株式会社M・R・S
エム・アール・エス

株式会社M・R・S

大東通商グループ
  • OpenES
  • 正社員
業種
外食・レストラン・フードサービス
商社(食料品)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

どの国でも、もちろん日本でも、その土地自慢の食材を
一番おいしく食べるために生み出された料理があります。

私たちがこだわっているのは、そんな「現地で愛され続ける味」。

ひとつひとつの「おいしい」に出会うたびに
世界のあの街で暮らす人々と同じ幸せな時間がそこに生まれる
本物だけが持つ感動を、MRSレストランからお届けしています!

当社の魅力はここ!!

事業優位性

食のトレンドや景気の変化に対応する、幅広いコンテンツが強み。

M・R・Sは国内外の老舗ブランドのレストランそのままのメニューを提供しています。「現地の料理」にこだわるのは、料理をレシピではなく「文化」と捉えているから。シンガポールシーフード。アメリカンステーキハウス。インド料理。イタリア直輸入のモッツァレラチーズを100%使ったピッツァ。マンハッタンのキッチンで作られる“おばあちゃん直伝”のパイ。博多らーめん。長崎ちゃんぽん。京都のお茶漬け。食のトレンドや景気がどんなに変わっても、必ずお客様に支持されるコンテンツがあります。私は30年以上飲食業界に携わっていますが、このコンテンツの多さは企業としての強みだと確信しています。/取締役営業推進部長 佐志穣(写真中央)

仕事内容

ジョブローテーションを通して構築した人脈が活かされている。

私は現在スパニッシュカフェ&バル『アンクラー』のマネージャーを任されています。新卒入社してからインド料理、シンガポールシーフードなど様々な業態での店舗実務のほか、本社業務にも携わりしました。社内外にたくさんの人脈を構築。知り合ったお客様の中には大学のOBもいます。そんな人生の先輩たちから様々なアドバイスをいただき、現在の店舗運営に活かしています。例えばメニュー作り。スパニッシュカフェ&バルという業態をもっとわかりやすく伝えるために、ランチにはオリジナルのハンバーグやグラタンを提供したり、タパス(前菜)にはキノコの丸焼きを出したり…。今までの蓄積をここで活かしています。/アンクラー店長 野村直樹

社風・風土

女性スタッフが感じる、「M・R・Sならではの働きやすさ」とは。

◆世界10ヶ国から集まったスタッフとの仕事は、毎日刺激的です。得意の語学力を、接客はもちろんのこと、外国人スタッフとのチーム作りにも役立てたいと考えています。ソムリエ、バリスタなど専門職のスタッフからもたくさんのことを学びたいですね。/アレクサンダーズ ステーキハウス 柳田香織(上段写真左)  ◆私はシンガポールシーフードでの店舗勤務を経て、本社に異動。そこで2回、産休・育休を取得しました。働きやすい雰囲気のおかげで、2回とも予定日の6週間前までオフィスにいました。時短勤務の今も、退社時間には私より上司のほうが敏感なほど。ありがたいですよね。/管理部 総務・経理グループ 深谷理沙(上段写真右)

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

将来の幹部候補として、フードビジネスマンの基本を身に着けるため、まずは個々人の適正を考えて各店に配属します。
店舗での調理・接客サービスを通して、私たちがこだわっている「現地の本物」をお客様にお伝えして下さい。
同時に店舗経営やマネージメントを学び、アシスタント職、マネージャー職、部長職とモデルキャリアステップを目指します。
その経験を生かし、店舗運営本部や本部の各部門で活躍して頂きます。

会社データ

コーポレートメッセージ 「おいしい」の数だけ、世界とつながる。
事業内容  ”世界の本物の味とホスピタリティーをお届けすること”

M・R・Sは既成の概念にとらわれないレストランベンチャー集団です。「食事をすることは楽しい」「美味しい、楽しい、ワクワク」をキーワードにお客様に食事を楽しんで頂きたいと考えています。

 当社の運営するレストランは、アジア各国の美味しさが融合され生まれたシンガポールシーフードを提供する、シンガポール政府公認の「シンガポール・シーフード・リパブリック」、イタリア直輸入のモッツァレラチーズを100%使用し、ローマ本店の味を再現するピッツエリア「ピッツェ スフィジ マレンマ」、ニューヨークで映画スターやミュージシャン、芸術家など多くの著名人に愛され、2002年、惜しまれつつも幕を閉じた、伝説的インド料理レストラン「NIRVANA」を六本木東京ミッドタウンに再現、本物のインド料理を“ファイン・ダイニング”としてご提供する「ニルヴァーナニューヨーク」をはじめとし、世界各国の本物の味とおもてなしを提供し続けることで、お客様より高い評価を頂けるようになりました。

 そして2016年11月にアメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノに本店を持ち、2011年より3年連続でミュラン一つ星に輝いたラグジュアリーな高級ステーキハウス「アレクサンダーズステーキハウス」もオープンしご好評を頂いております。

 今までもこれからも当社を支える上で、常に心掛けている思いがあります。それは「現地の本物」であること。世界各国で認められている老舗ブランドのレストランそのままのメニューを、お客様に楽しんでいただくことです。なぜなら、私たちは料理を単なるレシピではなく「文化」であると考えているからです。現地で長く愛されている本物の美味しさには、その土地でとれる食材、気候風土、歴史、ライフスタイルなどが融合されています。その料理をお客様へご紹介することは、現地の人々に育まれた大切な文化を伝えることにつながる。それが「現地の本物」にこだわる理由です。

