霧島ホールディングス株式会社・霧島酒造株式会社キリシマホールディングス・キリシマシュゾウ
  • グループ募集
業種 食品
本社 宮崎

先輩社員にインタビュー

酒質開発本部 研究開発部
瀬戸口 翔(30歳)
【出身】鹿児島大学大学院  農学研究科生物資源化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 基礎研究から技術開発、新商品開発まで
基礎研究から技術開発、新商品開発まで幅広いテーマを持って仕事を行っています。基礎研究や技術開発についても最終的には新商品開発に繋がるので、どの研究もおいしい焼酎をお客様に届けたいという思いで行っています。

商品開発の業務では研究室内で実際に麹菌や酵母、原料となる芋の品種の組み合わせを変えて焼酎を試作します。出来上がった焼酎は利き酒を行って酒質を評価し、社内の会議で提案を行うこともあります。作業は研究室内で行いますが、気持ちは製造現場で働いている社員と同じで、自分で設計して造った焼酎がおいしかった時は達成感とやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の提案や考えが結果に繋がった瞬間!
学生時代に麹菌の研究をしていたこともあり、上司に麹菌関係の研究テーマを提案したところ、なんと入社1年目の私にすべてを任せて頂けることになりました。
1人ということで不安もありましたが、嬉しい気持ちとやる気が湧いてきました。入社3年目となる現在では先輩のアドバイスや後輩の力を借りて興味深い結果を得ることが出来ています。
現在は麹菌のテーマ以外にも複数のテーマに関わっていて、毎日が試行錯誤ですが自分のアイデアが結果や改善に繋がったときは喜びを感じることができます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 若い社員が多く、勢いのある企業!!
お酒を飲むことが大好きで、特に芋焼酎は学生時代からよく飲んでいたお酒でした。大好きなお酒をつくる仕事がしたいと思い、酒造メーカーを中心に企業探索をしていたところ、霧島酒造を発見しました。
入社の決め手は霧島酒造が地域に根差していながらも、若い社員が多く、勢いのある企業であるということに魅力を感じたからです。私もこの会社に入って会社とともに成長していきたいと感じました。
会社の考動指針の中に「会社の主役は「私」です」、「やり過ぎくらいがちょうどいい」という言葉があるように、若手社員が活躍できる社風も魅力的だと思います。
また、先輩社員も若くて行動的な方が多く、気さくで優しいということも決め手の一つです。
 
これまでのキャリア 研究開発部(現職:今年の4月で7目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では自分の夢や目標を持つことが大事だと思います。夢や目標があるとやりたいことがはっきりとして就職活動もスムーズに進めることができると思います。次に大事なことは、夢や目標を曲げずに貫くということです。企業に合わせることばかりせずに自分の考えをはっきりと伝えたほうが面接官の心にも響くのではないかと思います。私の経験をもとに色々と書きましたが、一番大切なのはさわやかな笑顔なので就職活動を楽むという考え方もおススメです。

霧島ホールディングス株式会社・霧島酒造株式会社の先輩社員

商品資材の開発と改善

企画室
田浦 壽人
九州大学大学院 生物資源環境科学府 森林資源科学専攻

焼酎造りに必要な、微生物から米や芋などの原料まで幅広く研究しています。

酒質開発本部 研究開発部
藤田 剛嗣
岡山大学大学院 自然科学研究科

自社焼酎生産に携わる、原料の搬入から原酒までの製造。

生産本部 製造部
児玉 純一
宮崎大学 工学部 物質環境科学

品質検査でお客様に安心・安全を届ける仕事

酒質開発本部 品質保証部 品質検査係
中島 充賀
鹿児島大学大学院 理工学研究科 生命科学専攻

地ビールの製造・販売

霧島FG事業本部
高橋 太輔
崇城大学 応用微生物工学科

霧島裂罅水で仕込む霧島ビールの製造と販売

霧島ファクトリーガーデン事業本部
佐藤 康徳
鹿児島大学 農学部 生物資源化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています もっと見る

    気になる 気になるリストに追加済
    閉じる
    ログイン・会員登録
    ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
    閉じる