神野建設株式会社
ジンノケンセツ

神野建設株式会社

サーラグループ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
建設
建築設計
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

陸上土木・港湾土木・建築、3つの事業をメインとし、地域発展に貢献しています。

神野建設は120年以上の歴史をもつ会社です。
土地の風土に調和した新しい街の風景を創っていくことが、私たちの仕事です。
私たちが踏み締めている大地、地球を活躍のフィールドに21世紀にふさわしい豊かな街づくりに挑戦していきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

東三河トップクラスの建設会社として地域に貢献し続けます。

当社は明治に創業以来、地域の発展に貢献したいという想いを持ち続け、東三河を中心に土木工事の分野では公共事業に注力しています。そして長年の信頼と実績で東三河エリアにおける港湾土木工事の殆どの案件に携わっています。また、陸上土木、港湾土木、建築と3つの分野を手掛けることにできる技術力も強みのひとつです。建設業は景気の影響を受けやすい業界ですが、当社はサーラグループとしての信頼も得ており、業績も安定しています。今後も、公共事業や大手ゼネコンとのジョイントベンチャーも積極的に行い、豊かな社会の実現を目指していきます。

社風・風土

上下左右関係は非常に良好!若手の育成にチカラを入れています。

一人前になるのに10年位かかりますが、社員が会社の顔となり商品になる業界です。若手のサポートは怠りません。また努力は必ず結果にでるので成長と自信に繋がります。◎「上司や先輩がしっかりとサポートし、アドバイスしてくれるので、新人の頃から自分の考えを現場で活かして活躍できます。今後も公共施設など多くの人が利用する事業に携わり、街づくりに貢献していきたいです。」(建築事業部 工事部2005年入社)◎「元気とパワーがあり、明るい会社です。仲が良いだけでなく、お互いに切磋琢磨しあえる関係なところも良いです。将来は、誰からも信頼される日本一の監督を目指しています!」(土木事業部 港湾土木部 2012年入社)

企業理念

信頼とクオリティの証「SALA」

お客さま一人ひとりから愛され信頼されるSALAブランドをめざして。SALAブランドが約束するのは、お客さまの期待に応え続けること、どこよりも魅力的な品質であること、生活にときめきや喜びをもたらすこと。私たちはこれをファインクオリティと名づけ、お客さま一人ひとりのより美しく快適な生活と、いきいきと暮らせる街づくりのために、情熱を注いでいきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術系
 土木施工管理(トンネルや道路、橋脚建設工事など) (防波堤や海岸耐震対策工事など)
 建築施工管理(公共施設、店舗、クリニック、工場、事務所建設工事など)

■営業系
 官公庁、地元民間企業への営業活動!

会社データ

事業内容 総合建設業
設立 1951年9月
資本金 1億3千万円
従業員数 68名
売上高 54億5,100万円(2015年9月)
代表者 代表取締役社長  平野 治
事業所 愛知県

連絡先

〒441-8077
愛知県豊橋市神野新田町字コノ割9番地の1
電話:0532-32-1021
メール:jinno@pc.email.ne.jp
神野建設株式会社 採用担当 忠内(ただうち)
掲載開始:2017/03/01

神野建設株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

神野建設株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)