”カジュアルスタイルからファインダイニングスタイルまで”

 当社の店舗展開はニューヨーク・トライベッカで人気のカフェ&レストラン「バビーズ」、一日を通して様々なニーズに応える本場スペイン文化ならではのフードスタイルを楽しめる本格スペインバル「アンクラー」など、身近なカジュアルスタイルの食事から、「ニルヴァーナニューヨーク」や「アレクサンダーズ ステーキハウス」のように、特別なファインダイニングスタイルの食事までをトータルコーディネートしお客様にお届けしています。


1.飲食店の経営
2.レストランの経営指導・コンサルタント
3.会社経営の帳簿の記帳及び決算に関する業務
4.前項に付帯する会計業務の相談及び指導
5.食品の販売
6.食器及び什器備品の販売
7.酒類の販売
8.前各号に付帯する一切の事業
設立 平成8年3月14日
資本金 4,000万円
従業員数 正社員 200名
売上高 38億円(平成27年度実績)
代表者 代表取締役社長 中部 由郎
事業所 本社:東京都新宿区市谷台町6-3 市谷大東ビル4F
営業店舗 ◆アレクサンダーズ ステーキハウス
アレクサンダーズ ステーキハウスは2005年、カリフォルニア州クパチーノで最上の素材にこだわり、和のエッセンスを取り入れたステーキハウスとしてオープン。以来、料理、ワイン部門数々の賞に輝いています。プライムグレードのUSビーフを店内で熟成し、炭火で香ばしく焼き上げるステーキは絶品です。

◆ピッツェ エ スフィジ マレンマ
石窯で焼き上がるこだわりピザはぜひ食べていただきたい逸品。地下鉄大手町駅3分のアクセスの良さ、バルのように使える豊富なスフィジ(小皿料理)、ソムリエの店長が厳選したワインは,
きっとご満足いただけるはずです。

◆ニルヴァーナ ニューヨーク
今まで出会ったことのないインド料理があります。ラグジュアリーな空間でいただく、美しい、そして新しい一皿にきっと驚かれるはず。マンハッタンの伝説のレストランが再び東京ミッドタウンで大きく花開きました。

◆ シンガポール・シーフード・リパブリック
シンガポール政府おすすめの名店4店が集まり、各ブランドの味を一店でお楽しみいただけます。活きたまま空輸される貴重なマッドクラブがテーブルに。日本では味わうことのできなかった本場のシンガポール料理の数々をご堪能ください。

◆バビーズ
「Bubby」とは、おばあちゃんの意味。美味しくて、素材にこだわったアメリカ料理を広めたい、そんな想いからBubby’sはニューヨークで生まれました。当時の想いのまま、ニューヨーク本店のレシピを使って、おばあちゃんの手作りの味を、今日も一品一品キッチンで作り続けています。

◆アンクラー
東京駅直結ヤエチカで薫り高いコーヒーで始めるモーニングから、ゆっくり会話を楽しみたいディナーまで、皆さまの様々なリクエストに応えられるスペインバルです。現地から直接買い付けたチュロスマシンで、できたてのチュロスを本場のスタイルでお楽しみいただけます。

◆中目黒魚とく
炙りたての西京焼きと香ばし茶漬け。京の烏丸御池で愛されてきたみそ漬け屋のこだわりの味を、東京でお楽しみいただけます。昼は旨みだしをたっぷりかけたお茶漬けと定食で。夜は一杯飲み屋として、手作りのおばんざいが並びます。はんなりいい味が柔らかく心を満たすひとときを提供しています。

◆博多らーめん由丸
由丸の博多らーめんには一杯にこだわりが、ぎゅっと詰まっています。良質な豚骨を丁寧に炊き出した豚骨スープに、博多から取り寄せる老舗の薄口醤油、余分な味付けをしない小麦粉本来の味を大切にした極細自家製麺。夜はおつまみも豊富に揃え、お酒から締めのらーめんまでご利用いただけます。

◆ちゃんぽん由丸
由丸自慢の豚骨スープをベースに、魚介やたっぷりの野菜のうまみがさらに加わったスープで自家製ちゃんぽん麺を煮込みます。野菜がたっぷり摂れるちゃんぽん、皿うどんは女性にも好評。夜は九州らしいおつまみも揃えています。


M・R・Sは大東通商グループ企業です。 私たちは総合企業「大東通商グループ」の一員です。
大東通商は、大洋漁業(現:マルハニチロ株式会社)の中興の祖とされる中部謙吉により1947年に創業しました。同社は大洋漁業の海洋漁業船に対する船舶用燃料の安定供給を契機としてエネルギー事業に進出し、現在ではエネルギー、海運、不動産、貿易・製品、保険、旅行、人材サービス、レストランビジネスまで多岐に渡る事業をグループ展開しています。私たちの使命は「常に新しいチャレンジを続け、独自のビジネスモデルの創出に努め、お客様や社会のニーズに応えていく」ことです。

大東通商株式会社
設立年月日 昭和22年8月
資本金 20億円
グループ売上 98,693百万円 (2016年3月期)
グループ従業員数 1,311名 (平均臨時雇用者数 543名)

連絡先

株式会社M・R・S
管理部 採用担当:赤澤
〒162-0066
東京都新宿区市谷台町6-3 
市谷大東ビル4階
TEL:03-5368-2450  
MAIL:saiyou@restaurant-mrs.com
掲載開始:2017/03/01

株式会社M・R・Sに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社M・R・Sに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)