご要望に対し、
より楽しく、質の高いサービスを提供するべく、さまざまな
イベントやアイデア、日々の仕事の改善を積み重ねています。
最近の事例をいくつか紹介しましょう。

■ユニット対抗戦
障害者支援施設「星空の里」では、施設内を5つの
ユニット制で運営しています。
ユニット対抗で、昨年は風船バレー、卓球バレー、スイカ割り、
羽根つき、オリンピック予想大会を行いました。
利用者の皆さんはもちろん、職員も笑いが絶えず、一緒に
大盛り上がり!
年間のポイント合計で、最優秀ユニットを競いました!

■クリスマス会
2016年の大口園クリスマス会のテーマは、『食』
とにかく『食』で満足していただこうと、みんなでいろんなアイデアを
出しあって、ほぼ全部、形にしました。
チキンやケーキはもちろん、真冬のバーベキュー、手作りピザまで。
ご家族や地域の方も参加して、みんなで笑って、大賑わいのイベント
になりました。

■喜楽塾(きらくじゅく)
小規模多機能ホームいろりでは、地域の方々をお呼びして、喜楽塾
というサロンを毎月開催しています。
介護予防運動や介護保険の仕組みなど、地域の皆様がリフレッシュ
しながらも、わいわい楽しんでいただいています。
地域の防災拠点としても登録し、地域の中の存在感は日に日に
増しています!
行事・イベント 各事業所では、地域の中で四季折々の風物詩を感じながら、
楽しい行事を行っています。
これらは職員たちがさまざまなアイデアを出しながら、
企画し運営しています。

●行事やイベントがスタッフだけがバタバタしていて、大変そうだと
ご利用者も楽しくありません。まずはスタッフが楽しむこと。
できればご利用者と一緒に作っていくイベントが理想です。

●普通、福祉施設だったら、こんなイベントだよね。そんな、
ありきたりのイベントはワクワクしないし、面白くありません。

●毎月の定期的なイベントもありますが、その時その時の状況
によって柔軟に外出したり、地域イベントに参加することを大切に
しています!
大一会のスタッフ 大一会では、現在181名のスタッフが活躍しています。
そのデータと特色を紹介します。

■男女比は?  男性35% 女性65% やはり女性が多い職場です。

■年齢構成は? 20歳代…23%、30歳代…24%、40歳代…18%、
         50歳代…26%、60歳代…9%
 ※平均年齢は41.6歳。バランスのとれた年齢構成となっています。

■勤続年数は? 1年未満…13%、1~3年未満…30% 4年~9年未満…28%
         10年~15年未満…18% 16年以上…11%
 ※正職員の平均勤続年数は7年5か月。全職員でも6年5か月です。

■所属は? 本部事務局…6%、知的施設課…21%、就労支援課…7%、
        身体施設課…24%、高齢者福祉課…42%

■新卒者or転職者? 新卒者…21%、転職者…79%
プロジェクト活動 福祉の仕事っていうと介護や介助をイメージする方が多いですが、
大一会ではいろいろなプロジェクト活動を行っています。
1年目からベテランスタッフまで、いろんな活動を行うことで、
視野を広げたり、成長できる場面が多くあります!

例えば・・・↓↓
◆求人プロジェクト活動
新卒採用を定期的に行っている大一会では、採用に関するいろいろな
活動を、実際に現場で働くスタッフが行って、生の声を届けるようにしています。
また、内定者研修会では、講師にもなり、1年目のスタッフの成長のお手伝いも
しています。

◆研修推進プロジェクト活動
今年度、発足したプロジェクトで、年間を通して、いろいろな研修を行います。
認知症サポーター養成講座や実践事例報告会、ユニットリーダー研修会
など、スキルアップのための機会をどんどん作っていきます。

◆リスクマネジメント委員会
生活をしているとリスクはつきものです。でも失敗を繰り返さないために、
各事業所で起こった介護事故等を他事業所から客観的に学んで、
何がいけなかったのか。対策は大丈夫か。など、経験や職種を超えた
ところで話し合いを行う機会を作っています。

大一会にはいろんなプロジェクト活動があり、先輩たちもその経験を通して
成長していっています。入社してゴールではなく、むしろ入社してからこそが、
学びのスタートです。

連絡先

〒895-2526
鹿児島県伊佐市大口宮人463-30
採用窓口/上園(かみぞの)、土生(はぶ)
TEL:0995-23-0115

URL http://www.daiichikai.or.jp/
お問い合わせE-mail daiichikai@po.minc.ne.jp

アクセス
・九州新幹線/出水駅から車で40分/新水俣駅から60分
・南国交通バス/大口―崎山線 大口園前バス停下車(徒歩5分)
・九州自動車道 栗野インターより車で40分
・伊佐市内より車で20分
・県立北薩病院より車で3分
・曽木の滝公園より車で3分
掲載開始:2017/03/01

社会福祉法人 大一会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人 大一会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)