株式会社精研
セイケン

株式会社精研

【大阪本社 採用窓口】
  • OpenES
  • 正社員
業種
設備・設備工事関連
建設/商社(電機・電子・半導体)/機械/メンテナンス・清掃事業
本社
大阪、東京
残り採用予定数
15名(更新日:2017/06/22)

私たちはこんな事業をしています

『よりよき環境へ技術で挑む』
 精研は、時代を超えて付加価値の高い技術を指向し、研究・開発を重ねる“総合エンジニアリング企業”です。

2017年に70周年を迎える当社は、冷熱技術を核としながら、建築設備、産業機器、地盤凍結などの技術を通じて社会インフラの構築に貢献してきました。今後も、グローバル市場で熾烈な競争を勝ち抜きナンバーワンを目指すお客様に、オンリーワンの技術で貢献する企業であり続けます。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

独自のモニタリングや解析技術で、水・空気・土をコントロール

地盤凍結においては、3次元熱解析に基づく造成凍土モニタリング技術をはじめ、多くの技術を開発してきたほか、新たなプロジェクトに合わせて次世代の凍土利用技術の開発にも取り組んでいます。空調分野においては、3次元気流や年間消費エネルギー予測をはじめとする解析技術を開発。お客様の設備を診断し、全体最適につながるリニューアル提案を行ったり、植物工場の効率的な運営に役立てたりしています。医療分野においては、製薬の世界規格をクリアするハイクオリティな技術を提しています。冷熱技術で水・空気・土を制御し、もっと社会に、企業に、人々の暮らしに貢献していきたい。その思いが、新技術を生み出していきます。

事業優位性

確かな技術と開拓者精神でさまざまな領域で事業優位性を確立

精研が開発した「地盤凍結工法」は、水道管やガス管、さらには地下鉄などを地中に通すには必要不可欠な技術。日本でも地盤凍結を行える企業は2社だけで、圧倒的な優位性を誇っています。さらに、バイオテクノロジーのクリーンルームなどハイクオリティな技術が求められる特殊空調の領域に関してはトップクラスです。さらに冷蔵技術で高松塚古墳の保全を行うほか、省エネに関わる包括的なサービスで、地球環境の保全とお客様の利益に貢献するESCO事業にも取り組むなど、新たな領域においても事業優位性を発揮しています。これからも確かな技術と開拓者精神で、社会インフラから文化財の保護、環境保全まで、広く社会に貢献していきます。

待遇・制度

仕事もプライベートも、なんでも言い合える環境が自慢です

精研には社員の親睦を図る「精研会」があり、さまざまなイベントを企画・開催しています。特に毎年の「ビール祭り」は大いに盛り上がります。また休憩室では社員が集い、プライベートな相談も。社長室のドアは、いつも開きっぱなしです。これは社員誰でもが、困ったことや、新たな提案をいつでも社長にぶつけることができるようにと実践していること。どんな仕事でも辛い場面があります。その時に、誰かに相談出来るかどうかは、その企業のスタンス次第。私たちが大切にしているのは、「私はこう思う」という意見を言い合える環境づくりです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆みんな0からのスタート◆
学歴問わず全員同じ内容の新入社員研修(部門ガイダンス・ビジネスマナー・技術研修・部門研修)を行います。

◆業務を理解して配属◆
入社後に全部門の業務を研修したうえで配属面接を実施し、配属を決定します。

配属予定職種:
技術提案営業・設計・施工管理・サービスエンジニア(環境設備機器管理)・ 設計製作(クレーン・自動搬送装置等)・技術開発・総務・経理・人事・情報システム管理

会社データ

事業内容 ◆設備工事◆(建築)
空気調和、給排水衛生設備をメインとする設備工事の営業・設計・施工部門

◆地盤凍結◆(土木)
精研が開発した「地盤凍結工法」の営業・設計・施工部門

◆機器販売◆(商社)
日立製作所の総合特約店として、大型電機・産業機器・冷熱機器をはじめとして幅広い技術集約型製品群の供給・販売部門

◆ファシリティ◆(機械・メンテナンス)
環境設備機器のメンテナンスサービスや工場内のクレーン・自動搬送装置・省力装置の設計製作部門
創業 1947年(昭和22年)8月4日
設立 1954年(昭和29年)5月12日
資本金 2億円
従業員数 294名 (2017年3月1日現在) 【内訳】 男性:261名 女性:33名
売上高 163億円(平成28年度9月期)
155億円(平成27年度9月期)
146億円(平成26年度9月期)
149億円(平成25年度9月期)
115億円(平成24年度9月期)
代表者 上野 俊信
リクナビ2018「理想の経営トップを探せ」にインタビュー記事掲載中
事業所 ◇本社◇
大阪本社/大阪市中央区南船場2-1-3
https://job.rikunabi.com/2018/company/seminar/map/?kmMapId=23217

東京本社/東京都文京区小石川1-15-17
https://job.rikunabi.com/2018/company/seminar/map/?kmMapId=23252

◇支店◇
大阪支店/豊中市勝部1-2-18
https://job.rikunabi.com/2018/company/seminar/map/?kmMapId=23259

◇営業所◇
四国営業所/鳴門市撫養町小桑島字前浜242
https://job.rikunabi.com/2018/company/seminar/map/?kmMapId=23275

そのほか九州(福岡)・神戸・千葉など

◇工場◇
市原整備工場
主要取引先 大阪府、大阪市、東京都、国土交通省、諸官庁、大塚製薬グループ、日立製作所、日立関連会社、福島工業株式会社、大成建設株式会社 ほか
沿革 ◆1947年 8月
大阪市東区伏見町に精研工業株式会社を創立
ホイストクレーンの制作および販売を開始
◆1951年 7月
日立冷凍機特定工事店となり、冷凍、冷蔵、冷暖房機器の販売
および工事の営業を開始
◆1957年 4月
冷凍機部門を分離し、精研冷機株式会社を設立
一般空調および特殊空調等の設計、施工に進出
◆1959年10月
京都大学防災研究所の指導により、地盤凍結工法の研究に着手
◆1961年11月
福島工場を茨木市蔵垣内に移転し、茨木工場を新設
◆1962年10月
地盤凍結工法の第一号工事として、守口市新寺方橋水道管敷設工事を施工
◆1963年 2月
大阪市南区瓦屋町に本社を移転
◆1964年10月
東京都文京区本郷に東京営業所を開設
◆1965年10月
東京出張所を東京営業所に昇格および東京都千代田区九段南へ移転
◆1973年10月
徳島県鳴門市に四国営業所を開設
◆1977年10月
精研冷機、精研工業、精研メンテナンスが合併し、株式会社精研と社名変更
東京営業所を支店に昇格
◆1981年9月
徳島出張所を四国営業所に昇格
◆1986年 2月
新開発の精研ロスコンが日本機械工業連合会より最秀省エネルギー機器として受賞
◆1987年11月
徳島大学附属施設に、動物実験飼育室システム「精研アニコン」を採用して完成
◆1990年6月
東京都文京区小石川に東京支店を移転
◆1992年12月
千葉県市原市に市原工場(冷凍機整備工場)を新設
◆1993年11月
東京湾横断道路建設の地盤凍結工事着工
◆2013年12月
大阪府豊中市に大阪支店を新設・茨木工場を移転
◆2015年 3月
大阪市中央区南船場に本社を移転
◆2016年 9月
東京支店を東京本社に昇格し、大阪本社と東京本社の二本社制を導入

連絡先

【大阪本社】株式会社 精研 大阪本社 管理部人事課 TEL 06-6224-0751
〒542-0081 大阪市中央区南船場2-1-3 フェニックス南船場4階
掲載開始:2017/03/01

株式会社精研に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社精研に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)